« 人間関係を良くする観葉植物。 | トップページ | 池袋東武。大鹿児島展。 »

2016.03.01

Breavo-para響舞2016を鑑賞。

Para4791388961704_n

卒業したボイトレ学校、Breavo-paraの生徒一同による年に一度の舞台を観に行きました。

そもそも行くかどうか非常に悩んでしまっていました。大好きだった学校。声の基礎トレーニングから音楽修業に一歩進むため、断腸の思いでやめた場所。さよ ならの挨拶も言わずに別れた大勢の友だち。ここにいたかったという寂しい思いをするぐらいなら、見に行かないほうが良いのではないかと思いました。

自分で答えが出せなくて、「一体わたしはどうしたら良いのでしょうか」と担任のひとし先生にお悩み相談のメールをしてしまったんですよ。すると、非常に明快なお返事が届きまして。な〜んだ、単純に見たいなら見に行けばいいんだと思った次第です。

正直、フクザツな思いがしなかったとは言えないです。でも行って良かった。友人たちがエネルギーを放出している姿を生身の体で受け止めるのは、心地よいものでした。

なじみのあるエネルギー。愛と肉体と芸術の共存。その芯には、校長の楠瀬誠志郎さんのスピリッツが宿っているのです。

会場に着くと、真っ先に誠志郎先生に抱きしめられました。「よく来てくれたね」と言われて、なんだかホッとしました。わたしが学校からいなくなっても、ここは温かい愛のある場所に変わりないと確信しました。

次々に声をかけてくれる人たち。「ワジョさんが来てくれた!」「ワジョさんがいる!」「ワジョさんが写真撮ってくれてる!」と、みんなが大きな笑顔で言ってくれました。

「ワジョさん、パラに戻って来て!」なんていう声もあり。「ははは、次に戻るときはインストラクターになるよ」て返事しておきました(笑)まあ少し本気で 思ってるんですよね。わたしのスタイルでできる方法があるんじゃないかって。いつか単発でやりたいですね。パラだとしても、そうじゃないとしても。

演目については、第一部は明るく優しいエネルギーがいくつも花開いているように感じました。声のあたりの柔らかさが心地よい。毎年苦戦するタイミングの難しい曲があって、思わず「わたしも歌わなくては!」と立ち上がりそうになりました。

第二部の塾の演目は、曲調がいつもとまた違って面白く、宇宙にエネルギーを放出する勢いを受け取りました。16人の演者はみんなキレの良い動きで、年々リズム感が良くなっているのを感じます。

毎年、パラの舞台の写真を撮っているんですが、今年はあまりうまく撮れませんでした。わたしの気持ちの迷いが出てしまったんでしょうか(笑)修業が足りな いっっと思いました。写真も歌も修業が足りん。もっと自分が歌の世界で圧倒的に成長しているとかであれば、こんなに迷わないのになあ。

ますます精進します。一年後、わたしのライブとパラの舞台がどちらも進化して、お互いに「よくやったね!!」と言えるようになりたい。今日はそんな決意をさせてもらいました。

何ごともやるからには圧倒的じゃなくちゃだめなんだよ。がんばろう。

パラの皆さん、ありがとう。


|

« 人間関係を良くする観葉植物。 | トップページ | 池袋東武。大鹿児島展。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人間関係を良くする観葉植物。 | トップページ | 池袋東武。大鹿児島展。 »