« 松風のファンです。 | トップページ | 濃厚な白湯そばか、透明な塩そばか。 »

2016.08.18

餃子はもちろん、ほかの料理も美味しい。

13900357_1092077534205288_977097928

13934730_1092077544205287_610618012

13907043_1092077594205282_182582868

13876299_1092077604205281_591311328

13872770_1092077650871943_330061208

餃子食べたい発作に襲われ、一路泰興楼へ。ラストオーダーに間に合った。

泰興楼にはもう、何十回訪れたことでしょうか。冬場の発酵した白菜鍋(酸菜鍋というの?)の季節には、ほぼ週イチぐらいで通いつめます。

有名な餃子はもちろん、ほかのものも本当に美味しいんです。牛バラ角煮ごはん、春巻き、黄にらイカ炒めとか大好き。餃子以外のものを食べるときのほうが多いです。

今日は何がなんでも餃子という気分。一人では滅多に頼まない焼き餃子6個いっちゃいました。いつもは頼んだとしても4個。ひとつが大きいから、4個でもかなりのボリュームです。

あとはお初の「カニとたまご炒め」に、ライスをつけて。お茶は無料で急須ごと持ってきてくれます。

カニとたまご炒めから来ました。たまご3個分ぐらい。ネギ、しいたけ、たけのこの細切りと、カニ肉が入っています。野菜はアクが抜いてあるのか、えぐみが なく食べやすい味。カニは思いのほかたくさん入っていました。どこを箸で取ってもカニが入ってる状態。たまごは柔らかさを残しつつ、半熟のところはほとん どなく、絶妙な焼き加減。塩味が適切に効いていて、ごはんがどんどん進む味。

美味しいですね。だいぶ美味しいです。もうこれとライスだけで良かったんじゃないかと思うぐらい。

などと言いながら、焼き餃子が目の前に来たらテンション急上昇。いつもながら大きい(o^^o) 焼きたてで激アツ! もっちりと厚い皮に、箸で持つと重いぐらいの具がギューギュー。

泰興楼の通販サイトを見ますと、原材料は、強力粉、豚肉、キャベツ、ニラ、ネギ、ショウガ、醤油、胡麻油、酒、調味料と書いてある。豚肉は肩ロース肉。

なるほど。この赤身ならではの噛み応えと弾力は、肩ロースゆえか。ひき肉というより粗みじん切りぐらいに感じる。中身は肉汁と野菜から出る出汁が絡まって旨みのカオスになってる。胡麻油と醤油はけっこうたくさん入っていると思う。何もつけずに食べて十分おかずになる。

やはり6個は多かったかも。休まないで勢いで最後まで食べた。この皮の厚さは、中国では餃子はおかずじゃなくて主食扱いという話を思い出させる。でも日本人ならライスと食べたいですよねー。

今日も美味しかったです。泰興楼大好き。ごちそうさま。


|

« 松風のファンです。 | トップページ | 濃厚な白湯そばか、透明な塩そばか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松風のファンです。 | トップページ | 濃厚な白湯そばか、透明な塩そばか。 »