« 昔ながらの美味しいタレ焼き鳥重。 | トップページ | 原嶋屋総本家の焼きまんじゅう。 »

2017.04.11

コシが強くみずみずしく、蕎麦粉の味がガツンとする蕎麦。

17757198_1327097907369915_17262162

17884494_1327097887369917_38853484

17862753_1327097917369914_27463294

17799155_1327097937369912_85381811

ランチ食事会に参加。会場はこちら、そば処 梅の花 高崎駅東口店。

実にうまい蕎麦がめっちゃ安ぅぅぅい値段で食べられる名店でした。教えてもらわなかったら絶対見つけられなかったですよ。

幹事さんが注文しておいてくれたので、自動的に天ぷら盛り合わせとお蕎麦とデザートが出てきました。

この味とボリュームで1500円! 一体どうなっているのだ。都内で食べるあの小さーいお蕎麦が一枚で千円ぐらいするのはなぜなのか。改めて謎に思った。

梅の花のお蕎麦は蕎麦粉の品質が良くて新鮮で、蕎麦粉の配合率が高い。手打ちならではの微妙な不規則性があり、食感に好影響を与えている。コシが強くて粘りもある。

不思議なのは、水をあまり切っていないのではないか? と思える表面の水分量の多さ。なのに水っぽくなくて蕎麦つゆにつけて食べてちょうどいい。

蕎麦は馬蹄形にふわっと巻いて盛り付けられている。こんなん初めて見た。これ盛り付けるの大変だろうなあ。一口サイズではなく、蕎麦猪口に入れてちょうどいいサイズなんです。

大勢で行ったので、3〜4人前ずつザルに盛り付けてくれました。

薬味のネギの切り方がまた良くて。ごく薄切りで、蕎麦つゆにしなっと馴染む。蕎麦つゆを適度に吸ってクタッとしたネギが、手打ち蕎麦に絡むなんてオツですよね。

蕎麦つゆは甘過ぎなくて良い。最後まで美味しい。

天ぷら盛り合わせは、そびえる海老を中心として、春菊、舞茸、茄子だったかしら。衣はやや厚めで、油の鮮度が良くてスッキリと揚がっています。

スッキリしてるけどさすがにこれだけの天ぷらと蕎麦を食べるとおなかキツキツ。もう食べられない。

蕎麦湯を少しだけいただいて、デザートの黒蜜寒天は別バラにスルッと流し込みました。

素晴らしいお店に出会えた。誰かを連れて行って自慢したい。お蕎麦って美味しいですね。この味を求めて、蕎麦ジプシーしてしまいそうです。

#蕎麦

手相カウンセラーワジョリーナのホームページはこちらです。
http://www.wajorina.com/


|

« 昔ながらの美味しいタレ焼き鳥重。 | トップページ | 原嶋屋総本家の焼きまんじゅう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昔ながらの美味しいタレ焼き鳥重。 | トップページ | 原嶋屋総本家の焼きまんじゅう。 »