« 10月、直近の空き枠のご案内です。 | トップページ | 駒込、トラットリア・ラ・パデッラ。美味しいニョッキと羽鳥さんとの再会。 »

2015.10.28

自由が丘カスタネットの井上料理。

Kasuta_725425326146718167_n

カスタネットでお一人様ごはんをしていたら、突然友だちが来ておしゃべりできた。「ワジョさんがカスタに入っていくのを見た」のだそうだ(笑)そういうの歓迎。

ちょっとその彼女としゃべりたいと思ってたから、ちょうど良かった。話してみたら、よくぞ今日会えたなというタイミングの話があった。運命を感じるよ。

今日改めて思ったのは、わたしと彼女はいつでも心からお互いの幸せを願っているんだなということ。そしてお互いを幸せにしてあげられる才能がある。両想いだね(笑)

カスタネットはあまりにもしょっちゅう行っていて、滅多にチェックインしたこと書かない。

今日は5日ぶりぐらい。この前来たとき、オーナーの井上さんに「サラダのゆで卵楽しみにしてたのに入ってなかったよ」と会計のときボヤいたら、今日はゆで卵多めだった。しかもメインの鶏肉がいつもより大きかった。大サービスありがとう。

鶏肉のアンチョビソースは大好きで、ときどきたまらなく食べたくなる。

今日は焼いた葡萄が添えられていて若干驚いた。食べてみたら全然美味しかった。考えてみたら焼き菓子の中にフルーツが入ってるとか普通だし、焼いて食べると甘みが増すのかもしれない。

カスタネットは一応ジャンル的にはカジュアルイタリアンとパンケーキのお店ってことになるんだけど、どの料理も独特の癖があり、いつの間にか中毒になる。わたしはこれを「井上料理」とカテゴライズしている。

この店の特徴は、一度頼んだ料理の中毒になり、何百回、何千回もリピートしてしまう人が結構いるということ。これ大袈裟な例えじゃなくて実例としてある。

わたしはパスタコースが好きで、今までに多分200回ぐらいリピートして食べてる。

とりわけパスタは「海老のトマトクリームソース」と「きのこのクリームソース」が好きで、たくさん種類がある中でこの2種類のどちらかしか頼まない。

他のも美味しいんですよ。それは知ってるんだけど、海老のトマトクリームがどうしても食べたい。家で作れるような料理とも言えなくないが、井上さんの味は出せない。

と言っても不思議なことに、井上さんはほぼ作らない。作ってるのは厨房担当の他の人だ。でも井上さんの味になるの。不思議〜。

わたしの知ってる人は、ナスのピリ辛トマトソースのパスタがすごく好きで、おそらく1000回以上食べてる。まあその気持ちもわかる。ピリ辛のトマトソースも、素揚げした茄子も、なんか知らんけど妙に美味しいのだ。なんか知らんとしか言いようがない。

失礼ながら、厳選した高級な素材を、というわけではないと思う。なのになぜこんなに美味しいのか。しかも、キャーッと一気にテンションが上がるわけではなく、食べているうちにじわじわ心を侵略されるような美味しさなのです。コワイヨー(笑)

今日食べたのはお肉コース。これはパスタコースと比べたら少なくて、30回ぐらいしか食べてない。パスタコースのほうが安くてお得なのだ。お肉コースはたまの贅沢。

こちらのコースでは、イタリアンリゾットがとても楽しみ。どのへんがイタリアンなんだろうかっていうぐらい日本的な鶏と卵の雑炊に粉チーズが乗ってる。こ れが激うまでヤバイ。おそらくはニンニクが強烈な出汁になっており、その濃厚出汁に脳のどこかしらがやられてしまうんだと思う。

んでいつも前菜で出てくる魚のカルパッチョってやつが、どう考えても日本の刺身。活きのいい魚をお刺身サイズにカットして、醤油がかかっている。美味しいからOK! やっぱ刺身には醤油が合うよねー!

そんなわたしの愛してやまないカスタネット。皆さんもどうか100回食べたくなるようなメニューにここで巡り合ってください。

|

« 10月、直近の空き枠のご案内です。 | トップページ | 駒込、トラットリア・ラ・パデッラ。美味しいニョッキと羽鳥さんとの再会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10月、直近の空き枠のご案内です。 | トップページ | 駒込、トラットリア・ラ・パデッラ。美味しいニョッキと羽鳥さんとの再会。 »