カテゴリー「グルメ・クッキング」の1121件の記事

2018.09.12

食パンはペリカン!







ペリカンの食パンいただいた! うっまーーーー! 幸せええええ❤️

やはりペリカンは特別な存在ですね。ワジョ指定文化財。

#食パン

|

自由が丘で一番好きなお好み焼き屋さん。
















昨夜の嫩樹さん。最近ますますご繁盛で、遅い時間にやっと入れました😘

お好み焼き屋さん、自由が丘に何軒かありますが、わたしは圧倒的に嫩樹派です。スタンダードな東京の味だから、一番しっくりくる。大好きです❤️

お好み焼きは、豚チーズそば餅の組み合わせにしました。これだけトッピングしたら後悔しない。おそばの部分がカリカリで最高!

デザートはそば飯。実はこれがわたしのイチオシ。美味しいけどいつも量に苦戦してました。食べきれない分をお持ち帰りにできるということに気がついた!

なんだ〜〜、今までどうしてそうしなかったんだろう。お家でフライパンで炒め直したら、焼きたてと遜色ない美味しさでした。ゴージャスな夜食。

ああ美味しかった。繁盛してるお店って空気感がいいですよね。パワーもらった気がする。マダムの高橋さん、いつもありがとうございます❣️

#お好み焼き

|

何百回行っても飽きないレストラン。
















あまりにもよく行っているので、かえってレビューを書く機会の少ないカスタネット。かれこれ15年ほど、週イチぐらいのペースで通っています。

なのに全く飽きないどころか、最近ますます美味しいなあと思うようになりました。謎。多分2〜3年前よりも味が良くなった。

「なんか前より美味しくなりましたよね?」とお店の人に聞いてみたら、「ちょっと工夫して中に入れるものを変えてみたんだよ」と、工夫した点を教えてくれた。そんな贅沢な材料をドバッと入れてるのか〜と、驚くような内容だったりする。ポルチーニとかフレッシュクリームとかね。ぱっと見、全然わからない。食べればわかる!

相変わらず、土日と平日ランチタイムは大にぎわい。わたしは夕方からディナーの時間にかけて行くことが多い。この時間帯なら、ゆっくりできるのです。

カスタネットは昔からパンケーキが有名で、パンケーキ目当てに観光客の方々も数多く訪れる。パンケーキブームの何十年も前からパンケーキで名を馳せていたのだ。

わたしもよくここでパンケーキを食べる。バナナとチョコと生クリームが爆発的ボリュームの、カスタネットパンケーキがお気に入り。

しかし比率的には食事物を食べることが圧倒的に多い。カスタネットの料理はカジュアルイタリアンというジャンルの中にありつつ、どうにも他では食べられないような独特の味付けがある。

変に個性を作ろうとしているわけではなく、美味しさをどんどん追い詰めて行ったらこうなったという愛情を感じる。どの料理も味わいが心に飛び込んできて、しみじみ体がほぐれ、心が躍る。

自分にとってハマる料理に出会うと、食べている最中からもう「また食べたい」と思ってる。

そんなわたしが最近特にハマっているのが、フライドチキン。何の気なしに頼んだら、アッと思うような完成度の高いスパイスのブレンドに出会った。中はジューシー、外はカリッとの揚げ方も完璧。

KFCのスパイスの進化した日本版みたいな感じがする。特に皮のところはハイライト。スパイスが効いて、カラッとクリスピーに揚がってる。実に美味しい。

この前はこのフライドチキンをおかずに、チーズフェットチーネを食べた。たまらん。個人的にパーフェクトな組み合わせだ。シンプルなチーズのフェットチーネ美味しい。

あとはミートボールにもハマった。肉の味がフレッシュ! コクのある肉指数の高さ。このソースだけでもライスがいくらでも食べられそうな、生トマトの旨み強いトマトソース。

わたしはこのミートボールをライスとともに食べるのが好き。普通はそうじゃないって知りつつ、パンよりライスに合わせたくなる味。

そしてわたしにとって最新ヒット作なのが、阿波尾鶏のガーリックソースかけ。なんて美味しいんでしょう!

