« 大人気。安くて美味しい手作りアジア大衆料理。 | トップページ | 粒選りの品揃え。和洋の正統派パン。奥は落ち着く素敵カフェ。 »

2016.08.31

南イタリアの天使が作った料理。

14095705_1108603475886027_789643433

14142043_1108603375886037_513045346

14064034_1108603389219369_322914620

14089222_1108603452552696_428201912

14089118_1108603419219366_857289999

14095818_1108603552552686_814076617

14102709_1108603565886018_388949869

14100488_1108603599219348_204752419

アンジェロさんにはよく道でバッタリ会う。「こんにちは〜」と挨拶すると、大きな笑顔で応えてくれる。このビッグスマイルをじっくり見るために、ときおりバッボアンジェロを訪ねます。

おじゃまするようになって、10年以上でしょうか。昔は自由が丘にイタリアンのお店がほとんどなく、イタリアンと言えばここでした。

ここ数年で色んなお店が増えました。そんな今でも、バッボアンジェロに行きたいという気持ちがなくなることはありません。アンジェロさんの存在あってこその、美味しいお料理があり、オンリーワンの魅力があります。

日曜日の夜、フラッと行ってみました。ランチは混んでて並んでいるけど、ディナーは割とすんなり入れます。

いつも行く前は、「アラカルトで二品ぐらいサラっと食べよう」と思ってるんですが、メニューを見ると必ずコースにしたくなります。圧倒的なお得感に逆らえない。

本日のオーダーは、4300円のプリフィクスコースB
前菜、ピッツァorパスタ、魚料理or肉料理、デザート、コーヒーor紅茶を、それぞれ全メニューの中から選べます。

わたしが選んだのは、

ナスとポルチーニ茸のパンのせオーブン焼き
バッボアンジェロ(トリュフクリーム、モッツァレラ、スカルモッツァ、ボンレスハムの2枚重ね包み焼き)(700円増し)
甲州ワインビーフのステーキ
本日のタルト(イチジクとメロン)
カプチーノ

単純に上から順にアラカルト時の値段を足すと、1300+2200+3300+700+500=8000円になってしまう(笑)

おそらく前菜とお肉はフルサイズより少なめなのではないかと。ピッツァとデザートはフルサイズだと思います。それにしてもお得な感じ。どうしてもアラカルトで頼む構想が消え去ってしまう破壊力です。

アンジェロさんが、「元気ぃ? 今日は何食べたいの?」と笑顔で話しかけてくれた。なんか幸せな気持ちになる笑顔なんですよね。

「お肉とピッツァを食べたいで〜す」と言うと、甲州ワインビーフのステーキを勧めてくれた。3300円のステーキが4300円のコースに含まれるという謎展開。

ピッツァも何種類かで迷ってると言ったら、「その中だとバッボアンジェロが美味しいよ。チーズの上にチーズが重なっていて、ハムを乗せて、上からトリュフ クリームをとろ〜り。それを丸ごと生地で包んで、ドーム型に大きく膨らむように焼くの。インパクトあるよ!」と。なんて美味しそうに説明する人なんだろ う。もうそれ頼むしかないじゃないですか(笑)

焼き上がるとすぐに、アンジェロさん自ら持ってきてくれました。予想以上の大きさ! ビーチボールかいな。直径30センチぐらいあるな。

ピッツァカッターを横にして、上からバフバフつぶしてもらうと、中からめちゃくちゃ美味しそうな匂いの蒸気が出てきます。生地のクリスピーな香りと、クセのあるトリュフクリームの香り、チーズの溶けた香り。たまらん!!

上部が薄い皮一枚の生地に覆われていて、けっこう焦げが入ってるように見えても、苦くなくて美味しい。この薄い生地のところだけを指ですくって食べると幸せ度アップする。

中は薄切りのボンレスハムの食感が良く、全体的にフワフワしてる。台座の生地はやや厚めで柔らかく、ボリュームがある。

2種類のチーズとトリュフクリームはもちろん相性良く、塩気がちょうどいい。

美味しいな。今までここで食べたピッツァとパスタの中で一番美味しかった。

前菜のナスとポルチーニ茸のパンのせオーブン焼きは、ポルチーニがフレッシュでナスと溶け合うような食感。上質なオリーブオイルがたっぷりかかっていて、食べるほどに食欲が増す。

甲州ワインビーフのステーキは、非常にわたし好みの赤身肉。軽くオリーブオイルに浸してから焼いているそうで、とてもしなやかな柔らかさです。

山梨でワインを作るために収穫した葡萄の搾りかすを特殊な機械で発酵させて、牛に食べさせているそうな。それを食べてると脂肪がスッキリ落ちて柔らかい赤身肉になるんですって。

全くパサついたところがなくて旨みが強く、コクがあり、あんまり他で食べたことのないような独自の風味がありました。

さてデザートは、8種類の中から本日のタルト(イチジクとメロン)を選びました。薄切りのテロンテロンしたフルーツと、ゆるめに炊いたカスタードクリーム、土台はサクサクのパイです。リストランテならではの繊細な作りのデザートでした。

食後のカプチーノはきれいに泡立っていて、クリーミーで美味しかったです。

アンジェロはイタリア語で天使の意味。だからお店のマークも天使の羽なんですね。

アンジェロさんの存在感て、本当にスペシャルなんです。トスカーナ地方でひまわり畑に囲まれて育った天使が、日本に来て自由が丘でお店やってるということですな。人生とは不思議なものよ。


|

« 大人気。安くて美味しい手作りアジア大衆料理。 | トップページ | 粒選りの品揃え。和洋の正統派パン。奥は落ち着く素敵カフェ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大人気。安くて美味しい手作りアジア大衆料理。 | トップページ | 粒選りの品揃え。和洋の正統派パン。奥は落ち着く素敵カフェ。 »