« こんなところにお寿司が。 | トップページ | 一年を振り返って。 »

2022.01.01

12月30日恒例のモンド訪問。

F4ce16467ec740819ddc519da063dd13

ここんところ毎年12月30日にモンドに行ってる気がする。一年の最後に行きたくなるのです。おつかれさま自分、的なやつ。たいしたことしてないんですけどね。はははっ!

 

本日のランチコースはこちら。

 

・お野菜のスープとオリーブ

・岩手県産 月の輪熊とmondoの畑のサラダ

・白子と菊芋

・スパゲッテ 伝助穴子と発酵白菜

・鮎の熟れクリームとズワイ蟹のリゾット

・天城軍鶏とロメインレタス

・アップルパイ

 

月の輪熊サラダは、野菜を乾燥させたり発酵させたりリーフサラダ風にしたり、たくさんの要素が集まりつつ非常にバランスが良かった。味と食感の祭典。

 

そこへ絡まる月の輪熊のサラッとした薄切りの肉。清らかな肉の旨みが舌に喜びを与え、何か体にええんとちゃうかな?と感じるほどの特別な力がある。

 

モンドさんが畑を始めたって話は折々に聞いていましたが、これだけまとまったサラダになって出てきたのは初めてかも。立派に育ちましたなあ。

 

白子と菊芋は、わたしの大好物の白子を宮木さんがまたまた新しいアレンジで出してくださいました🤤

 

外側のクリスピー感がハンパない! カリサクパリパリ。内側の白子はトロトロ。菊芋のペーストとチップスと絡めると、これまた新たな香りと食感。至福の時間です😍

 

スパゲッテ 伝助穴子と発酵白菜は、兵庫県産の伝助穴子を使ってるそうな。

 

ビシッと香ばしく焼かれた、脂のノリの良い穴子は絶品❣️ 発酵白菜との相性も素晴らしく、穴子の強い主張を軽い酸味でナイスキャッチ。

 

鮎の熟れクリームとズワイ蟹のリゾットは、熟鮓のクリームをリゾットにするというズルいくらいに美味しいやつ。濃厚な旨みあふれるリゾットに負けないくらい存在感のあるズワイ蟹のご馳走らしさが華やか。

 

天城軍鶏とロメインレタスは、軍鶏自体のクオリティが史上最高でした😋😋😋 

 

特にムネ肉がものすごく美味しくて、この繊細にして至高の味わいはなんなんだーーーっ!と叫びたくなる。なんかわからんけど、旨味の情報量が多かった。軍鶏が筋トレしてたのかもしれん。

 

そこへ添えられた無花果の葉のソース。めっちゃめちゃ合う。なんてオシャレな味! このソースと軍鶏を咀嚼するあいだ、わたしは目が回りそうでした。いや、回っていたかもしれません😵‍💫

 

最後はアップルパイ🍎 こうきたか。薄焼きサクサク、焼きたてアツアツ。わたしは手で持って齧り付いた。なんという幸福。ありがとう宮木さん。ありがとうリンゴ。

 

いやはや今年もビックリするような美味しいものを色々とごちそうさまでしたモンドさん。

 

パンデミックのため通常の30分の1ぐらいの外食数でしたが、そんな中でもモンドに何度か行けたことは幸運でした。

 

思えば2011年のあのときも、モンドさんと手を取り合うような気持ちで過ごし、ボランティアなどにもかかわり、ともに光の見えるほうへ向かって歩いていた過去を思い出しました。

 

2022年もまた輝く光に向かって歩いていけますように。モンドもわたしも皆さんも。

 

#自由が丘

#イタリアン

#モンド

#外食

#2021

|

« こんなところにお寿司が。 | トップページ | 一年を振り返って。 »