カテゴリー「文化・芸術」の48件の記事

2024.01.05

心を落ち着かせる江戸落語。

Img_0985

名人の落語には心を和らげる力があります。

https://youtu.be/xU1z5__24bs?si=9hc1zUsl-5Vs2aMe

|

2023.12.20

倭姫さんの講座を東京大神宮さんで。

Img_0071

昨日は飯田橋の東京大神宮内にあるマツヤサロンにて、東京大神宮・伊勢文化舎共催の「伊勢神宮のはじまりと倭姫命」東京講座を受講してきました😇


東京大神宮さんのインスタで告知を見て、すぐに申し込みました。定員100名のところキャンセル待ちが出るほどの人気だったようです。さすが倭姫さん✨👸🏻✨


今年は伊勢の倭姫宮の創建100周年で、11月5日のお祭りも盛り上がったようです。おめでとうございます😇


「倭姫命の旅ー伊勢神宮への道-」の20分間の上映に始まり、文筆家の千種清美さん、神宮司庁広報室次長の音羽悟さん、皇學館大学名誉教授の櫻井治男さん、各人の講演を30分ずつ聴けるという贅沢な内容。


愛する倭姫さんのお話を3時間も聴ける好機に恵まれるなんて、超ラッキーでした🤗 


御三方とも高い教養と卓抜した話す技術をお持ちで、ぐいぐい引き込まれるばかり。國學院大学の神道講座に通っていた頃の楽しさを思い出しました。


初めて知るお話と、わたしが日頃倭姫さんとの触れ合いの中で理解していたこととの合致が次々に展開し、「そうなんだよー!」と立ち上がって拍手したいくらいでした😆


まず、倭姫さんがいつもとてもオシャレなのは天照大神さんのお召し物を年に一度調えるのも倭姫さんのお役目ゆえであると判明。ちなみに昨日はコーラルピンクのスーツを着ていらっしゃいました。姫がスーツを着ているのを見たのは初めてかも。


そして倭姫さんの性格についても詳しく話を聞けまして、たぐいまれなる美貌の持ち主で、明るくはっきりした性格、時に大胆な火の玉ストレートもいとわず。社交性が極めて高く、御杖代の旅の際も各地の政治力のある方々との交渉に長けていたとのことです。


わたしがいつも感じている倭姫さんの特長と完全一致で嬉しくなりました😊 そうなんですよね、性格が明るくてストレートで交渉上手なんです。だから「誰々さんにはこう言うといいよ」などの台詞をいつも教えてくださるんですね。


そして御杖代の旅の際に、何人かのイケメンに囲まれて共に旅をしていたという光景もわたしが見たのと同じでした。イケメンというか五大夫と呼ばれるガタイのいい大名の方々ですが、姫のトークでの交渉が立ち行かなくなった場合にその方たちが武力で押してくださったみたいです。


倭姫が歌を作っていたというのは初めて知る情報でした。カタカナ4文字のリリックが延々と続いていて非常に珍しい形式に見えました。メロディーのある歌なのか、ヒップホップ的に読み上げるタイプなのか不明でしたが、わたしにはヒップホップ調なのではないかと感じられました。


姫のオリジナルソングを聴いてみたいですよね。普通の歌はいつも歌っていらっしゃいますが。


姫がひとこと言いたいことは、現在伝えられている倭姫の肖像はかなりセルフイメージとは違うってことみたいです。確かにどの画像も結構違うんですよね。姫は相田翔子ちゃんに似てるんです。


伊勢の内宮では日の出とともに宇治橋を撮影するのが現在大ブームみたいで大変な人混みになっている様子を写真で拝見しました。


そのアングルでわたしも写真を撮ったことがありました。その当時は他に2〜3人しかいなかったけどなあ。近年は参拝者さんの数がどんどん増えているようで何よりです。


今後、外宮・内宮・倭姫宮の三宮をお参りする「三宮参り」をブームにしようという計画があるようです。いいですねー!


