« 11〜12月の手相カウンセリングのご案内。 | トップページ | マライア・キャリー武道館公演。 »

2018.11.02

渋谷の美味しい台湾料理屋さん。
















台湾好きの自由が丘マダムのお二人と、台湾素人のわたしが混ざって三人で渋谷に遠征。

人気の台湾料理屋さんがあるということを聞きつけ、予約して参りました。

予約して良かったーー。店内超満員で、入れなくて帰るお客さん多数。

ちょうどハロウィンウィークで渋谷が大賑わいということもあるのかもしれませんが、お店の人に聞いたら最近は大体いつも満員なことが多いと言っていました。予約必須ですね。

場所は東急本店の向かい。タリーズの左隣のビルの4階。1階はタピオカ屋さんです。

台湾料理故宮 渋谷道玄坂本店。中目黒にも今年(2018年)7月に支店ができたみたいですね。

さて、食べログの10%引きクーポンを提示して、さっそくオーダー。

海老のすり身揚げ春巻き
水蓮菜と大海老の塩味炒め
塩蜆(しじみ)
香腸(腸詰め)
蒸し鶏のネギ生姜ソース
花枝丸(イカ団子)
水餃子
干し大根の玉子焼き
魯肉飯(ルーローハン)
酸辣湯 麺入り
飲み物いろいろ

三人でこんなに!
一皿の量がほどよくて、色々頼めるのです。なんといっても値段がリーズナブル。600円〜800円ぐらいの価格が中心。心置きなく大食いできますね。

台湾に何度も旅しているお二人は、台湾ならではのメニューにときめいている様子。わたしは単なる魯肉飯好きなんで、魯肉飯さえ食べられればいいの。

でもメニューに全部カラー写真がついていたから頼みやすかった。

わたしが惹かれたのは、干し大根の玉子焼き。これは実際とても美味しかった。優しい味のフワフワ玉子焼きに、干し大根とお肉などがはさまっている。表面はサクッと香ばしい焼き上がり。日本の玉子焼きとは結構違う。頼んで良かった。

次にインパクトがあったのは、水蓮菜と大海老の塩味炒め。これは貼り紙メニューだったので、期間限定かも? 水連菜という、空芯菜に似た味の青菜がとても美味しい。味付けもきつすぎなくていい。

「こういう優しい味付けが台湾の味なのよ」と、マダムたちが言った。そうなのか。割と濃い味の台湾料理を食べる機会が多く、こういう味は初めて。このほうが好きだな。

腸詰めも控えめな甘みと肉の味の深みが相俟って、とても美味しかった。長ネギとニンニクのスライスを重ねて食べるのがGOOD!

塩蜆は、ほとんど生のプルプルした蜆にニンニク醤油生姜の味が染みていて、とてもエキゾチックだった。臭みは全くなく、生の蜆がこんなふうに食べられるなんて、わたしにとっては新発見。

イカ団子と海老のすり身揚げは、イカも海老もふんだんに入っている。揚げたてパリサク、中はふっくら、噛めばシーフードの良い香り。

水餃子は手作りの餃子のあんに家庭的な優しさを感じる。透明なスープがまたしみじみとした味で、スープだけでも美味しい。

蒸し鶏のネギ生姜ソースは、わたしの大好物。このメニューがある店に入ったら、大抵頼む。ここのも良いお味でした。お肉が柔らかい。ネギソースたっぷり。

魯肉飯は、なんと380円。まあ小さいといえば小さいですが、色々小皿料理を食べたあとにはちょうどいいです。

見た目通り、味付けが優しくてスルスルいける魯肉飯。ほんのり甘く、お醤油の加減も良くて、シンプルながらも満足度の高い魯肉飯でした。

酸辣湯も穏やかな味で、これはもう少し酸っぱ辛くてもいいのでは? と思うぐらいでしたが、野菜スープだと思えば良くできています。

たいへん満足しました。マダムたちも、「本当に美味しかったね!」と何度も言ってくれて、幹事としては嬉しい限り。「台湾にまた行く予定があるけど、もう満足しちゃった」とまで。

みんなのお気に入りのお店ができてよかったです。満員すぎて、入れるかどうかだけ気になりますが、また行きたいですね!

#渋谷

|

« 11〜12月の手相カウンセリングのご案内。 | トップページ | マライア・キャリー武道館公演。 »