カテゴリー「グルメ・クッキング」の1000件の記事

2019.05.12

自由が丘の新しいパン屋さん。

自由が丘に新しいパン屋さんができました。パンだけでなく、チーズと生ハムも気合が入っています。

名前は3&1 FACTORY (サンアンドイチ ファクトリー)。スリーアンドワンじゃないらしい。一応お店の人に読み方を確認しました。

パンは門前仲町と三軒茶屋にある「トリュフベーカリー」のパンが、一日二便届くそうな。

店内で焼いているのと遜色ないぐらいの焼きたて感。種類はあまり多くないものの、厳選された商品であることが伺えます。

実はわたしの手相のお客様がお土産に持ってきてくださり、あまりにも美味しかったので様子を見に行ったんです。

いただいたパンは、食パン、くるみのパン、ドライフルーツのパン、スコーン、白トリュフの塩パンでした。こんなにいっぱいありがとう!

特に食パンとくるみのパンの美味しさは特筆もの。椅子から落ちそうなぐらい美味しかった。

食パンのこの、ちょうどいいほんのりとした甘さ。カナダ産最高級1等級小麦と、牛乳、生クリーム、バター、奄美大島産サトウキビ「素焚糖」を使用。

柔らかすぎないクリーム感、小麦そのものの風味が立つ、どこか懐かしいような味わい。

かなり気に入りました。2斤ぐらいの大きさで850円。オープン記念で千円以上お買い上げの方に2枚ずつプレゼントで配ってますよ。5月13日月曜日まで。

くるみのパンは、くるみがとにかくギッシリ。このくるみ自体が甘くて美味しい。味付けしてあるわけではなく、素材そのものの味です。くるみにぴったりの、自然な風味の硬すぎないパンの部分もすごく美味しい。調和感ハンパない。

ほかのパンも全部良かったです。

お店に行ってみたら、混んでるけど特に並ばなくても買えた。パンはまだ家にあるので、生ハムをゲット!

イタリア、ガロー二社の生ハムは、世界的トップブランドであり、直営店は国内初。現地の味をそのままにとの思いで、オーダーごとに塊からスライスしてくれます。1枚150円、6枚から。

まずは6枚買ってきました。フワフワの薄切り! 高級スーパーで売ってるのより薄くて柔らかい。硬いところがひとつもない。しょっぱすぎなくて食べやすい。肉の風味が濃くて、獣臭さは薄め。

ガローニ社のHPを見たら、「1938年から住み着く熟成庫の神秘の酵母。これが” ガローニ”の命です」と書いてあった。なるほど。この独特の良い香りは、そういうことなんですね。

個人的に理想の生ハムです。これからは生ハムはここで買おう。今夜はこの生ハムでフェットチーネを作る予定です。美味しいに決まってるよね!

オードブルみたいになってる生ハム盛り合わせも、1580円で売ってました。これ、お友だちの家に手土産に持って行ったら鼻高々なんじゃないでしょうか。

チーズは、輸入チーズと自家製オリジナルチーズを販売。ファーストクラスや外資系ホテルなどで提供されているトップブランドのフラッグシップ1号店だそうです。

試食しましたが、クセが強すぎなくて美味しかったです。値段がこの辺の高級スーパーより少し安いような気がする。まあ自由が丘は物価が高いですからね。

チーズケーキ一切れぐらいのチーズが各種800円ぐらいです。ひとくちサイズのプチケーキみたいなチーズもありました。かわいい。

総合的に見て、パン、生ハム、チーズの三本柱が、きちんとした形で成り立っているお店でした。

一般的に、こういう寄せ集め的なお店はどれもが中途半端、もしくは1本しか柱が立ってないことが多いのですが、こちらは全部が高品質で、なおかつ必然性で集い合っているように感じられました。

場所は、理髪店ヤング軒とゴリラネイルの間です。駅前の和菓子店「蜂の家」の角を右に曲がり、次の四つ角を左に行くとすぐ3軒目。タイムレスコンフォートの並び。

行列のできるお店になるかもね?