わたしが伊勢に行くといつも参拝するのは、倭姫宮、月讀宮、猿田彦神社、外宮、内宮です。根性があれば歩いて回れますし、バスも割とよく来ます。皆さんもぜひ三宮参りをなさってくださいね🥰


今日は裏伊勢と呼ばれる倭姫が立ち寄った古い神社さんの写真をたくさん拝見しました。昔一度だけ行った二見ヶ浦もまた行きたいし、なかなか行けない滝原宮にも行きたいなあと思ったり。

 

あと、伊賀の神戸神社の写真を見たときに何かハッとしました。いつか必ず行きたいです。


まずは皆さん、倭姫さんがお祀りされている東京大神宮さんをご参拝ください。


倭姫命巡幸マップやお伊勢さんニュース、神宮司庁の冊子「瑞垣」や来年のお伊勢さんカレンダーなど、貴重な資料や美しい写真をたくさんお土産にいただいてとても幸せな気持ちになりました💞💫💞💫💞💫


楽しい一日をありがとうございました😇


#倭姫

#東京大神宮

|

2023.11.17

小説「少し不思議なカレーの物語」

Img_9291

タケナカリーさんの「少し不思議なカレーの物語」を読みました。


先日発売されると同時にAmazonで売り切れて、やっと一昨日買えるようになった。


都内に実在する3店舗のインド料理店およびそれらの店の店主たちが準主人公となって個性全開で生き生きとページの上で踊る。


そのうちの1店舗が、大森ケララの風モーニングなのです!


おぢさんはかなり重要なキーパーソンとして、数十ページにわたり描かれていました。本物のおぢさんとほぼ変わらないキャラで登場してるから、全くもって我々常連にとっては不思議な感覚。


おぢさんはある意味、時を操る魔術師として登場していた。「おぢさん、そんな特殊能力があったの!?」と、次回会ったとき真顔で尋ねてしまいそうなほどリアル😆


ちょうど先日、Amazonで「恋はデジャヴ」を見たばかりだったので、ひょっとしてこれはよくあることなのかもと錯覚してしまう。


内容はカレーとスパイスを軸に展開する小説なのですが、スパイスとか特に興味なくても面白キョーレツキャラのおぢさんたちと、バチクソ仕事人のクリエーターさんたちが出てくる面白い話として読めます。


普段はカレー関係のお仕事をなさっているタケナカリーさんですが、寧ろ、スパイスやカレーの説明は極限まで削るように努めたのではと思われます。押し付けがましくない。


冒頭の40ページがあまりにも決定的に現実的で、会社社会、上下関係、2023年を生きるクリエーターの実在をしみじみと感じた上でのカレー屋への展開が見事でスペクタクル。


繊細なまでにリアルな部分と、奇想天外なSF展開のブレンドが見事で、まるでカレーのスパイスの調合のようにバランスよく心地よいです。


いつの間にかアクの強い登場人物のひとりひとりに感情移入してしまい、次はどうなるのかとページを捲る手が止まらない。久しぶりに本を一気読みしました。


割と登場人物は多いほうだけれども、誰一人としてキャラがかぶらなくて印象的。実在の人物が登場しているというのもあるけれど、それ以外の人もみんな本当にいる人のように思えて仕方ない。


カレー、スパイス、会社の人間関係、SF、沼尻さんに興味のある方にお薦めの小説です。

|

2023.08.02

大田文化の森で夏祭り🍧

Img_5954

ワジョルームのひとつ手前のバス停にある、大田文化の森の広場で夏祭りがありました🍧


焼きそばあり、かき氷あり、盆踊りありで大賑わい! 普段はお祭り的なところに行かないわたしは、こんなにたくさんの人が来るもんなんだなあと思いました。


まずは5階の大ホールで、カフェ昔日の客オーナーの関口直人さんのお歌を2曲拝見。「海の底でうたう唄」と「わがまち新井宿」。


この2曲はどちらも関口さんのオリジナル曲で、「海の底でうたう唄」はカラオケにも入っているヒット曲! 


「わがまち新井宿」は先日わたしもレコーディングに参加させていただいた新曲です。5階では弾き語りで、広場では音源初公開で盆踊りソングとして地域の皆様と一緒に聴いて踊りました😊


この音頭、最初から最後まで面白い仕掛けが満載でユニークなアレンジになっているんですよ😁


皆さんが「わがまち新井宿音頭」に合わせて踊って行進しているのを見て感激しました!