肉の大きさが日によって違うのはいつものこと。今日はすごく大きかった。当たりだ。味もかなりいい。

チキン本体は柔らかくてジューシーなブランド鶏肉、阿波尾鶏。それをバリバリのフライにして(カツではなくてフリッター寄り)バターとガーリックの溶けたオイルソースがかかってる。うっま。ころもだけでもライスが何杯でもいける。

またある日、たまに頼むボローニャ風スパゲティを食べたら、前より格段に美味しくなっていた。肉がますます増えたのと、トマトソースにフレッシュクリームを加えてコクを出したんだと思う。すごく好き。

チキンのソテー アンチョビソースは、一時期すごくハマって行くたびに食べるぐらいだった。この独特のアンチョビソース。多分白ワインとバターがソースのベースかな? このソースが美味しくて、皿を舐め回したいぐらい。

デザートはアップルタルトが美味しい。甘すぎず、リンゴの食感と香りの生きた味と思います。

ロシアンクリーム ダークチェリーも、たまに食べたくなる。こんなしゃれたお菓子は、自分の子供時代にはなかった。だから昔を思い出しようもないのに、懐かしいような味がする。

総じてますます最高。個人的に、自由が丘の中で一番なくなったら困る店。いつまでもカスタネットの味を、生活のというかもう人生の一部分として愛していきたい。

#自由が丘

|

2018.09.03

自由が丘モンドの火曜日コースが面白すぎる。
















昨月(2018年7月)に10周年を迎えたmondoが、11年目のスタートとともに面白いことを始めました。

毎週火曜日のディナーに限り、19:30の一斉スタートで全員が同じメニューを食べるスペシャルコース。面識のない他のゲストと料理を共有し、塊肉や大きな魚をまるごと焼いて美味しく食べるというコンセプトです。

今回はフランス産リムーザン牛サーロインの炭火焼きを、皆さんとシェアしました。生肉の状態から見せていただいて感動。すごい重量感。

色んなレストランで、これから焼く肉を生肉の塊で見せてもらうことがある。そんなとき、「ああ、この塊をそのまま食べたい」と思う。その夢が叶ったわけです。

写真だとそんなに多く見えないかもしれませんが、多くのゲストが「すごいボリューム!」と感嘆するぐらいありました。

しかもこれ、塊肉ならではの魅力がぎっしりで、本当に本当に美味しかった。表面にガリッと力強い焼き目が入っており、中心に向けてレアになっていく味と色彩のグラデーションがあまりにも美しい。通常営業でいただくお肉ももちろんすごく美味しいのですが、更に飛距離を大きく伸ばす表現法でした。

一皿の中にあるグラデーションが大きいという意味では他のお皿も同様で、コチもオレキエッテ(パスタ)もラザニアも、複雑かつ深みがありつつ、一つ一つの素材の味の輪郭がくっきりとして伝わってくるのです。

たとえば、「オレキエッテのクルーダイオーラ お日さま農園のお野菜」は、多種の野菜をあっさりとした塩スープで煮たものがパスタソースになっていて、驚くほど美味しい。野菜の滋味深さが心の奥底に響くほどに素晴らしく、一滴もスープを残せませんでした。

「コチと黒トリュフ・ビーツ・コチのスープ」は、コチを丸ごと一尾焼いて、ビーツのペーストと黒トリュフのペーストをつけて食べるもの。

火曜日コースのもうひとつの魅力は、宮木シェフが目の前で料理の仕上げをしてくれるのを見ることができる点。

宮木さんがコチをフワッとスプーンのようなもので切り分けているのを見て、「ああ包丁じゃなくてこんなに優しく切り分けているのか。だから美味しいのか」と発見できた。

当たり前なんですけど、分け方が本当に上手で美味しそうなんですよね。宮木さんが取り分けるってだけで美味しい。もちろん取り分ける前の過程あってのことと知りつつ。

カチョカヴァロの焼き方ひとつにしても、自分で焼いたときはなぜあんなに下手だったんだろうと改めて疑問に思うぐらい簡単そうに見えて、抜群に美味しかった。

才巻きエビは驚きの調理法。ヴェッキオサンペリというお酒を飲ませて酔いつぶれたエビを目の前で焼いてくれました。

食前にmondoの庭で摘んできたウイキョウの香りのするフィンガーボウルで指を洗い、その指の香りごとエビを味わうのです。なんてオシャレなんでしょう!

