« ドレスセンのエプロン。 | トップページ | 樋口シェフのポモドーロ。 »

2021.02.14

完成度を高めたビーフシチュー!

D114e240a75f420d886d3672f4575e42

ビーフシチューを作りました。「この前も作ってなかった?」と思ったアナタはスルドイ😘


この前のは不満点がいくつかあったので、再挑戦したんですよ。間を開けずに再挑戦すると、レシピを修正しやすいのです。これは料理が上手くなるための重要なコツだと思います。


改善前。

・スーパーで買ったスネ肉を使った。小さくカットしてあり、物足りない。

・スネ肉は3時間煮てやっとスプーンで切れるぐらいの柔らかさになった。もっとホロホロっと柔らかくなってほしい。

・隠し味にダークチョコレートを入れたら、どう考えてもチョコの香りがしてしまってなかなか消せなかった。

・甘味をハチミツでつけたら、なんかいやな感じがした。なぜならわたしはハチミツアレルギーなんです。アホやな。

・開栓してしばらく経った赤ワインを使った。開けてすぐ使ったほうが美味しい。

・野菜の切り方が小さかった。大きく切ったほうが野菜の甘みが感じられる。


改善後。

・精肉店(荏原の肉のオガワ本店)で、シチュー用の肉(首肉)を500g購入。きれいなサシが入っていて見るからに美味しそう。

・お肉屋さんで買ったままの大きいかたまりのまま、カットせずに使用。

・煮込み時間を4時間にした。なおかつ、一晩寝かせた。

・隠し味は瀬戸内コラトゥーラ。

・甘味は三温糖。

・赤ワインは開栓してすぐ使用。

・野菜を5cm幅ぐらいに切って見栄えを良くした。


てなわけで、スプーンで触れただけでホロホロっと崩れる、大きくて美味しいお肉のビーフシチューができました😊


ハインツのデミグラスソース特選缶は、とっても美味しいですよ。


前にデミグラス缶を使わずに赤ワインを一本使うビーフシチューも作ったことがあるのですが、ワインが好きじゃないので全然好みの味になりませんでした🤣


ビーフシチューの味付けは個人の好みによるところが大きいと思うのですが、下戸でハチミツアレルギーで肉が好きなわたしには今回の作り方がベストと思えました。


ちなみに、色んな人のレシピを参考にしてアレンジしました。リュウジさん、カジサックさん、ハインツさんを参考にさせていただいています。


ステイホームでお時間ある方も多いと思うので、ぜひ作ってみてください😋


──────────────


★ビーフシチュー

レシピ:ワジョリン


〈材料〉

牛肉 500〜800gぐらい

ハインツデミグラスソース特選缶 1個

玉ねぎ 2個

ニンニク 3片

ブラウンマッシュルーム 10個

じゃがいも メークイーン小4個

にんじん 大1本

ブロッコリー 半分

バター 80g

赤ワイン 200g

水 500〜1000g(適宜足していく)

フォンドボーペースト 1パック

胡椒

小麦粉

砂糖 大さじ2〜4

ローリエ 1枚

ケチャップ 大さじ1

瀬戸内コラトゥーラ 小さじ1


〈作り方〉

・牛肉に塩胡椒をして、小麦粉をまぶす。

・フライパンでバター40gを弱火で溶かし、中火で肉の外側に焦げ目をつける。

・肉をバットに上げる。

・玉ねぎをスライスし、ニンニクはみじん切りに。肉を上げたあとのフライパンに投入。塩をする。

・中火で濃いきつね色になるまで炒める。

・玉ねぎが濃いきつね色になったら、さっきの肉を戻す。

・ワイン、水、フォンドボーペースト、塩、胡椒を投入。フタをして4時間煮る。途中、水がなくなりそうになったら足す。底が焦げつかないように時々かき回す。

・じゃがいもとにんじんの皮をむき、大きめに切る。別鍋を用意し、バターで炒め、塩を入れた水で柔らかくなるまでゆでる。

・また別鍋で、手で一口大にしたブロッコリーを塩を入れた水でゆでる。ゆで上がったら冷水をかけて色を青々しくする。

・また別のフライパンで、バターを多めに溶かして、半分〜4分の1に切ったマッシュルームを塩とともに炒める。マッシュルームがバターを吸うのを見届ける。

・牛肉が柔らかくなったら、デミグラスソース缶とバター40gを加える。味を見て、砂糖、塩、ケチャップ、コラトゥーラを足す。

・余裕があればここで一晩寝かす。

・じゃがいも、にんじん、ローリエを加えて弱火で20分煮る。芯まで温める。

・マッシュルームとブロッコリーを入れて、5分煮る。

・とろみを見て調整。濃かったら水を足す。薄かったら煮詰める。

・お皿によそり、あれば生クリームをたらす。


#和女食堂

#ビーフシチュー

#beef

#stew

#お肉

#お肉ホロホロ

#ステイホーム

#手間暇かけて

#料理

|

« ドレスセンのエプロン。 | トップページ | 樋口シェフのポモドーロ。 »