« パンケーキカフェ「バター」自由が丘店オープン。 | トップページ | お正月のお肉を準備。 »

2019.12.25

状元樓のソフトシェルクラブ。

「美味しい中国茶をたくさん飲みながら、すっごく美味しい中華料理が食べたい」という、英会話クラスの皆様のリクエストにお応えしまして、状元樓に参りました。


状元樓はお茶も美味しいんですよね。今日は東方美人茶と凍頂烏龍茶を頼みました。ポットで提供されますので、差し湯をもらえば無限に飲めます。


さてお料理は、4人でこちらをシェア。


蟹味噌入り小籠包

赤餅米の焼売

大根餅

ソフトシェルクラブのピリ辛香草揚げ

海老の龍井茶炒め

帆立貝のXO醤炒め

鶏肉とカシューナッツの炒め

牛肉の状元オリジナル味噌炒めクレープ包み

ホタテと黄ニラのあっさり焼きそば

高菜の塩ラーメン

ゴマのすり身入り白玉団子


いっぱい食べたー!! 満足満足。


やっぱり中華は多人数で行くと、色んなものを食べられていいですね。今日の大発見は、「ソフトシェルクラブのピリ辛香草揚げ」と「高菜の塩ラーメン」がすごく美味しかったこと。


すべて完全に美味しいものばかりの中、今まで食べたことがなくて、今後一人か二人ぐらいで来てもリピートしたいなと思ったのがこの二品でした。


蟹のパリパリ感が完璧で、噛んだ途端にサクサクっと崩れる感覚が快感。香草の軽い苦味は素晴らしいアクセント。蟹の身が薄いところも厚いところもそれぞれに楽しみのある料理です。


高菜の塩ラーメンは、高菜と豚肉とタケノコだけのシンプルなラーメン。シンプルだからこそ、この組み合わせであることの必然性を感じます。タンメンのように深みのあるスープは、一滴も残したくないぐらい美味。


ちなみに上記の料理の中で、わたしが今までに何度もリピートしているのは、赤餅米の焼売、大根餅、海老の龍井茶炒め、ホタテと黄ニラのあっさり焼きそば、ゴマのすり身入り白玉団子です。間違いなく美味しい。


大根餅はレシピをリニューアルなさって、クリスピー感がアップしてました。この絶妙な焼き目と香り、一体どうやって作ってるのかな? 絶対自分では作れないな〜といつも思います。


ホタテと黄ニラのあっさり焼きそばもまた、材料はシンプルなのですがあり得ないぐらい美味しい。つややかな麺の仕上がり。淡い色合いに反して旨みの強いホタテと黄ニラ。いくらでも食べられますね!


海老の龍井茶炒めは、基本は塩味で龍井茶の香りをフワッとまとう感覚。清冽な味わいに感動します。


とても幸せな時間を過ごせました。同席のメンバーの皆さんも、「本当に美味しかった」と口々に言ってくれて嬉しかった。


状元樓は、フランス租界時代の邸宅を模した、中国文化とヨーロッパ建築のテイストを併せ持つ神秘的なインテリアのお店なんです。店内がいくつかのエリアに分かれていて、それぞれがベッドルームや食堂、書斎などのイメージで作り込まれています。


今日は憧れの「チャイニーズベッドルーム」のお部屋に通してもらえてテンション最高潮! ここに座ってみたかったんですよね。


位置的にほかの客席が目に入らないようになっていて、まるでお店じゃないみたい。中国のお金持ちの邸宅におじゃましてるような気分を味わえました。


世はまさに今、忘年会シーズンですが、落ち着いた雰囲気で年末の食事会を開催できて良かったです。高菜塩ラーメンが食べたいから年内また行ってしまうかも。


#中華

Ee40cda435154a599ac5aaa364c0cd7a

|

« パンケーキカフェ「バター」自由が丘店オープン。 | トップページ | お正月のお肉を準備。 »