カテゴリー「グルメ・クッキング」の1000件の記事

2019.09.18

蒲田鳥久のお弁当。

蒲田の鳥久。17時の時点でほぼ売り切れ。特製弁当と、から揚げ弁当だけありました。いつもこんな感じ。


この片栗粉まみれの、白い二度揚げのから揚げが、大田区民のソウルフードなんです。最近は人気のロケ弁なんて紹介されてることもあって、照れくさい。身内感覚。


今日は特製弁当をいただきました。から揚げ、チキンカツ、焼鳥、鳥肉団子、じゃがいも煮が入っています。すべてが個性的でたまらなく美味しい。


から揚げっていうけど、どちらかというと竜田揚げに近い。濃いめの醤油味で、衣がパリパリしている。それが冷めたごはんによく合うのです。


崎陽軒のシウマイ弁当に匹敵する、冷めても美味しいお弁当だと思います。


#蒲田

Ef81bf5cfb854ab59c12cded7002394f

|

ダイエー碑文谷店。

イオンスタイル碑文谷に行くとき、いまだに頭の中で「ダイエーに行こう」と思ってしまいます。


もうイオンにも慣れてきたけど、昔のあのスーパーマーケット的な活気が感じられないのは少し物足りないね。


そういえば大昔にダイエー碑文谷店の中にフォルクスがあったのよ。あの頃のフォルクスは肉が硬くて、今より値段が高かったな。そもそもステーキなんて庶民は食べる機会がなかったのよ昔は。


今日はイオンの片岡シェフのお店(アルポルト)で柔らかくてリーズナブルなステーキをいただいてきました。ここは食べ物もデザートも飲み物も安い。ドリンクは300円ぐらいだし、プリンなんて220円よ。200gの若姫牛サーロインステーキは1900円。ちゃんと美味しいの。


そう考えると、ダイエーよりイオンは進化してるってことか。繰り返される諸行無常。冷凍都市の暮らし。


#碑文谷

9745c350169347d3bc10a744b74c9367

|

モンドのパスタディ!

モンドパスタデイ、 行ってきました。この日だけのイベント。


イワシの冷製パスタとワタリガニのリングイネ。一人で両方いただきました。圧倒的な美味しさ!!!! ワタリガニ超デカイ!!!! 蟹まみれになりました。最高!

ラーメンとかキーマカレーもありました。気になる。

#パスタ

90cb1680b5fa460a85e85a514902edfd

|

串揚げで人生を謳歌。

やっぱり七福神は美味しい!!


豚ヘレ、チューリップ、ウィンナー、カニ爪、じゃがいも、玉ねぎ、紅しょうが、たまご、プチトマト、ヤングコーン、栗、海老餅、鶏の半身揚げ、すじポン、オニオンスライス、すじカツたまごカレー。いただきました。


間違いなく美味しい素材と、キリリと味を引き締める二度付け禁止ソース、いくら食べてももたれない不思議な揚げ衣。


今日は英会話クラスの皆さんと6人で行って3時間食べっぱなし。最高の幸せ! 人生を謳歌しちゃった。


幸せになりたい人は都立大へ行ってくださいませ❤️


そういえばこの前、東横線の中でイケメン大学生くんが、「都立大に七福神ていうスッゲー美味い串揚げ屋があるんだよ。都立大を通るたびに行きたくなるんだよなあ。七福神ていうんだ、覚えてて!」とか友だちに話してて感動してもーた。


我が友よ! と駆け寄り抱きつきたかったが耐えましたぞよ。淑女の矜持ですわな。


#串揚げ

607ba7f0e8224c179f8683a2f2454f1c

|

久しぶりに一人モンド。

モンド❤️ たまには一人で行こうかなと思い立ち、当日予約でおじゃましました。


最近はいつも友人たちと来ていて、一人モンドは久しぶり。仲間とワイワイ食べるのももちろん楽しいけど、一人で真正面から料理と向き合うのも別の楽しさがありますね。


料理って、何を食べるかよりも誰と食べるかがまず大事と、いつも思っています。どんなに素晴らしい料理も、同席者との相性によってはアレですから!


