« 冷製ほうれん草スープと、牛肉のエスニック炒め。 | トップページ | イタリア・マルケ州の鶏肉サッと煮。 »

2020.07.15

代官山ファロ。キスと甘長唐辛子のチーズ衣フリットなどなど。

2b7a15db6b8446bca65064d4cf18556f

ファロに突撃。「1時間後に行きたい」と電話して、なんとか席を用意してもらいました。急に行きたくなったのだ。


日曜日は15時から営業してます。遅く起きてそのまま何も食べずに行ったら、おなかぺこぺこでファロの美味しさが五臓六腑に染みた。


もともとキッチンを四角く取り囲む形の客席なので、全員横並び。ソーシャルディスタンスはバッチリです。


本日のオーダーはこちら。


・冷たいトマトのガスパチョと香り良いお酢でしめたイワシ

・鹿のカツレツとハーブのサラダ

・地ハマグリの真っ黒焼き

・キスと甘長唐辛子のチーズ衣フリット

・自家製ソーセージのパスタ オイル味


炭火焼きのお店なのに揚げ物ばっかり頼んでしまった。しかしあまりにも美味しく、後悔なし。


炭火焼き方面は、ハマグリのみ。これは素晴らしかった。ハマグリ自身の旨みジュースが炭火で炙り出され、添えられたオリーブオイルをつけて食べるとパラダイス。身が厚くてプリプリのハマグリで贅沢させてもらった。特別な気分。


ガスパチョはとても甘やかで涼しく美味しく、初夏を生きている自分を堪能できた。えぐみや苦味がなく、とてもフルーティー。香りの良いお酢で軽めにしめたイワシは、えも言われぬ美しい味。お鮨屋さんでもなく和食屋さんでもなく、イタリア料理屋の新鮮なイワシの味がした。


鹿のカツレツは薄衣でスパイシー。辛いわけではなく、鹿肉によく合うスパイスが全体にふんわり香っている。ミシッとした凝縮感ある鹿の味と、ルッコラなど強めの味のハーブがよく合う。


キスと甘長唐辛子のチーズ衣フリットは、キスが最高潮に旬で、甘くて格別な味わい。キスは今が一番美味しい時期だそうです。確かに、キスってこんなに美味しかったかなと思うほど。甘長唐辛子との相性よし。カリカリのチーズ衣が歯応えあり、五感を刺激する。


自家製ソーセージのパスタは、トマト味、オイル味、クリーム味から選べる。今日はオイル味で。ソーセージってシャウエッセンみたいなものをイメージしてたらサルシッチャだった。そりゃそうだな。そのサルシッチャがバカウマで最高。肉は偉大。この肉の旨み、パスタ全体にまわっていて旨み爆弾になってる。中毒性のある風味。最後まで一気に食べきってしまう感じ。


相当おなかいっぱいになった。一人で来ても楽しいお店です。しかしあそこに知っている人がいるではないか。ちょっとご挨拶してみた。


自粛期間中に始めたテイクアウトを今も続けてくれていて、いくつか買った。ミートソース、モツ煮込み、ハンバーグ。全部肉じゃねえか。あたぼうよ。こちとら肉食でい。


このお手頃価格で自宅でファロの味を楽しめるなんて夢のよう。ありがとう。


東京カレンダー2020年8月号に、樫村シェフのレシピが掲載されています。例のあの、インスタライブでやってた炊飯器リゾットのレシピです。わたしはもう何度もあれを作って、冷凍庫に常備しています。本当に簡単で美味しい。天才的発明だなと思います。


いつもわたしを幸せにしてくれてありがとう。ごちそうさまでした❤️


#イタリアン

#代官山

#焚き火イタリアン

#foodie

|

« 冷製ほうれん草スープと、牛肉のエスニック炒め。 | トップページ | イタリア・マルケ州の鶏肉サッと煮。 »