« 【大晦日まで営業しています】 | トップページ | フライパンと蒸し器を新調。 »

2021.01.02

一年の最後はモンドへ。

35d43170c9fa43b1adfade4fbc7831a8


一年最後の外食は、毎年モンドに行くと決めています。


やはりわたしにとって、すべての原点がモンドにあると勝手に思っておりますので、尊敬と感謝を込めて大トリを飾っていただいているというわけです。


今年は本当に大変な一年でしたが、こうしてモンドの年内最終営業日に伺えて幸せだと思えました。


わたしなりにがんばった一年が報われるような、涙がちょちょぎれるほど美味しいお料理のオンパレード❤️


今年はインスタライブなどを通して、モンドさんをはじめ優れたレストランの方々が、いかに食材の入手からお皿に乗るまでのストーリーを大切にしているのか、素人のわたしたちにも垣間見れる場面がいくつもありました。  


そういった背景を多少知った上での、今日のお皿。


怖ろしいほどの手間暇と愛の降り注がれた、丁寧な人付き合いと、料理への情熱。食べる人への真摯な眼差し。そのすべてが芸術表現なんだなあと改めて感じ入りました。


「モッツァレラチーズとトマトのカプレーゼ」は、水キムチと甘夏があしらわれており、発酵食品とフレッシュな素材の組み合わせにドッキリさせられた。なんて美味しいんだ。甘夏はモンドのお庭で穫れたもの!


今年のモンドは発酵食品へのアプローチがグイグイ来ていましたね。テイクアウトを販売している期間も、宮木シェフのオンラインお料理教室でも、ザワークラウトや瀬戸内コラトゥーラといった発酵食品を大フィーチャー。


そのことをきっかけに、自分の料理にも発酵食品を使うことが増えました。特に瀬戸内コラトゥーラのない人生はもう考えられない。最近一本目を使い切り、二本目を購入せし。


「アマゴとじゃが芋・赤キャベツ」は、スッキリと端正な味わいのアマゴを、宮木シェフ得意中の得意である泡立てたじゃが芋とを合わせた間違いない組み合わせ。


モンドの魚はいつも、魚臭くないのに魚の味がドカーンとして、口の中で旨みが爆発する。


わたしは魚の臭みに過敏なんですが、モンドのお魚は完璧に臭みがなくて、安心して心ゆくまで堪能できる。こんなに魚を好きになれるなんて思わなかった。


「白子と白トリュフのブティーノ」は、イタリア風茶碗蒸し。シンプルな構成ながらド直球でわたしの心を射抜く。白子、美味しすぎる。白トリュフ、キミはこの世で一番美味しい。永遠にこの香りと味の世界に幽閉されたい。


「タリアテッレ 天城軍鶏と蕗の薹」は、機械を使わない手延べタリアテッレ。茗荷谷バーゼさん直伝の技術で、モンドの生パスタ担当ゆかこさんが日々仕上がりを進化させている。


モンドで初めてこのスタイルの手延べタリアテッレを食べたのは2ヶ月前のこと。初めからもっのすごく美味しかったけど、更に進化していた!


手で作ってるなんて信じられないほど薄くてヒラヒラ。しかも前回より生地自体がエアリーで、ソースの味がよく染みてる。


天城軍鶏の強いコクのある旨みにも負けない麺。すごいことだと思います。


「リゾット 発酵白菜と豚スネ肉のアッロースト」は、例のあのテイクアウトの原始人のお肉だ。あのとき確か宮木シェフは、5日ぐらいかけてこの肉を作っていた。


「美味しく食べられる」という段階にとどまらず、「食材の個性をとことん引き出し、作る人も食べる人も心から納得のいく地点に到達する」という次元だけを目指していることを感じた。ちょっと異常ですよ❤️


その、ものすごい手間暇と工夫のかかった肉をリゾットに加え、黒トリュフなんぞをビャビャビャっとかけ、それ以上には余計なことをせず、濃厚かつシンプルで明確な結果へと導かれていた。お見事。


メインは「網獲れ真鴨と白神山地のセリ」! 肉が傷まないように網で捕まえた真鴨。その真鴨のお肉の各部位と、内臓のいいところを出してくれた。


噛みしめるごとにドクドクと流れ出す旨み。赤身肉の弾力をポンプにした美味の洪水。まるで熟成肉のように凝縮した肉の味です。


サラッとして歯切れ良いのに、コクは濃い。真鴨〜🦆 最高ではないか。こんなふうに、真正面から真鴨に向き合ってしみじみ食べることもなかなかない。新鮮な体験だった。


まわりのピュレはさつまいも。ほんのりと苦味のきいたセリが素晴らしいアクセント。


デザートは、「フランボワーズとマスカルポーネのデザート」。見た目も美しく、甘み、酸味のバランスが絶妙。


デザートを食べながら、ソムリエの田村さんに音楽を聴かせてもらった。タンノイのスピーカーで聴くサイモン&ガーファンクルは至上。


そしてわたし以外のお客さんが全員お帰りになった瞬間に、ラボンヌターブル中村シェフのインスタライブが始まった。


「2020年をふりかえる」というテーマトークで、「分割画面に出てくれるシェフ募集」と書いてあり、宮木シェフにご登場お願いして、ついでにわたしも映っちゃった笑。いい思い出ができた。


今年はモンドさんとともに生きた実感の濃い一年だった。緊急事態宣言下で誰にも会えない日々、モンドのテイクアウトを3日に一度、歩いて買いに行くのが唯一の生身の人間とのコミュニケーションだったり。宮木シェフのインスタライブお料理教室で、超絶美味しいものを家でも作れるようになって驚いたり。


ますますモンドが好きになったし、お料理をいただくことも作ることもおかげさまで一段深く学べました。


心から感謝しています。モンドさんがいてくれて良かった。また来年もよろしくお願いします!


#自由が丘

#モンド

#イタリアン

#宮木康彦

#2020

#ありがとう


|

« 【大晦日まで営業しています】 | トップページ | フライパンと蒸し器を新調。 »