#パ

|

2019.05.11

自由が丘が誇る絶品パエリア。

自由が丘が誇るスペイン料理の名店、エル・ペスカドールでお食事会をしました。英会話クラスの皆さんと5名で訪問。

昔からここはいつも満員で、マダムのキャラが人の心を惹きつけているというイメージがある。大きくて具だくさんのパエリアは、大勢で行って食べたほうが美味しい。

そのような諸条件から、なかなかディナーに行く機会を作れずにいました。スペイン料理って、日本人の口にそんなに合うわけでもないのに少し高いという漠然とした過去の記憶もあって。

しかしエル・ペスカドールは、わたしが今まで持っていたスペイン料理のイメージを真っ逆さまに覆すレストランでした。

文句なしに美味しい。
完膚なきまでに日本人もハマる味。
お店の人みんな優しい素敵な人。
お会計が軽い!こんなに飲んで食べて1人4千円ちょいとかありえない。

まとめるとそんな感じです。

満員なのは本当で、予約しないとなかなか入れません。これだけの老舗でいて、今もなお客足が絶えないということは、この店が名店たる何よりの証拠。

この日、マダムはお休みで会えませんでした。以前ランチに一人で行ったときにはいらした。フレンドリーでグイグイくる接客。これもひとつのスタイルですね。

さて本日のオーダー(5人分)は、

ポテトサラダ
白魚のアヒージョ(美味しくておかわり)
ムール貝の塩ゆで
肉団子のアンダルシア風
ナスのフライ
マッシュルームのバスク風
仔羊のグリル
パン
魚介類のパエージャ(パエリア)3人前
サングリア
炭酸水

でした。

ポテトサラダは、作りたての瑞々しい味。このマヨネーズはもしかして手作り? アリオリソースというものなのでしょうか。和風の居酒屋のポテトサラダとは一線を画す味です。

白魚のアヒージョは、この日のハイライト。こんなに美味しい白魚の食べ方があるなんて。生臭さが全くなく、魚の旨味だけが凝縮された味。パンに乗せて食べると至福に震える。あまりにも美味しくておかわりしてしまいました。

ムール貝の塩ゆでは、わたしは食べれられない食材でして。友人いわく、ムール貝自体が一体どこで売ってるんだっていうぐらい美味しくて、シンプルな塩味のスープの旨味の深さにもときめいたそうです。

肉団子のアンダルシア風は、異国情緒漂う肉料理。控えめながら、独特のスパイスが効いており、肉自体も良い素材が使われている。トマトソースの味付けにも深みがあり、家庭では食べられないプロの料理ならではと感じました。

ナスのフライは、これまたよくできていてやみつきになる! 一口大のナスをカラッとフリットにしただけなのに、ナスのポテンシャルを最大限に引き出してしまう美味しさ。お好みでハチミツをかけていただきます。(わたしはかけない派)

マッシュルームのバスク風は、味付けとしてはアヒージョです。きのこ好きならどハマりでしょう。

考えてみたら、大きさは違えど、ここまでの料理全部この陶器の煮込み鍋みたいなのに入ってた。万能なのね。この鍋がほしくなる。

メンバーの中に、同じ鍋を持ってて家でほとんど毎日アヒージョ的なものを作っているという人がいた。実際使い勝手が大変よろしいらしい。

多分、べこ亭の隣のグラナダで売ってますわ。今度買いに行こう。

仔羊のグリルは、とても柔らかくふっくらと焼きあがっている。つけあわせのシンプルな野菜もいい。

ラストはもちろん、魚介類のパエージャ! パエリアのことです。結構もうお腹いっぱいなのに、3人前頼んでしまった。結果的に正解でした。

あまりにも美味しい。お米が見えないほどギッシリと詰め込まれた海老、蟹、ムール貝、あさり、白身魚。アクセントのグリーンピースとダイストマトも好相性。

お米は芯を残さない日本人好みの炊き方。お米が硬めのほうが本格的なのかもしれないけど、個人的にはこちらの方が断然好きですね。

サフランの香りもふんだんに、お米の奥まで魚介の馥郁たるスープが染み込み、目が回るほど美味しくなってしまっています。

焦げすぎていないお焦げの部分も麗しい。お店の方がガリガリと鍋からはがしてくれます。

「本当に美味しい」と互いに言いながら友人たちとパエリアを食べる時間の幸福さといったら、他に例えようもないですね。

結構あちこち色んなものを食べ歩いているメンバーですが、「今までに食べたパエリアの中で一番美味しい」と口を揃えて言っていました。

「多過ぎてお腹が苦しくなったらどうしよう」と思っていたのですが、全然苦しくなくてペロッと完食。お腹はいっぱいだけど重苦しくない。オイルもたくさん使ってる料理なのに、この食後感の爽やかさはすごい。