気が合う合わないというのももちろんありますし、それ以前の波長的な問題なのか何なのか、「この人と食べると美味しい」のみならず、「いい人なんだけどなぜか美味しくなくなる」というパターンもある。人生の永遠の課題です。


そういったややこしい問題抜きに、一人でディナーするのはお気楽です。レストランに一人で行くのを嫌がる人は多いですが、一人で行ってこそ料理と一対一で向き合えるし、お店の人とも話しやすいってこともあります。


ある程度以上のお店に一人で行くのはお店の人に迷惑なのではないかとか、間が持たないのではないかとお考えの方もいるかと思います。わたしもそう思ってました。


しかし、その話を某伝説のサービスマン氏にしたら、「一人で行ってはいけないお店なんてありませんよ♪」と言われました。「え、そうだったんだ!」と驚きましたね。


実際その後どんなお店に行っても、一人だからって邪険にされたことなど一度もなく、寧ろ手持ち無沙汰にならない程度に軽く気にかけていただけて良い思いをすることが多かったです。


初めて行ったお店で、常連さんやグループ客のサービスに夢中で放置気味‥‥ということは数回ありましたが、まあ放置される分には構いません。


というわけで、「いでよお一人様!食めよディナー!」というお話でした。


前置きが長くなりました。


さて本日のディナーは、


・お野菜のスープとオリーブ

・ピオトジーニの生ハムとイチジク

・甘鯛としいたけ・じゃがいものヴァポーレ

・シャラン産 鴨胸肉のローストと緑茄子

・タリオリーニ 鮎と青唐辛子

・スパゲッティ ポルチーニと自家製サルシッチャ

・京中 熟成但馬牛 内もも インサラータ ミスタ

・桃のコンポートとヨーグルト・白コショウのジェラート


うおおおお、メニューを見ただけで、素材と量にまず圧倒されました。急に来たのにわたしの好物ばかり。ルルル〜♪


前回のレポートでも書きましたが、モンドさんはここのところランチもディナーも品数が増えてボリュームアップしたんですよ。


お野菜のスープとオリーブは今後定番化して毎回いただけるとのこと。毎回スープの味に変化があるのは、そのときの野菜次第だからでしょうね。今日はなんとなくコーヒーのような深みのある味でした。


ピオトジーニの生ハムとイチジクは、イチジクがなんと糠漬けになっています! これがめちゃめちゃ美味しい糠漬けで、生ハムとの相性バッチリ。食べてみそ。


甘鯛としいたけ・じゃがいものヴァポーレは、甘鯛が本当に甘くてプリプリで、鮨屋で食べたら(値段が)大変なことになるのではないかと思うぐらい極上の味。しいたけとじゃがいもが軽い酸味のあるソースで煮てあり、上にかかっているのはマッシュルームと豆乳の泡。この発想がモンドでしょう。


シャラン産 鴨胸肉のローストと緑茄子は、濃厚なのに後味サッパリの育ちの良い鴨。緑茄子の素焼きに、セミドライトマトやサクッとした葉っぱ(真空調理?)やクリームがはさまっていて、添えられたソースとともに味の変化を楽しめました。


鮎と青唐辛子のタリオリーニは、鮎が思ったより和風にカリッと焼き上げられていてすごく男前な味。タリオリーニの細さと硬さがちょうど心地よくて、生理的に美味しいと感じました。


ポルチーニと自家製サルシッチャのスパゲッティは、わたしの好物がこれでもかと投入された贅沢品。「今日のパスタ特に美味しいなあ、誰が作ったんだろう?」と思ったら、最若手の鵜飼さんでした。スゴイ!


