カテゴリー「音楽」の136件の記事

2017.05.26

ベット・ミドラー「ザ・ローズ」和訳。

Img_8915

昨夜のワジョライブで最後に歌った曲、ベットミドラーの「ザ・ローズ」の歌詞を自分で和訳しました。

とても哲学的で味わい深く、誰しもの心に勇気と温かさを与えてくれる名曲ですね。

ライブでは一番の歌詞だけ和訳を朗読して、そのあとフルコーラス英語で歌わせていただきました。

朗読は初挑戦でしたがなかなか面白くて、これからもやってみたいと強く思いました。またおつきあいください(^^)

実はわたしはこの曲を聴いたことはあるけどよく知らなかったんです。「ワジョさんに歌ってほしい」というリクエストを5人ぐらいの方にそれぞれ言われまして、内容をよく読んだらわたしの価値観にドンピシャで感動しました。

このような機会を与えてくださいまして、皆様ありがとうございます☆

 

The Rose
Bette Midler

Some say love, it is a river
誰かが言う 愛は川のようだと

That drowns the tender reed
それは柔らかな葦が溺れ落ちる川

Some say love, it is a razor
誰かが言う 愛は剃刀のようだと

That leaves your soul to bleed
あなたのたましいを流血させて去ってゆく

Some say love, it is a hunger
誰かが言う 愛は渇望だと

An endless aching need
それは終わることのない痛みとともにある

I say love, it is a flower
わたしはこう言う 愛は花だと

And you, its only seed
そしてあなたは 唯一の愛の種

It's the heart, afraid of breaking
心が傷つくことを怖れては

That never learns to dance
踊るように生きる術を得られない

It's the dream, afraid of waking
夢から覚めることを怖れていては

That never takes the chance
チャンスを掴み取ることはできない

It's the one who won't be taken
何かを得ようとするのならば

Who cannot seem to give
何かを差し出すことは避けられない

And the soul, afraid of dying
そしてたましいが死を怖れているのならば

That never learns to live
生きることの意味も学ぶことはできない


When the night has been too lonely
孤独で長い夜を迎えるとき

And the road has been too long
目指す道が遠すぎて見えなくなるかもしれない

And you think that love is only
愛は幸運な人や勝者だけに与えられるものだと

For the lucky and the strong
あなたは思うのかもしれない

Just remember in the winter
でもちょっと思い出してみてほしい

Far beneath the bitter snows
冬には重くのしかかる雪の下で

Lies the seed that with the sun's love
じっと耐えている種はやがて太陽に愛され

In the spring becomes the rose
春には必ず薔薇の花を咲かせるものであることを

#歌詞

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


| | コメント (0)

ワジョライブ【ダブルフェイス】打ち上がりました☆

18698366_1374689445944094_81811055

18622464_1374716955941343_32380041

18664316_1374717125941326_25385977

18700349_1374717009274671_18691117

おかげさまでワジョライブ「ダブルフェイス」無事に打ち上がりました☆

お忙しい中お越しくださった皆様のおかげ、ハイフンの皆様のおかげ、いつもわたしを引っ張って行ってくれているバンマス奈央ちゃんのおかげ、抜群のセンスでヘアメイクしてくださるアトリエZさんのおかげ、お守りになるアクセサリーをくださったあの方のおかげです。

今日は薔薇の一日でした。髪飾りも薔薇、最後の曲も薔薇、歌い終わって飲み干した最高のムレスナティーがウィーンの薔薇、いづも寒天工房さんの薔薇のシロップが絆になって新しいことが始まりそうなこと、皆様の温かい気持ちに包まれて幸せな気持ちのわたしの心の中にも薔薇の花、よく見りゃいただいた花束も薔薇でした。

すんごい! こんなシンクロあるんですね。今日のスピリチュアル質問コーナーでもお話しましたけど、デジャブやシンクロが起きるときは「あなたの選んだ道は正しいよ」というサインなんです。

