« 年末のモンドさんは何かと喜び多い。 | トップページ | 謹賀新年⛩ »

2019.12.30

渋谷のとっておき。ビオディナミコ。

年の瀬も迫りまくる12月30日。ビオディナミコも本年最後の営業日です。フロアでは、お正月休みを迎えたお客さんたちが大好物をつつきながらワインを飲んでいる。みんな幸せそう。


わたしも大好きな友人と3人で今日ここに来られて良かった。ちなみに3人とも下戸です。ワインが飲めなくてもビオディナミコは楽しくて美味しいお店。


そのぶん、たくさん食べます! 本日のオーダーはこちら。


じゃがいもローストと旨味ボール(ラードで焼き上げたじゃがいもとラルドローズマリーのペースト)

クルクル人参サラダ(にんじん・セロリの葉・フェンネルドレッシング)

クセになるモツ煮込み(トスカーナ風)

シェフ湯浅のポテサラ

エビリゾ500%(濃厚すぎる海老出汁で煮込んだリゾット)

名物!タコじゃが(タコ・じゃがいも・トマト煮込み)

白子のカリカリフリット

辛っとチキンロースト

真冬のカルボナーラ(中太麺・パンチェッタ・ポルチーニ・チュクセル) 

パンナコッタ

カフェラテ


改めて見るとずいぶん食べたなー。あまりにも美味しいものを食べると、胃がどんどん開いてもっともっと食べたくなる現象が起きますよね。そういうことです。


こちらはメニュー数が多くはないのですが、どれを頼んでも確実にとびきり美味しいのです。信頼できる。


よくあるような定番料理も、これは何だ?と思うような不思議料理も、すべてナミコ流のアレンジがバシッと効いてる。「どれだって極限まで美味しくしてやろうじゃないか」という気合がすごい。「こんなに美味しくしなくても大丈夫なんじゃないの??」と思うほど。


それでいて値段はカジュアルですから、人気があるのも当然ですね。ほぼ満席に近い。大通りからちょっと裏手に一本進んだ場所にあるせいか、わたしが知る範囲では行列するほど混んではいないです。狙い目。


最初に食べた「じゃがいもローストと旨味ボール」で既にビックリ。なんでこんなに美味しいんだ? 見てもわからないけどマジマジと見てしまった。


多分このじゃがいものまわりにもラードが染み込んでいて、あとのせのラードとローズマリーのペーストがいい仕事してる。旨味ボールの中に生ハムらしきものも入っていた。肉の旨味! 最強!


野菜をひとつも食べないのも罪悪感感じるという理由でなんとなく頼んだ「クルクル人参サラダ」が、アリャ!?と思うぐらい美味しくてモリモリ食べてしまった。この魔法のスパイス、なんだろう? フェンネルだけではない感じ。にんじんがこんなに美味しくなるなんてミラクル。


「クセになるモツ煮込み」は、まさにクセになったので前回に引き続き頼んだ。とろける〜〜。深い深い旨味とコク。そこへ加えて爽やかなブロッコリーペーストとチーズの合うことこの上なし。


「シェフ湯浅のポテサラ」は、普通に考えたらポテサラじゃなくて、ポテトを起点として集まった美味しい味と食感の仲間たちをグルグルまぜて味の変化を楽しむエンターテインメント。ぶっ飛んでる。


「エビリゾ500%」は、見たこともないような濃厚な海老出汁で煮たお米。潔く具材なし! 濃厚でありながら、苦味はなく、濃すぎてあまり食べられないようなものでもなく、ひたすら海老らしさを追求したリゾット。海老好きなら一度は必ず!


「名物!タコじゃが」は、まさに名物。真空調理で柔らか〜く煮ています。煮てあるのに生のようなプリプリ感のタコ。タコの出汁を吸ってポテンシャルを引きずり出されたじゃがいもがむしろ主役。


「白子のカリカリフリット」は、大きめの白子フリット2個と、舞茸のフリット2個でした。すごく上手に揚がった天ぷらみたいだった。「揚げ物はどうすればカラッと揚るのか」という論議に発展した。


「辛っとチキンロースト」は、今日どうしても食べたかった一品。前回すんごく美味しかったのでアンコールです。そのときは丸鶏だったんですが、より食べやすさを求めてもも肉にしたそうです。


やっぱり美味しい! ハリッサソースとクリームチーズを両方塗りたくって、お肉に赤キャベツをちょっと乗せて食べれば完全なる世界。鶏肉ってどうしてこんなに美味しいんだろう。


「真冬のカルボナーラ」は、美味しすぎて意味不明。かなりわたしの好きなものがドカドカ入っていてカオス。パンチェッタ・ポルチーニ・チュクセルが入っているとメニューに書いてありましたが、チュクセルがなんなのかはわかりません。これもカルボナーラという既存の概念からはかけ離れている。すんんんごく美味しい。今日のホームランはこれ。


デザートは「パンナコッタ」。美しい四角いガラス器にピシッと入っていて、お洒落な小皿の上に乗っている。パンナコッタって普通はデレーンとしてるものだから意外。見た目だけでも100点。食べたら200点。思った以上に濃厚で、あと味はスッキリ。確かにパンナコッタの味なんだけど、パンナコッタを超えている。


さすがに大食いの我々もおなかパンパン。心も幸せでパンパン。良い年納めになりました。ごちそうさまでーす!


#イタリアン

Adc369a70b9c4cd99209071bf2aaeb55

|

« 年末のモンドさんは何かと喜び多い。 | トップページ | 謹賀新年⛩ »