« 激ハマり中の飲むヨーグルト😍 | トップページ | 自由が丘に鼎泰豊ができたなんて! »

2023.11.22

BS朝日「シティポップスタジオ」

Img_9776

昨夜のBS朝日「シティポップスタジオ」見応えありましたわ。


杉真理と鈴木雄大による大瀧詠一の「君は天然色」に始まり、出演者全員による山下達郎の「SHOW」に終わった2時間。


もうわたしはテレビに釘付けであっという間に時間が過ぎた。


シティポップと呼ばれる音楽が全盛だった時代、わたしはまだ少し子ども過ぎたし、よくわかっていなかった。最近のリバイバルブームで初めて知る曲も多い。


昨夜特に感銘を受けたのは、マリーンが歌った泰葉の「フライデーチャイナタウン」。こんなパワフルで純度の高い曲だったんだなと驚くとともに、泰葉のオリジナルを聴いて歌の上手さにハッとした。その歌をマリーンが外国人訛りで歌うのがまた良き風情であった。


山本達彦は歳を重ねてもなおかっこいいオッサンだった。山本達彦なんて、あんなルックス重視のミュージシャンなどけしからんと強く思っていたことを思い出す。今聴くと曲もいいよっ😆


亡くなった松原みきの「真夜中のドア」を小比類巻かほるが歌った。歌のスタイルもポージングも完全に小比類巻色に仕上がっていてキメキメだった。


松原みきは今のこのシティポップブームを天国でどう見ているのだろうかと、ときどき考える。


一十三十一が歌うユーミンの「埠頭を渡る風」は絶品。少し本人に寄せてるところもあってグッとくる。そういえばこの曲、練習したことなかったな。歌いたい。


濱田金吾の「PIANO MAN」はしみじみ良い曲。彼もまた今回のブームで初めて知った人だ。とても良い曲を作る人。「ドルフィン」は最近覚えた。


そしてSHOGUNの芳野藤丸と濱田金吾が歌う「男達のメロディー」と「BAD CITY」は最高。


前にスピトークで話したことがあるけど、この「男達のメロディー」に登場する「運が悪けりゃ死ぬだけさ、死ぬだけさ」という歌詞がすごく好きなんですよ。なんだか気持ちが楽になる。


芳野藤丸はすごくライブ慣れしているようで、ギターも歌も手慣れた感じだった。かっこいいね。調べたら今もライブにちょいちょい出てるらしい。


みんなそれなりの年齢だから、全盛期と比べたらってところはあったけれど、堂々として輝いていた。懐メロじゃなくて、今どきの流行りとしてシティポップが世界中に受け入れられていることに喜びを感じていることでしょう。


しかしそう考えると全盛期以上に声が出ている今の楠瀬誠志郎さんはやっぱり特別なんだなと思ったりもした。この特番に次回があるなら出てほしい。


そしてここに出ていてもおかしくなかった大橋純子さんの訃報に祈りを捧げた。大橋純子、いつもめっちゃ歌ってます。大好き。


わたしの竹内まりやのレパートリーも増えてきました。ご披露する場がないのが残念です😆


#シティポップスタジオ

#シティポップ

|

« 激ハマり中の飲むヨーグルト😍 | トップページ | 自由が丘に鼎泰豊ができたなんて! »