« 花束がシンクロした! | トップページ | 願い木で神様に届ける御礼と願い事。 »

2018.04.01

穴守稲荷、中華そばさとう。







穴守稲荷神社参拝後、時刻を見るとちょうど中華そばさとうの夜の部開店時間だった。

駅をまたぎ、バス通りまで進む。右に曲がるとすぐに「中華そば」の赤い文字が見えた。こんなに駅から近かったのね。

入店すると、先客さんは3人。食べているうちに皆さんお帰りになった。早い時間は空いてますね。

店主さんがお一人で作っている様子。おそらくベストタイミングで提供するために、カウンター席のうち8席のみ開放しています。

店内はピカピカ。座りやすい椅子で、背後の通路も余裕があって良い。ここがギリギリのお店は少し行くのに躊躇する。

店内に入ったとたん、煮干し出汁のたまらなく良い匂いに包まれる。食べる前から美味しいの確実ですね!

こちらはラーメンのみならず、カレーもかなり美味しいという評判。中華そばを一番小さいサイズの「中」にして、チャーシューのトッピングは妥協せずにお願い。カレーはハーフサイズにした。

お水(冷茶)はセルフで、代金は先払いです。上記のオーダーで1100円支払う。店主さんはとても優しくて良い感じの人。

先に中華そばが来ました。厚めのチャーシューが3枚と、昔ながらの濃い色に煮たメンマ、刻みネギが乗っています。タマゴも頼めば良かったかな?

今ふうのインスタ映えするようなものとは違いますが、ひと目で食欲にスイッチ入ります。黄金色に輝く透明スープ! 細めで端正な中華麺。余計なもののない、肉とそばの世界。パーフェクトです。

何よりこの匂い。ふんわりと優しい煮干しの香りが、全身を柔らかく包み込みます。

当然スープから。ふわーーーー、美味しい!! 塩加減が絶妙。雑味のない凛とした味わい。

そのスープの美しい味と支え合う、実直な味の中華麺。細麺てほど細くはなくて、中太というほど太くない。その細さが本当にちょうどいいんです。

チャーシューの味付けも、スープの邪魔をしない塩味系。スープと融合して、だんだんフニフニしてくるところがかわいい。

ひとつひとつの要素が全部美味しいし、全部が協力し合ってる。そういう美しい友情みたいなものを感じるお料理でした。

以前、江古田で習い事をしていたときに寄らずにはいられなかった、らーめん太陽の煮干しスープを思い出しました。スープは結構似てる。他は似てない。

カレーは300円にしては多めでした。これも美味しい。日本蕎麦屋の黄色いカレー系。出汁が和風。辛さ控えめでスッキリした味。出汁のせいか、しっかり食べた感のある手作りの深みがある味です。

穴守稲荷神社さんにはよくお参りに行くので、時間的にタイミングが合えばまた必ず行きたいお店です。

わたしはラーメンは全く詳しくないんですが、たまにこういう素晴らしいお店に出会うと、どんぶり一杯で人を幸せにする仕事ってすごいなと感じます。

#ラーメン

|

« 花束がシンクロした! | トップページ | 願い木で神様に届ける御礼と願い事。 »