« ゲス乙女、フォーラムA。 | トップページ | 【手相カウンセリング】最新の空き枠情報はこちらです。 »

2018.10.30

多摩川駅の住宅街にあるカレー屋さん。
















歌の先生のお気に入りの、新しいカレー屋さんに連れていってもらいました。

近所を歩いていてたまたま見つけたお店のカレーが、「すっごく美味しい」という話を聞いて、気になっていたのです。

場所は東急多摩川線の多摩川駅から徒歩8分ほどの住宅街。ここは田園調布一丁目。素敵な邸宅が建ち並ぶ道を、ぶらぶら歩くと到着します。

まわりに特に目印がないのですが、「六軒道路」という交差点のすぐ先にある、明るくて見通しのいいお店。前を通ればわかります。

調理も接客も会計も全部マスターが一人で担当。だからマスターの都合の悪い日は、たま〜に臨時休業。お出かけ前に電話で確認したほうがいいかも?

メニューはカレーと飲み物しかない。カレーは2種類。チキンカレーとキーマカレー。日本中のカレーを食べ歩き、数年の歳月をかけて独自のレシピを開発なさったそうです。

なるほどな! と感じる独創性あふれる味。とても個性的かつ、バランス感覚が良く、やりすぎず、足りぬところなく、多くの人に愛されるに違いない落とし所を心得たカレー。

ベースには南インド料理のテイストがありつつ、仕上がりは優しく円く胃袋から心まで温かく包んでくれます。

すべてフレッシュな素材を使い、スパイスの調合はオリジナル。それはそれは丁寧に仕込んでいることが、一口食べればわかります。

野菜の種類もスパイスの加減も、究極的に絞って研ぎ澄まされた仕上がり。

チキンカレーは、大きめの手羽元がゴロンと入っていて、かじればホロリと柔らかい。軟骨まで食べられるぐらい煮込んである。

キーマカレーは、どことなく和のテイストを感じる懐かしさと穏やかさ。鶏ひき肉がこんなに入っているのに、野菜の美味しさも負けないぐらいジュワジュワと染み出してくる。

わたしはこういう心温まるカレーが大好き。たとえどんなに個性的でも、とんがりすぎてる味のはちょっと苦手。

ブェルバのカレーは、元気なときには励ましをくれて、元気がないときはぬくぬくと慰めてくれるような、芯のある穏やかな味。マスターの性格の良さが滲み出ちゃっています。

穏やかでありながら、しっかりとした芯を感じるのは、作ってる人の人間的な力なんじゃないかな。

今日初めて会った人だけど、ブェルバのマスターは人間としてバランス感覚に優れていて、芯があって穏やかな人なんだろうと確信。料理って、人間性が出ますよね。

ハーフアンドハーフでふたつのカレーを味わいました。今度はどちらかをガッツリ食べたい。きっとフルサイズで食べるとまた違う世界が見えるんじゃないかと予感させるカレーでした。

今年(2018年)6月にオープンしたばかりで、まだ全然空いてますよ。穴場です。

駅からのアクセスが地図を見ただけだとわかりにくそうなんで、文章で書いておきますね。

多摩川駅改札を出て、そのまま改札を背に直進。左手の踏み切りを渡り、坂を上る。次の角を道なりに左に曲がり、最初の信号を右へ。200mほど直進し、六軒道路交差点のすぐ先の左側にブェルバがあります。駅から徒歩8分ぐらい。

多摩川駅って、せせらぎ公園ぐらいしかなくてあまり行く機会のない駅ですが、ブェルバのために電車に乗ってまた行きたいなと思いました。

良いお店に出会えた☆

#カレー

|

« ゲス乙女、フォーラムA。 | トップページ | 【手相カウンセリング】最新の空き枠情報はこちらです。 »