心から満たされた気持ちで帰路に着きました。

本当言うと帰る前にタピオカ茶を飲んで余韻に浸ってたんですけどね。自由が丘っていい街ですよね。

新しいタピオカ屋さんが毎月どんどん増える新しさと、こういう老舗が愛され続けるという、両面があっての自由が丘の魅力なんだと思います。

自由が丘LOVE❤️

#スペイン料理

|

ミルクランド自由が丘のパンケーキはシフォンケーキ。

ミルクランド北海道でパンケーキ休憩。

この前6時ぐらいに行ったら、もう食べ物は何もないということだったので、5時ぐらいに行ってみました。

5時はパンケーキの焼き上がり最終回。1日4回焼き上がり時間があり、各回6個限定。5時10分のオーダーで間に合いました。5時半ぐらいに来た人は売り切れですと言われてましたよ。

パンケーキといってもこれは完全にシフォンケーキ。スキレットで焼かれているシフォンケーキの上に大量の生クリームとチーズクリームが乗ってる。

「焼き上がり20分ほどいただきます」と言われて、その隙に別のもの注文して食べようと思ったら、「もう来ます」って。本当にすぐ来た。たまたまかな?

焼きたてのシフォンケーキ美味しい。めっちゃ美味しい。シフォンケーキ中毒の母に食べさせたい。

上のクリームは量的なインパクトが好印象。個人的にはチーズクリームのわずかな酸味があまり好みではない。全部生クリームだといいのに。しかし全部生クリームだと甘過ぎるのかもしんない。

エッグスンシングスの生クリームいける人ならこの量いけると思う。

この日何も食べてなかったため、パンケーキだけでは足りず。「やりすぎじゃがバター」を追加。

大きめのじゃがいもが4分割されており、全体にかかって溶けているバターと、追いバターの固形が添えられている。沈殿したバターの中におろしニンニクが少々。カラカラに焼いた薄焼きバゲットつき。

バターが多いから「やりすぎ」という名前なんでしょうね。わたしは家でじゃがバターつくるとき、この4倍ぐらいバター入れてるよ。弟に「死ぬからやめなさい」と注意される。真似しないでください。

ちなみに北海道では、じゃがいもをゆでても蒸しても「ふかしいも」と呼んでた気がする。塩辛をつけて食べるべしと指南される。普段食べないのに、北海道で食べる塩辛はなぜか美味しい。

このじゃがいもは形状的にキタアカリかと思えるのですが、どうせならもっと北海道現地レベルのキタアカリ食べたいなあ。

個人的に東京のスーパーで売ってるじゃがいもの中では、今金男爵が一番美味しいと思う。今金男爵でマッシュポテト作ると幸せ。

話が逸れてしまった。

北海道ブランドのお店ならではの味、これからも期待してま〜す!

#北海道

|

自由が丘タピオカ元年。

雨上がりの自由が丘。駅前のゴンチャでタピオカる。

ミルクフォーム阿里山ウーロン茶のタピオカトッピング。タピオカの黒糖の味が今までで一番濃かったかな。

今までって、まだ3軒目だよ!

自由が丘は月に2〜3軒ぐらいのペースでタピオカ屋さんが増殖中。開店準備中含めたら既に10軒ぐらいあるかも。家の近くにももうすぐオープンするんだってさ〜。

#タピオカ元年

|

2019.03.14

中目黒、スターバックスリザーブロースタリー東京。
















中目黒のスターバックスリザーブロースタリー東京に行ってきました。

世界で5軒しかない特別なスタバ。隈研吾さんの設計によるスタイリッシュな建築。ここにしかない特別なメニュー。目黒区民にとってはオープン前から大ニュース!