オシャレなだけでなく、エビの味が濃くてめちゃめちゃ美味しい。そうですmondoはオシャレなだけの上っ面の料理なんてひとつも出てこないお店。必ず美味しい。

熟成牛のラザニアは、ほぼ肉料理と言っていいほどのお肉感。兄弟店代官山ファロのラザニアが美味しいので、あんな感じのものが出てくるのかと思ったら、全く別モノでした。どちらも良い。

強い肉肉しさに負けない酸味の効いた焼きトマトが添えられていて、それを潰しながらソースにして食べるのです。極楽。

メインの炭火焼きビーフを食べたあと、まだ食べられるなら追加でたまごパスタを作りましょうと宮木さんが言ってくれた。もうおなかいっぱいだけど、宮木さんがパスタ作ってくれるなら胃袋がススっと空くじゃないですか。

全員に希望のグラム数を聞いて作ってくれました。わたしは50gで。普通はこういうタイミングだと、30〜40gだと思います。10g希望の人もいました。

もうそれが満腹とは思えないがっつき方でペロリと食べまてしまい。こんなに美味しいなら100gって言えば良かったなと後悔するぐらいでした。卵かけご飯的な、シンプルかつ強力なキラーコンテンツです。

いよいよデザート。フルーツのココット焼きは、スイカ、桃、パイナップル、バナナをココットで焼いたものに自家製バニラアイスクリームをのせたもの。

焼いたフルーツの甘みと粘りが独特で、レストランならではのスイーツと感じました。

一緒に行ってくれた高橋さんが、本当に美味しかったし楽しかったと言っていた。特に美味しいワインのラインナップに満足なされた様子。実に、楽しさ倍増でしたね!

大きいほうのお部屋全体をリノベーションして、ダイニングテーブルも新進気鋭の設計士さんによるオリジナルに変身。さながら迷路のような奇想天外なデザインにときめきます。

そして個人的に爆発的に嬉しいのが、ピュアオーディオで音楽を聴けるようになった点。

mondoにこんなお宝が眠っていたとは!! オールドラックスマンのアンプにスピーカーはタンノイのエジンバラですよ。なんでこんな名機を持ってるの!?

ラックスマンはわたしも自宅で使ってるのですが、宮木さんのラックスマンのほうが年代が古くてガチガチのラックスマンでした。見た目も音も最高です。トーレンスのレコードプレーヤーもありました。

音の話をすると長くなるので割愛。皆様のお耳で確かめてください!

19時半の一斉スタートで他のテーブルの人と料理を共有すると聞いて、本音を言うと何か気を使ったり話さなくてはいけなかったりすると億劫だなと思っていました。

実際はそんな心配はなく、話そうと思えば話せそうでしたが、特にがんばらなくても平気でした。皆さんとても礼儀正しくて素敵な方たちです。

火曜日コースは、食材の入荷次第で毎週少しずつメニューが変わるようです。今週のメニューはこちら。

キノコとカチョカヴァロ
才巻エビとヴェッキオサンペリ
コチと黒トリュフ・ビーツ・コチのスープ
オレキエッテのクルーダイオーラ お日さま農園のお野菜
熟成牛のラザニア 焼きトマトと一緒に
フランス産 リムーザン牛サーロインの炭火焼きとポテトフライ
(追加)たまごのパスタ
フルーツのココット焼き

あまりにも楽しく、美味しく、腹の底まで満足の沁み渡るディナーでした。

通常は見ることのできない、宮木さん、田村さん、鵜飼さん、ゆかこさんの掛け合いも見ものです(笑)

鵜飼さんがお料理なさるときの仕草が宮木さんそっくりでびっくりした。

まさに五感への訴求力ハンパない新しいmondoに、ますます期待できそうです。

火曜日が楽し過ぎる。また行きたい。

#イタリアン
#グルメ

|

麺つゆで簡単!冷やしたぬきそばのレシピ。




夏になると毎日のように食べている、冷やしたぬき蕎麦のレシピをクックパッドにアップしました。

●麺つゆで簡単!冷やしたぬきそば
https://cookpad.com/recipe/5220095#share_url

読んでくださ〜い。作ってくれたらなおのこと嬉し!

