« 月讀宮の真正面。豆腐カフェまめく。 | トップページ | 亀屋万年堂総本店のお茶漬け。 »

2018.10.30

ソロピッツァナポレターナ名古屋駅店。














ソロピッツァナポレターナ名古屋駅店。こちらはナポリピッツァ職人世界選手権の優勝者、牧島昭成さんのお店です。

牧島さんはナポリピッツァ界の超有名人。わたしも牧島さんがピッツァを延々と焼くだけのyoutubeに見入ったり、催事で牧島さんが東京方面にいらしてるときにお顔を見にいったり、密かにファン活動をしてきました。

今回、お伊勢参りの帰りに少しだけ名古屋に寄れる時間あり。おそらく牧島さんは大須のチェザリにいらっしゃるのだと思いますが、そこまで行く時間はなく、名古屋駅前のこちらに寄りました。

大名古屋ビルヂングがこんなに立派な建物にリニューアルされていたなんて。わたしの名古屋の常宿であるマリオットアソシアからいつも見下ろしていた大名古屋ビルヂングは、昭和の匂いがいっぱいの建物でした。

2016年に大リニューアルしたこの建物の一階最奥に、ソロピッツァがオープン。天井の高い、ガラス張りで明るい店内。テラス席もあって解放的。

大須のソロピッツァ本店はかなり並ぶようですが、こちらは10人ぐらいの行列が常に一定のスピードで進んでいる感覚。あまり待たされたようには感じません。メニューを見ているうちに順番がくる。

店内での食事のほか、お持ち帰りもオーダーできます。レジの横の揚げ物コーナーが魅惑的。しかもちょっと色々買いたくなるようなお値段です。

そうそう、ソロピッツァは確かな味である上に、お値段が非常にリーズナブルなことでも有名。実際、こんな一等地でこんな値段で出して大丈夫なのかなと思うぐらいでした。

本日のオーダーは、

ビアンカ ネーベ(生ハムとルッコラのピッツァ)1200円
アランチーニ(ライスコロッケ)200円
コーダ ディ アラゴスタ(レモンクリームパイ)250円
炭酸水 550円

お持ち帰りで、

鶏の薪窯焼き 半羽 850円
サルシッチャの薪窯焼き 650円
パタータ(ポテト)250円
パネ(ピザ生地素焼き)50円

です。

こんなにお腹いっぱい食べて、夕飯の分もテイクアウトして、作り置き用の材料まで買って、全部で4000円。あり得ないすね。

しかもこの店の看板商品であるマルゲリータならば550円。水牛モッツァレラを使用したマルゲリータエクストラでも850円。マリナーラに至っては350円! 安すぎる。クレイジーだわ。

安いからって小さいなどということもなく、ガッツリとフルサイズです。できれば追加して2枚食べようと思ってたんですが、とてもではないが一枚でお腹いっぱいでした。

何より品質が素晴らしい。小麦粉はイタリアの有名ブランド・カプート社。薪窯はイタリアから輸入した本物。チーズは週3回イタリアから空輸。毎朝市場で仕入れる新鮮な魚介や野菜。

それらを世界レベルの腕前の職人さんが仕上げるわけです。美味しくないはずがない。

レジで先払いして席で待つと、番号を呼ばれます。カウンターに取りに行くと、紙皿に乗ったピッツァやお惣菜を受け取れます。紙皿なのは人件費節約でしょうね。だからこそこの値段を保てる。

ピッツァの生地はナポリピッツァとしては心持ち厚く(と言っても薄焼き)、腰が座ってる。パリパリとした表面の焼き目は踊るように軽やか。その上にフワリと重なるチーズと生ハムとルッコラのコンビネーションが抜群。どの素材も動き出しそうなぐらい元気がいい。

結構大きめですが、あまりの美味しさに一気に最後まで食べました。粉の味が美しい。塩加減が素晴らしい。焼き目が完璧。生地の水分量がキメキメ。文句なしの美味しさです。優勝。

箸休めに頼んだアランチーニもすごく美味しい。味がくどくなくて、なんかサフランみたいないい匂いがする。

食後のデザートに選んだ、コーダ ディ アラゴスタは、筒状のサクサクパイの中にレモンクリームが絞られたもの。

なんだこれは強烈に美味しいいい! パイのサクサク加減もクリームの爽やかさもハンパない。

しかもこれが250円だなんて‥‥どうかしてますね。

心から満足。超ごきげんで、お土産を手に新幹線で東京に帰りました。

帰宅後に食べた、鶏の薪窯焼きとポテトとパネも、一人暮らしなのにパーティーみたいに美味しくてヤバイ。

サルシッチャを使って自作したナポリタンは、お店みたいに美味しくできました。ナポリタンすごい量ができちゃったんで、冷凍保存してしばらく毎日食べるという流れに(笑)パスタって冷凍できるんですね。

本当にここに行って良かったです。今後、名古屋に行くたびに寄ることになると思います。チェザリにも行きたいな。

#名古屋

|

« 月讀宮の真正面。豆腐カフェまめく。 | トップページ | 亀屋万年堂総本店のお茶漬け。 »