連日すごい混みようだという情報に怯んでおりましたが、友だちが先に整理券を取っておいてくれて、待ち時間なしで入れました。大感謝。

整理券がないと、2〜3時間待ちだとのご案内。実はわたし先日も前まで行ったのですが、2〜3時間待ちと言われて帰ってきてしまいました。平日の夕方なら入れると思ったのに。

土日は3〜4時間待ちとの情報もあります。そうは言っても、わたしみたいに諦めて帰る人もいるせいか、2〜3時間待ちと言われて順番が来たのは1時間半後でした。

整理券のQRコードでメールアドレスを登録しておくと、順番が来たら連絡がもらえるんです。500組待ちとか書いてあっても、意外と早いですね。更新すると100組単位で待ち人数が減っていきます。

一度に入れるお客さんの人数が多いから、どんどん進むみたい。

客席とショップは四階まであり、真ん中が吹き抜けで、サイロみたいに大きい焙煎機(ロースター)がそびえ立っています。それを取り囲むように、ローストしたコーヒー豆が透明な筒の中を飛んでいくのです。

桜をあしらった日本的なデザインが素敵。この銅の色がものすごくフォトジェニック。年月が経つと色が変わっていくのかしら。

店内に入るとまず、この焙煎機の存在感に圧倒され、結構な音圧でながれている洋楽のBGMに非日常を感じます。なんだか異世界に来たような感覚。ときめく。

一階はコーヒー中心のカフェと、パン屋さんの「プリンチ」と、福砂屋さんなど各メーカーとのコラボ商品、ロースタリーのオフィシャルグッズのショップがあります。

二階はお茶のフロアです。ここは一階、三階と比べると床面積が小さい。お茶を飲みたい人は少し並んでいました。

一階と三階は空席があります。特に三階が狙い目。桜の季節はさぞや!というテラス席もあり。

三階はアルコールメニューがあって、普通のコーヒーもあります。

各階ともに、プリンチのパンとスイーツを店内で食べられる。若干商品内容が異なっていたように思います。

わたしは三階のカウンターに座りました。先にレジで会計して、商品が用意できるとブザーでお知らせ。カウンターに取りに行きます。

お水もどうぞと出されたのが炭酸水で美味しかった。おかわりもついでくれます。

わたしが選んだのは、一番人気だというウィスキーの樽仕込みのコーヒー豆で作った水出しコーヒー。正式名称は、スターバックス リザーブ ノブクリーク バーボン ウィスキー バレルエイジド コーヒー グアテマラ。絶対覚えられない(笑)

でも大丈夫。頼んだコーヒーの名前が書いてあるカラフルなカードをもらえるから。とても素敵なデザインです。あ、これはさっき階段のところの壁に並べて貼ってあったカードですかね。

それでこの水出しコーヒーの味なんですが、うっまーーい! こんなの初めて!!

超高級洋菓子店のガトーショコラを液体にしたような感じ。お砂糖は入ってないのに、とても甘やかで高貴でフルーティーなんです。信じられない。

いやはやこれは、1200円の価値あります。ちなみに普通のカフェオレは680円だったと思います。

プリンチのパンは、スフィラティーニサンドイッチ ピスタチオ モルダデラをオーダー。こちらは540円。

これもファ〜〜っとテンションの上がる美味しさ。塩気の効いたオリーブとピスタチオ入りのパンに、フワフワと柔らかい薄切りのハムが山ほどはさまっています。

パンよりも具材の風味が全面的に押し出された形。これは贅沢な気分。とてもいい。

ケーキはデリッツィア アル リモーネ、540円。

わあ、大好きな味。メレンゲの部分がまるで出来たてのマシュマロみたい。スポンジケーキの部分は、とても品のいいシロップがひたひたで、今まで食べたことのないような食感。外国の最先端のケーキってこんな感じなのかなあって印象。悶絶。

コーヒーの味も、パンもスイーツも、舞台装置もサービスも、驚くほどに素晴らしい。

そう、ここの店員さんたちは、誰一人残らず接客のスキルが抜群なんです。すれ違うだけで必ず微笑んでくれるし、話しかければフレンドリーと丁寧の匙加減を考えた見事なトークをなさる。

この混みようなのに快適なのは、決して急かさず、一人一人に向き合う接客をしているからだと思います。感動的。

帰りがけにプリンチのパンを買い求めてお持ち帰り。外から見える一階階段の行列は、パンを買う人の列です。5分ぐらいで買えました。

2種類のフォカッチャ(840円と920円)と、カスタードクリーム入りのクロワッサン(340円)とプリンチローフ(500円)を購入。

結局三階と一階で合計6000円近く使ってしまいました。それだけの価値があったとは思う。絶対また行きたい。

ちょっといいなと思ったノートが3500円だったり、ロースタリーのオフィシャルけん玉が8500円だったり、驚愕する点もありますが、飲み物食べ物の値段は納得できる。

中目黒の駅からは、わたしの足で歩いて20分弱かかりました。東急バスなら菅刈小のバス停からすぐです。中目黒駅or渋谷駅から乗れます。ドンキホーテの隣。トヨタレンタカーの裏。目黒川沿い。川沿いを歩けば駅からの道も快適です。

気になっているなら絶対行ったほうがいいですよ!