神様わたし、今日ここで歌えたこと、正しかったのですね。感謝しております。

新曲の「自由になっていいんだよ」が大好評で鼻高々です(笑)嬉しいなあ。あの歌は今のわたしの本音の中の本音ですよ。皆さんに伝わって良かった。

今日は好評だったのが、「夜桜お七」「自由になっていいんだよ」「I was born to love you」「stranger in the nigh」「the rose」でしたかね。特に「夜桜お七」と「自由になっていいんだよ」でしたね。ありがとうございます☆

何よりスピリチュアル質問コーナーがいつもの訥々としたMCとは違って別人のように立て板に水でしゃべりまくってたのがすごいインパクトだったと言われました(笑)そりゃあまあそっちが今のところ本職ですので ( ̄▽ ̄;) またやりますね。公開カウンセリングもやりたいですね。

今日いただいた経験、必ず生かして次につなげます。

お料理も大好評でホッとしました♡ ハイフンマダムいつこさんのアイディアで、柔らかい豚のお肉ちゃんにチーズとヤングコーンを巻き巻きするという食感も味も素晴らしいワンプレートでした。

いつこさんいわく、「外は柔らか〜いけど中はしっかり芯のあるワジョさんのイメージよ」などと嬉しいことを言ってくださいました。so happy♪

巨大スワロフスキーの輝きも大反響で、すごく似合うと言われてゴキゲンです(^o^) これから毎回これ着けますよ。ありがとうございます。

次回は9月にまたハイフンさんでやらせていただこうと予定しています。その前にホームページ制作を進めたい気持ちマックスです。

これからも手相カウンセリング同様、歌手活動のほうもどうぞよろしくお願いします(╹◡╹)♡

ありがとうございました(感謝)

0525セットリスト

M➀There Must Be An Angel/ユーリズミックス
△MC 挨拶
M2○Misty/エラフィッツジェラルド
M1➂stranger in the night/フランクシナトラ
△MC スピリチュアル質問コーナー
M4○ファーストラブ/宇多田ヒカル
M5○You Are The Sunshine Of My Life/スティービーワンダー
△MC 
M6○1秒後/和女
M7○自由になっていいんだよ/和女

【休憩20分間】
【セカンドステージ】

△挨拶
M1○soppo /ツイスト
M2○お肉の歌/和女
M3○奈央ちゃんのオリジナル曲ピアノソロ
△MC 
M4○愛を込めて花束を/Superfly
M5○I can see clearly now/ジミークリフ
M6○夜桜お七/坂本冬美
△MC スピリチュアル質問コーナー2
M7○I was born to love you/クイーン
△MC
M8○The Rose/ベットミドラー


#


| | コメント (0)

2017.05.24

お一人様リハーサル。

18582566_1372296616183377_21975720

木曜日のライブに向けて、お一人様リハーサル中。自分の歌が日々変化してきているのを実感する。語るように歌いたい。やっぱりわたしは歌詞から入るタイプなんだなあと思う。言葉の国の住民なのじゃ。

ライブまだお席ございます! ぜひおいでくださいませ。
【ダブルフェイス】

出演: wajo(vo)西村奈央(pf)

2017年5月25日 木曜日 open 19:00 start 19:40
場所: 自由が丘ハイフン(hyphen)
自由が丘駅正面口 徒歩2分
music charge 3000yen+order[without tax]

詳細はこちらです(^^)
お申し込みはwajoにコメント、メッセンジャー、メールをくださいませ。
心よりお待ちしております☆

#

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


| | コメント (0)

2017.05.21

新曲「自由になっていいんだよ」の歌詞を発表します☆

新しいことに挑戦です。新曲をライブで発表する前に、歌詞を先に公開します(^^)

今回の新曲は、わたしのボイトレ師匠であるシンガーソングライターの楠瀬誠志郎さんからいただいたメールをきっかけに作りました。

わたしが音楽活動についての悩みを相談したら、こんなような内容のお返事をくれました。あまりにも感動して歌作っちゃった。

言葉そのものはわたしが意訳して書いています。メロディもなんとなく誠志郎さんぽくしてみました(笑)

