カテゴリー「音楽」の208件の記事

2019.01.17

新曲完成!「気楽にいこうよ」




新曲完成❣️

1月29日のワジョライブで発表する新曲が、今日完成しましたo(^▽^)o

タイトルは、「気楽にいこうよ」

作詞作曲ともにわたくしワジョです。

今度の曲は、「今までのわたしは、毎日何がなんでもがんばらなくてはいけないと思ってたけど、まあたまには休んでもいいから楽しみながら続けていこうよ、やめなければ少しずつでも夢は叶っていくよね」ということを歌ってます。

この曲は元旦に作りました。今年はどんな風に過ごそうかなと考えたときに、お正月休みでのんびりしていたこともあり、たまには休むのもいいなあ〜と思ったんですよね。

何日か休んだって、何かを失うわけでもなく、むしろ元気がチャージできていいと感じまして。

この歳になりますと、年齢的なプレッシャーもかえってなくなり、何歳だってやりたいことやればいいじゃないですか皆さん!て、開き直った気持ちになってくるものです。

今までの人生を振り返ると、結局自分が思い描いた通りになってるんですよね。もちろんそれ相応の努力を継続してきた結果でもあるし、運が良かったという面にも感謝しています。

「思考は現実化する」という有名な言葉があります。手相のお客様や友人と話しているとき、この言葉をよく思い出します。自分の人生を描くときにも。

自分が思い描けることは現実化するのだと思います。経験的にもこれは真実。

だからこれからの人生も、結構思い通りになるんじゃないかと明るく考えて、今年もマイペースでやっていこうという気持ちが盛り込まれた歌詞です。

ご感想よろしくお願いします!

今日、ピアノの奈央ちゃんとリハーサルしてきました。奈央ちゃんの溌剌としたアレンジが最高です❤️

どんなメロディーがつくのか、楽しみになさっててくださいね😊

ぜひ聴きにいらしてください。1月29日火曜日 19時40分開演、自由が丘ハイフンです。

詳細こちら。
http://wajo.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/129-331a.html

「気楽にいこうよ」

夕暮れの道をひとりで歩いた
昨日果たしきれなかった約束を胸に

そうしようと強く描いたこと
足りなかったのは運か勇気か

まだまだチャンスはあると信じてる
生きてるうちは何度でも試せる

Let’s take it easy
気楽に行こうよ
You have so many chances
何度も何度でも
Everything will be all right
結局思い通りになるよね

あと何歳若けりゃ夢は叶ったの?
どんな才能があれば恵まれていたの?

イチかゼロかで全部は決まらない
あとから足せばゼロも100になる

やりたいことだけしてればいい
だけどずっとやめないって決めている

Let’s take it easy
気楽に行こうよ
You have so many chances
何度も何度でも
Everything will be all right
結局思い通りになるよね

ほかの誰かの価値観で
生きることなんて不可能
自分の思いで進む道を選ぶだけ
それが最高じゃん

Let’s take it easy
気楽に行こうよ
You have so many chances
何度も何度でも
Everything will be all right
結局思い通りになるよね

結局思い通りになるよね

By wajo

#lyrics

|

2019.01.01

初めてのフライヤー。




初めてフライヤーを刷ってみました。

とりあえずワジョルームの玄関に貼ってみた。暑苦しいかな? お客様の様子を見て考えます(笑)

http://wajo.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/129-331a.html

#ライブ

|

2018.12.23

次回ワジョライブ、1月29日火曜日です!




次回ワジョライブのお知らせ。

タイトル
「ジャズとEnkaとスピリチュアル」

今回は直球で得意ジャンルを掘り下げます!

スピリチュアルなセンスを持つwajoならではの音の世界と、2019年を幸福へと導くトークによる、楽しい時間をあなたに♡

超有名なスタンダードジャズも、難しめで濃いめのEnkaも、wajoテイストで皆様の心の奥底に響かせます。

素晴らしきピアノを弾かれるのは、各方面でご活躍目覚ましい西村奈央さん。なおかつ、ゲストに佐藤たかゆきさんをお迎えして、ギターとコーラスを演奏していただきます。

今回初披露の曲を少しご紹介しますと、映画「グレイテスト・ショーマン」の中から、「Never Enough 」を。そして北島三郎の「北の漁場」にも挑戦。テクニックもハートもワジョ史上最高潮です。

好評のスピリチュアルコーナーは、ご縁にまつわるお話をしましょう。今世で結婚する相手とは前世ではどんな関係だったのか? 誕生日や家族の名前が同じなのは何かのサイン? 運命の赤い糸はどんな仕組みになっているのか? etc.

