« 池上駅は間もなくリニューアル。 | トップページ | 初のインスタライブやりました。 »

2021.02.14

鶏胸肉のしっとり焼き、蛤と菜の花と空豆のソース。

4b95e18505fc4f13981930de396de93a

鶏胸肉のしっとり焼き、蛤と菜の花と空豆のソースを作りました。


お家でフレンチ🤩 いやしかし意外と簡単でした。鶏肉に火を入れすぎないように気をつけるだけで、見違えるような仕上がりに❣️


わたしは圧倒的に鶏肉ならもも肉派ですが、このお料理を食べて、胸肉の優しさ、穏やかさ、すべてを包み込む包容力、しっとりとした佇まいというものにノックアウトされました😍


本当に美味しいです。これは胸肉で作るのがオススメ。胸肉に開眼しますよ😃✨✨


そしてこの、ハマグリの出汁の尊さよ。鶏胸肉よりハマグリのほうが高かったですが、必須ですね。


ほろ苦い菜の花が、ハマグリと鶏の出汁を吸い、バターをまとい、春を全力で伝えてくれます。


ハマグリの出汁で鶏肉をサッと煮るなんて、素人には考えつかない世界。これひとつ覚えるだけで、相当料理できる人だと思われそうです😆


最近はラボンヌターブルさんが時短営業なんで、ハプニングキッチン20:30から始まることが多いですよ。皆さん一緒に見ましょう😊


───────────────


★鶏胸肉のしっとり焼き、蛤と菜の花と空豆のソース


レシピ:日本橋ラボンヌターブル中村和成シェフ


作り方動画

https://www.instagram.com/tv/CKL4i7djuZ4/?utm_source=ig_web_copy_link


<材料>

・皮つき鶏胸肉 1枚

・ハマグリ 5個(あさり、ムール貝などでもいい)

・菜の花 2分の1把ぐらい

・空豆 5粒

・小麦粉 うっすら

・塩

・レモンの皮

・バター

・塩

・オリーブオイル


<作り方>

・胸肉の両面に塩をする。うっすら小麦粉をつける。

・フライパンにオリーブオイルをしいて胸肉を皮目から中弱火で焼く。

・鶏肉を直火で焼くのは皮を焼くときだけ。赤身側は火を止めてフライパンの上に放置すると、しっとり焼ける。

・皮がちょっと茶色くなるぐらいに焼けたらひっくり返して、赤身側は火を消して30秒ぐらい放置する。

・肉をラップできつめのグルグル巻きにする。アルミホイルよりラップのほうが早く火が入る。

・空豆の皮をむく。へこんだ部分に親指を入れてくるっとむく。

・フライパンをキッチンペーパーで拭いて、ハマグリを入れる。水を200gぐらい入れてフタをして火をつける。

・ハマグリの口が開いたら、1分ぐらい煮詰めて出汁をとる。

・水分が全然なくなってきてしまったら、水を足す。

・ハマグリをとりのぞく。

・さっきの胸肉をハマグリ出汁の中に入れて、沸騰させてフタをして10秒。火を消してそのまま放置。1分経ったら肉を取り出す。

・フライパンに残ってる出汁にバター30gを入れて沸かす。

・そこへ菜の花と空豆を投入。菜の花は長いまま切らずに。

・最後に鶏肉を入れて一煮立ちさせて完成。

・ハマグリの殻をとりのぞく。

・バットに肉、菜の花、空豆を上げる。

・お皿にフレンチっぽく盛り付ける。

・最後にソースをもう一度温めて乳化させる。

・アツアツのソースをかけて、レモンの皮を削ってふりかける。


#ハプニングキッチン

#鶏胸肉のしっとり焼き

#chicken

#春

#French

#簡単で美味しい

|

« 池上駅は間もなくリニューアル。 | トップページ | 初のインスタライブやりました。 »