カテゴリー「書籍・雑誌」の14件の記事

2016.06.05

『私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない』

13343062_1047241932022182_149161026

13330961_1047241938688848_127020811

13343150_1047241968688845_239157309

やってきましたメロウブラウン。大体いつもここにいます。

最近は、アイスキャラメルラテがお気に入り。ホットもアイスも美味しいよ♡

本日のお読み物は、小倉朋子『私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない』。

facebookの投稿で、面白い本だったとボイトレ仲間に教えていただいた本です。

わたしは自分なりに食に対して真剣に向き合っていると信じてきました。しかしまだまだ甘かったね! この本を書いた小倉さんは、食べることに関して堂々たる変態的愛情を傾けている。

食を丁寧に扱うことは、自分を丁寧に扱うことに通じ、図らずとも人生の悩みが解決したり、自分に自信が持てるようになるという内容。

言ってることはとてもまとも。変人ぶるために奇行を行っているわけではない。むしろ非常に健康的で、対外的にも好印象につながる思考パターンと行動が、わかりやすく書いてある。マニア向けではないの。

面白くて最後まで一気に読んじゃった。

普通に毎日がんばってて、普通に元気な日もあればそうでもない日もある人におすすめ。

箸置きを買いたくなりました(^^)


| | コメント (0)

2016.03.09

面白いボイトレの本。

Voi146952275852167_n

面白い本をプレゼントしてもらいました。秋竹朋子さんの『「話し方」に自信の持てる 1分間声トレ』。

秋葉原のスタジオでビジネスパーソン向けのボイトレをマンツーマンでなさってる先生だそうです。一ヶ月で劇的に声が変わると書いてあった。マジか。

この本には、1分間でできるトレーニング方法と、話し方のちょっとしたコツが、何十個も載っています。

トレーニング本でありながら、やり方の説明だけに終わらず、なぜそのトレーニングをするのか、それで何が変わるのか、他人にはどういう印象を与えるのか、結果的に人生にどんなメリットが生じるのかが、明確に書かれています。

「だったらやってみようかなあ」という気にさせる構成ですね。ひとつひとつのトレーニングは1分でできるぐらい簡単だし、実際いくつかやってみたら本当に即効性がありました。面白い!

わたしもボイトレを習い始めて、かれこれ10年目ですけど、知らなかったことがたくさん書いてありました。きっとこの先生の独自のメソッドの部分が多々あるのでしょうね。

手法は初耳でも、自分の経験と照らし合わせて考えるとなるほどなーと思うような、理に適った内容でした。口角が一瞬で上がる呪文とかメモメモ。

発声の訓練だけでなく、シチュエーションによっての声の使い方も例を挙げて記されています。挨拶、営業、お詫び、電話、接客、講演とかね。具体的で良いね。

話し方の本なので、歌に関しては特に記述はありません。歌う以前の基礎のボイストレーニングとしては有効かと思われます。

ただ、体のストレッチはほとんど載ってないです。別途、身体的なメソッドをベースにする必要はあるかと思います。

色々試してみて、自分に合うトレーニングを見つけたら、毎日のボイトレメニューに加えてみたいですね。

ボイトレやってる人にも、やってない人にもオススメ。単純に読み物として面白いです。


| | コメント (0)

2016.02.12

読書。中谷彰宏さんの「人は誰でも講師になれる」。

H1_6141860161448869514_n

H2_1413506136728163051_n

H3_7257995337226242731_n

H4_4961528546137804125_n

星乃珈琲のビーフシチュースフレドリア。モコモコのところがチーズ味で美味しい。

最近、一人で来ても広いソファ席に案内してもらえるようになった。常連認定なんだろうか? ありがとう!