#スターバックス

|

2019.02.28

スターバックスリザーブロースタリーのカステラ。
















本日、中目黒に世界で5店舗目のスターバックスリザーブロースタリーがオープンしましたね。

https://www.ryutsuu.biz/report/l022714.html

隈研吾さんの建築デザインによる、桜をモチーフにした中目黒ならではの設計。4階建てで、テラス席からは桜並木も見えるようです。

こちらでは、国内外のブランドとのコラボレーションで、ロースタリー限定のオリジナル商品が販売されています。

そのひとつが、中目黒に東京工場を持つ福砂屋さんのカステラです。

デパートで売っている福砂屋さんのカステラは、食べやすいように切れ込みが入っていますが、こちらの限定商品は大きな一枚焼き。

そのままの大きさで、手でちぎって食べるとフワフワ感が増して最高に美味しいんですよ。

底面には福砂屋名物のザラメが! この日本的な甘みで、至福のコーヒータイムが過ごせますね。

実はこのカステラに封入されているシートの、コピーを書かせていただきました。ささやかながら、大好きな福砂屋さんのお役に立てて幸いです。

ほかにもロースタリー限定のカステラキューブや、ラスクなども売っています。

皆さん、ぜひ中目黒のロースタリーにてお買い求めくださいませ。

#スターバックス

|

2019.02.19

嫩樹でお好み焼き新年会。
















英会話クラスの皆さんと新年会でした。今頃!? ってあーた、1月はワイのライブで忙しかったんじゃ〜。待っててもらったんじゃ〜。

新年会会場は、お好み焼き嫩樹さん。美味しいものに関して機敏に反応する皆様が8名お集まりになりました。

最近、クラスに新メンバーがお一人増えて大興奮の旧メンバー。歓迎会を兼ねてのパーティーは、ときどき変な英語がまじるルー大柴の偽物大会みたいな雰囲気でした。アホすぎる‥‥主にわたし😆

嫩樹さんにワガママ言って、わたしの大好物ばかり集めたワジョコースを作ってもらいました。

ポテトサラダ、とんぺいやき、鶏の鉄板焼き、明太チーズ餅もんじゃ、豚生イカチーズ餅紅生姜そばお好み焼き、そばめしフランクフルト入り、あんこ巻き。

どないや。この贅沢三昧っぷり。嫩樹の高橋さんと打ち合わせ段階で、ちょっと量が多いかもしれないから食べきれないときはそばめし持ち帰りにしてくださいねなどとお願いしてたんですが、全員バッチリ完食しました❣️

特にそばめしは、初めて食べるという人も含めて大好評でした☆☆☆

そばめしは大勢で行って食べたほうが美味しいのよねえ。一人で食べるときは半分お持ち帰りよ。

今日改めて思ったことは、嫩樹さんの鉄板自体がずいぶんとうまい具合に育ってきたもんだなあということ。

鉄板焼きの鶏肉のふっくら感も、もんじゃ焼きのおこげも、お好み焼きの厚みも、そばめしのツヤツヤした仕上がりも、すべて進化してるんですよね。

もちろん最初からプロの技で美味しかったからこそ、何年も通い詰めているわけですが、最近は何やら神がかっておられます。

この鉄板を見るだけで、ここは美味しいよと予感できるほどの美しさ。ただ単に掃除が行き届いてるだけじゃなくて、なんとも言えぬ黒い深みがあるのです。

高橋さんの結構な腕力で毎日ヘラをガンガン打ち込んでいるにもかかわらず、古びたような傷はなく、スルッと輝いているのが不思議。

嫩樹さんは、そばめしももんじゃ焼きも、キャベツを鉄板の上でヘラで細かく切っていくんですよね。最初から包丁で細かく切ってくるのとは味が違う。熱しながら切ることで、キャベツの旨みが出汁になっているのかもしれません。

