« ハイフンで、清水玲さんのライブ。 | トップページ | 穴守稲荷神社さんの御祈祷。 »

2019.02.19

嫩樹でお好み焼き新年会。
















英会話クラスの皆さんと新年会でした。今頃!? ってあーた、1月はワイのライブで忙しかったんじゃ〜。待っててもらったんじゃ〜。

新年会会場は、お好み焼き嫩樹さん。美味しいものに関して機敏に反応する皆様が8名お集まりになりました。

最近、クラスに新メンバーがお一人増えて大興奮の旧メンバー。歓迎会を兼ねてのパーティーは、ときどき変な英語がまじるルー大柴の偽物大会みたいな雰囲気でした。アホすぎる‥‥主にわたし😆

嫩樹さんにワガママ言って、わたしの大好物ばかり集めたワジョコースを作ってもらいました。

ポテトサラダ、とんぺいやき、鶏の鉄板焼き、明太チーズ餅もんじゃ、豚生イカチーズ餅紅生姜そばお好み焼き、そばめしフランクフルト入り、あんこ巻き。

どないや。この贅沢三昧っぷり。嫩樹の高橋さんと打ち合わせ段階で、ちょっと量が多いかもしれないから食べきれないときはそばめし持ち帰りにしてくださいねなどとお願いしてたんですが、全員バッチリ完食しました❣️

特にそばめしは、初めて食べるという人も含めて大好評でした☆☆☆

そばめしは大勢で行って食べたほうが美味しいのよねえ。一人で食べるときは半分お持ち帰りよ。

今日改めて思ったことは、嫩樹さんの鉄板自体がずいぶんとうまい具合に育ってきたもんだなあということ。

鉄板焼きの鶏肉のふっくら感も、もんじゃ焼きのおこげも、お好み焼きの厚みも、そばめしのツヤツヤした仕上がりも、すべて進化してるんですよね。

もちろん最初からプロの技で美味しかったからこそ、何年も通い詰めているわけですが、最近は何やら神がかっておられます。

この鉄板を見るだけで、ここは美味しいよと予感できるほどの美しさ。ただ単に掃除が行き届いてるだけじゃなくて、なんとも言えぬ黒い深みがあるのです。

高橋さんの結構な腕力で毎日ヘラをガンガン打ち込んでいるにもかかわらず、古びたような傷はなく、スルッと輝いているのが不思議。

嫩樹さんは、そばめしももんじゃ焼きも、キャベツを鉄板の上でヘラで細かく切っていくんですよね。最初から包丁で細かく切ってくるのとは味が違う。熱しながら切ることで、キャベツの旨みが出汁になっているのかもしれません。

今日はBGMもワジョ仕様でクィーン特集にしてくれてました😆 ありがとう〜、高橋さん❤️

皆さんも嫩樹に行って、「お好み焼きワジョエディションください」って言ったら、同じもんが出てくると思いますよ。絶対美味しいから食べてね😋

#お好み焼き

|

« ハイフンで、清水玲さんのライブ。 | トップページ | 穴守稲荷神社さんの御祈祷。 »