カテゴリー「音楽」の153件の記事

2017.09.12

わたしのジャンベ♡

21462377_1480372695375768_251782657

ついにマイジャンベが届きましたーーー!!!! う、う、美しい! 一目惚れだよベイビー😘💞

実はこのジャンベは岩原大輔先生が、2000年頃からステージで長年お使いになっていた最高のお道具。真新しい山羊皮に張り替えて、わたくしめにお譲りくださいました

おおおお、ビンテージ&プレミアム。少し叩いてみたけど驚愕的にいい音ですわ。気持ちに応えてくれる音。もう今すぐライブできそうな気分。すごい最高です。

ありがとうございます イェーイ

#djembe



|

ジャンベ、ドゥンドゥン、ドゥンドゥンバ。

21432792_1477298332349871_783397938

英会話レッスン同様に楽しみでたまらないのがジャンベのレッスンです。

ジャンベもまだ全然できなくて、どこをどう叩いてもブニッていう鈍い音しかしない。「なんだこのブニッて音は!」と思うけど楽しい。

できなくて苦しい気持ちよりも、これからできるようになるんだという希望のほうがまぶしい。(ポジティブ)

今のところ楽しさ9割、苦しさ1割ぐらい。だんだんわかってきてからのほうが苦しくもなるのかなあ。

先生はじめ生徒の皆さんとの合奏が音楽として楽しくてたまらず、ドラムのライブを目の前で見ながら自分も参加できているということがトゥーエキサイティング。

特に岩原先生のジャンベソロは強烈に素晴らしい。この音のヌケ感。アドリブのリズムのカッコよさ。どうやったらこんなスゴイ音が出るのかな。最高に目標にしたい人に習えるというのは幸運としか言いようがない。

昨日は初めてドゥンドゥンを叩かせてもらった。和太鼓の桶胴太鼓に似てる。バチで叩く両面太鼓。

左手は金属のスティックでカウベルを叩き、右手は木のドラムスティックで皮面を叩く。

ドゥンドゥンは大きさによって3種類あり、わたしは一番小さいケンケニを叩かせてもらった。これはリズムパターンが単純でやりやすかった。ジャンベよりこっちのほうが音が鳴るし、すぐ慣れそう。でもやりたいのはジャンベなんだよね。

写真はドゥンドゥンの中で一番大きいドゥンドゥンバと中ぐらいの大きさのサンバン。いい音です。

制作途中のマイジャンベの写真を見せてもらった。うおおおお、もうすぐできるよ!  楽しみだなあ。

ジャンベ演奏をいつになったら皆様にご披露できるのか皆目見当もつきませんが、やめるってことはない気がするので気長にお待ちください(笑)

#ジャンベ

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


|

2017.09.03

池上本門寺スローライブ2017。田島貴男&Charの日。

21192458_1472618512817853_775574902

21151367_1472618532817851_228451752

21151370_1472618522817852_367856181

21231895_1472961612783543_278258883

大体毎年行ってる池上本門寺のスローライブ。嵐の滝行から2年。今年は初日の金曜日に参加しました。

お席は前から2列目です!! やったあ☆ チケット運絶好調。ちなみに明日観に行くライブも前から2列目です😋 ツイてる〜♪(´ε` )

しかも昨日の時点で降水確率90%だったのにもかかわらず、見事に雨が止みましたわ。終わった頃にポツリポツリと。

そして何より、最高のライブでした!!!!

