« カーネーション35周年ライブ日比谷野音。感想です。 | トップページ | 7〜8月の手相カウンセリングのご案内。 »

2018.07.02

代々木上原、あんちゅう。





























西麻布交差点のすぐ近くにあった「オステリアあんじゅ」の、安住さん中澤さんの二人のシェフが新しいお店を作りました。

代々木上原駅から徒歩約5分。「和伊厨房あんちゅう」です。井の頭通りの上原三丁目交差点を駒場側にちょっと入ったところにあります。

和食の達人である安住さんと、イタリアンの名店mondo出身の中澤さんが、和食とイタリアンのいいとこ取りで、それぞれの個性を生かす献立を提供なさっています。

変に無理してミックスさせようとせず、ここは安住さん、ここは中澤さんという役割分担があり、全く違和感なく和食とイタリアンの両方をめいっぱい美味しく食べられます。

お酒もビール、ワイン、日本酒ほか、幅広く選りすぐりのものを揃えている様子。わたしは飲まないのでよくわからないのですが、その辺では売ってないような特別なお酒みたいです。ざっくりしすぎててすみません(笑)

食事は、4800円と6800円のコースあり。つまみ、あるいはメインの前だけおまかせという流れで頼む、おまかせ三品なら2500円です。

アラカルトが一品600〜1500円ぐらい。パスタとリゾットが1500〜1600円。肉料理が2000円前後。さすがに西麻布よりも気楽な価格設定ですね。

立地からして住宅街なんで、近所の人が来やすいような設定になっているのでしょう。こんな美味しいお店が近くにあったらいいなあ。

2018年6月20日にオープンしたばかりなんですよ。オープン2日目に予約して友人と二人で行きました。

この部分は食べログには書きませんが、入店して座ったら隣席がmondoの宮木夫妻でびっくり!! まさか代々木上原で遭遇するとは。「あんちゅうさんおめでとう〜!」と乾杯しました(笑)

店内は清潔感のある広いカウンター席が9席、奥のテーブル席が9席の合計18席。テーブル席は個室っぽくなってます。

完全にオープンキッチンで、料理のすべてが丸見え! これが面白い。ほかのお客さんが頼んだものもすべて目の前で素晴らしい匂いとともに完成していくので、全部食べてみたくなります。

さて本日のオーダーは、
おまかせ三品と、

〈アラカルト〉

茄子とひよこ豆のペースト
イサキとカブのタルタル 木の芽
鱧と茄子のフリット 青柚子
鹿野地鶏モモ焼き
平飼い有精卵カルボナーラ
あさりと生海苔リゾット

〈デザート〉

ヘーゼルナッツのパンナコッタ
びわのコンポートとジェラート

〈飲み物〉
ワイン、ビール、ソフトドリンクなど

いっぱい頼みました! わたしたちがあれもこれもと欲張って食べているうちに、満員だったお客さんたちがみんな入れ替わって、3回転目ぐらいまで長居してしまった。

パスタだけ食べる人もあり、一杯飲んでササっと二品ぐらいでお帰りになる人もあり、わたしたちが着く前からゆっくりお食事とお酒を楽しんでらした方たちもあり。色んな使い方ができるんですね。

本日のおまかせ3品の内容は、

①おばんざい→
ミョウガ、山菜、厚揚げ

②前菜のお皿→
人参とちりめん山椒のきんぴら
カマスのコンフィ
地鶏の木の芽ソース添え
石鯛刺身
アオリイカ 塩レモン
インゲンごまみそあえ
桃の白和えヘーゼルナッツミント
茄子とひよこ豆のペースト
アジの南蛮漬け

③温菜→
神経〆したスズキの煮おろし

でした。

前菜ですでに歓声を上げてしまうぐらい超絶美味しい。特に石鯛とアオリイカの刺身は、味つけに塩レモンや薬味のペーストを使っており鮮烈な味わい。

「茄子とひよこ豆のペースト」がとても美味しかったので、アラカルトで追加した。両方のペーストを合わせて食べることで、余計に美味しくなる。

「イサキとカブのタルタル 木の芽」は、見た目にも美しく涼やか。さりげない味つけと香りに初夏を感じる。イサキの品質が極上だった。歯に吸い付くしっとり感。

「鱧と茄子のフリット 青柚子」は、見た目まるで天ぷらですが、食べればごく薄ごろものフリット。油を吸いすぎず柔らかくリッチな鱧と茄子。塩加減が抜群。

「鹿野地鶏モモ焼き」は、鶏皮がサクッと音を立てるぐらいクリスピー。身はしっとりと肉汁をたたえており、噛むとジワジワと旨味がにじみ出る。なんて美味しい鶏なんだ!!

この鶏を作ってるときキッチンを見ていたら、中澤さんがつきっきりで、考えられないぐらい丁寧に手をかけて焼いていた。ありがとうと言いたくなる。

「平飼い有精卵カルボナーラ」は、写真だとわかりにくいですが、高品質なチーズを山ほど使っていてまっ黄色です。

濃厚でとてもとても美味しい。卵の生っぽさがなくなるまで完全に火が入っていつつ、ベタッとせずツルリンと食べられる。

「あさりと生海苔リゾット」は、ほかのお客さんの注文したものを見ていたらあまりにも美味しそうだったので注文した。

バターの良い香りが立ちのぼる。バターと海苔とあさり。合わないわけがない!! 大好き♡ お米の硬すぎない硬さも完璧。頼んで良かった。

デザートは、友人が「ヘーゼルナッツのパンナコッタ」で、わたしが「びわのコンポートとジェラート」を注文。

びわのコンポートって初めて食べたけど、オシャレでいいお味だわ。ジェラートは不二家ミルキーの味がした。こんなジェラートがあるなんて!

びわの味が今夜の流れをうまくまとめてくれた。

伝統と新しさ。日本とイタリア。食事とお酒。一人とみんな。対極にあるようでいて、みんな仲良しなんだなと思った。

無理はしない。ただただ最大限の美味しさを引き出して、作り手も食べ手も、お客さん同士も、なんとなくそこにいる全員でホンワカと幸せを共有しあう。そんな空気のお店でした。

近所にあれば最高ですが、電車に乗ってでも伺いたいお店と感じました。必ずまた伺います。

#代々木上原

|

« カーネーション35周年ライブ日比谷野音。感想です。 | トップページ | 7〜8月の手相カウンセリングのご案内。 »