« 有楽町慶楽で、牡蠣油牛肉御飯。 | トップページ | 手巻き寿司的なオープンサンド。 »

2015.05.22

高田馬場、とん太の特ロースカツ定食。

Tonta

高田馬場の名店、とん太で特選ロースカツ定食を食べました☆

夜の部の開店10分前に着くと、すでにお一人並んでました。そのあと行列はじわじわと増えて、開店時間と同時にカウンターは満席。お座敷は空いてました。

10分ほどでトンカツ到着。衣が白いタイプのトンカツです。

お肉は芯がほんのりピンクで、柔らか〜くてちょうど良い揚げ加減。衣の味が独特で、非常に美味です。たまご多め、ふっくら厚くてサックリ揚がっています。塩で食べるとデラうま。

しかしこの味、どこかで食べたことがあるなーと思ったら、今はなき大田区久が原のとんかつのぼるの味でした!

とんかつのぼる。かつてこんなに愛したとんかつ屋さんがあったでしょうか?

うちの家族がどんなに大喧嘩したときにも、みんなでのぼるに行こうねと言ったら仲直りできた。そんな思い出のお店です。なくなったときはさみしかったなあ。

思い出修正で多分にのぼるが美化されてると思います。とん太のほうが材料も上質だし、料理も丁寧。

それでもわたしにとっては、のぼるを思い出させてくれるという点に於いて、ありがたきとん太さんなのです。

またこようっと(^^)

|

« 有楽町慶楽で、牡蠣油牛肉御飯。 | トップページ | 手巻き寿司的なオープンサンド。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 有楽町慶楽で、牡蠣油牛肉御飯。 | トップページ | 手巻き寿司的なオープンサンド。 »