すべて日蓮聖人の功徳ですな。生まれたときからほぼ毎日のように遊ばせてもらっていた近所のお寺さんで、大人になってからこんな素敵なライブを観せていただけることの感慨深さといったらもうね、しみじみしてしまいますよ本当に。ウチ日蓮宗じゃないけどこの際あんま関係ない。

毎年このライブはお坊さんの説法から始まります。ちょっと遅刻したので今年は聞けず。田島貴男さんが今まさにステージに登場というタイミングで到着です。

この到着までの流れも美しくて。わたしがちょうどタクシーで西馬込駅を通過するタイミングで石田さんをピックアップできて、会場に着いて唐揚げ丼の行列に石田さんが並んでくれて、やっと買えたところで綾子さんが到着して会えて。

2000人の客席がぎっしり埋まる中、ステージ前の席まで唐揚げ丼を持って三人で直進するときの高揚感は最高でした。ささやかな優越感。庶民だなあ。

いっそもうスローライブに出ることを目標にするぐらいじゃないとと思った。本門寺関連トークならいくらでもできますよ! なんだったら池上本門寺の歌を作りましょうか!(猛烈アピール)

今夜は田島さんもCharさんもアコースティック編成でした。田島さんはサポートがヒックスヴィルの人たちで豪華だった。なんか真城さんに似てる人だなと思ったら真城さんだった。

Charバンドは、おなじみのしーたかさんが今日はパーカッションで。ベースもおなじみ澤田さんがウッドで。

田島さんの曲はそんなにたくさん知らないのだけど、大ヒット曲もいくつかやってくれて楽しかった。「朝日のあたる道」「接吻」とか。

かなりテンション高め。いつもこういう人らしい。和光大学の先輩です!

でもCharさんとのセッションコーナーではすごく緊張している感じだった。そりゃ緊張するわな。田島貴男も大御所なのに、Charさんの大御所感はますますハンパない。

田島さんがCharさんの「気絶するほど悩ましい」を歌ってくれた。やっぱり雰囲気変わる。リズムの刻み方も曲の解釈も何もかも違ってて、ぶっちゃけこれでよく整合性が取れたな、さすがお互いプロと思った。

Charさんはスティービー・ワンダーの「superstition」を歌ってくれた。わあ、これはわたしの十八番。アコースティックでリズムパターンも変えて、こういうニュアンスで歌うのもかっこいいもんだと強烈なインパクトを受けた。

今夜のわたしのハイライトは「Black shoes」。虫の音の大合唱を背景に、大きな夜空の広がる本門寺でこの歌は美しく響いた。名曲だなあ。

「おそらく僕の最も尊敬する日本のアーチストの曲です」と言って、ムッシュかまやつの「フリフリ」をやった。

Charさんは大切な人が亡くなると、そのひとの曲を演奏することが多い。でもしめっぽいことは一切言わないんだよなあ。「言わなくてもわかるだろみんな、ムッシュに聴かせようぜ!」と思ってるのがちゃんと伝わる。

もちろんわたしも歌った。それだし、もちろんわたしも永遠にムッシュのファンです。

ラストの曲は、定番「smoky」。アコースティックなのにめちゃめちゃソリッドだった。

今日のCharさんは、どことなくブルース進行で、どことなくロック小僧だった。それが池上で友だちと遊んでた小学生時代のCharさんのイメージに重なる。

自分の思いとCharさんの思いが無言のうちに音楽でシンクロする摩訶不思議な体験。お寺パワーすごい。来年も行こう。

#スローライブ

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


|

2017.08.22

中目黒楽屋。中村仁樹さんのライブの感想です。

20914228_1461678007245237_424661807

中目黒の楽屋で、中村仁樹さんのライブを拝見しました。

尺八のまさきさんを主役に、ピアノ、ウッドベース、パーカッションの皆様のサポートが加わり、ときにジャズ、ときにラテン、ときに邦楽と、いくつもの彩りが。そのサウンドにうっとりしました♡

不思議なことに、尺八がトランペットのように響いたり、サックスのようだったり、古典的な尺八の深い音色になったり、変幻自在の様相を見せてくれるのです。それができる技術も凄いし、そもそも音の作り方が凄いです。