今度の日曜日(2019.9.15)に、20種類ぐらいのパスタだけを提供するパスタデーが開催されるそうです。モンドでこういうイベントをやるのは本当に珍しいこと。お時間がある方はいらしてみては? 予約の必要なし、12時から19時の通し営業です。


さて本日のメインは、京中 熟成但馬牛 内もも インサラータ ミスタ。京都の中勢以(京中)からの熟成肉です。


3ヶ月も熟成した内もも肉! さすがでした。噛むごとにゆるゆると溢れる旨み。底の見えない肉の深み。グルリと肉を取り囲むのは、秋の色のインサラータ ミスタ、YO!エブリワン囲って彩って放たって肉の世界をイェー!


この季節感、良くないですか。光り輝く紫色の葉っぱは、ツルムラサキの葉。これが異常に美味しい。なんという麗しい味と香り。聞けば、山形の農園から取り寄せた野菜なのだそうで。そうか〜〜。市販してないような、現地の人だけが味わえるようなやつを取り寄せてしまったんだな。


感激ひとしお。途中ヒップホップに無理がありましたことをお詫び申し上げます。


デザートは、桃のコンポートとヨーグルト・白コショウのジェラート。


この桃の大きさ! めっちゃフッワフワのヨーグルトと食べると幸せ! 最高! ストレートに良い!


つーわけで、一人は一人なりに超楽しいディナーを堪能いたしました。ありがとうございます。あ、でもまた友だちと行きたいな。「うまい!」って叫び合いたいから(笑)


#イタリアン

785e8263f685476ab9861eb2cd13b7b7

|

ついに憧れのアクアパッツァへ。

ついにアクアパッツァに行きました。


「アクアパッツァでアクアパッツァを食べる」というわたしの夢は、一体いつから心の中にあったのでしょう。もう思い出せないぐらいの昔から。それもそのはず、アクアパッツァは開店以来28周年を迎えたのだそうです。


28年前には、1万円以上のお料理をジバラで食べられるようになる日が来るなんて想像もできなかったですね。わたしも大人になったものです😆


ここのところ毎月のように食べ歩きに付き合ってくださっている自由が丘マダムをお誘いして、2人で外苑前へ。すごく近いのにあまり馴染みのない街に戸惑うわたしたち。


今後のため道順をメモっておきます。


外苑前駅1A出口を出て、青山通りのスタバ前を通過、成城石井も通過、次の交差点(フランフラン)が見えてきますが渡らず、外苑前郵便局の手前で左手に入ります。そこが複合商業施設「パサージュ青山」です。奥の階段を上がって2階の左手がアクアパッツァ。駅から徒歩2分に偽りなし。


全面ガラス張りのスタイリッシュな店内。しかしウッディな家具のぬくもりと、温かい接客がまざり合い、初めて来たのにホームのような安らぎを感じることができました。


想像していたより広々としていて、座席間隔が非常に余裕あり。密談もできそうですぜ。


建設中の青山ベルコモンズがよく見える窓際の席に案内していただきました。


さて本日のオーダーは、スタンダードディナーコース(全7品)


キッチンからの一皿

冷前菜

温前菜

パスタ

メイン(鮮魚のアクアパッツァ)

デザートまたはチーズ

カフェとプティフール


という内容です。


プラスして、トリッパの煮込みとジェラート全種盛りもお願いしました。


前菜やパスタの種類など、相談したらかなり融通を利かせてもらえた。ありがたや。


まずはつきだし。厳選野菜の蒸し上げ。何も味付けされておらず、塩とオリーブオイルを自分で加減してつけます。


何もつけなくても甘くて美味しい! 苦味が必要最低限に抑えられ、野菜本来のエネルギーを最大限に味わえる一皿。


前菜は3種のカルパッチョ(アオリイカ、金目鯛、タチウオ)。それぞれ別のソースがかかっており、そのコンビネーションが素晴らしい。


アオリイカにはトマトソース、金目鯛にはホースラディッシュ、タチウオにはサワークリーム、だったかな? 


