« 美味しいそばめしを食べながら美味しいものの話 | トップページ | 年に一度は食べたくなる、しそバター牛焼肉丼。 »

2020.03.20

ヤツドキ自由が丘店の和栗パフェ。

604a54aabf124dccbdd7c60de32b8a30

洋菓子のシャトレーゼ直営の新業態「ヤツドキ」5店目の店舗が自由が丘にオープンしました。カフェが併設されてるのは、ここと銀座みゆき通り店だけのよう。


シャトレーゼは山梨県の会社ですが、ヤツドキは今のところ全部都区内にあります。今回初めて知ったのですが、シャトレーゼってワインも造ってるしホテルやゴルフ場も経営している巨大企業なんですね。


ヤツドキは高級版シャトレーゼ洋菓子店であると同時に、シャトレーゼワインの普及促進の場でもあるのかなと思いました。試飲もできます。


カフェスペースでは、店頭で販売中のケーキ、クッキー、マドレーヌ、ソフトクリームなどのほか、パフェ、ブリオッシュ生地のフレンチトースト、ワインとおつまみも食べられます。


おつまみは、ふぐさし、鬼殻焼き(伊勢海老)、ローストビーフ、ジャーマンポテトなど、なかなか豪華です。ふぐさし!? ワインと合うのかな。下戸だからわかりません。


さて、オープンしたてということもありお持ち帰りコーナーは多少の行列。カフェスペースは意外と空いていました。20席ぐらいですかね。座り心地の良い椅子と、木目の色をそのまま生かした机。良い趣味です。


着席すると、八ヶ岳の天然水を出してくれます。そう言われると美味しいような気がする。


3種類のパフェの中から「濃いコク和栗」(1200円)を選びました。ほかの2種類は両方ともいちごです。


驚いたことにセットドリンクが200円でした。自由が丘でこの値段はありえない。素晴らしい。カフェオレをオーダー。


しっかりした素敵なカップ、きめ細かな泡、マイルドで香りの良いカフェオレでした。とても200円とは思えない。


間もなく届いた和栗パフェがまた素敵で! 見ただけでテンション上がりました。オシャレでありつつ、内容はしっかりどっしり。


栗ペースト、バニラアイス、純生クリーム、いがぐりをイメージしたフライドパスタ、ゆで栗がドサドサ入っています。これで1200円は安い。


個人的には生クリームの動物性脂肪マックス高めなところが最高に気に入りました。


このパフェは美味しい焼きたてバタークッキーによって三層に区切られており、第一層は栗ペーストとアイスクリームと生クリーム、第二層はほぼ生クリームで周囲にゆで栗、第三層はフライドパスタと栗ペーストとゆで栗といった流れになっております。


すべてが美しく美味。素材のクォリティの高さを感じます。


帰りにケーキと焼き菓子とアイスも購入。ケーキは300〜600円ぐらい。焼き菓子はクッキー、フィナンシェ、マドレーヌ、すべて150円。アイスは60〜180円です。安い。


帰宅して二日かけて食べました。


いちごのズコットは甘さやや控えめで見た目よりスッキリ。生クリームの高品質感が印象的。


フロマージュケーキはしっかり重めの構造。特に底部のクッキーとナッツの部分の密度が濃くて食べ応えがあります。フロマージュ部分は柔らかめで適度にクリーミー。


焼きたてマドレーヌは至上の風味。ひょっとしてわたし史上ナンバーワン。生き生きとしたバターの香りがたまりません。適度な硬さがあり、もたつかずサクッと食べられます。比較のため個舗装入りの保存の効くマドレーヌも買ってみましたが、やはりダントツで焼きたてマドレーヌのほうが美味しかったです。

 

ナボナ状の焼き菓子=はちみつと柚子のケーキは正直言って普通でした。普通に美味しい。


この様子だと、焼きたて焼き菓子コーナーがこの店の花形ですね。かなり高レベルです。


バームクーヘンなども気になったので今度買ってみたいと思います。バームクーヘナーなんで。


総合的に言って、昔ながらの日本のケーキ屋さんの良いところを進化させた最新スイーツ屋さんかなと思いました。本格フランス菓子や独創的な方向の名店は既に自由が丘に存在しますので、新タイプのお店ができて嬉しい限りです。


#スイーツ

|

« 美味しいそばめしを食べながら美味しいものの話 | トップページ | 年に一度は食べたくなる、しそバター牛焼肉丼。 »