今回のライブはほとんどがオリジナル曲で、新曲もモリッと聴かせてくださいました。鮮烈な新曲に圧倒されて、ガーーーン!!! と思いました。

まさきさんの曲は、ただ単にメロディーを作るだけではなく、すべて情景や心情や温度、場所、気候などの要素が多層的に並存して旋律となっているのです。

旋律そのものの持つ力が途轍もなく強い。なので、同じ曲を聴いてもライブによってその曲から見える情景がいつも変わるのがとても面白く感じます。

今日は改めて、やっぱり凄い人なんだなあと思ってしみじみしてしまいました。

最近わたしは脚をケガして思うように音楽活動をできずにいます。毎日歌の練習してるし勉強もしてるけど、次のライブの目処が立てられないし、好きな人たちのライブを観に行くのもなかなか困難です。

そんなもどかしい心境の中、あまりにも素晴らしいライブに触れて、歓喜と焦燥がグチャグチャになってドッカーーン!! と衝撃を受けてしまいました。なんだかクタクタです(笑)

まあしかしいつまでも怪我人でいるわけでもないので、復活したらこの情熱を音楽に全部注ぎます。ガソリンもらった感じする。

ついこの前ジャンベを習い始めたばかりなので、パーカッションのサウンドにも興味を惹かれて、そっち方面にも欲望が掻き立てられました。パーカッションは楽しいねえ。無心に叩けるぐらい上手くなりたい。

ちょっとここに書くのは恥ずかしいというぐらい色んなことを感じるライブでした。己を映し出されたというかね。まさきさんのライブは奥深いでござる。

9月2日、東京ジャズフェスティバルにも出演なさるんですよね。それも観に行きます。セルリアン能楽堂で、ジャズミュージシャンの方と共に舞台に立たれます。

能楽堂でジャズと尺八ですよ。やられますな。必殺です。皆さんもいかがでしょうか。命の保証はありませんが、かなりお薦めしたいです。

#尺八

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


|

2017.08.18

2回目のジャンベ教室。ワーオ、難しい!

20841110_1458803940865977_534818345

岩原大輔先生のジャンベ教室2回目。前回は初めての人用のレッスンで、今回初めて先輩方にまじって演奏をご一緒させてもらいました。

皆さん4年ぐらい続けていらっしゃるそうで、その差は歴然っした。わたしと同じ種類の楽器を演奏しているとは思えない音色の違い! リズムの違い!

こんなに違うもんなんだな〜。遠い目(-_-)

しかし合奏することの喜びは大きく、自分の音はそっちのけで皆さんの演奏を堪能(๑˃̵ᴗ˂̵) ちゃんとした音が出るとやっぱりイイ。すごくいい。ジャンベの音、好きだな。

今日はコンゴニっていう太鼓も入って、サウンドに広がりがありました。いずれあれも叩かせてもらえるのかしら。わたしの家が太鼓だらけになる映像が一瞬見えてしまった。やばい。置くとこない。

まだ基本リズムさえまともに叩けませんが、わたしがやりたかったのはこれかなと少し思えた。ずっと何か打楽器をやりたくて、でもそれがどの種類なのかわからなかった。

ジャンベは一つの太鼓で基本的に3つの音が出せて、更に個人個人のニュアンスが出せる。上手くなればね☆

そういうのやりたかったんですよね。手で叩く太鼓で。

レッスンが終わったあと、先生と先輩方にジャンベを始めようと思った経緯などお話していて、「思ったより難しくて全然3つの音が区別できなくてびっくりです」と言ったら、「きっと歌と同じですよ。ボイトレに2〜3回行ったからといって初心者の人が急にすごい声で歌えるようになるとかはないでしょう? ジャンベも半年、一年と続けるうちに、前よりいい音になってきたなあと思えればいいのだから全然大丈夫」と励ましてもらえた。