特に金目鯛が絶品でした。さすがに鮮魚を売りにするレストランなだけあるなあと、この時点で感心。素材自体が普通では手に入らないレベル。


温かい前菜は、タコをソテーして煮込んだトマトとスパイスの味の一品。下に敷いてあるのは白いんげんのペースト。


サクッとした表面の歯ざわりと、フワフワに柔らかいタコ本体のコントラストが最高。それにこの味付け、どうやって作ったんだろう? トマトのコクとフレッシュなスパイス(辛くはない)には、今まで食べたことのないような鮮烈な印象を受けました。


ここで追加のトリッパの登場。どこまでも柔らかく、味の抜けてない内臓の味覚。お手本にしたいトリッパです。


パスタは渡り蟹のタリオリーニ。青い豆は「秘伝豆」です。秘伝豆というものを初めて知りました。すっごく風味の引き立った枝豆でした。食感がカリッとプリッとしていて快感。


渡り蟹がこれでもかとタリオリーニに絡み、セミドライトマトの甘みがアクセントになっています。贅沢の極み。しかもこの十分な量。満足感がハンパない。


そしていよいよ真打ち登場。「真鯛のアクアパッツァ」です。


お魚は日によって変わるようですが、今日はわたしの大好きな真鯛で良かった! 


2人で食べるのに、この大きさで出してもらえると思わなかった。すごい厚みですよ。口の中が満員になるぐらいのボリューム。なおかつホワホワの柔らかさ。素晴らしい。


この旨味のかたまりみたいなスープは、水とオリーブオイルしか使ってないのだそうです。当然白ワインが入ってると思ってたから意外。それでいてこの深い味が出るなんて驚き。すべては魚の素材力によるところとおっしゃっていました。


昔はもっと色んな材料を入れていた時代もあったそうで、味を極めた結果、今この味にたどり着いたのであると。


確かに、アクアパッツァを極めたという名乗りに相応しい味と思いました。これがアクアパッツァのアクアパッツァだよ、28年前のわたしに伝えたい。2019年に究極の味にたどり着いちゃうんだよと。


結構しっかりとした塩味なんですが、一滴も残す気になれない美味しさでした。はー、すごいもんだな。


デザートは2種のメロンにメロンのグラニテをかけたもの。


マントヴァ産赤肉メロンと、アンデスメロンの組み合わせ。グラニテもマントヴァ産メロンでしょうね。なんともかわいらしく美しく、夏の味覚を楽しめました。


更に! 入り口で見かけて気になっていたジェラートを追加。一口ずつ全種類という頼み方もできると聞いて、それをお願いしました。


桃、塩バニラ、スイカ、抹茶、マンゴー、バニラ、チョコです。


桃が特に美味しかった❤️ 新鮮なフルーツの味。全体的に、甘すぎず、素材感が生き生きと伝わってくる味でした。


食後のカプチーノが熊の顔でホッコリ。いつのまにか3時間もおしゃべりしながら食べっぱなしでしたよ。幸せ。


本日ご一緒させていただいたマダムとは食の話が合うのでとても楽しい。食の話が合う人とは、色んな意味で生き方の感覚が合うものです。そんな話に派生しながら、本当にリラックスして楽しく過ごせました。


アクアパッツァさんのサービスは非常に洗練されており、タイミングや距離感が心地よくて文句なしでした。間違いなく経験値の高い方たちですね。


食器の美しさも感激でした。主にジノリだったようです。いいですねー。高級感がありつつ、普遍的で美しい。


なんだか本当に自由にやらせてもらったという印象でした。ワガママもたくさん聞いてくれたし、お話相手にもなってくださり、とても良い時間を過ごせました。


確実にリピートするお店。なんとランチは1300円(ウィークデーランチ)からあるそうです。コースでも2800円。今度はランチにも行ってみたいですね。もちろんディナーもまた行きます。


