« ベンズクッキー。 | トップページ | 煉瓦亭の海老フライ。 »

2018.01.24

ファロで鴨肉など。


自由が丘モンドの兄弟店、代官山ファロにおじゃま。モンドのソムリエ田村さんが、半年限定でファロにいるというので面白そうだから行ってみたっす。

ロックファンの高橋さんを誘って、2名で予約。ファロのロックなBGMも楽しみのひとつです。

おおおお、まだ雪残る寒い夜だというのに満席だわ。さすが。客層は大人。今日はビジネスマン風の人が多いなあ。外国人さんもちらほら。オシャレだのう。

焚火イタリアンの心臓部、焚火フロントの特等席に着席。ちなみに特等席はたくさんあります。焚火を囲むようなカウンター席なので。

本日のオーダーは、こちら。

津和野 猪ロースのスライス炭火焼き 三つ葉と春菊のサラダ

鳴門 村さんのボラ 皿焼きカルパッチョ

天然 尾長鴨 炭火焼 半身

串刺しにした王様椎茸とサルシッチャ

faloのりき作ポテトサラダ

falo自慢のミートソース

香ばしいブランマンジェ

飲み物いろいろ(ワイン、ビール、台湾水出し紅茶、炭酸水、エスプレッソ)

結構頼んだな。この一食のためにわたしも高橋さんも、ほとんど何も食べないでここへ来た。ひとつでも多く頼まないとソンなぐらい、どれを食べても格別に美味しい。

特に炭火焼は、旨味と香りがギュウギュウに満ちていて、胃の底から頭のてっぺんまでエネルギーが補給される。すごい存在感。

今日は鴨を食べてみました。お噂通り、素晴らしかったです。高橋さんなんて、ナイフを入れた瞬間からどよめいていました。その時点で感触が違うと。確かに、命をいただいている実感の湧くような、はちきれんばかりの肉質。

食べてみると、焼けた肉の華やかさと、中心部の半レアな生命感が一体化して、何を食べてるんだろうかっていうぐらい多様な表情を感じさせてもらいました。美味!

王様椎茸とサルシッチャの、スパイスと肉汁と椎茸汁の渾然一体化。これはすごい。ジューーーシーーー。

そして猪のサラダ。アホみたいに美味しい。他の人が頼んでるのを見て、「それをください!」と言ってしまうという、恥をも忘れる素晴らしいサラダ。サラダっちゅうか肉。猪、美味しいなあ。

この薄切りの猪肉でね、さっぱりシャッキリとした三つ葉と春菊を巻いて食べるわけよ。この世の極楽です。

村さんのボラのカルパッチョは、ボラという魚のイメージを覆す名作。お皿が熱くて、ほんのり温かいカルパッチョ。その温度がボラの風味を強めている。トマトがすごく合う。

りきくん作のポテトサラダはウルトラC。こんな美味しくて口の中がスッキリとリセットされるポテトサラダ初めて。これはあえて、炭火焼のあとぐらいに食べるとグッドタイミング。

普通はポテトサラダに入ってないようなものが入っていて、それがすごく気が利いている。ヒントはいがぶりっこと焼鯖です。ヒントじゃなくて答え言っちゃってるけど。

ミートソースはファロの定番。ファロに来たら必ず食べたい。やっぱり最高。お肉の濃度がマックスです。

デザートの、香ばしいブランマンジェは本当に香ばしかった! 焼いてあるのかと思ったら違ったよ〜。

楽しい楽しい時間でした。炭火を見ていると、あっという間に時間が過ぎますね。

カウンター席といっても余裕がありますので、一緒に行った友人とのおしゃべりもしやすいです。一人で行っても退屈しません。

やっぱりファロは良いお店だ〜。たまにはミートソース以外のパスタも食べに来たい。また行きます。田村さんは2018年の6月までいる予定みたいです。

逆に今、自由が丘モンドは田村さんがいないからサービス料がかからないそうですよ。いつもよりちょっと安い。そちらもまた行かねば。

#代官山

|

« ベンズクッキー。 | トップページ | 煉瓦亭の海老フライ。 »