言われてみりゃそうだな。あんまり悩まずにまずは続けてみよう。

先生も先輩方も良い人たちで良かったわん。新しいコミュニティ。新しい世界。

#ジャンベ

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


|

2017.08.10

ジャンベ教室初体験です。

20622334_1449174181828953_857419107

岩原大輔先生のジャンベ教室に行ってきました。

初めてのジャンベ♡ いつかKiKiさんみたいにジャンベを叩きながら歌うことを夢見てチャレンジです。色々やりすぎだけどまだ大丈夫だ。多分。

ジャンベは西アフリカのもので、太い木をくり抜き、山羊の革を張る打楽器。叩く位置や手指の開き具合などで音を調節する。

まず、そういうことがわかった。

ラッキーなことに今日はマンツーマンレッスンだった😙 ラッキーだけど間違えるとモロに響く。いやはやだいぶ間違えた。

基本のリズムパターンを2種類教わった。

思ったより難しいなあ。指を閉じるのと開くのでは音が変わるはずなんだけど、全然変わらないよ。そして右手と左手の音が揃わない。うおおおおお。

でも先生はとても優しくて、「大丈夫ですよ!」と終始励ましてくれる。ありがた涙。岩原先生ならついていけそうな気がする。あとはわたし次第ってことか。

2時間のレッスン中にも音の出方も少し変わってきて、なんとなく音に没頭できた。

ラストに岩原先生がソロを叩いてくれて、わたしが基本リズムを叩くという合奏をやらせていただきました。あまりにも楽しくてやる気が出てきちゃった。昔やってたドラムとは今のところ共通性を見出せなかったけれど、そのうちなんとかなるだろう。

「うわー! 先生わたしはジャンベを今日買いたいです今すぐ!」と叫ぶわたし。今月末まで待てばすごくいいジャンベ買えるからお待ちなさいということであった。待ちます! それまで机叩いて練習するわ。

やっぱり打楽器はワクワクするなあ。次回は先輩方にまじってグループレッスンです。ウヒョー。

#ジャンベ

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


|

2017.07.27

少しだけ見れた。恵比寿リキッドルームZAZEN BOYSライブ。

20139820_1432549900158048_203520476

恵比寿リキッドルームでZAZEN BOYSのライブ。だがしかし揉みくちゃ。前が見えなーい。ここはどこおおお。捻挫してる脚が痛いー!

つーことで、情けないことに途中撤退。撤退するのも10分ぐらいかかって、やっとでひたよ。まあ仕方ないすね。ザゼンのライブは健康時でも体力ギリギリっす。それでもどうしてもあの音が聴きたくてときどき行く。

少ししか聴けなかったけど、今日のサウンドも最高だった。一音に込める威力が圧倒的。更には隙間がかっこいい。もう長いことやってるのにバンドの緊張感ハンパない。

見た目、佇まい、喋り声、歌、ギター。すべてが向井秀徳。This is 向井秀徳。シビレる〜〜〜🙀⚡️

もう好きでたまらないですね。ケガが治ったらまたすぐに行きたいです。

その前に、向井秀徳のアートワークの展覧会が渋谷パルコであるらしい。見たい! 8月9日から。

http://www.parco-art.com/sp/schedule/exhibition.php?id=1124

恵比寿アトレで放心状態でコロッケ食べてたらある人にバッタリ会った(笑)いつにも増してマヌケな顔を見られてしまった。まあいっか!

#向井秀徳

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/

|

2017.07.21

お風呂スピーカー。

20031987_1424601267619578_424152234

新しいソニーを買いました(♡∀♡) 新商品♡♡♡ 重低音多めのBluetoothスピーカーですのよ。なんと防水でお風呂でも使えます!ソニー最高♡♡♡

#SONY

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/

|

2017.07.12

MISIAライブ。2017.7.9 zepp divercity tokyoの感想です。

19748913_1420978167981888_787701512

zepp diver city tokyoでMISIAのライブを観てきました。

オールスタンディング‥‥。さすがに脚が痛くて諦めかけましたが、1曲だけでも聴きに行きたい! 無理だったら途中で帰ればいい! と決意して行きました。

1曲分ぐらい遅れて行ったら、場内は超満員。もうちょっと元気があったら人々をかき分けてグッドポジションまで突進するんだけどね。壁にもたれて、ほぼMISIA見えない位置で音だけ聴くことに徹する。