本日のお読みものは、中谷彰宏さんの「人は誰でも講師になれる」。

今のところ特に講師になる気はないんだけど、面白い本だと聞いたので読んでみた。

簡潔な文章の中に、さすがだなー、場数踏んでるなあというヒントがたくさんあって、面白かった。

講師だけじゃなくて、人付き合いや営業のヒントにもなる。

おかしなこと言われたときの切り返し方や、落ち込んて然るべき状況の乗り越え方など。なるほどだあ。

講師の条件で一番大切なのは、時間を守ることですってよ。あとは健康であること。姿勢と声と肌つやが良いこと。そうか〜〜。言われてみれば本当そうだな。

中谷さんの講演は一度だけ聴いたことがある。楠瀬先生と二人でボイトレの講演をなさったときに。

さすがは中谷彰宏だなあと思う面白さだった。長時間、いっときも飽きさせない話術と引き出しの多さ。見た目のインパクトとオーラ。この人はめちゃくちゃモテるだろうなあと思った。

そのとき聴いた話に影響されて、その日からわたしは中谷さんと同じ習慣を持つようになった。今もずっと続いてる。

人をそんな気にさせて動かす力もまた、講師としての実力なのでしょう。

わたしも人にヒントやアドバイスを差し上げるという立場にはあるわけで、ポジティブな影響力を一層強めて、無駄なるものには時間をかけないように心がけようと思った。


| | コメント (0)

2016.02.07

Neighborhood and Coffee Okusawaで読書。

N1_7988476563274818311_n

N2_1179614091353702267_n

N3_9053696079198025763_n

N4_1155566003264419143_n

N5_1979115651453060740_n

いつ見てもめっちゃ混んでる奥沢2丁目のスタバ(Neighborhood and Coffee Okusawa)に来ました。

何かここは普通のスタバと全然違うメニューを出していてシャレオツな雰囲気になっとるようです。

できたてのサンドイッチやマカロニチーズ、スイーツとワインを組み合わせたメニューなどがありました。

バニラのカフェラテと、ブラウニー&バニラアイスのスイーツを頼みました。二つで1400円。スタバより少し高め。

わたしはスタバのスイーツに関して常日頃不満を感じているわけですが、ここのは美味しかった。ケーキとバニラの合さる部分のハーモニーなど素晴らしい。

お食事メニューにも期待が持てます。また来てみようと思う。

本日のお読み物は、林真理子×見城徹の「過剰な二人」。

デビュー以来、林さんを育ててきた名編集者の見城さんとの対談に始まり、往復書簡形式で綴られたリレーエッセイです。

要するに世に出て夢を叶えたいのであれば人と同じことをするなと。自分が諦めたと言わない限り負けではないよと。そういう野心煽られまくる一冊でした。

わたしは林さんの大ファンで、この本に出てくるエピソードや主張はほどんど既読感がある。それでもやっぱり林真理子の文章を読むのは快感だ。

林さんのファンだと言うと、あんな女のどこが良いのかとよく言われるけれど、彼女ほどの妄想力と表現力と好奇心と勇気のある人ってなかなかいないよ。

自分のみっともないところをいくら晒しても下品にならないところもとても好き。読む人によっては、この上なく下品に見えるのかもしれないけれど。

読者の意識が試される作家なのではないですかねー。

| | コメント (0)

2015.11.11

この秋は 雨か嵐か知らねども 今日のつとめに 田の草を取る

Kasuta1_472377330018172562_n

Kasuta2_8629103593387969486_n

カスタネットで読書のちディナー。

ある方が、「わたしはカスタネットに行くと毎回和風ボンゴレばかり」と言っていたのが気になり、和風ボンゴレを。

なるほどなー。やみつきになるのわかります。なんだか貝と白ワインの出汁の味が濃いボンゴレです。たいへん美味。

本日のお読み物は、田代真一郎さんの「英語が話せない、海外居住経験なしのエンジニアだった私が、定年後に同時通訳者になれた理由」っていうすごく長いタイトルの本。

この方は50歳を過ぎてから英語の勉強をして、定年後にフリーランスの同時通訳者になって引く手あまたという人。実に面白い人物です。

具体的な理論や実践のお話も非常にリアルで参考になったし、垣間見える教訓的なフレーズが実に適切で胸に響きました。

この秋は 雨か嵐か知らねども 今日のつとめに 田の草を取る

(未来に何が起きるかを誰も正確には見通すことはできません。できることは、いま必要だと信じることを、淡々とやること、それだけです)ー 二宮尊徳

Don't judge each day by the harvest you reap but by the seeds you plant.