すっごく美味しいのでぜひ召し上がっていただきたいです。普通のお店より美味しいよ。これに関しては自信あるんだ〜。

#手料理
#和女食堂

|

学芸大学駅前の穴場韓国料理屋さん。コラボ。










英会話教室のクラスメイトの奥様方とカラオケ館経由で学芸大のコラボっていう韓国料理屋さんに行きました。

お目当ては、チーズタッカルビ。辛い甘い美味い熱い! みんなでこういうの食べると盛り上がりますね。ここのチーズタッカルビは結構辛くてしっかり味でした。

サムギョプサルもオーダー。炭火焼きで美味しくいただけました。

蟹味噌の石焼ご飯ていう珍しいものがあって、蟹味噌がモリモリで素敵でした。

デザートも韓国らしいお菓子のようで、思ったより大きくて、モッチリしててアツアツで、初めての味。甘さ控えめで美味しいです。

ここはチェーン店らしくて、あちこちあるみたいなんですが初めて行きました。学芸大学駅の駅の真ん前の二階にあるのに知らなかった。リトルマーメイドの上です。意外と気がつかないもんだなあ。

一度行くと2000円引きのクーポン券をくれて、今日ここに連れてきてくれた友達がそれを使ってくれたせいもあり、お会計がすごく安かったです。一人2600円ですよ!

店内きれいですし、そんなに混まないし、何しろ駅の真ん前で、この値段。結構いいですね〜。また来たいお店です。

#韓国料理

|

クックパッドのワジョレシピ好評です♡







台風でヒマなんで、鶏じゃがを作りました。ウマウマ。しかし絵面が地味過ぎる。この前作ったすき焼きも貼っとくわ。

鶏じゃがは砂糖の代わりに蜂蜜を使ったらおかず向きの美味しさになった。

すき焼きは自分なりに色々手間をかけているのだが、多分誰もやってくれないからクックパッドには書かんぞ!!

おかげさまでクックパッドのワジョレシピはフォルダに保存してくれた人が千人を超えて順調ですが、すんごく簡単な料理しかつくれぽ来ないよ。

手間暇系はウケないんだなあ。たいした手間ではないんだけど、文章できちんと説明すると大変そうに見えるんだなきっと。

#手料理
#和女食堂

|

代官山ファロの炭火焼きバーベキュー肉盛り合わせ。













昨夜の代官山ファロです。

ぬゎんと、予約していた日に炭火焼きバーベキュー肉盛り合わせという目玉メニューが始まりました☆ やった!!

前日までの予約で、予約の人数分に合わせて全員分がお約束。わたしは友人と二人分を予約しました。

こんな最高のお肉が、一人分2500円ですよ。二軒目に軽く飲みに行った近くのお店ではお肉盛り合わせ12000円でした(笑)