ライブでぜひお聴きください! お待ちしております。

2017年5月25日 木曜日 open 19:00 start 19:40
場所: 自由が丘ハイフン(hyphen)
自由が丘駅正面口 徒歩2分
music charge 3000yen+order[without tax]
出演: wajo(vo)西村奈央(pf)

詳細はこちらです(^^)

「自由になっていいんだよ」
    作詞・作曲 wajo

自由になっていいんだよ
誰もキミを止められない
持って生まれた大きな翼
今こそこの世に羽ばたかせて

長い年月
何をそんなに悩んできたの
僕はいつもここにいるのに
手を伸ばそうともしないで

しなきゃならないことなど何もない
しちゃならないことだって何もない
キミの心がイエスと言うこと
どんなこともできる

人が何を言い 何をぶつけても
キミの思いさえあればいい
一番大切なことは何?
ほかならぬ自分
誰よりも愛そう

自分を愛せる人は
自分に似た人を愛せる
やがて誰もが似ていると
気がつくときがくる

自由になっていいんだよ
誰もキミを止められない
持って生まれた大きな翼
今こそこの世に羽ばたかせて

キミの夢は遠い未来の
話じゃないんだよ
心からの願いはすぐ叶う

自由になっていいんだよ
誰もキミを止められない
持って生まれた大きな翼
今こそここで

自由になっていいんだよ
誰もキミを止められない
持って生まれた大きな翼
今こそこの世に羽ばたかせて

#lyric

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/

| | コメント (0)

玉置浩二2017年5月17日東京文化会館シンフォニックコンサートの感想です。

18486111_1367337740012598_84318738

待ちに待った玉置浩二のシンフォニックコンサート♡  1月の東京国際フォーラムに続いて、2回目の玉置浩二です。

前回後ろのほうだったんで、今回は前から8列目ぐらいの真ん中で観たいなあと思っていたら、8列目の真ん中のチケットが届きました。なんじゃこりゃスーパーラッキー!

同じ東京文化会館でも、この前のピアノコンサートの4階席とはまるで別世界。玉置浩二の表情や仕草のひとつひとつがはっきり見えるばかりでなく、バランス良く柔らかいサウンドに全身が包まれて、それはそれはラグジュアリーでヘブンリーな時間でした。

正式名称は、

玉置浩二ソロデビュー30周年記念公演billboard classics  KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2017- THE GRAND RENAISSANCE -
指揮:大友直人 
東京フィルハーモニー交響楽団

と言います。

クラシックとは無縁のわたしに、海谷さんが色々と教えてくださった。大友直人さんがどのようにご活躍の方か、東京文化会館がどんなに格調高いコンサート会場であるか、今夜の構成がいかに贅沢なものなのか。いやー、知らないことばかりです。感謝☆

わたしなんて、1月と違う指揮者の人なんだってことさえわからなかった。オーケストラの楽器は名前すら知らない。そんなわたしでも、無条件に幸せになってしまうコンサートでした。

一曲目の1音目から完全だった。なんだろうここは地球じゃないなって感じ。ひとつの宇宙が出現した。

そこへ現れた宇宙人、玉置浩二。席の近さも相まって、まるでわたしにだけに歌ってくれてるみたいだった。あとで聞いたら一緒に行った海谷さんも石田さんも同じように感じてたって。

もうほんと、ライブハウスみたいな距離感。玉置浩二がこっち見て歌ってるよ! 絶対わたしを見てるね!(確信)

と前方ブロックの100人ぐらいが思っていたかと思われます。

歌っているというより、優しい声で丁寧に話しかけてもらってるような気分だった。この力の抜け加減と美しい声の響き。力が入ってしまいそうなところほど丁寧に丁寧に力を抜く。ささやくような声でも、たっぷりと張った声でも、同じくらいに美しく柔らかい。

