« 揚げわらじドーナツ。 | トップページ | 自分好みのトッピングに変更で美味しく。 »

2016.08.18

歯がなくても食べられる和牛ほほ肉煮込み。

14046133_1098686063544435_338616369

14021510_1098686090211099_389086072

14045949_1098686033544438_282643695

14067711_1098686036877771_603042826

14045862_1098686060211102_5404801_2

13925083_1098686120211096_818176610

13925036_1098686126877762_922131714

13925293_1098686160211092_805818732

超絶美味しいフレンチビストロを発見。いや既に有名だから、発見てこともない。近辺の美食家の皆様はもうご存知。まだ去年オープンしたばかりなのに、大人気です。

ルモンドグルマン。食いしん坊の世界って意味ですって。その世界に住みたい。

直前電話予約でランチのラストオーダー13:30に飛び込みました。20席ほどの店内はテーブル席は満員、カウンター席は空いていた。カウンターにゆったり座れて良かった。

チャーミングなギャルソン男子からお料理の説明を受ける。自由が丘には美男美女の店員さんが多くていまだにびっくりする。満席で忙しいのにとても丁寧で感じがいい人。

Aランチは前菜+メイン1種類で1500円
Bランチは前菜+メイン2種類で2500円

通常はわたくし魚不要ですが、パイ包み焼きということで美味しそうだったからBランチを選択。

アミューズが届きました。シソのビシソワーズ。あらまあ、なんと美しい。ガラスの器に散らされたグリーンのグラデーション。摘みたての爽やかさが香る野菜と、夏らしいスッキリとした味わいのシソのビシソワーズ。素敵!

続いて、白身魚とタコのパイ包み焼きが到着。ひ〜〜、かぐわしい焼きたてパイの香りでやられる。パイが表面一枚薄くてパリパリ。中は白身魚とタコがたっぷ りで、タコの食感の良さに脳が刺激される。非常にさらっとした味付けでいながら、必要十分以上の美食感。並大抵の腕前ではないですね。

そして、和牛ほほ肉のワイン煮込み。びっくり。こんなに柔らかい牛ほほ肉煮込みは初めてです。ナイフが要らないどころか、歯が要らないぐらい柔らかい。プニョンプニョンです。

ただ柔らかいだけでなく、しっかりとした赤身肉の逞しさも兼ね備えており、肉食べてる! という充実感を感じます。量的にも十分。この値段でこの質と量は大サービス。

赤ワインソースは、かぐわしい葡萄の香り。洋食屋さんのソースとは違う味。フレンチビストロならではと言えるのではないでしょうか。

つけあわせのマッシュポテトがまた美味しくて。何か軽く発酵したチーズのような香りをかすかに感じました。ものすごく熱くしてあり、その熱さの作用でますます芋を美味しく感じるのでした。

パンはトシオークーデュパンですね。食べ慣れているパンを改めてレストランでいただくと、なぜか照れくさいような嬉しい気持ちになります。

デザートとコーヒーはコース外で、ココナツのブランマンジェ マンゴーソースと、カフェラテを頼みました。

ブランマンジェは白い飴細工を美しくあしらい、フレッシュな完熟マンゴーがたくさん添えられていました。マンゴーソースというより角切りマンゴー添えという感じ。散らされたミントが良いアクセントになっていました。

カフェラテは良質なコーヒーの味。きめ細かい泡をスプーンですくって食べる幸福。この泡がなかなかなくならなくて不思議でした。

以上でランチタイム終了。大満足でした。

あとで情報を見たら、嘉藤貴士オーナーシェフは、パリのステラマリスや、タテルヨシノで修行を積んだ名人なのだそうです。詳しいことはわからんけど美味しかったからすべてよし。

この内容なら人気が出るのも当たり前ですね。ぜひまた何度も訪れたい。そんなレストランに出会えて今日は幸せです。


|

« 揚げわらじドーナツ。 | トップページ | 自分好みのトッピングに変更で美味しく。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 揚げわらじドーナツ。 | トップページ | 自分好みのトッピングに変更で美味しく。 »