良き夏の思い出です🏖


聴きに来てくださった皆さん、地域の皆さん、そして関口さん! ありがとうございました🥰

|

2021.10.07

ひびのこづえさんのハンカチ。

76c09e2ca7db4a698cc930b9dfc1d016

ひびのこづえさんのハンカチに出会った。一目惚れとはこのことか。


全種類買いたいぐらい好き❤️


調べると、舞台美術などのコスチュームデザインをなさってる方でした。日比野克彦さんの奥さんなのだそうで。


いやー、なんで今まで知らなかったのかな? 


とりあえず、シマウマとフクロウは追加購入だな。


#ハンカチ

#ひびのこづえ

#どうぶつ

#イラスト

|

2020.05.12

ご協力ありがとうございます❣️

0dd1298fc0c44a21a7410e600d759f56


先日皆様にご協力をお願いしました、自由が丘ハイフンの存続支援クラウドファウンディング、100%を達成しました!


https://camp-fire.jp/projects/view/261583


ありがとうございます。心から感謝しております。


わたしの投稿を見てご支援くださった方、確実にいらっしゃいますよね。


いつの日か、今年中には、素敵なライブをハイフンで再び開催して恩義に報いたいと思います。そのときを楽しみにしていてくださいね。


#ライブハウス

#ジャズ

|

2020.02.01

西岡徳馬さん、「RED & BEAR」

B4a5b50edacc4527b178497f83c29d88

サンシャイン劇場で西岡徳馬さんのお芝居を観てきました✨✨


七海ひろきさんと徳馬さんのダブル主演、タイトルは「RED  & BEAR」です。


800席、超満員。連日満員だそうです。素晴らしい。


基本的にストレートプレイで、部分的にミュージカルで、部分的にロックショーで、美男美女たっぷりで濃い目です。七海ひろきさんは、宝塚を卒業なさってから初仕事だとか。


あの独特の宝塚発声、魅力的ですね。間近に観れて感動しました。宝塚はまずチケット取れないし、取れても後ろのほう〜〜ですからね。


お目当ての徳馬さんは刑事さんの役。刑事役はお得意中の得意! 服の着こなし方や、身のこなし、顔つきまで全部刑事でした。役によってこんなに変わるんだなあ。


セリフはまさにプロの役者。圧倒的なリズム感。間合いがすごい。お歌もリズムがバチっとキマッててかっこよかった! 七海ひろきさんとはもちろん初共演だと思いますが、恐ろしいほど呼吸が合っていました。プロってすごい。


若い役者さんたちは、そちら方面に疎いわたしは存じ上げない方たちでしたが、イケメンのオーラを浴びて心なしか若返りましたわよ。生の舞台はエネルギーに満ちていていいもんです。


最近あんまり演劇を観てませんでしたけど、やっぱりたまには観るべき!と思いました。なんか元気が出るんですよね〜。


徳馬さんの出るお芝居はみんな面白いから、また伺おうと思います。


#演劇

|

2019.11.09

ラウル・デュフィ展

パナソニック汐留美術館にて、ラウル・ドゥフィ展を鑑賞。


ドゥフィはアンリ・マティスと同じ時代にフランスで活躍した画家で、色彩の魔術師と呼ばれているんですのよ。


ドゥフィはわたしの一番好きな画家。音楽やリゾートをモチーフにした、明るくリズミカルな筆の運びに感動します。


彼は沢山のテキスタイルデザイン作品も生み出した人。今回の展示は、テキスタイルが8割、絵画が2割ぐらいでした。


わたしの大好きな、コンサートの絵やバイオリンの絵、代表作「ニースの窓辺」も見れました。


テキスタイルは、花模様が多くて華やか。鮮やかな色合いでありながら品格があり、マリメッコみたいにかわいいです❣️


下の写真は、撮影OKのコーナー。叶姉妹的なシルエット。現代にも通じるオシャレですね。


ドゥフィの展覧会を見たのは人生で3度目。なかなかやらないですけど、またあったら必ず行きたいです。


#美術館

327b603979224c53812c8609cc1715bb

|

2019.09.18

金田一秀穂先生の講演会。

金田一秀穂先生の講演を聴いてきました。場所は旗の台の昭和医大上條記念館。


この前、Charさんのライブがここであったときにフライヤーをいただいたんですよね。


金田一秀穂先生といえば、金田一ファミリーの三代目で国語のオーソリティーというイメージがあります。しかしご本人いわく、コロンビア大学などで外国人に日本語を教える日本語教師であり、日本人に国語を教える国語の先生とは別だとのこと。知らなかった!


