« 白米に醤油と和牛ステーキをのせる喜び。 | トップページ | 日本の正しい洋菓子をそのままの味と形で。 »

2016.10.25

肉の濃い味と香りがする、ガッツリ火を通したパティ。

Original

Original2

Original3

Original4

Original5

Original6

東横線で代官山を通るたびに気になっていたSASA。電車の中からも、ホームからも、バッチリ見える駅の真横。

駅から近いだけでなく、お味のほうも評判が良くて、今日現在(2016/10/24)食べログ3.59点。東京都のハンバーガー屋ランキングで18位です。

店長のご出身という本郷のファイャーハウスと同じ点数ですね。どちらも美味しいには違いないけど、味も見た目も似てはいない。パティに塩味をきっちり効かせている点だけ共通しています。あとはお皿の形とフレンチフライ&ピクルスの配置が一致しているぐらい。

店内は広々していて座りやすい。一人でも大勢でも入りやすそう。木目調のアメリカンダイナーっぽい雰囲気。

数量限定のグリルマッシュルームバーガーが売り切れで、第二希望のモッツァレラチーズバーガーにした。サイズはLで! Lはパティ2枚入りざんす。

あとはコーンポタージュスープとアイスティーを。

コーンポタージュスープがすぐに来た。めちゃ熱い。出来合いっぽい味じゃなくて美味しい。量も十分。

SASAのハンバーガーの特長が貼り紙してあった。

1)毎日手ごねで作るパティは厳選国産牛100%、添加物不使用。

2)バンズは全粒粉入り天然酵母バンズ。

3)スライスした玉ねぎをソテーしてオーブンで飴色になるまで仕込んだグリルドオニオンをソースに使用。

というのが三大特長であるそうな。

そのことを念頭に置きつつ、モッツァレラチーズバーガーをいただきます。

美味しい!!!

美味しいね。お肉が特に良い。よく焼きでカリカリ。中まできっちり火が通っている。

肉らしい肉の味と香りを強く出すにはウェルダンは正解かもしれない。ミディアムレアのパティが主流の中、一周回ってこれも良いと思った。ストレート勝負してますね。

モッツァレラはプワプワに柔らかくてこんもりしていた。気泡をたくさん含ませている。作りたての新鮮なチーズの味がした。

レタスとトマトは前半多めに感じたが、なぜか中盤から肉が優ってきて野菜が消えていく。前菜からメインに自動的に移行する感じ。とても鮮度のいい野菜で、野菜嫌いのわたしも美味しく食べられました。

間にはさまる自慢のソテードオニオンは、飴色よりも一歩手前のきつね色でした。これぐらいがちょうど合ってます。飴色まで行くと主張が強すぎて合わないと思う。

ソテードオニオンはみじん切りサイズで、変に甘くなくてオニオンの苦味が適度にあり、たいへん美味しかった。

わたしはハンバーガーにソテードオニオンを合わせるのが少し苦手で、変えられる場合は生のオニオンにいつも変えてもらっている。

SASAはソテードオニオンが自慢だという話なので、デフォルトの形で提供してもらった。そうして良かったです。

オニオンとともにレリッシュ(ピクルスのみじん切り)も入っており、爽やかなアクセントになっていた。

バンズは柔らかい。水分が少し多い。後半少しもたついた。この点は本郷に軍配が上がった。

つけあわせのフレンチフライはカリカリの良い揚げ具合。量もちょうどいい。ピクルスは本郷より少し小さめ。ちょうどいいサイズだった。

代官山にはヘンリーズバーガーという巨星が存在するわけですが、あちらは本当に肉肉肉の肉世界。とにかくバーガーで肉を追求したいなら、ヘンリーズバーガーは不動の地位を得ているでしょう。ただしメニューはハンバーガーのみで、イートイン席が少なくて長居はできない。

色んな味のバーガーをゆっくり座って味わいたい向きには、SASAがよろしいかと思われます。

パーティー用の2キロ5800円のビッグハンバーガーもあります。5日前までに要予約。これでお誕生日パーティーやりたいですね!

|

« 白米に醤油と和牛ステーキをのせる喜び。 | トップページ | 日本の正しい洋菓子をそのままの味と形で。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白米に醤油と和牛ステーキをのせる喜び。 | トップページ | 日本の正しい洋菓子をそのままの味と形で。 »