「代官山って本当はそういう場所なんだよ、きっと」と友人が言っていました。全くですな。

ちなみにその友人は、あまりにもファロが良かったので来週また予約したって言ってました。ステキング❤️

さて昨夜のオーダーは、

・上りカツオの藁焼きフレッシュトマトソース
・ロメインレタスサラダ
・王様椎茸とサルシッチャ
・炭火焼きバーベキュー肉盛り合わせ
・ブランマンジェ

うおあー。シメの炭水化物が食べられないほどおなかいっぱい! 本当はラザニアかミートソースが食べたかった。しかし満足度で言えば120点です。

上りカツオ、美味しかったあ🐟🐟🐟 驚くほどの厚切り。気仙沼産です。

たった今、樫村シェフが目の前で藁焼きにしてくれたものが食べられます。こんな美味しいカツオのタタキってないよね。

いつも頼む王様椎茸とサルシッチャの炭火焼きは、初めて食べた友人の「美味しい! 美味しいいい!」という言葉が止まらないほど。

この椎茸、ただ大きいってだけじゃなくて本当にいい出汁が出て美味しいんですよね。

そして炭火焼き肉盛り合わせ❤️❤️❤️

手前から、黒毛和牛もも肉、鴨胸肉、ラム肉、スパイシーポテト、万願寺唐辛子です。

ウルトラ美味しい! 「夏は肉だ!」という気持ちに全力で応えてくれる、迫力満点の盛り合わせ。体のすみずみまで行き渡るエナジー。心から満足です。

和牛の赤身がキラキラで、しっとり柔らかくありつつも口の中で適度にどっしり存在感を主張して、謎の黒いスパイスとともに味覚を掻き乱します。

鴨胸肉は繊維が細かく、歯でクシュっと柔らかくちぎれます。鴨肉独特の香りに包まれて幸せ❤️

ラム肉は赤身も脂も甘みが多くてプルプル。柔らかさと旨みがケタ違い。炭火焼き偉大なり。

付け合わせのスパイシーポテトや万願寺唐辛子がまた美味しくて、どこからどこまでもパーフェクトでした。

ファロは360度カウンター席で、真ん中が厨房というユニークなレストラン。必然的に同行者と横並びになるのですが、それが意外と話しやすくて疲れないのです。

相変わらずとても流行っていた。行くときは予約必須ですね。たぶん当日予約でも入れそうですけど。

兄弟店の自由が丘モンドに並ぶ、大オススメ店です。

#代官山

|

キャピトルホテル東急オリガミのパーコー麺。













溜池山王駅直結、ザ・キャピトルホテル東急3階のオールデイダイニング オリガミでランチ。

お隣の赤坂日枝神社に参拝した際、手前のラウンジ オリガミによく寄ります。ダイニングは初めて。

キャピトルホテルは建築の意匠が美しく、派手派手しくなくて落ち着きます。

よほどのピークタイムでなければ、いつも空いている点も良い。おみやげのペストリーショップが美味しいのも良い。大好きです。

さてこの日は友人たちとお茶する前に腹ごしらえを一人で。名物のパーコー麺を食べようと最初から決めていました。

ランチメニューを見ると、パーコー麺単品で2400円。前菜とドリンクがつくとセットで3900円。せっかくなのでセットを選択。

前菜はサーモンとイクラのマリネを選びました。これだけでも単品なら2400円。なんとなくトクしたような気分になれます。

窓の外の水面を見ながら待つと、すぐに前菜が届きました。美しい! ピカピカのサーモンでイクラと香味野菜が包まれています。こういう盛り付け、ホテルに来たぞというテンションになりますね。

とても新鮮で品質が良く、体の中を洗われるような美味。思わず微笑みが漏れます。

ゆっくりと味わい、ひと息つくと、パーコー麺が届きました。

まずは薬味が登場。万能ネギ、白ネギ、辣油、七味唐辛子。この量感。薬味好きにはたまりません。こんなに薬味入れていいんですか!! 幸せ❤️

続いてパーコー麺本体が登場。ややっ、麺とスープとパーコーだけで全部茶色くて地味。意外な印象。しかしここに薬味と辣油を入れると一気に華やかに。

見た目だけでなく、もう匂いが良くて期待感でクラクラします。

まずは麺から。見た目どうってことのないストレート麺ですが、ちょうどいい具合にスープを吸っていて、すごく美味しいです。

やや太めでもたつかず、スルッと入る心地よさ。こういう麺は、ラーメン専門店では食べたことがないです。高級中国料理店の厨房の味。異次元を感じます。

特別クセが強いわけではなく、むしろシンプルなのに、やみつきになるような味がする。これはなんなんでしょうか。

そしてこのスープがまた、シンプルながら格別。フカヒレスープのような味がします。ほんのわずかにスッポン汁のようなとろみを感じる。フカヒレ+スッポンですよ。多分両方入ってませんが(?)、それぐらいハイレベルな美味しい味。

薄ごろもが豚肉に密着したパーコーは、最後まで形を保ち、美しく食べられます。素晴らしい技術ですね。こういうのは最終的にドロドロになりがち。全くそのようなことにならず、最後まで澄んだスープを楽しめました。

薬味のネギに辣油と七味唐辛子を絡めたトッピングも抜群の働きっぷり。スープにも麺にもパーコーにも最高によく合っていました。

帰宅してこれを書いていますが、今すぐまたあのパーコー麺を食べに飛んで行きたいぐらいです。

普段はパーコー麺とか全然興味ないわたしを開眼させたパーコー麺です。素晴らしい世界を知ることができた。感謝です。

#ホテル

|

2018.08.01

パクチー牛丼。




台風で家から出られない。そんな日は、家の冷凍庫にある吉牛でパクチー牛丼。

レトルト牛丼とは比べものにならないぐらい美味しいです。

家で吉牛の味を目指して作る牛丼も、結局吉牛の味じゃないには違いないじゃないすか!

だから牛皿を買ってきてジップロックコンテナ的なもので冷凍保存することにしたんです。

これならいつでも一食分ちょうど作れるし、当然ながら味はできたての吉牛と全く同じ。

冷凍庫から出して鍋に入れて150mlほどのお水とともに煮溶かすだけ。

わたしは冷凍庫に4食分ぐらい常備しています。

ちなみに吉牛とパクチーはすごく合います。うま!!

#吉牛

|

より以前の記事一覧