ハイフンさんの美味しい手料理と、素晴らしい香りのムレスナティーとともに、楽しい時間をお過ごしください。

ぜひお友だちを誘っていらしてくださいね。もちろん、お一人様も大歓迎です。

皆様のご予約を心からお待ちしております。

わたしwajo宛に、コメント欄、メッセンジャー、メールなどでご連絡くださいませ。24時間受付中☆
wajo@yahoo.co.jp

出演: wajo(vo)西村奈央(pf)佐藤たかゆき(gt)

2019年1月29日 火曜日
open 19:00 start 19:40
皆様お座りいただけます。途中入場、途中退場、いずれもノープロブレムです。終演は21:30頃の予定。

場所: hyphen(ハイフン)
自由が丘駅正面口 徒歩2分
http://r.goope.jp/hyphen/about
道順
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/82449/77187/86754639

music charge 3000yen+order[without tax]

英語力アップで気合いもアップ! 更には皆様の運気をもアップするwajoにご期待ください!

#ライブ

|

2018.12.22

カテドラル教会で合唱を聴く。




東京カテドラル聖マリア大聖堂にて、フーゴ・ディストラーの合唱曲を聴きました。

コンクリート打ちっ放し。高さ40mの天井向けて解き放たれる、荘厳な宗教曲。クリスチャンじゃないわたしの心も震えます。いつしか深い瞑想に。(寝てないよ!)

ノーマイクで男女の低音から高音まで美しく響かせる建築です。特に低音の唸りが床面から立ち上がるように感じられ、特殊なライブ感。

ドイツ語だから、ひとことも意味はわからなかったんですけど、たましいに直接語りかけられた感覚が残りました。

音楽って、その場にいるだけで体の中に入ってきて残りますよね。はっきり感じるのは数日間だけど、きっと一生残ってるんだと思う。

サウンドも曲も良かったし、友だちの海谷さんが出演なさっていて嬉しかったです。

良き夜。

#教会

|

2018.12.14

Charさん六本木ライブ。










EXシアター六本木にて、Charさんのライブを鑑賞。

この会場は初めて。六本木ヒルズの向かい側にある。ジャニーズJr.とかアイドルの公演をよくやってるらしい。知らんかった。

今日も特等席をいただいた。Char様に感謝。いつも良いお席で嬉しい。

自分の席が良かったせいか、キャパ1700の割にコンパクトな劇場のように感じた。サウンドがキュッと締まってて超かっこいい。ライブ感がガツンとありつつ、各楽器の繊細な音質を表現してる。世の中進化しておるのう。

ドラムのしーたかさんとベースの澤田さんは広尾が地元で、Charさんも戸越からこっちのほうにいつも遊びに来てたらしい。

Charさんのライブの法則として、地元に近い会場だとMCが長くて面白くなり、演奏も熱が入る。アウェーな場所だとほとんどMCのないときもあるのよ(笑)

てえことで今日はとても面白いお話をたくさん聞けてラッキーだった。メンバーいじりもいつもより多めで大サービス。

だいぶノリノリでライブ全体の時間も長めでした。前半がアコースティックで、後半がエレキになるんだろうとステージセットで予想できた。

しかしアコースティック部門が終わった時点で結構時間が経っていて、エレキ部門は短めに終わるのか!?と思いきゃ、アコースティック部門以上に長時間やってくれた!!

気づけばアンコール2回含めて3時間近く。もっとやってほしかったぐらい良いライブでした!

昔、恵比寿リキッドルームでCharさん激烈にキマッててライブが4時間ぐらいになったことがあり、あのときは音楽は永遠に聴いていたいけど脚が死んだ(笑)

今日は前半はお客さん全員座ってて、後半じょじょに立つ人が増えた。六本木の大人の客層にはこれぐらいがちょうどいい。

前半のアコースティック部門では、しーたかさんがジャンベを叩いていた。ジャンベ!! すっかりご無沙汰してますが、諦めたわけじゃないからね!!!! いつかやります。いつかっていつ?

