« 小説、和女食堂。カニカマたまご焼き。 | トップページ | 小説、和女食堂。塩昆布レタスチャーハン。 »

2022.07.27

小説、和女食堂。トモサンカク焼肉重。

Ec5dbf4d0a7e4992b3b6ea21feba424b

#小説

#和女食堂

#トモサンカク焼肉重


ああ、腹が減った! 24時間365日ずっと自宅で原稿を書いていると、今が何曜日の何時なのかわからなくなる。というか、オレには関係ない。


腹が減ったら、コンビニで買ったパンを食べるか、冷凍食品をチンして食べるかの二択だ。デリバリーは月に2回までと決めている。毎日頼んでたらカネがいくらあっても足りない。


たまにライブを観に行くのだけが、唯一の贅沢。なのにこのご時世じゃ、いいライブもそうそうやってない。いつになったら大物の外タレがバンバン来日するんだろうか。オレはアデルの歌を生で聴きたい。


眠いのか眠れないのかわからない宵の口。息抜きにTwitterを覗いた。


「和女食堂🍅 @wajoshokudou 2分

本日、北のうまみ牛もも霜降りトモサンカクを使用した焼肉重がございます。早い者勝ち!」


珍しく和女さんからやる気を感じた。いつもは客に来てほしいのか否かわからないぐらい投げやりなツイートしかしない人なのに。


オレの家からの徒歩圏内で、手作りの家庭料理を食べられるところは、最早みやいし食堂と和女食堂しかなくなった。散歩がてら行ってみるか。


「いらっさい。珍しいひと来た。嬉しゃす。どぞ」


なんか言葉遣いがパソコン通信っぽいんだよな。一体彼女は何歳なんだろう。案外、オレと変わらないのかもしれない。


【お品書き】


トモサンカク焼肉重(ナムルつき)1000円

ガチンコ!インド式チキンカレー 600円

塩昆布とレタスの炒飯 250円

豚こまの生姜焼き 280円

ミートソース 200円

ペペロンチーノ 150円

素麺のサラダ油炒め 200円

ゆでレタス 60円

刻んだレタス 40円

キムチ 120円

レタスとフランクフルトのスープ 250円

レタスとプチトマトのスープ 90円

味噌汁(玉ねぎorあおさ)60円

麦茶 20円

アイスティー 40円

チーズ 40円

ベビーカステラ 5個 150円


ここはもう、焼肉重でしょう。インド式チキンカレーは前に食べたことがある。あれはマジでうまかった。


メニューにレタスの文字が多い。サミットでレタスが安かったんだろうな。


この前、サミットでバッタリ彼女を見かけた。あまりにも真剣に肉のパックを見比べていて、声をかけたら悪いかと思うほどで。やっぱり食への執念が並外れているんだろうね。


「えーと、焼肉重と、キムチと、うーん、ゆでレタス。レタスとプチトマトのスープ、キムチ、麦茶ください」


「おいっす」


やっぱり見た目より年齢が行ってるよ、こりゃ。ドリフの全員集合世代だ。間違いない。


野菜を摺下ろす音がしたあと、焼肉のタレを煮詰める匂いがした。タレから作るのか。エバラ焼肉のタレとかじゃないんだな。


レタスを引きちぎる音、湯が沸騰する音、野菜を切る音。最後に肉を焼く音と匂いが強烈にして、大急ぎで全部テーブルに並べられた。


「めっちゃ美味しいんすよ、この肉。熱いうちにどうぞー」


「あっ、はい。もうこの匂いでわかりますよ。いただきます」


おおおおお、うめええええ。焼肉屋で食うより旨いかもしれない。柔らかい肉をベールのように包み込む、下ろしたてで新鮮な風味のする玉ねぎとニンニクのタレ。市販のタレでもなく、焼肉屋のようでもなく新しい。


内側が紅い重箱はズルいよな。肉が余計に旨くなる。その横にぎっしり並んだ色とりどりのナムル。これはもう不変のマリアージュってやつだ。


ゆでレタスは本当にレタスをゆでただけで、胡麻油と醤油がタラっとかかってる。それだけでこんなに旨いのか。


なんだか自分の中の活力が掘り起こされてくるのを感じる。肉パワー+ワジョパワーすげえ。


レタスとプチトマトのスープを飲んだら、見た目より遥かに旨味と爽やかさがある。素晴らしい。何が入っているんだ?


「そのスープ美味しいよね。伊勢醤油本舗の鯛醤で味付けしてるの。あとは野菜のお味だけ。プチトマトと長ネギと万能ネギと千切りしたレタス。トマトはいい出汁が出るわ」


なるほどな。魚醤の旨味は偉大だ。鯛醤というのは初めて聞いた。ナンプラーよりも日本人好みでスッとなじむ。


「鯛醤で作ったさあ、唐揚げがすごく美味しいの。今度作ってあげるね」


作ってあげるねってどういう意味なんだ。オレは彼氏じゃねえ。そもそもどう考えてもオレに気があるような態度でもない。少し話したあとは、スマホを持ってすぐさま別室に消えた。パソ通世代はスマホにもハマりやすいのだろうか。


「ごちそうさま。すげえうまかった。和女さん天才」


「あざーすー! 1290円です。天才って言われちった。うひょ!」


ああもう間違いなく同世代。昔2ちゃんねらー、今やひろゆキッズ。ひろゆきさんの最近のご活躍について語り合ったら、話が尽きないだろう。しないけど。


肉、うまかったな。なんか目が覚めた。ミニストップで白くまのハロハロ買って帰ろう。今日は贅沢した。気分がいい。原稿がんばろう。

|

« 小説、和女食堂。カニカマたまご焼き。 | トップページ | 小説、和女食堂。塩昆布レタスチャーハン。 »