今夜は「MISIA SOUL JAZZ SESSION 」というアルバムの発売に先駆けてのライブ。

トランペッターの黒田卓也さんがすべてのアレンジをなさり、アメリカで黒田さんと音楽活動してる一流のミュージシャンたちを集めて演奏するっていう、マジでホンモノのバンドでした。

これはっ、インコグニートなのでは!? とすぐに思った。煌びやかな管楽器、オシャレでパワフルなドラム、都会的でバカテクのベースetc. やたら華やかな楽器隊どす。

その真ん中に歌姫MISIAが花のように咲いている。驚嘆。メイザリークばりの声量です。

MISIAは実際にライブで観てCDより上手い歌手の代表みたいに言われてるんで、興味津々でした。予想を遥かに超える上手さ。

もちろんそれは、テクニック的に上手いというのを前提として、彼女の持つグルーヴ感が大きな会場の隅々まで届いているということへの感動でもありました。

アドリブもたっぷりありながら、確実なところを狙って当てるんですよね。間違いなくかっこいい。ここをこう歌うとこうなるということを、実際に声を出す前にきっちり全部描けていることを感じます。プロですな。

そして滑舌がいい。歌詞が全部大切にされてる。言葉の持つニュアンスを音色に乗せるのが本当に上手い。

こういうさまざまな要素が重なって、MISIAは歌上手いって言われてんだなと納得しました。

わたしが到着して最初に聴いたのが、新曲の「来るぞスリリング」でした。

この曲は、いいことが起きる前には「どうしてこんな悪いことが続く!?」という現象があるというMISIAさんの実体験をもとに書いた曲なんだそうです。

ここんとこ過労で入院したり、テーマソングを歌ったドラマがドタキャンになったり、色んなことがあったんですって。でもそれを乗り越えて今、「最高のアルバムが出来て、最高のライブを今夜やってるよ! きっとCDは大ヒットだね!」と言っていた。すごい説得力。

こんな歌詞です。

なぜか急上昇 急降下
いいことある前は
生まれ変わる時さ come on in

oh yes!
果てしない未来 僕はきっと たどり着く
oh please!
待ちきれない 僕は生きるよ共に
来るぞ来るぞ来るぞスリリング

以上。

ほんまやね。わたしもここんとこ、大やけどしたり、捻挫したり、踏んだり蹴ったりですけど、このあといいことがあるに違いないと思うの。きっとすごいことが起きるよ! 楽しみ(^^)

さすがに脚が限界超えてしまい、通路に出て座り込んでいたら、スタッフのお姉さんが優しく声をかけてくれた。

「ケガしてるんだったらあちらのスタッフ用の椅子に座ってもいいよ。でもそのケガで帰りの混雑はどうするの? あと30分もしないで終演だから早めに出るのも一策だね。どちらでもいいからね。気をつけてね」と心を込めて言ってくれた。優しい(;_;)

ちょうど「包み込むように」が終わったところで、もう帰ってもいいかなと思えた。歩き出したら、インコグニートの歌が聴こえてきた(笑)やっぱりそうくるか〜。ちと嬉しい。

最後までいられなかったけれど、100%以上の幸福感を感じられました。

しかし絶対今度は最初から最後までバッチリ見たい。MISIAのお姿もきちんと見たい。また行くぞ〜!