今日はBGMもワジョ仕様でクィーン特集にしてくれてました😆 ありがとう〜、高橋さん❤️

皆さんも嫩樹に行って、「お好み焼きワジョエディションください」って言ったら、同じもんが出てくると思いますよ。絶対美味しいから食べてね😋

#お好み焼き

|

浅草の老舗ロシア料理店。
















浅草にたいへんお詳しいマダムのお誘いで、ロシア料理マノスへ。

最初は別のお店にふらっと予約なしで行く予定だったのですが、「やっぱりこっちのほうが味が全然いいからマノスを予約しましょう」とご提案いただいたのです。もちろん賛成!

浅草のマノスといえばロシア料理の老舗という認識で何年も前から存在を知ってはいました。

こんなに雷門の近くにあるなんて意外。雷門の右斜め前のスーパーオオゼキの横の道を入ってすぐ左手です。

寒い平日の夜、時間通りに全員集合。食べログの、夜の予算1万円〜というのを見て少々ビビっていたのですが、お酒を飲めないわたしたちは結果的に一人5千円代で済みました。すっごくおなかいっぱいになりますよ!

本日のオーダーはこちら。プリフィクスのモスクワコース。

海の幸のサラダ
つぼ焼きのクリームスープ
キャベツロール
デザート
ロシアンティー

それと、別注文でピロシキを。さらに、浅草マダムが頼んだケセラン(海老のポテト巻きフライ)を味見させていただきました。

昭和的な客席は、まわりのお客さんやスタッフの皆さんまで昭和の人のように見えるような独特の雰囲気。しかし決して古びてはおらず、温かく明るく清潔感があります。

接客もとても心がこもっていて素敵でした。「美味しいものを作ったからゆっくり食べていってね」という気持ちをリアルに感じる。

まずは海の幸のサラダから。

うんまい! なぜこのように美味しい?? わたし、ピーマンと生トマトが苦手なんですよ。なのにこのピーマンたっぷりのサラダがたまらなく美味しい。こんなに美味しいならピーマン毎日食べられるわと思うぐらい。

生トマトも全くトマトくさくなくて甘い。柔らかいイカとオリーブの組み合わせが最高。思い出しただけでヨダレが‥‥🤤 サラダに対してこんな気持ちになる自分にビックリ。

ちょうどいいタイミングで、つぼ焼きのクリームスープが登場。

かわいい。言い方を変えれば小さい、と思ったのですが、食べてみたら見事にちょうどいい量でした。この味付けで、この温度でこの量。これしかない。プロだなあ。

壺の中のスープのクリーム味が超絶美味しくて素晴らしいのです。なんでこんなに美味しい?? って、さっきも言ったセリフがまた出ます。

素材も良いのだろうけど、他では食べたことのないような深い旨みがあるのです。クリーム好きにはたまりません。

パンのフタも柔らかくてアツアツでロシアの味がして素敵でした。これはあれですね、阿佐ヶ谷の絶品トルコ料理店イズミルのパンの味に近い。そうするとロシアじゃなくてトルコの味なのか? どっちにしろ一般的な西洋料理店にはない特別な味ですわ。

さあ本日のメインはキャベツロール。

柔らか!!!! 柔らかいのにグズグズに煮崩れてなくて美しい。味も抜けてない。キャベツの青い香りがスープとソースの深みに包まれて無限大の優しさを発揮しております。

中のお肉と外のキャベツが完全に融合していて、バラすことさえ出来ないぐらいに抱擁しあっています。こんなロールキャベツ初めて!

味見させていただいたケサランは、ジャガイモの千切りがサクサクの衣になっており、中の意外なほど大きい海老のプリプリ感と相俟って完全なるハーモニーを奏でていました。

別注文のピロシキも、すっごく美味しかったです。ひき肉がたっぷり! 肉を奮発してくれてることに対する喜びはもちろんのこと、こんなにたくさんお肉を包み込む技術自体がすごいと思いました。

添えられているケチャップっぽいソースをつけると、また一段とグググっと味が上がりましてミラクルです。

ライ麦パンもアツアツを提供してくれます。バターもタラモもてんこ盛りで持ってきてくれる。そういえばタラモもトルコ料理だと思いますが、ロシア料理とトルコ料理って関係性近いんですかね? 不勉強でよくわかりませんわ。

