« 港横浜ならではの伝統的洋食をカジュアルな値段で。 | トップページ | 大きなテラス席が気持ちいい駅前オシャレカフェ。 »

2017.05.02

重厚感のある歴史的パフェ。

18157732_1350689111677461_86803737

18222235_1350689121677460_88561324

18222584_1350689138344125_17936778

18221682_1350689151677457_82801581

18222511_1350689158344123_87291531

18193908_1350689245010781_22457902

18221707_1350689258344113_12084568

ホテルニューグランド本館1階、ザ・カフェで少々時間つぶし。

ここは日本の洋食の原点のひとつであるらしく、ナポリタン、シーフードドリア、プリンアラモードが代表作と聞く。

洋食が猛烈に気になるが、時間とお腹の関係でチョコレートパフェにした。

ちょうど出窓のある素敵なボックス席に案内してもらえた。ここに座りたかったの! 嬉しい♡

コーヒー紅茶はおかわり自由。紅茶をいただきながらパフェを待つ。

来ましたー! 重厚感のあるパフェ! 手に持つと重いぐらい。バニラアイスとチョコレートソースがモリモリになっています。

今どきの感覚で言えば、ここまで甘いパフェは少数派。しかし品質は良いので美味しくいただけます。

中央部に白い焼きメレンゲのセクションがあり、それが全体に比してかなりの分量を占めています。このメレンゲは正直ちょっと多すぎる。2〜3個ならいいけど、7〜8個は入っていた。

コーンフレークやバナナが入ってないのは好感度高いし、コーンフレークよりはメレンゲのほうが良いけど、もうちょっとメレンゲ減らして内部にも生クリーム入れてくれれば最高なのにと思った。

個人の感想です。

言ってみりゃパフェというものは只管に美味しいためだけに世の中に存在する食べ物。それがどんな構成でどんなボリュームかなどは十人十色の好みがあり、すべての人の希望に叶うものはない。

最先端のパフェは、生クリームが入ってなくてフルーツを芸術のようにあしらって飴細工などで飾ったタイプでありましょう。アサコイワヤナギのような。

そういったパフェとニューグランドのパフェは最早同じ食べ物とは思えないぐらいの差異があります。そのどちらが正しいとか優れているとかではなく、両方必要。それが文化というものなのでしょう。

この物静かな雰囲気と丁寧なサービスがあり、山下公園の真横というロケーション、ホテルニューグランドが背負う歴史的背景を含めて味わい深いカフェです。

書いているうちに、メレンゲの数などどうでも良くなってきました(笑)

#lounge

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


|

« 港横浜ならではの伝統的洋食をカジュアルな値段で。 | トップページ | 大きなテラス席が気持ちいい駅前オシャレカフェ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 港横浜ならではの伝統的洋食をカジュアルな値段で。 | トップページ | 大きなテラス席が気持ちいい駅前オシャレカフェ。 »