今回わかったのは、マイクを離しているときも彼はなんだかんだ歌っているということ。歌ってないときも体が歌ってる。ダンスとはまた違うんですよね。全身を貫く音楽の管が通りっぱなし。

やはり彼は音楽の神そのものです。神の宿る身体を使って、この世に光を送り続けている。

この人と同じ時代に生きられて良かったな。もう少し早く聴けば良かったとは思うけれど、わたしにとってはきっと今がタイミングだったのでしょう。

突然ですが、品格って何でしょうね。玉置浩二なんて女性スキャンダルの宝庫で、本人のキャラクターもぶっ壊れてると聞きますが、例えようもない品格を感じます。

逆にものすごく正義感が強くて真面目なのに全く品格を感じない人もいる。

わたしは今、真面目に歌ってしまう壁にぶち当たっている。真面目にがんばってるよアピールをするのも好きだ。もっとしなやかになりたいのに。玉置浩二ともなると、マイク使うの忘れてるんだかわざと離してるんだかわからないぐらいホワホワですよ。

あのホワホワ感、少しでもわたしの身体の中に入ってくるといいな。

品格を保つのは真面目さではない。しなやかさだ。肝に銘じよう。

#玉置浩二

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/

| | コメント (0)

木曜日に向けてリハーサル。仕上がり上々♪

18447099_1366086293471076_59340236

5月25日木曜日のライブに向けて、ピアノの奈央ちゃんとリハーサルしてきました。

自作の新曲の仕上がり上々! メロディも歌詞も皆様の耳に心に残せると思います。あまりにも良い曲で、もうとっくに売れてるかと思っちゃった(๑˃̵ᴗ˂̵) ←思い込みは大事。

初の試みで、ライブで発表する前に歌詞だけ公開してみようかなと思っています。ただいま最終調整中につき、完成次第アップします☆ 「自由になっていいんだよ」っていう曲です。

奈央ちゃんとのリハーサルは楽しくて刺激的で情報量が多くて、終わったあと脳内の整理が落ち着くまで動けなくなる(笑)

何歳になっても、初めての体験をすると脳内の使ってなかった部分が開いてオギャーって感じするね。

これまた初の試みで、英語の歌詞を自分で翻訳して朗読してから曲を歌うっていうのもやってみることにしました。もう言っちゃうけど、ベット・ミドラーの「ROSE」です。なかなかいいのよ、これが。自画自賛やまず。

今回のwajoライブだけのお肉プレートは、ハイフンマダム特製の豚肉のロール巻き巻き中に何が入ってるかお楽しみスペシャルの予定です☆ 1500円ぐらいかな。

ぜひ見にいらしてくださいね(^^) まだお席ございます。

詳細こちらです。
https://www.facebook.com/wajo.kurihara/posts/1346313162115056

#Thursday

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


| | コメント (0)

楠瀬誠志郎2017年5月12日BAJライブ感想です。

目黒Blues Alley Japanで師匠楠瀬誠志郎さんのライブを拝見しました。

セカンドステージが始まる時刻に着いたら、大勢のボイトレ仲間が笑顔で迎えてくれた。

一人で遅めにチケットを買ったから、きっとみんなから遠くてポツンだろうと思っていたら、案外みんな近くにいた。

これぐらいのハコだと、客席も演者も近くて良いですね。BAJは特にステージを近く感じるんだよなあ。

誠志郎さんは14年ぶりのオリジナルアルバム「LET’S SWEET GROOVE」を5月10日にリリース。その記念に行われたのが今夜のライブです。

熱く、冒険的で、未来へと続く道を感じさせるライブでした。今この瞬間、このメンバーで出したい音というものを心から楽しんで描いていた。制作やリハーサルのときから何度も何度も喜びを分かち合ってきた仲間と、心から楽しみにしていたライブだったのでしょう。

