« 岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」津軽の四季、子ネコたちの物語。 | トップページ | ヴィエノワズリー専門店、リチュエルが自由が丘にオープン。 »

2015.08.18

自由が丘モンド。まながつおの炭火焼き ポルチーニとサワークリーム。

Mondo1_2

Mondo2_2

発作的にどうしてもモンドさんのお料理が食べたくなり、前日にオープンテーブルで予約してディナーに行きました。

モンドさんは月替りメニューから日替わりメニューに変わって、毎日違うお料理が登場するようになりました。自分の行った日に何が出るか楽しみですね。

今日はワジョ的に大当たり。ものすごく美味しかった。いつも美味しいのだけど、特に。

最初の一皿は写真を撮れなかったんだけど、鯵とオレンジとういきょうのサラダでした。なんじゃこの鯵は! 美味しすぎる! 食感がとてもしなやかで柔らかく、ピチッと身が引き締まっているのにみずみずしいのです。そこへオレンジとういきょうの香りが加わって上品。

秋刀魚と里芋のテリーヌは、ルッコラのソースがよく合い、爽やかで軽やかなお味。

まながつおの炭火焼き ポルチーニとサワークリームは、美味しすぎて倒れそう! ふっくらとしたまながつおの身に、サワークリームのねっちり感とポルチーニの濃厚なうまみが最高。おかわりしたかったな。

燻製をかけたイナダと玉ねぎのタリアテッレは、焦がし玉ねぎの甘みと燻製の香りが抜群に相性良く、香りも味もコクがあるのに重くないという奇跡のバランスでした。

鮎のリゾットは、身や内臓の出汁で炊いたリゾットに、フィレ肉と呼びたいような柔らかい鮎の身がペロリンと乗っていました。本当に贅沢なお味。こんな美味しい鮎ってあるのかと思った。鮎に強い特別なルートから仕入れているそうです。

鴨の炭火焼きの出てくるタイミングで、赤ワインを少しだけ飲ませていただきました。

等級のつかないハウスワインなんだそうですが、味は素晴らしい。口当たりが柔らかくて、飲みやすいです。

宮木さんの天才的な火入れ術で焼かれた鴨肉と、このワインを一緒に飲むと、まさに天国行きという気分。お酒が飲めるようになって良かったなあと思う瞬間です。

デザートの、桃のザバイオーネがけは、桃がプリプリで甘くて大きい! コンポートしてなくて、生のままでこんなに甘いなんてすごい。それに合わせた卵黄のソースも舐め尽くしたいぐらい美味しかった。

一皿一皿が珠玉の芸術であり、空間とサービスと流れる時間が心地よく、すべて含めてやっぱりモンドさんはわたしにとって特別であり、オンリーワンのお店だと再び思い知りました。

宮木さん、田村さん、ナカジャーさん、ありがとうございました!

ちなみに写真撮影してもよくなったみたいです〜。

|

« 岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」津軽の四季、子ネコたちの物語。 | トップページ | ヴィエノワズリー専門店、リチュエルが自由が丘にオープン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」津軽の四季、子ネコたちの物語。 | トップページ | ヴィエノワズリー専門店、リチュエルが自由が丘にオープン。 »