デザートも手作りで、フルーツとアイスの盛り合わせ and クレームブリュレでした。クレームブリュレ表面熱くてちゃんと作りたてだった。

食後はロシアンティーを。手作りのイチゴジャムが器になみなみと入ってきます。紅茶に入れるとトロッと溶ける〜。甘すぎなくて美味しい。

満たされました。温かいお店ですね。

わたしが一番好きなロシア料理屋さんは、神保町のろしあ亭です。そこと並ぶぐらいの感動がありました。同じ浅草の某ロシア料理屋さんより、こちらが好きです。

浅草はロシア料理屋さんが多いですね。わたしも天丼ばっか食べてないで、たまにはほかのレストランに行ってみる価値あるなあと思いました。

素敵なディナーをありがとうございます。

#浅草

|

2019.02.14

自由が丘の美味しい和食屋さん。













自由が丘ちそう。

和食屋さんにご一緒させていただきました。(デートじゃないよ)

ブリリアント〜❤️ 美しく美味しく穏やか。

おかきの味の唐揚げがストライク❣️

こんな近所に、こんな良いお店があったとは。今度また行ってみます。

#自由が丘

|

2019.02.12

焼鳥いち。ちょっとリーズナブルに変化。
















連休狭間の肉補給。いつもの焼鳥いちへ。

すっかりお気に入りの殿堂入りしてしまい、ちょいちょい行っています。

大体同じものを頼むのでレビューはたまにしか書きません。いつも大変美味しくいただいています。

今日は、お値段が少しリーズナブルになったことと、混雑緩和されフラッと行っても入りやすくなったことを皆さんにお伝えしようかと思って、投稿しております。

単品の焼鳥は一本60円ぐらい値下げして、290〜400円ぐらいになりました。

1900円だった焼鳥6本セットは、1400円で5本セットになっています。確か年明けからそれぐらいの値段になった記憶が。

今日行ったらドリンクも一部値下げしていて、生ビールが325円、ウィスキー240円、焼酎325円、グラスワイン350円、紅茶ハイ400円、ジンジャエール200円、水出し紅茶250円でした。

これってチェーン店の居酒屋さんより安いぐらいじゃないですか? お酒飲まないからよくわからないですけど、わたしがいつも頼む水出し紅茶も半額になっててラッキーでした☆

開店から2ヶ月ぐらいは、どの時間に行ってもほぼ満員で、待ってる人がいるから早く出ないと‥‥と思うこともありました。今はピークタイムを除けば一人で行ってもテーブル席に余裕で座れます。

さて本日のオーダーは、

ざる豆腐
おまかせ5本コース(だきみ、ねぎま、なんこつ、ぼんじり、手羽)
追加串(せせり、皮)
親子丼
水出し紅茶

です。
大体いつもこんな感じ。大抵は昼間忙しくて何も食べられず飢餓状態で行って、これぐらい食べます。美味しいものだけでおなかいっぱい! こんな幸福があるでしょうか? いや、ない(反語)

常連になってきたせいか、行くたびに親子丼の盛りが大きくなってきている気がします(笑)大感謝です! それとも、みんなこの大きさなのかな??

この前、友人と3人で行って親子丼3人前だけを食べてきました。そういう使い方も大歓迎だそうです。

初めていちの親子丼を食べた友人たちは、「あっりえないぐらいめちゃめちゃ美味しい!」と言ってました。フフフ。

本日の焼物のハイライトは、だきみとナンコツでした。

だきみはこの店の看板商品。常に最高。プリッとした胸肉のまわりを、サクッとこうばしい皮で包んでいます。

ナンコツはポリポリした食感がちょうど歯ざわり良く、硬すぎず、間に挟んである脂身がアクセントになり味わい深いものでした。

ぼんじりも良かった。脂っこくなくて爽やかなぼんじり。コロコロした形から、一羽からひとつしか取れない希少部位のオーラが出ています。

5本コースだと、メニューにないこういう希少部位も出してくれるのが楽しみ。

以前あったポテトサラダやササミ炙り丼がなくなってしまったのが少し残念なのですが、また新メニューが登場することに期待しています!

#自由が丘

|

より以前の記事一覧