« 隈研吾設計の建築の中で料亭のデザートを。 | トップページ | 東京大学の気の流れ。 »

2016.07.23

どこをかじっても肉肉しい。このボリュームでいて最後まで美味しい。

13775942_1079772528769122_227850484

13754622_1079771092102599_274471394

13692683_1079771105435931_313336700

13754309_1079771138769261_329381318

13726593_1079771152102593_302178460

それなりにうっすらとバーガー屋さんめぐりをしてきたわたし。超有名店である本郷ファイヤーハウスは未体験でした。やっと来れましたわ。

東京のグルメバーガー界では老舗であり、今なお絶大な人気を誇るお店。行列必至のようですが、雨のせいかたまたま空いていました。

窓際の明るい席に着き、とにかくハラペコなので急いでオーダー。オレンジアイスティーとモッツァレラマッシュルームバーガーにしました。

早い。すぐに来た。

グルメバーガー比では、ほんの少し直径が小さめ。高さは高い。バンズが良い色に焼けていて、ふっくらフワフワ。表面がほんのり甘くて中はプレーンな味。

食べ進むうちに気がついたのだけど、このバンズは下をやや薄めにスライスしているみたいですね。下のバンズが厚いと後半持て余すので、これは良い形だと思います。

上部を含めて、バンズは軽くて肉に主役を譲っています。バンズに関しては見た目よりもおなかにたまらない。とはいえモッツァレラとマッシュルームとパティのボリュームで満足度は急上昇します。

このトロトロに溶けたモッツァレラとマッシュルームの量! なかなかやってくれます。特にモッツァレラは、こんなに入れる店をほかに知らない。しかもすごく肉に合う、ハンバーガー向きの味です。

パティは標準的なサイズ。焼き加減はデフォルトでミディアムレア。このサイズでいて、どこをかじっても肉を感じる存在感。目視では中挽きぐらいなのに、食べると粗挽きのワイルドさがある。塩がきっちり効いていて、肉充感が脳に伝わる。

そこへ更に、大量のみじん切りオニオンとピクルス(レリッシュ)。みじん切りオニオン大歓迎。某Mドナルドのように乾いたオニオン(あれはあれで好き)で はなく、フレッシュでウェットなタイプ。肉の味を引き立て、一口目の美味しさを最後まで持続させます。いい仕事しよる。

ファイヤーハウスのバーガーを食べていて連想したのが、ブラザーズとアイコウシャです。どちらも直球勝負でスタンダード。思い切りアメリカンなのに、日本的な丁寧さを感じる。そういった点において共通するムードを感じました。いずれもわたしの大好きなお店です。

これだけボリュームがあって最後まで美味しいのは素晴らしい。また食べたい。近所にお住まいの方が羨ましいバーガー屋さんでした。


|

« 隈研吾設計の建築の中で料亭のデザートを。 | トップページ | 東京大学の気の流れ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 隈研吾設計の建築の中で料亭のデザートを。 | トップページ | 東京大学の気の流れ。 »