« 英会話の勉強、続けてます。 | トップページ | 代官山ファロの炭火焼きバーベキュー肉盛り合わせ。 »

2018.09.03

キャピトルホテル東急オリガミのパーコー麺。













溜池山王駅直結、ザ・キャピトルホテル東急3階のオールデイダイニング オリガミでランチ。

お隣の赤坂日枝神社に参拝した際、手前のラウンジ オリガミによく寄ります。ダイニングは初めて。

キャピトルホテルは建築の意匠が美しく、派手派手しくなくて落ち着きます。

よほどのピークタイムでなければ、いつも空いている点も良い。おみやげのペストリーショップが美味しいのも良い。大好きです。

さてこの日は友人たちとお茶する前に腹ごしらえを一人で。名物のパーコー麺を食べようと最初から決めていました。

ランチメニューを見ると、パーコー麺単品で2400円。前菜とドリンクがつくとセットで3900円。せっかくなのでセットを選択。

前菜はサーモンとイクラのマリネを選びました。これだけでも単品なら2400円。なんとなくトクしたような気分になれます。

窓の外の水面を見ながら待つと、すぐに前菜が届きました。美しい! ピカピカのサーモンでイクラと香味野菜が包まれています。こういう盛り付け、ホテルに来たぞというテンションになりますね。

とても新鮮で品質が良く、体の中を洗われるような美味。思わず微笑みが漏れます。

ゆっくりと味わい、ひと息つくと、パーコー麺が届きました。

まずは薬味が登場。万能ネギ、白ネギ、辣油、七味唐辛子。この量感。薬味好きにはたまりません。こんなに薬味入れていいんですか!! 幸せ❤️

続いてパーコー麺本体が登場。ややっ、麺とスープとパーコーだけで全部茶色くて地味。意外な印象。しかしここに薬味と辣油を入れると一気に華やかに。

見た目だけでなく、もう匂いが良くて期待感でクラクラします。

まずは麺から。見た目どうってことのないストレート麺ですが、ちょうどいい具合にスープを吸っていて、すごく美味しいです。

やや太めでもたつかず、スルッと入る心地よさ。こういう麺は、ラーメン専門店では食べたことがないです。高級中国料理店の厨房の味。異次元を感じます。

特別クセが強いわけではなく、むしろシンプルなのに、やみつきになるような味がする。これはなんなんでしょうか。

そしてこのスープがまた、シンプルながら格別。フカヒレスープのような味がします。ほんのわずかにスッポン汁のようなとろみを感じる。フカヒレ+スッポンですよ。多分両方入ってませんが(?)、それぐらいハイレベルな美味しい味。

薄ごろもが豚肉に密着したパーコーは、最後まで形を保ち、美しく食べられます。素晴らしい技術ですね。こういうのは最終的にドロドロになりがち。全くそのようなことにならず、最後まで澄んだスープを楽しめました。

薬味のネギに辣油と七味唐辛子を絡めたトッピングも抜群の働きっぷり。スープにも麺にもパーコーにも最高によく合っていました。

帰宅してこれを書いていますが、今すぐまたあのパーコー麺を食べに飛んで行きたいぐらいです。

普段はパーコー麺とか全然興味ないわたしを開眼させたパーコー麺です。素晴らしい世界を知ることができた。感謝です。

#ホテル

|

« 英会話の勉強、続けてます。 | トップページ | 代官山ファロの炭火焼きバーベキュー肉盛り合わせ。 »