しーたかさんのジャンベは、わたしが習ってるアフリカンリズムのとは当然違って、Charサウンドに適したロックな音だった。こういうのもありなんだなあ。勉強になった。

一曲目があの曲で感動。ネタバレになるから書かないほうがいいのかな。あの曲です。すごく好き。(わからんて)

後半のエレキ部門では、かなり古いオリジナル曲もたくさんやってくれて心を揺さぶられた。わたしが小中学生の頃に聴いていた曲だな。あの頃Charさんはわたしのアイドルでした。今は神ですけどね。

小学生のときに心酔してたミュージシャンの曲を、この歳になって聴いて今でも胸がギュンギュンするって素晴らしいことよね。こんなときばかりは、わたしの人生も満更でもないと思える。

神は今日も現役で神であった。神ながらさきわえたもうた。崇め奉り敬ひ奉りて候。

#Char

|

次回のワジョライブは佐藤たかゆきさんがゲスト☆




今日は佐藤たかゆきさんと、1月29日のライブのリハーサル第一弾を決行しました❣️

そうです次回のワジョライブのゲストは、Breavo-paraのC&P隊バンマスたかゆきさんですよ。彼は常日頃、何十人ものシンガーを束ねている音感抜群の人。

今回はギター&コーラスでご出演です。たかゆきさんの素晴らしい音楽観の中で、歌って遊ばせていただきます🎵

曲選びのために何曲かやらせていただきましたが、わたくしとしては古賀メロディ最高っっっした。ギター演歌いいね。激シブ。

わたしのオリジナル曲をギターで歌うのも初めてのことで、とても楽しい経験になりました。本番でも歌いたい。「出雲」とか。

あとは映画の影響もあって、クィーンの「Love of My Life」などやってみた。楽しい。この曲は今すごくわたしの心の真ん中にある曲なんで、胸に響いた。

色んな楽器の人と演奏すると、それぞれの美しい響きがあって素敵ですね。

今度のライブは、奈央ちゃんのピアノと、たかゆきさんのギター、それぞれ曲に合う楽器でかわりばんこで演奏していただきます。贅沢な話だなあ。ありがとうございます。

1月29日火曜日19:40開演、自由が丘ハイフンです。今から空けておいてくださいね❣️

#ライブ

|

2018.11.22

わたしの歌手活動について書いていただきました☆

わたしがいつもライブのセットリストの相談に乗っていただいている、コトさんがわたしの歌手活動について記事を書いてくださいました❣️(喜)

https://ameblo.jp/kintotoco/entry-12413685703.html

わたしの歌への思い、夢と現実に対する考え方と行動。すべてコトさんがここに書いてくださった通りです!!

よくぞここまで深くご理解くださいました。感涙です。本当に涙が出ちゃったよ。

そうなんです。カウンセラーの片手間じゃなくて、やるなら本気でやりたいんです。

圧倒的に歌が上手くなりたいし、泣いちゃうぐらい感動的な本物の歌を自分で作って歌いたい。それを日本中、世界中の人に聴いて楽しんでほしいと、本気で思っています。

コトさんが書いてくださっているように、わたしがこの歳で新しい夢を叶えていく姿を見て、手相のお客様方が「年齢なんて関係ないんだな。夢は具体的計画的継続的に叶えるものなんだな」と感じてくださることが、わたしの新しい形のカウンセリングだと思っています。

カバー曲もオリジナル曲も、わたしのまことのたましいを震わせて歌っているのです。わたしなりにね。それが伝われば、世の中に何ワットかの光が届くと信じています。

これからも次々に具体的項目を叶えていきますよ! 大きいステージに立つとかそういう最後の山は神頼みになりますが(笑)、自分でできることは全部やっておきたい。

そのためのボイトレ通い、コンサート通いであり、毎日2時間の歌の練習であり、英語の勉強であり、作詞作曲活動なのです。

あと2年ぐらい経ったら、「ここまでやったら助けてくださいません?」て、堂々と神様に言える自分になりたいです。今のペースで努力していけば、2年後ぐらいにはそうなって然るべきなんですよ。わたしの中の予定では。

誰もが自分のことで精一杯で当たり前な時代ですが、こんなふうにわたしのことをきちんと見てくださって、理解して、支えてくださっているコトさんという友だちがいて、本当に幸せです!