(その日一日の成果は、収穫の量ではなくて、蒔いた種の量で計りなさい)ー 英語の諺

などなど。

これは英語だけでなく、すべての学びについて言えることですね。歌についても同じく。

勉強って面白いな。学生のときは国語しか勉強しなかったけど、今は色んな勉強を好きになれて良かったな。

| | コメント (0)

2015.10.26

トラスパレンテで、益田ミリ「みちこさん英語をやりなおす」を読む。

Tras1_5054208113315793169_n

Tras2_4229794944311403479_n

Tras3_6920386472256546802_n

都立大のトラスパレンテで休憩。

シャウエッセンとキャベツとチーズのパンが美味しすぎる。もう一つ買って帰ろうかな?

焼きカレーパンも良い! 油っぽくなくて、カレーの味が引き立っております。具も美味しい。

枝豆のパンはもはや定番で外せない。そんなこんなでいっぱい食べた。

本日のお読み物は、益田ミリの「みちこさん英語をやりなおす」。漫画です。自由が丘、ミシマ社刊行。

40歳、一児の母で働く主婦のみちこさんが、なんとなくわかるようで全くわからない英語ってものを1からやり直すお話です。

これは実話なのかしら? とてもリアルで気持ちがこもっていて、英語がわからない人の気持ちも、英語を教える人の気持ちにも共感できた。

みちこさんの英語レベルはわたしと同じぐらいで、theとaの区別もつかないぐらい。そんな彼女がわかったふりを一切しないで、わからないところ(述語っ てなんですか?など)を納得するまで先生(英語初心者向けの本の企画を考えている、留学経験ありの編集者)に質問して、「知る」のではなく「わかる」まで とことん聞く、というわけです。

英語の勉強の本なのに、感動して何度も泣きそうになりました。本文にも書いてあるけど、英語の勉強をすることで、改めて日本語の美しさ、奥深さを知ることができます。

わたしのように日本語LOVEの人間のツボを突きまくる本ですねー。ここ最近で最も感動した本です。

肝心の英語の勉強になるかどうかっていうのは、わたしレベルの中1クラスの人にはたいへん勉強になる。少しでもしゃべれる人には初歩的すぎるかな?

英語に興味あるない抜きに、皆さんに読んでもらいたいなあと、心からお薦めしたい一冊です。

ミシマ社さん、良い本作ってるなー。ひっこす前は、お隣さんでした(笑)イグアナ元気かな。

| | コメント (0)

2015.06.29

雑誌に掲載されました☆ 宝島社 sweet 占い BOOK別冊 手相 PERFECT BOOK

Swe

本日6月29日発売のムック本にワジョリーナが掲載されています☆

宝島社 sweet 占い BOOK別冊 手相 PERFECT BOOK

http://tkj.jp/book/?cd=12868401

絶対、一度は占ってもらいたい! 
画相、手相、耳相が語る驚愕の真実と未来のビジュアル
「相術」の達人

というコーナーに、カラー1ページで登場しています☆

きちんと取材を受けて記事を書いていただいたのは初めてです。実際に手相カウンセリングを受けていただいて、内容をリアルに原稿化してもらいました。

ほぼ? メディア初登場です。ワジョルームでカウンセリング中のわたしの表情も激写されていますよん。

編集者さんがとても良い記事に仕上げてくださって、感激しています(^^) たいへん嬉しいです! 

ぜひ皆さん、お読みくださいねー。どうぞよろしくお願い申し上げます。

わたしもあとで本屋さんに買いに行きます!!

| | コメント (0)

2012.12.25

ワジョリーナ、メディア初露出。「25ans」に出ます!

Pc244396

明日2012年12月26日発売の、「25ans」2月号に出ます!