日高シェフが出張中でお会いできなかったのが少し残念。お会いできる日を楽しみにしています。


#外苑前

9cd79ae53d1b4ad9a69a8427b4f0043c

|

近場でステーキランチ。

今日はお休みをいただいていました〜。


脳内計画では、午前中から浅草に行って天丼を食べてお参りをして‥‥だったんですが、昼間からお風呂など入っていたら、いつも通りランチタイムが終わる頃になってしまいました😱


それもいいでしょう。いいですよー! だって外に出ればそこは自由が丘。なんて素敵なんでしょう。めっちゃキラキラなんとちゃうか。タピオカタウン自由が丘✨✨


というわけで、近場で通し営業のブルーブックスカフェに肉を食べに行きましたことよ。(タピオカはスルー。)ここはさあ、英会話カフェをやってるんですよね。それがいつも気になってしょうがない。


今日も満席でやってらっしゃいました。昼間は夜よりもやや年齢層が高くて、わたし寄りかなあ。10人ぐらい座れるテーブルで、ネイティブが多分2人ぐらい➕生徒さんが8人ぐらい。


席が遠くて具体的な会話は聞こえなかったけど、教わるというより既に話せる人が英語力をキープしている雰囲気を感じた。


だとすると、まだ仲間に入れなさそうだわ! そもそも仲間に入る気はあるのか!? 英語に時間とお金を使いすぎではないのか!?


などと葛藤しつつ、また新しい単語帳を買ってしまいました。「究極の英単語vol.2中級の3000語」ってやつ。今見てる(読んでるじゃなくて見てるだけ)単語帳が難しすぎて疲れてしまい。もう少しだけ簡単なのがいいなーと思って見つけました。


これも十分難しいけど、なんとなく見かけたことのある単語が多いよ! 助かる! ちゃんとやれば我は救わるるらむ!


肉は美味しかったです。ごちそうさまです。明日はお仕事がんばります。


#自由が丘🍖

7bb91a53ebe54afd9bc412c2ded3bd75

|

2019.08.20

二子玉川バビーズのリズ・クラーク・ダブル バビーズバーガー。

英会話教室で、レストランでのオーダーのしかたを練習したら、アメリカっぽい料理が食べたくなってしまった。


レッスンが終わってすぐに大井町線に乗り、二子玉川へ。そうだ、ここには「バビーズ」っていうお店がある。前から気になってたんだけど、ニコタマに来るとつい鼎泰豊に行ってしまうので、なかなか別の店に行けないのだ。


今日こそはそんな鼎泰豊熱に背を向けて、ライズに向かおう。場所はテラスマーケットの2階。蔦屋家電をちょっと過ぎて左手、一風堂の隣にバビーズがあった。


ガラス張りの広々とした店内は、69席もある。席に着いてメニューを見ると、いかにもアメリカな料理がたくさん。ときめく!


パンケーキ、ナチョス、ケイジャンチキン、マカロニチーズ、フィッシュアンドチップス、コブサラダ、ミートローフ、ローストチキン、サーモンステーキ、ビーフステーキ、ハンバーガー、ホームメイドパイなどなど。良き。


ハンバーガーは10種類ぐらいある。その中で、リズ・クラーク・ダブル バビーズバーガーを選んだ。


「ニューヨーク本店のリズ・クラークシェフが考案した絢爛豪華なイチ押しバーガー。100gのパティ二枚重ねにスモークチェダーチーズ、カントリーハム、オニオン、ピクルスをトッピング。バビーズソース(ケチャップにマヨネーズとマスタード)と相性抜群」


