« 大井町、丸八とんかつ店。 | トップページ | 自由が丘、どんきい3周年記念☆ »

2015.08.28

自由が丘リチュエル、クロワッサンとル・サクリスタン。

Kurowa

Kurowa2

自由が丘リチュエル(RITUEL)、二回目の訪問です。

今日はエスカルゴ各種が勢揃いしているのを横目に、これ! と決めていた、クロワッサンとル・サクリスタンを買いました。

さっそく三階のテラスに上がって、お手軽ランチタイム。

この前は全部焼きたてで温かかったのだけど、今日は冷めていたなー。少し残念。帰宅して焼いて食べるべきであったか。やはりアツアツのプレミアム感はハンパないす。

クロワッサン。驚きの450円。

リチュエルのクロワッサンは、30時間以上発酵して、パリで「オーブン業界のロールスロイス」と呼ばれている石床のオーブンで焼くのだそうです。鉄板は一枚につき1.8kgの重い鉄のものを使用。

このオーブンでじっくり焼いた際、底にできるカラメリゼが大きな特徴です。

確かに裏面がカリッと厚めに焼けていて、味にアクセントがついています。クラムは大きな渦巻き状で、バターの集まったところと、ふわっと柔らかいところがあります。

甘さ控えめで、皮と底の香ばしさが全体を引っ張り上げている印象。

確かに美味しいんだけど、せめて300円ぐらいだったらなあ。

ル・サクリスタンは、パイ生地にカスタードクリームをねじって巻いて、上からグラニュー糖がかかっているパン。640円。

これも高いのですけどね〜、結構大きいのですよ。クロワッサン2個分ぐらいのボリューム。

クロワッサン同様に、底面はカラメリゼになってます。

生地はクロワッサンより甘くない。塩味を感じる部分もある。そこが美味しい。両端がガリっと香ばしく焼けていて、真ん中はしっとり。カスタードはしつこくなく、生地の味を十分に生かしてくれます。

かじるごとに味に変化があり、なかなか面白かった。これはまた買いたいな。

次はマンゴーorピスタチオのエスカルゴを食べてみたいですね。あと、パン・オ・ショコラも。

|

« 大井町、丸八とんかつ店。 | トップページ | 自由が丘、どんきい3周年記念☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大井町、丸八とんかつ店。 | トップページ | 自由が丘、どんきい3周年記念☆ »