コトさんが絶賛してくれた、「Bohemian Rhapsody」は、わたしの一生のテーマ曲にしようと思っています。日本人でこの曲を歌ってる人って、割と少ないんじゃないかと思うんですよね。何しろマジで難しいからね😆

でもわたし歌えるようになったんよ。発音も教わって、歌も教わって、自分で曲の風景を描いて、人に届くように整えた。

今までに3回ライブで歌いました。この前のライブでは我ながら満足な仕上がりで、結構ほめられた😘 これからもっともっとかっこよく歌えるように進化していきます。

そんなわたしの次回のライブは、2019年1月29日火曜日19時40分開演です☆ ニークの年イイニク火で焼く日と覚えてください🍖

場所はいつもの自由が丘ハイフンにて。

まだ日時と場所しか決まってないんで、詳細決まりましたらまた書かせていただきますね。

結局最後は告知かい! お粗末様ございます。皆々様に感謝☆

#歌手

|

宇多田ヒカル横浜アリーナ感想。




宇多田ヒカルのコンサートに行ってきました。横浜アリーナ、2daysの2日目です。

意外にもわたしは横アリ初めて。宇多田ヒカルも初めて。あまり大きすぎる会場のライブは避けているのでね。しかし宇多田ヒカル、どうしても見てみたかったので申し込みました。

CD購入者先行予約、写真審査で落ち、写真撮り直して送ってまた落ち、セカンドチャンス予約でやっと取れた。このシステムつらいな。転売防止のために仕方ないんだろうけれど。

わたしの席はアリーナのだいぶ後ろのほう。ステージに向かって右寄り。見通しはかなり良い。

観客は子どもから大人まで幅広い。美男美女率が高い気がする。

開演前、BGMが何もなくて無音。クラシックコンサートのような緊張感がいい感じ。

横アリはステージがこんなに広いのだな。大きな背景からステージ手前までめいっぱいに極彩色がギュンギュン走るビジュアル効果が素晴らしい。

宇多田ヒカル、8年ぶりのライブ活動なんだそうです。その間に結婚して出産して離婚して作曲活動再開してヒット曲いくつも出してのライブだもの。ファンの皆様はさぞやお待ちかねだったでしょう。

わたしは特にすごいファンてわけじゃないけど、好きな曲が何曲かあって自分のライブでもカバーさせてもらったりしてる程度の薄いファン。それでも演奏された曲の半分ぐらいは知ってました。

PVで見てた通り今の彼女は完全にアスリート体型。肩のハリが素晴らしく、体幹がバキバキにキマってて、まるで競泳選手のよう。かっこいい!

歌ってみるとわかるんだけど、宇多田ヒカルの歌ってすごく体力がいるんですよね。これは体を鍛えねば長く歌い続けられないでしょう。

今日印象的だったのが、宇多田ヒカルのそのアスリート並みの体力の素晴らしさと、作曲家としての世界トップレベルの才能、そして英語がしゃべれることばかり注目されがちだけど日本語能力もズバ抜けて高いのとセンスがいいってこと。歌手としての音粒の多さにも感嘆した。音程の調整加減が複雑にして絶妙で確実。

MCはあんまり得意じゃないみたいだった。天才にもこんな隙があるってことに、ちょっと安心したりして。

まあどう見ても神だったし、何もしないで立ってるだけで明らかに普通の人じゃないオーラがダダ漏れな人なんだなと思った。サウイフモノニワタシハナリタイ。

バンドは全員外国人。もうそれだけでかっこいいと思ってしまうわたしは完全に西洋かぶれですね。

「Forevermore 」っていう曲が良かったな。練習してみようっと。

#宇多田ヒカル

|

ナルバリッチ武道館ライブ感想。




一昨日のマライアぶりの武道館。本日はついに、或いはもう? ナルバリッチの単独ライブなり。デビュー2年で武道館ソールドアウトなんてスゴイよね!! 偉業だよ。

ナルバリッチさんは相変わらず覆面バンドってことになってて、今日スクリーンに映し出された映像もボーカルのJさんしか顔出ししてなかった。ほかのメンバーは首から下のみ! たまに顔映っちゃってたけどね😆

実際のステージでは特に顔は隠していないので、全員の顔が見える。わたしは今日、運のいいことにアリーナの前から3列目だった。でも武道館ともなると客席からステージも遠いし、ステージも広過ぎて全員の顔は認識できなかったわ。

ナルバリッチっていうと最近は最先端のオシャレバンドという位置付けを確保してる感。それながら割とラフな感じで、皆さんいつもと同じ服だった気がする。

Jさんも前半の気合いの入った印象から後半にいくにつれて、いつものパジャマみたいな格好になっていった。ていうかあれパジャマなの!? パジャマにしか見えないんだけど〜〜。ジャミロクワイの前座やったときも確かパジャマだったよね😓

