« 野菜も黒豚もモリモリの蒸籠蒸し。 | トップページ | Amazon Fire TVライフ♪ »

2017.08.22

中目黒楽屋。中村仁樹さんのライブの感想です。

20914228_1461678007245237_424661807

中目黒の楽屋で、中村仁樹さんのライブを拝見しました。

尺八のまさきさんを主役に、ピアノ、ウッドベース、パーカッションの皆様のサポートが加わり、ときにジャズ、ときにラテン、ときに邦楽と、いくつもの彩りが。そのサウンドにうっとりしました♡

不思議なことに、尺八がトランペットのように響いたり、サックスのようだったり、古典的な尺八の深い音色になったり、変幻自在の様相を見せてくれるのです。それができる技術も凄いし、そもそも音の作り方が凄いです。

今回のライブはほとんどがオリジナル曲で、新曲もモリッと聴かせてくださいました。鮮烈な新曲に圧倒されて、ガーーーン!!! と思いました。

まさきさんの曲は、ただ単にメロディーを作るだけではなく、すべて情景や心情や温度、場所、気候などの要素が多層的に並存して旋律となっているのです。

旋律そのものの持つ力が途轍もなく強い。なので、同じ曲を聴いてもライブによってその曲から見える情景がいつも変わるのがとても面白く感じます。

今日は改めて、やっぱり凄い人なんだなあと思ってしみじみしてしまいました。

最近わたしは脚をケガして思うように音楽活動をできずにいます。毎日歌の練習してるし勉強もしてるけど、次のライブの目処が立てられないし、好きな人たちのライブを観に行くのもなかなか困難です。

そんなもどかしい心境の中、あまりにも素晴らしいライブに触れて、歓喜と焦燥がグチャグチャになってドッカーーン!! と衝撃を受けてしまいました。なんだかクタクタです(笑)

まあしかしいつまでも怪我人でいるわけでもないので、復活したらこの情熱を音楽に全部注ぎます。ガソリンもらった感じする。

ついこの前ジャンベを習い始めたばかりなので、パーカッションのサウンドにも興味を惹かれて、そっち方面にも欲望が掻き立てられました。パーカッションは楽しいねえ。無心に叩けるぐらい上手くなりたい。

ちょっとここに書くのは恥ずかしいというぐらい色んなことを感じるライブでした。己を映し出されたというかね。まさきさんのライブは奥深いでござる。

9月2日、東京ジャズフェスティバルにも出演なさるんですよね。それも観に行きます。セルリアン能楽堂で、ジャズミュージシャンの方と共に舞台に立たれます。

能楽堂でジャズと尺八ですよ。やられますな。必殺です。皆さんもいかがでしょうか。命の保証はありませんが、かなりお薦めしたいです。

#尺八

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


|

« 野菜も黒豚もモリモリの蒸籠蒸し。 | トップページ | Amazon Fire TVライフ♪ »