« これがどら焼きとはいかに。 | トップページ | 都立大。串揚げと鶏の半身揚げ。 »

2018.12.14

東京宝塚劇場、宙組公演鑑賞。







東京宝塚劇場宙組公演を鑑賞。思いがけずお友だちが招いてくださり、二階席の最前列中央という皇族方みたいな特等席で拝見できました。ラッキー⭐️

昔、歌舞伎を盛んに観ていた頃は、なんとなく宝塚もたまに観ていたものです。特にハマった俳優さん(生徒さんて呼ぶんだっけ?)だとかはいなかったんですけど、割と楽しかったように記憶してます。

杜けあきさん、紫吹淳さん、轟悠さんなど拝見したかしら。今思い出したけど、友だちについていったトークショーで、大和悠河さんとツーショット写真を撮れる権利がなぜかわたしに当選してしまったことがあり、素人なのにごめんなさいと思いっきり恐縮したこともありました。

最後に宝塚を観たのは、TAKARAZUKA1000days劇場だったから、もう20年ぶりぐらい。月日が経つのは早い〜。

久しぶりに観た宝塚は、昔ほどコテコテじゃなくて、メイクも現代風になってる感じがした。そもそも生徒さんたちの顔立ちや風態が現代風だよ。そりゃあ現代の若者なんだから当然かもしれん。

演目は第一部が「白鷺の城」っていう和モノで、第二部が「異人たちのルネサンス」つってレオナルドダヴィンチの話だった。

第二部はダンスだけかと思ってたら、お芝居のあとにダンスという構成でした。やはりダンスは最高ですね。華やかで胸躍る。

トップさんの背負う羽が、どんどん巨大化してどうなっちゃうのかなと思った時代がありました。今は羽にボリュームがあってフワッフワになってる。羽にも時代の流れを感じる。

背の高い女の子が男らしい仕種をすることが、どうしてこんなに女子たちの心をときめかすのでしょうね。宝塚は永遠のときめき産業だと思いました。

全然チケット取れないから、はなから諦めてますけど、またチャンスがあればいつでも行きたいです!

#宝塚

|

« これがどら焼きとはいかに。 | トップページ | 都立大。串揚げと鶏の半身揚げ。 »