マッチ箱ぐらいの小さな記事ですけどね。ワジョリーナ、メディア初露出です。

「運命を上げる! 2013年究極の占い」っていう特集だそうです。

25ansのスーパー読者さんや、25ansオンラインのブロガーさんへの占いに関するアンケートを実施した結果、「好きな占いスポット、先生」という項目にて、ワジョリーナの名前が5名の皆様が挙げてくださったのだそうです。光栄です(^^)ありがたき幸せ。

スーパー読者さんが、いつの間にかそんなにワジョルームに来てくださっていたとは。その中のお一人の方(二見あかねさん)のエピソードとともにご紹介いただきました。私の顔写真も出ています。

書店やネットショップにて、ぜひお買い求めください♪ アマゾンだとこちら。 

今まではメディア関係への登場をすべてお断りしておりましたが、来年からの新しい形での活動の計画も見据えて、ご要望いただけましたらできるだけ積極的に登場したいと考えております。

どうぞ今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (2)

2012.11.30

安藤美冬「冒険に出よう」発売されました☆

X2_fccd6da

私の親友の、安藤美冬さんの初の書籍が出版されました!

タイトルは「冒険に出よう」。ディスカヴァー・トゥエンティワンのU25サバイバル・マニュアルシリーズより登場です♪

美冬さんはノマドワークスタイルで新しい働き方を実践する女性として、最近特に注目を浴びています。ここのところTBS系列「情報7daysニュースキャスター」のコメンテーターとして出演しているので、見かけたことがある方も多いかも。

本書では、そんな彼女が、32年間の今までの人生で味わった苦節と喜び、奇跡的な出会いと気づきなどを、超ストレートに歯切れ良く語っています。

私と彼女は5年ぐらい前からのつきあいで、ここ一年ぐらいはラブラブ大親友。しょっちゅう会ってデートしています。 

そんな月日の中で私が思うのは、この人は本当に愛情深くて繊細で感覚が優れていて、なおかつ芯がある努力家の女性だなあということ。損得勘定抜きに、自分の心が正しいと感じる方へ堂々と動く。その無垢な姿はまるで野生動物のよう。私は男女ともにそういうタイプの人が大好き!

決して最初から優れていたわけではなく、最初から人気者だったわけではない彼女が、これだけの注目を浴びて、多くの識者からの賛美を受けるようになった理由の数々が、美冬さん流のマイルールという切り口でわかりやすく語られています。

全部を真似して安藤美冬になることは誰にもできないけれど(そりゃそうです、誰だって他の人にはなれない)、いくつかのルールや発想をヒントに、今すぐ行動を変えることは全然難しくないって思います。

嬉しいことに、私が美冬さんに言った言葉が本の中に書いてあった。「書きました」って言われてたから知ってたけど、改めて発見してドキッとしました!

「今のあなたは、淀んだ水と同じ。動いてないから自分が淀むの。行動によって水に流れをつけてあげないと」という言葉。

美冬さんの停滞期に心からの励ましで語りかけた言葉です。

今の彼女は、美しい清流がキラキラと流れてまばゆいばかり。それも激流ではなくて、あたりの光を反射して空気ごと輝かせるような清流。(わっ、きれいにまとまってもーた!)

みんな、立ち読みじゃなくて本を買って確かめてねーっ!

さっきアマゾンで見たら、総合94位だった! ベスト100入りおめでとう♪ もっとどんどん売れますように☆

| | コメント (0)

2009.02.23

VoCE見てね。

Dsc0219802本日2009年2月23日発売の雑誌VoCEに、ちょこっとだけ私のコメントと名前が出てます♪ 菅野美穂ちゃんが表紙の号。

しかもスピリチュアルとか占いとか全然関係なくて、パンの特集ページ(笑) 「あなたより、パンが好きです」というテーマでコメントしました。

美界の人に聞くとっておきのパン屋さん情報! 最も愛するパンへのラブレターを書く! という話なんですよ。

写真家の蜷川実花さんやエステシャンの高橋ミカさんの名前に並んで、なぜか「手相カウンセラー ワジョリーナ」が登場。なぜあなたがここに(笑)

扉ページにはドドーンと、友人の水越日麻ちゃんの愛するパンが紹介されています。さすが日麻ちゃん!

私のコメントはその次のページにちょこっと出てます。よかったらぜひ見てください。私がこの世で一番好きなパンをご紹介しました。

最近なかなかこのパン屋さんに行くチャンスがなくて残念なんですよねー。ちょっと遠いのだけど、本当にめちゃくちゃ美味しいと思います。店を出てすぐに店頭で食べるのが一番(笑) 焼きたて命のニクイヤツです。ラブ。

| | コメント (6)