カテゴリー「吉方位の見方。」の1件の記事

2008.05.08

吉方位の見方。

Dsc0868905
七赤金星仲間のあおきさんからメールをいただいて、6月が吉方位目白押しであることを思い出した。

気学をもとに吉方位旅行を始めて、もう8年ぐらい経つ。8年前の私はもうボロボロのボロ雑巾で、ほぼ再起不能状態だった。あおきさんは、その頃知り合った同い年の友だち。お互いものすごく励まし合った仲間だ。

おかげさまで私もずいぶん元気になった。彼も昔よりもずっと健康で明るく変身したと思う。たまに会うと、二人とも初対面の頃の印象とどんなに大きく変わったかという話を必ずしてしまう。それが楽しい。

われわれ七赤金星の人間は、今年は6月に東が大吉方位になる日がある。というのを知りつつ、私は中吉方位の西を取ることにしてしまった。(だって出雲に行きたかったんだも〜ん♪)あおきさんはバッチリ東を取るらしい。さすが。

吉方位を見るには、本当は専門家の方に正確に見てもらうに越したことはないのだけれど、ネットで簡易的に見ることもできる。

私が以前から使わせていただいているのは、Miss Mさん九星吉方位のページ。

お誕生日を入れて、年、月、日ともに吉方位にあたる方位に旅行、引っ越し、お砂とり、お水とりをすると運気が良いほうに変わると言われている。

引っ越しは、年、月、日ともに吉方位(緑色)にあたる方位が最高。

旅行、お砂とり、お水とりも、年、月、日ともに吉方位(緑色)にあたる方位が最高であることに違いはないが、年は吉方位でなくても、月と日が両方とも吉方位にあたる方位に行くのもいい。

そして先日、方位を見るのにものすごく便利な地図ツールをお客さまに教えていただいた。

「あちこち方位」

最初に自分の家を地図の中心にセットするだけ! 東西南北を気学の流儀に従って30度とすることもできるし、風水の流儀で45度とすることもできる。私は気学の方式で見ています。

この二つのページがあれば、とりあえず誰でも自分の吉方位を見つけて方位取りができる。便利ですねー♪

6月は、他の星の人も吉方位が見つかりやすい月だと思います。皆さんもぜひ吉方位旅行をしてみませんか? 開運が期待できるのみならず、吉方位への旅行は楽しい旅行になると言われているんですよ。実際、私もその通りになっています。

「あちこち方位」を教えてくださったお客さまは、3年以上前から何度も私のところへ来てくださっているリピーターさん。今年になって、あまり方位の良くない部屋から大吉方位に引っ越しをなさったそうだ。

引っ越し後、明らかに人として存在感が以前と違っていました。オーラが明るくなっていましたよ〜。いえいえ、オーラが見えない人でも絶対わかるぐらい、良いほうに変わっていらっしゃいました。方位はやっぱり効きますね。

私も以前から気学をきちんと学びたいと思っているんですが、本を何冊買っても頭に入らず、ベテランの先生にマンツーマンで教えてもらっても挫折・・・みたいな有り様。でもまだ諦めていません(笑) そのうちきちんと見られるようになったら、皆さんの方位も見て差し上げられることでしょう!

私の母方の祖父が、生前は占い師だったことは何度かブログでもお話したことがあると思う。ご近所のおじさんおばさんから、遠方からのご贔屓さん、東京近郊の名士諸氏、皇族筋の方まで、幅広い客層を持つ人気の占い師だった。

おじいちゃんは、手相も筮竹も姓名判断もお手の物で、一番得意なのが気学だった。研究熱心で、いつも占術や哲学の本を読んでいた。少しは見習わないとね・・・。

今までに5人ぐらいの能力者の方たちに、「あなたには母方のおじいちゃんがついていて、一生懸命応援してくれている」と言われたことがある。その人たちに、祖父が占い師だったことを話したわけじゃないのにですよ。嬉しい驚きです。

そんな諸々の理由もあり、私は気学を信頼している。皆さんにもお薦めします!

| | コメント (9)