本日のお題は、「日本語と外国語」。日本語教師の立場から、日本語の特徴、何が外国人にとって難しいのか面白いのか、日本人と外国人の日本語に対する意識の差異、日本人でも答えのわからない日本語の謎、国語の勉強とは何か、コミュニケーションとは何か、などについてお話してくださいました。


すっごく面白かった。どうしてわたしが日本語マニアなのか改めてわかった気がします。


そもそもわたしが日本語を究めようと思い立った節目といえば、小学校2年生の時代に遡ります。


NHK教育テレビで、秀穂先生のお父様の金田一春彦先生が国語の講義をなさっているのを偶然にも拝見しまして。まさに雷に打たれるような衝撃が走ったのです。国語について考えるのは、なんて面白いことなんだろうかと。


そのときわたしは、本を読むのが好きなわけでもなく、字が綺麗なわけでもなく、単なる落ちこぼれでした。にもかかわらず、あらゆる感情と現象を即座に言語化できる国語の天才になろうと思い立ったのです。意味不明ですね。


それだけ衝撃的だったんです。春彦先生のお話の面白さが。


以来わたしは春彦先生の編纂なさった国語辞典を片時も離さず持ち歩き、寝ているとき以外はずっと読んでいました。ほぼ全ページ暗記するぐらい。おかげさまで、のちにコピーライターになれましたわ。金田一先生さまさまです。


秀穂先生のお話は、国語と哲学と心理学と現象学を複合化したような内容でした。学生時代を思い出します。


思い起こすと、わたしが大学で学んだことといえば、哲学の先生の物の見方、心理学の先生の物の見方、精神分析学の先生の物の見方、現象学の先生の物の見方、文学の先生の物の見方を、それぞれ体感的に身につける訓練だったのかもしれないです。


複数の専門家の視点を自分の中に取り込むことができたとすれば、大きな財産を得たと言えます。あんまり考えたことなかったですけど、今日はそんな感慨が湧きました。


もうひとつ思い出したのが、中学2年生のときのこと。中国からの留学生が、同じクラスにいたんです。先生のご指名で、わたしが彼女の隣の席になり、授業中わからない日本語があったら噛み砕いて説明する係になりました。


我ながらそういうのは得意だったんで、毎日何を聞かれるのかとても楽しみだった記憶があります。


秀穂先生がおっしゃる通り、日本人は日本語を話せて当たり前になってるけど、外国人にしてみれば、法則が複雑すぎてわからないことだらけみたいなんですよね。そういう発見もまた楽しいものです。


英語を学んでいる今、そういう自分の国語力が案外役に立ってると感じることがあります。ほらよく言うでしょう。単語を知らなかったら、連想ゲームみたいに他の言葉で説明するといいよって。わたしはそれが得意な気がする。


まあ単語も覚えないといけないですけどね!!  「自分の知ってる言い回しだけでグルグル回すのやめろお互いに!」と今日一緒に行った英会話仲間と忠告し合いました。それな。


そう、わたしはアマゾンで首かけ式のスマホホルダーを買いましたの。これを装着していれば、寝ても起きても一日中YouTubeで単語と短文のシャドーイングができるよ! 英会話養成ギプスじゃ!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07H27VYVT/ref=cm_sw_r_cp_api_i_LQsCDbF2RXKHQ


最近はケンドラ英会話で3時間一本勝負などしております。

https://youtu.be/OUN_37fGjVk


そんなこんなで、日本語教師ってとても面白い仕事なんだなと思いました。今から資格取ってその仕事に就くとかは考えられないですけど(だって手相の仕事やめる気ないし尚且つ歌手になるんだもん)、そういう世界があるのを知っただけでも収穫です。