要するにそんな自由な感じがナルバリッチなんだよ。

顔出ししないのも自由でいるためかもね。「この日のライブ出られる人、集まってね〜無理しないでね〜」みたいな。

お客さんにもMCで、Jさんこんなこと言ってた。

「無理しないで来れるときまた来てよ。お金と気持ちに余裕があるときだけでいいからさ。絶対ついてこいなんて言わないよ。だって、子どもとか産んだら来れないじゃん? でもいつだって戻ってこれる場所があると思っていてほしい。俺たちはまたここに必ず戻ってくるし、もっと大きな場所でもやるからさ」

ひー! かっこいい! 初めての武道館でこの余裕。大人だね。

あとね、この言葉も印象的だった。

「今日は協調性があっていいね。でも無理にまわりに合わせなくてもいいんだよ。全員で揃ってみたいのは元々あんまり好きじゃないんだよね。俺の夢は武道館でそれぞれの人が好き勝手にあちこちで盛り上がってるのが見たかったんだ。踊ってる人、歌ってる人、みんな自分の好きなノリでいいよ」

うはーーー!! かっちょええ!! 神だね。

ホントわたしも最近、みんなお揃いの振り付けで全力でついていくみたいなの本当に楽しいのかなあ? と思ってたのよね。

正直言ってわたしはあまりにもライブによく行くので(一応これもミュージシャン修行)、よっぽど盛り上がったときしか立ち上がって踊ったりしてないわけよ。でも今日は自然と体が動いたし、歌うのが楽しかった。

このモノグサのわたしが2時間踊りっぱなしで、全然疲れなかった。むしろ爽快で疲れが取れた。最高の気分。

ナルバリッチって最初は、スゴ腕のサポートミュージシャンたちが急に主役になって、音楽職人的な異常なキレ味が若い観客たちに甚大な衝撃と戸惑いを与えていた印象があったんよ。あれから2年経って、たくさんのステージを重ねて、超絶ステキな最強のライブバンドになったんだなと思った。

すごいスピードで夢を叶えて武道館のステージに立った彼ら。そのサウンドは武道館にぴったりだった。彼らこそ武道館にふさわしいバンド。武道館に選ばれたんだなという感じさえある。何かやはり、武道館て特別だね。

英語と日本語まじりでノリが完全に洋楽系ジャズファンクで、歌が難しくてJさんの誘いに乗って一緒に歌える人は少ない。だってそのノリがかっこいいんだからしゃあない。

「NEW ERA」を一緒に歌おう! とJさんが誘ってたけど、やっぱあんまり歌えてる人いなかった。少なくともわたしの周囲3メートル以内は誰も歌えなかった。わたしのワンマンショーですよ。ご静聴ありがとうございました(笑)

「ain't on the map yet」は、わたしも覚えてなくて残念だったなー。結構この曲が山場になるから今度覚えていこう。

次回の東京ライブは来年4月24〜25日、Zepp Tokyoですよ。無理しない程度に行きましょう!

http://sp.nulbarich.com/

#Nulbarich

|

2018.11.02

マライア・キャリー武道館公演。




今日は生マライア・キャリー at 武道館を拝見。

マライアのファンは女性のほうが熱いのね。音楽だけじゃなくて、生き方として憧れのお姫様なのだな、きっと。

15分押し、90分のステージはヒット曲満載のサービスぶり。短かめながら、ダレ場がなく終始楽しい演奏会でした。

マッチョな男性ダンサーズが4人、ずうっと踊ってて華やか。マライア彼氏のブライアン・タナカさんが出なかったのは残念だったなあ。

バンドは驚きの小編成で、ドラム、ピアノ、キーボード、ベース、コーラス3人。ギタリストさえいないなんて。セットも簡素でした。

しかし十分な迫力で、超満員の武道館を沸かせていました。ほんとみんな幸せそうにしていた。

今日はハロウィンてことで、途中でマライアの双子ちゃんがコスプレで登場していた。

マライアは結構ガッツリ生声で歌ってくれていて、「イモーション」ていう曲のホイッスルボイスも生でピャーッと歌っていた。すげえ。

あのホイッスルボイスっちゅうのは天性のものなのか練習すれば出るもんなのか知りたい。わたしも歌えたらいいのに。

衣装替えが結構頻繁で、大体3曲に一度ぐらい着替えていた。「恋人たちのクリスマス」は専用のサンタドレスに着替えてたよ! あの曲だけのために!

お目当の「Vision of Love」と「Hero」も聴けてワジョリンご満悦です。

非常に率直な感想として、本物のマライア・キャリーの歌が聴けて良かった。

アメリカ人てすごいな。なんかよくわからんけど、何もかもスケールでかい。武道館が小さいライブハウスぐらいに思えた。

#MariahCarey

|

より以前の記事一覧