バンドメンバーを若い人たちに一新したのは聞いていたけど、何よりも一番変わったのは誠志郎さん自身の中身だった。

「生まれ変わったんだ」と思った。細胞が全部入れ替わっていたものね。まるで新人歌手のよう。初々しい誠志郎さんに惚れ直した。

新しいことに挑戦するときめきと、勇気と、意欲と、探究心。長いキャリアから得た財産を、あえて置いてけぼりにして空白を作った。そこへ描く、新しい夢の何と生々しいことよ。

人は何度でも生まれ変われる。言葉にすると陳腐かもしれないけれど、自分が神とも崇める師匠が、そんな姿をリアルに見せてくれるなんて思いもしなかった。

わたしは誠志郎さんのことを師匠としてこの上なく尊敬しているし、同時におこがましくも友人のような気持ちも持ち続けている。

だって誠志郎さんていつも決して取り繕うことなく、そのまんまの人なんですよ。お互いありのままで向き合い続けていたら、子弟を超えて人としての絆がいつの間にか育っていた。そんなふうにわたしは感じています。

そんな大切な人が、こんなにときめいて新しい自分の音楽を作って歌っている。なんて素晴らしいことなんだろう!

実際今までの楠瀬誠志郎にはないサウンドだった。でも少しも無理をしていない。2017年の今、一番鳴らしたい音と旋律に違いない。

古臭くない、かといって新しさばかりを意識しているわけでもない。たくさんの音楽を聴いてきて、大勢の人に出会い、今という時代を受け止めて感じてる人の音だった。上っ面じゃない、芯のあるサウンド。ひとつひとつにちゃんと意味がある。だから聴く人の心の中まで届くのだ。

誠志郎さんは自分の意思で、16年前にテレビに出たり表舞台に立つのをやめて、ボイトレスクールを作った。40歳になったらそうしようと、24歳のときから決めていたんだって。それが声楽家でありボイストレーナーの草分けであったお父様の遺志でもあったから。

ありがとう。それがなかったらわたしは今歌ってなかったから。それがなかったらカウンセラーもやり続けられなかったから。わたしは誠志郎さんが与えてくれたメソッドで自分の声を取り戻して、生きる道を見つけた。声が変わると人生が変わるって、決して大袈裟な話ではないよ。

誠志郎さん自身も、自分の声で今生まれ変わろうとしている。わたしもちょうど今そうなんだ。切り替えポイントが来たと感じる。

昨日の続きの今日の努力をずっと続けてきたけど、違うやり方があるって気がついちゃった! もちろん努力はこれからもするんだけど、違うこともできるよと教わった。歌だけじゃなくて、人生もね。

人生は出会いと気づきと行動と結果と修正の繰り返し。お好きなだけ何度も繰り返せる。

ではここで聴いてください。リニューアルした楠瀬誠志郎さんの新曲、デイジーです。どうぞ!


#楠瀬誠志郎

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/

| | コメント (0)

2017.05.07

KiKiさん古川初穂さんデュオライブ@パラダイスカフェ横浜

18222519_1353887038024335_73371942

横浜パラダイスカフェで、KiKiさんと古川初穂さんのデュオライブを観ました。

KiKiさんは現在ボイストレーニングを教えていただいているわたしの先生。まだ知り合ったばかりで、ライブを拝見するのは今回が初めてです。

初穂さんはわたしが卒業したボイトレスクールBreavo-paraの校長楠瀬誠志郎さんのバンドで長年ピアノを弾いてきた方。なので初穂さんの演奏は何度となく拝見してきたのです。