とメニューに書いてあった。


この店はニューヨークに本店があるのか。知らなかった。赤坂アークヒルズにあるあの店もバビーズだったのか。忘れてた。昔あそこでステーキを食べたっけな。


バーガー類は、付け合わせを3種類の中から選べる。フレンチフライ、グリーンサラダ、コールスローの三択。1秒悩んだ結果、フレンチフライに決めた。


ドリンクは季節限定のウォーターメロンレモネードが売り切れだったので、ライムソーダを。


あまり待たずに両方届いた。リズ・クラーク・ダブル バビーズバーガーはパティに厚みがあり期待感が高まる。カントリーハムというのは生ハムだった。下側のバンズの上に生のみじん切りオニオンが敷きつめてある。これが美味しい。


このバーガーは葉っぱと生トマトが入っていないところがいいですね! 水っぽくなくて全体的に丸ごと肉という感じ。


パティの味は、和牛とまではいかずとも、十分にビーフの香りがする。こういうのでいいんだよこういうので。


どこからかじっても肉の味がして美味しい。びっくりするほど大きいわけではないが、バンズの厚みや野菜で巨大化しているグルメバーガーよりも好感が持てる。

 

フレンチフライはクアアイナみたいなカリサク感。美味しい。


思いのほかあっさり食べ終わり、デザートを頼むことにした。レモンメレンゲパイとアイスカフェラテを追加オーダー。


カフェラテは美味しい。レモンメレンゲパイは美味しくなかった。特にメレンゲ部分の香りが良くない。どうしたんだろう。だったら普通にアップルパイを頼めば良かった。


などとグルグル考えているうちに夜は更けていく。どんどん混みはじめた。人気店なのだな。


109シネマズ二子玉川の半券を持っていくと割引があるらしい。今度また映画のあとにでも行きたいですね。


#二子玉川

6740c35c191a414b9e971ad7eaa70e99

|

自由が丘カスタネットのお肉コース。

カスタネットでお肉コース。最近は単品で頼むことが多くて、コースは久しぶり。


前菜2品(ナスとマッシュルームのラタトゥイユ風)、イタリアンサラダ、アマチャトリーナ、フライドチキン、アップルタルト、レモンティー。確実に満たされる3350円。


わたしはカスタのフライドチキンが大大大好き。大きめのカットで、中はジュワッと。衣はスパイシーでカリカリッと揚がってる。


パスタはリゾットとの2択。いつもは95%リゾットにするけど、なんとなくアマチャトリーナにしてみた。卓上の粉チーズをザバザバかけて食べる。美味しい。


デザートのお皿にcastanetってメープルシロップで書いてあった。カスタでこのようなカワイイ系の歓待を受けるのは初めてだ。


カスタネットニュースとしては、最近テレビモニターを設置なさった。懐かしの曲から最近の曲まで、洋楽100%のセレクション。


「テレビモニター導入したんですね」と店長に話しかけたら、「そうそう。僕は2年前からどんな音楽を流そうかなと、ずっと考えていたんだよ」と嬉しそうに答えてくれた。


店長の音楽のセンスはとても良いのだ。俺様っぽくなくて、ちゃんとお客さんが心地よくお食事を楽しめるような雰囲気になる音楽を選んでる。BGMにもなるし、ちゃんと見ればしみじみ名曲だなと思う曲ばかり。


今日はワンコ率が高い日だった。カスタネットに来るワンコたちはみんな良い子でかわいい。ワンコ含めて客層がいい。だから居心地がいい。きっとワンコもそう思ってるでしょう。


カスタネットは自由が丘の宝だなあと行くたびに思う。適度に緩い空気で、料理はみんな美味しい。正直、許容範囲内でのブレがあるのだが、そこを含めて人の手を感じる。いつも1ミリも狂いのない味だったら、ここまでハマらなかったに違いない。


不思議なお店。ずっとここにいたい。


#自由が丘

0c7f055428134216b9f43585435f4c77

|

印茶のスイカクリームチーズフラッペ。

E9e746e413a041f5b3d53d20222228c3

自由が丘印茶のスイカクリームチーズフラッペ。甘過ぎなくてスイカ感あり。キンキンに冷えまっす。チーズクリーム美味しい〜〜。


#スイカ


|

より以前の記事一覧