« 金田一秀穂先生の講演会。 | トップページ | 串揚げで人生を謳歌。 »

2019.09.18

久しぶりに一人モンド。

モンド❤️ たまには一人で行こうかなと思い立ち、当日予約でおじゃましました。


最近はいつも友人たちと来ていて、一人モンドは久しぶり。仲間とワイワイ食べるのももちろん楽しいけど、一人で真正面から料理と向き合うのも別の楽しさがありますね。


料理って、何を食べるかよりも誰と食べるかがまず大事と、いつも思っています。どんなに素晴らしい料理も、同席者との相性によってはアレですから!


気が合う合わないというのももちろんありますし、それ以前の波長的な問題なのか何なのか、「この人と食べると美味しい」のみならず、「いい人なんだけどなぜか美味しくなくなる」というパターンもある。人生の永遠の課題です。


そういったややこしい問題抜きに、一人でディナーするのはお気楽です。レストランに一人で行くのを嫌がる人は多いですが、一人で行ってこそ料理と一対一で向き合えるし、お店の人とも話しやすいってこともあります。


ある程度以上のお店に一人で行くのはお店の人に迷惑なのではないかとか、間が持たないのではないかとお考えの方もいるかと思います。わたしもそう思ってました。


しかし、その話を某伝説のサービスマン氏にしたら、「一人で行ってはいけないお店なんてありませんよ♪」と言われました。「え、そうだったんだ!」と驚きましたね。


実際その後どんなお店に行っても、一人だからって邪険にされたことなど一度もなく、寧ろ手持ち無沙汰にならない程度に軽く気にかけていただけて良い思いをすることが多かったです。


初めて行ったお店で、常連さんやグループ客のサービスに夢中で放置気味‥‥ということは数回ありましたが、まあ放置される分には構いません。


というわけで、「いでよお一人様!食めよディナー!」というお話でした。


前置きが長くなりました。


さて本日のディナーは、


・お野菜のスープとオリーブ

・ピオトジーニの生ハムとイチジク

・甘鯛としいたけ・じゃがいものヴァポーレ

・シャラン産 鴨胸肉のローストと緑茄子

・タリオリーニ 鮎と青唐辛子

・スパゲッティ ポルチーニと自家製サルシッチャ

・京中 熟成但馬牛 内もも インサラータ ミスタ

・桃のコンポートとヨーグルト・白コショウのジェラート


うおおおお、メニューを見ただけで、素材と量にまず圧倒されました。急に来たのにわたしの好物ばかり。ルルル〜♪


前回のレポートでも書きましたが、モンドさんはここのところランチもディナーも品数が増えてボリュームアップしたんですよ。


お野菜のスープとオリーブは今後定番化して毎回いただけるとのこと。毎回スープの味に変化があるのは、そのときの野菜次第だからでしょうね。今日はなんとなくコーヒーのような深みのある味でした。


ピオトジーニの生ハムとイチジクは、イチジクがなんと糠漬けになっています! これがめちゃめちゃ美味しい糠漬けで、生ハムとの相性バッチリ。食べてみそ。


甘鯛としいたけ・じゃがいものヴァポーレは、甘鯛が本当に甘くてプリプリで、鮨屋で食べたら(値段が)大変なことになるのではないかと思うぐらい極上の味。しいたけとじゃがいもが軽い酸味のあるソースで煮てあり、上にかかっているのはマッシュルームと豆乳の泡。この発想がモンドでしょう。


シャラン産 鴨胸肉のローストと緑茄子は、濃厚なのに後味サッパリの育ちの良い鴨。緑茄子の素焼きに、セミドライトマトやサクッとした葉っぱ(真空調理?)やクリームがはさまっていて、添えられたソースとともに味の変化を楽しめました。


鮎と青唐辛子のタリオリーニは、鮎が思ったより和風にカリッと焼き上げられていてすごく男前な味。タリオリーニの細さと硬さがちょうど心地よくて、生理的に美味しいと感じました。


ポルチーニと自家製サルシッチャのスパゲッティは、わたしの好物がこれでもかと投入された贅沢品。「今日のパスタ特に美味しいなあ、誰が作ったんだろう?」と思ったら、最若手の鵜飼さんでした。スゴイ!


今度の日曜日(2019.9.15)に、20種類ぐらいのパスタだけを提供するパスタデーが開催されるそうです。モンドでこういうイベントをやるのは本当に珍しいこと。お時間がある方はいらしてみては? 予約の必要なし、12時から19時の通し営業です。


さて本日のメインは、京中 熟成但馬牛 内もも インサラータ ミスタ。京都の中勢以(京中)からの熟成肉です。


3ヶ月も熟成した内もも肉! さすがでした。噛むごとにゆるゆると溢れる旨み。底の見えない肉の深み。グルリと肉を取り囲むのは、秋の色のインサラータ ミスタ、YO!エブリワン囲って彩って放たって肉の世界をイェー!


この季節感、良くないですか。光り輝く紫色の葉っぱは、ツルムラサキの葉。これが異常に美味しい。なんという麗しい味と香り。聞けば、山形の農園から取り寄せた野菜なのだそうで。そうか〜〜。市販してないような、現地の人だけが味わえるようなやつを取り寄せてしまったんだな。


感激ひとしお。途中ヒップホップに無理がありましたことをお詫び申し上げます。


デザートは、桃のコンポートとヨーグルト・白コショウのジェラート。


この桃の大きさ! めっちゃフッワフワのヨーグルトと食べると幸せ! 最高! ストレートに良い!


つーわけで、一人は一人なりに超楽しいディナーを堪能いたしました。ありがとうございます。あ、でもまた友だちと行きたいな。「うまい!」って叫び合いたいから(笑)


#イタリアン

785e8263f685476ab9861eb2cd13b7b7

|

« 金田一秀穂先生の講演会。 | トップページ | 串揚げで人生を謳歌。 »