KiKiさんのところに習いに行ってから初穂さんと活動なさっていることを知って驚いた。世の中つながってますよね。

しかも今日会場で、「もしかしてワジョさんなのでは?」と意外な人に声をかけてもらって、すごく嬉しかった。

ちょっと遅れてしまったと思ったら、席に着いたのがまさにライブが始まる瞬間だった。間がいいね。

半分以上がジャズで、あとはKiKiさんのオリジナル曲と、ラストのあたりはゴスペルのコーナーになっていた。

KiKiさんは小柄なかわいい女性なんですが、カラダが全解除、全開放されていて、ものすごいエネルギーが奔放に放出されている。

一生懸命やらなくてもバーンて勝手に出ちゃうんだよといった柔らかさと余裕がある。すごい人だ。

KiKiさんはわたし一人に歌ってくれるときも、ライブで大勢の前で歌うときも、基本的にいつも同じな気がする。

全く気取らず自然体の面白トークもいつものままだ。それで完成度の高い素敵なライブになってるんだからすごい。全身全霊が常に音楽なんだろう。

何かこうテクニックを駆使しているというより、今この場所にある空気とエネルギーに気持ちよく乗っかるならこういう声がいいよね、みんなもいいと思うよね、という共鳴を増幅させ続けている感覚だ。

わたしはこんな境地にはまだまだ到底たどり着けない。圧倒的なものを持っている人にものを習えるのは僥倖である。

ジャズのコーナーはノリノリで楽しく、ときにセンチメンタルに、ときに激しく、まさしく音を楽しめた。

初穂さんがソロで演奏した曲が、わたしの一番好きなピアニストの曲を初穂さん流にかっこよくアレンジした曲で、すごくいいもの観れたなーと思った。

ゴスペルのコーナーでは急にトランスするみたいに眠くなった。これはやっぱり、たましい持ってかれちゃったってやつですね。

あっという間の2ステージだった。なんだかKiKiさんのライブは全く疲れないな。むしろ楽になる。癒しビーム的なものが出てるんでしょうか。

KiKiさんも初穂さんも敬虔なクリスチャンなので、そういった意味でも特別な何かが宿る音だったのでしょう。

とても良いライブでした。あの場に立ち会わせていただいてありがとうございました♡

#vocalist

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


| | コメント (0)

2017.04.29

山下達郎ライブ。神奈川県民ホール2017年4月28日。

18157323_1347964605283245_20049729

初めての山下達郎ライブ。神奈川県民ホールの2階席。やっと念願叶いました。

昔、サウンドストリートを毎週聴いていたよな〜。当時はレコードを何枚か持っていたけれど、今持ってるCDはベスト盤ぐらいというライトなファンです。

その程度の気合いでは、チケットなんてなかなか当たりません(笑)今回はまぐれ当たりってところね。

達郎さん曰く、「昔はマニアックな選曲で聴き手を唸らせようという気持ちがあったが歳を重ねてめんどくさくなってきたから今年のツアーは特にベタな選曲ばかりです」と。

確かにわたしでも知ってるような曲が多かったわ。曲名まではわからないですけどね。そういえばこの曲もあったなあ、名曲だなあ、歌いたいと、何度も思った。

特にオープニングの曲は、近いうちライブで歌おうかと思ってた大好きな曲で、いきなりときめいた!

山下達郎はわたしより14歳年上だ。天性のものが大いにあるとしても、鍛え続ければ人間は60代でもあんな声が出るという証明を得て、遅咲き歌手のわたしは希望が持てた。

びっくりしたのは、CDと同じ声だったってこと。それも30年以上前に録音したCDと遜色ない声だったのよ。

ライブならではの血肉の熱さやアドリブの自由自在さは十分にありつつ、ノリでどっか行っちゃうってことがなかった。抜群の安定感。

この安定感は、今自分がどこにいるのかよく分かっているからなんじゃないかと思った。

その楽曲の中で、どこのセクションか、10人編成のバンドの中でどの位置に自分がいるのか、今夜のライブのどのあたりなのかというのはもちろん。この時代、この季節の中で、世界のどこにいて、何が起きている瞬間にここにいるのかということに対して、とても意識的な人なのだということを感じた。それが歌に表れている。要するに軸足がハンパなく強い。