#MISIA

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/

|

2017.07.07

マリーナ・ショウ「カリフォルニアソウル」和訳。

マリーナ・ショウの「カリフォルニアソウル」の歌詞を和訳してみました。

昔からすごく好きな曲なんです(^^) 近いうちライブで歌いたいと目論んでるんですが、ネットのどこにも和訳がないからユミ先生の助けを借りて自力で訳したっす。

毎度わたしの翻訳は意訳だらけで、勝手にイメージを足している部分などもありますがご了承くだちゃい。

こういう曲、好きな人います? わたしが本当に歌いたいのはこういう歌なんですよ。しっかし難しい。がんばりまふ。

原曲はこちら。マリーナ姉さん。
Marlena Shaw - California Soul -
http://www.youtube.com/watch?v=kC2QK6KHnEA
(PCからしか見られないです)

こっちも好き! ジャミロクワイのカバーバージョン。
Jamiroquai - California Soul - Live at Taratata 2011
https://www.youtube.com/watch?v=O-vo4Y1QEYw&sns=em

California soul
カリフォルニアソウル

歌:マリーナ・ショウ
ソングライター: Nickolas Ashford / Valerie Simpson
和訳:wajo

Like a sound you hear
That lingers in your ear
But You can't forget
From sunrise to sunset

不意に聞こえてくる音のように
耳を離れない
それだけなのに
夜が明けて日が暮れるまで
その音を忘れることはできない

It's all in the air
You hear it everywhere
No matter what you do
It's gonna get a hold on you

あまねくすべてに存在し
どこにいても聞こえる
あなたが何をしていようと
ずっと捉え続けているもの

California soul
California soul

それはカリフォルニアソウル
カリフォルニアに根付くスピリット

They say the sun
Comes up every morning
And if you listen so carefully

太陽は毎朝昇るものだという
あなたが気にかけてさえいれば
聞こえる音がある

The winds that ride
On the high tide
Whistle a melody

満ち潮の上を通り過ぎる風が
気持ちいいメロディーを奏でているよ

So the people started to sing
And that's how the
Surf gave birth untold to

そのメロディーを聞くと
みんな歌い出してしまうの
わかるでしょう?
波が産み出すものの数は計り知れないということ

California soul
California soul

カリフォルニアソウル
カリフォルニアのソウルミュージック

When you hear the beat
You wanna pat your feet
And you've gotta move cause
It's really such a groove

ビートが聞こえてきたら
あなたは脚を軽く叩いて
リズムを刻みたくなるでしょう
そして動きたくてたまらなくなるはず
こんなにも素晴らしい
グルーヴなんだもの

Puts a brand new kind of
Thinking in your mind
And you can't go wrong
'Cause you're happy all day long

新しい想念を
あなたの心の中に吹き込んでいくと
一瞬ごとに
新しい気持ちになっていくよね
そしたら何も間違えるはずがないよ
だってあなたは
一日中ずっと幸せなんだから

California soul
California soul

カリフォルニアソウル
カリフォルニアのコアなマインド

They had the melody and the beat
But it still didn't seem complete

みんなメロディーとビートを
自分の中に持ってる
でもまだすべて完璧って
わけではなかったんだ

Until they saw two lovers kissing
They knew just what was missing

二人の恋人たちが
キスをするのを見るまでは
完璧さに足りないものが何なのか
わからなかったわ

So happy they were
Rocking and reeling
Because they added
That loving feeling
To California soul

からだを揺らしたり
フラフラしたりしてると幸せだけど
足りなかったものは
人を愛したり
心を通わせあったりすることだったね
これからの人生で経験を重ねていこう
それがカリフォルニアのソウルなんだもの

California soul
California soul

カリフォルニアソウル
カリフォルニアの地が持ってる感覚

Now if they move you
Will it move you
It can groove, you, baby
California soul
California soul, yeah
California soul
Satisfaction, darling

今誰かがあなたをその気にさせたなら
体が勝手に動いてしまうでしょう
それであなたは
グルーヴしてさあベイビー
カリフォルニアソウル
カリフォルニアソウル イェーイ!
カリフォルニアソウル
あたしごきげんだよダーリン

#lyric

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/

|

より以前の記事一覧