今日は本当に行って良かった。楽しい一日をありがとうございました。


#講演会

Cf18bd717f624d068461c4939179f441

|

2019.05.30

吉田松陰のお言葉その2。

吉田松陰様のお言葉。今朝の続きです。
️️
⭐︎

「過ちがないことではなく、
過ちを改めることを重んじよ」

そう! トライアンドエラー大事。英語も歌も人生も、間違えないと上手くならないもんね。

特に今わたしは英語が話せるようになりかけてる途中なんで、めっちゃ間違えまくっています。でもいいの、恥ずかしくない。「間違えたから覚えることができたラッキー!」と思うようにしてます。

“Please don't afraid to make mistakes “って、HAPA英会話ジュンさんも言ってたよ。

⭐️

「決心して断行すれば、
何ものもそれを妨げることはできない。
大事なことを思い切って行おうとすれば、
まずできるかできないかということを
忘れなさい」

ほんとそれな。今の実力があるかないかとか、向いてるか向いてないかよりも、すごくやりたいか、そのやりたい気持ちが持続するのかが大事だと思う。他人に「向いてないんじゃない?」と言われたぐらいで諦められるならやらなくていいよね。

わたしなんて占いに興味もなかったし、歌は人並み以下の腕前だったし、英語なんて3年前までサンキューしか話せなかったのよ。でも手相も歌も英語も、今日からこれに人生を懸けようと決めた日から情熱が消えたことがありません。

まだこれが全部完成したわけでも成功したわけでもないですが、志と努力は永遠に消えない気がします。

ここまで来られた時点で既に幸運だと思う。応援してくださっている皆様のおかげにほかなりません。ありがとうございます。そのうちまたいいこともあるでしょう。

⭐️

「敵が弱いように、
敵が衰えるようにと思うのは、
皆、愚痴もはなはだしい。
自分に勢いがあれば、
どうして敵の勢いを恐れようか。
自分が強ければ、
どうして敵の強さを恐れようか」

そうだそうだ! ライバルを想定するのは成長への近道とは言うけど、ライバルって別に親の仇じゃないし、衰えることを願う相手でもない。「あの人に負けないようにわたしもがんばろう!」と思える相手こそがライバルです。

でもねー、正直言って英語ペラペラの人を見ると羨ましくて涙目になっちゃうんだ。だからあまりにもレベルが違う人は、ライバルじゃなくて天上人として崇めるだけにしてます。グスン。

⭐️

「至誠にして動かざる者は
未だこれ有らざるなり」

マジこれ大事。愛は行動で表すものだとマザーテレサも言うてます。

行動の伴わない言葉は己への、ときに他者への過剰なアピールでしかない。結構これはみっともない。ゆえに、もうわたしはダイエットしてますって人に言うのやめたぞ!!

あと、行動するのはこれからなのに気持ちがどんなに強いか語るのは高揚してナチュラルハイになりがち。気持ちの強さよりも、日毎の行動と継続が結果に結びつくのよ。あーん、知ってますよ。夢を見るのは大事だけどね。

基本的には有言実行の人間であろうと常に心がけています。ダイエット以外は大体いつも有言実行できてるのにね‥‥😱

⭐️

「人を観察するのは、
目によってする。
胸の中が正しいか、正しくないかは、
瞳が明るいか、暗いかによって分かる」

まあそんなもんですね。だから手相のお客様にはご家族やパートナーの目がはっきり写ってる写真を持ってきていただいています。

わたしは手相を観ているときは目つきが変わって、誰もが吸い込まれそうな強烈に純粋な目になってるそうです。そうなん?

オフタイムは隙だらけで5歳児ぐらいにしか見えないから心配になるって友だちによく言われます。マジで?

⭐️

「成功するせぬは、
もとより問うところではない。
それによって世から
謗されようと褒められようと、
自分に関することではない。
自分は志を持つ。
志士の尊ぶところは何であろう。
心を高く清らかにそびえさせて、
自ら成すことではないか」

この言葉が一番響いた。そうなのよ、成功するのは結果に過ぎない。成功したいけどね。

自分の志をオリジナルのスタイルでどのように表現するのか。その模索が日々の課題。その間、褒められようが、見下されようが、誇りを持ち、志を忘れない。これからも、そうやって生きていきたい。

⭐️

「思想を維持する精神は、
狂気でなければならない」

Exactly!!!!

以上です。

こちらのサイトを参照しました。
https://iyashitour.com/archives/20226#page1

#吉田松陰

|

より以前の記事一覧