歌唱力とか声が出てるとかいう以前に、そういう人間としての在り方こそが歌を作っているのだと教わった。

達郎さんのトークを久しぶりに聞いたけど、リスナーに対する正直さが全く変わっていなかった。取り繕うことなく、信念に基づいて何事も言い切る潔さが素晴らしい。

そしてライブで聴いて改めて達郎さんはブラックミュージックに対する畏敬の念がものすごく厚いのを感じた。

対してバンドの演奏はシティポップだった。今回、小笠原拓海さんのドラムを観るのも楽しみのひとつでした。いやあかっこいい。姿もドラムもかっこいい。お若いのにこういう音を出せるなんて洒脱ですな。

非常にスマートで、無駄にバシャバシャした音がない。一音一音がよく聴こえる。ラウドな音じゃないのに芯のしっかりした強い音がする。音のテンションが心地よく一定している。きちんとしたまとまりがあり、なおかつ華やかさもある。

さすが24歳で山下達郎バンドに採用された人なだけあるね。今もまだ32歳だよ。すんごい人だ。

今夜のライブは3時間10分ほど。達郎さんとしては、「もし今夜限りでライブができなくなったとしても後悔はしたくない。そう思うと、どうしても3時間に収まらない」んだそうです。驚愕。

でも全然長く感じなかったなあ。本当に楽しい時間だった。

歌うということ、音楽を演奏して人に伝えるということについて、大いなる示唆を得た。山下達郎のやり方。わたしのやり方。違って当たり前だし同じことはできないけれど、歌手は自らの在り方に確信を持ってこそ歌えると、体感的に知った。それだけでかなりの収穫だ。

音楽の神様、今夜わたしをあの場所にいさせてくれてありがとう。

#山下達郎

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


| | コメント (0)

2017.04.28

wajoライブのお知らせ 【ダブルフェイス】 2017.5.25自由が丘ハイフン。

18118523_1346312855448420_19862656

5月のワジョライブのお知らせです!

ライブタイトル
【ダブルフェイス】

手相カウンセラーの顔と、シンガーの顔。ワジョが持つふたつの顔を同時にお楽しみいただけるライブです♫

今回初の企画、「スピリチュアル質問コーナー」を設けました。スピ系の質問なら、どんなことでもお答えします。質問を考えてきてくださいね!(ご希望の方のみ用紙にご記入いただきます)

また、幅広いジャンルをまたいで歌うシンガーとして見せる複数の表情にもご期待ください。

洋楽ポピュラー、ロック、スタンダードジャズ、演歌、レゲエ、昭和歌謡、J-POPなど。アーチストで言えばフランク・シナトラ、エラ・フィッツジェラルド、宇多田ヒカル、Superfly、坂本冬美など歌います。

そしてもちろんオリジナルの楽曲も。自作の新曲のタイトルは「自由になっていいんだよ」。

真面目に考えすぎて新しいことに挑戦することに二の足を踏んでいるあなたに向けて書いた曲です。ぜひライブの場で、わたしからのエールを受け取ってください(^^)

聞かれることの多い、わたしの作詞作曲の手順とそれにまつわる紆余曲折のエピソードなどもお話ししようと思います。

会場は前回と同じく、ゆったりとお座りになってご鑑賞いただける、自由が丘ハイフンです。お肉のスペシャルプレートもまたまたご用意いたします☆

皆様のお越しを心よりお待ちしております!

【ダブルフェイス】
ご予約受付中です♡

2017年5月25日 木曜日
open 19:00 start 19:40

場所: 自由が丘ハイフン(hyphen)
http://r.goope.jp/hyphen
自由が丘駅正面口 徒歩2分

ハイフンへの道順はこちら。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/82449/77187/86754639

music charge 3000yen+order[without tax]

出演: wajo(vo)西村奈央(pf)

お申し込みはwajoにコメント、メッセンジャー、メールをくださいませ。
どうぞよろしくお願い申し上げます☆
来てくれる人、大好きです♡

wajo

#ライブ

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


| | コメント (0)

より以前の記事一覧