« 【手相カウンセリング】最新の空き枠情報はこちらです。 | トップページ | 3〜4月分の手相カウンセリングのご予約を受付中です。 »

2018.02.24

「グレイテスト・ショーマン」感想。




「グレイテスト・ショーマン」を観てきました。

「This Is Me」の歌詞から考えて、見た目的な差別がテーマかと思っていたら、もっともっと複合的で繊細な問題がてんこ盛りだった。

コンプレックス、格差、人種、家柄、貧富、成金蔑視、毒親、出生、病気、などなど。それもね、恵まれぬ立場のみならず、恵まれたゆえの奥深い苦悩も描かれていているところに特に心を打たれた。

わたし自身、恵まれぬ部分と恵まれた部分を両極端に持っている人間だからからもしれない。また逆に、「恵まれ過ぎた人も大変よね」と気楽に言われるのも嫌な気持ちになるものだ。複雑なものね。

この映画のラストシーンをどう捉えたら良いのかな。ハッピーエンドなのか、そうでもないのか。見る人によって違うと思う。或いは、どの人に感情移入するかによって異なるのでしょう。

わたしはあらすじを読んだ時点で、どう捉えるべきか微妙だと感じ、実際観ても微妙だった。誰かと語り合いたいね。

作品としては完全にヒュー・ジャックマンの映画。工場をクビになった男がいきなりこんなどこから見ても完璧なエンターテナーになるなんてありえなーい(笑)と思いつつ、見た目も動きも台詞も存在感も表現力も感覚も最高だった!

全編通して、台詞と歌に全員のアクションが超絶的なタイミングでキマっていて、リズム感にシビれる。音楽と言葉だけじゃなく、物音も雑音もすべてキメキメなのよねえ。快感。

「This Is Me」は少し意外なシーンで挿入された。スクリーンで観ると、全身を揺さぶられるような大迫力! この歌の意味をより一層理解できた。生半可な気持ちで歌っちゃいかんね。

そしてスウェーデンの歌姫ジェニー・リンドが歌う「Never Enough 」にも大感動。これはクラシックの素養がないと歌いこなせない歌だなあ。でも歌いたい。素晴らしい曲だった。

前より多少英語がわかるようになってきて、字幕と実際の台詞の違いもそれなりに楽しめた。まだ字幕なしで理解できるほどではないな。何より、役者の台詞の上手さがわかるのが嬉しかった。

たまには映画も楽しいね〜。二子玉川で観られるのはアクセス的にも楽だ。また何か観に行こうっと。

写真は、鑑賞前に食べた「100本のスプーン」の海老と海老と海老のドリア。超ナイス。

#映画

|

« 【手相カウンセリング】最新の空き枠情報はこちらです。 | トップページ | 3〜4月分の手相カウンセリングのご予約を受付中です。 »