« 楠瀬誠志郎ライブ「森の中のバレンタイン」 | トップページ | 3月分のご予約、ありがとうございました! »

2013.02.14

スティールパン×ジャズ。原田芳宏スペシャルトリオライブ。

P2135949
モーションブルー横浜にて。原田芳宏スペシャルトリオのライブを見てきた。スティールパン、原田芳宏。ベース、武田桂二。ドラムス、平井景。

平井景さんは、楠瀬誠志郎バンドの須藤満さんと秀景満ていうユニット組んでるんだそうだ。そして原田さんご自身こそ、楠瀬先生と何度もライブで共演し、楠瀬先生がプロデュースするアルバムのレコーディングにも参加なさっている。なんだかゆるやかにつながってるね。

P2135957

プロ中のプロの三人による、ジャズサウンド。インタープレイっちゅうのはこういうとかね。呼応する音と呼吸。どんな曲も、原田さんのイメージする音楽世界をピタッと具現化するかのように演奏する三人。ゆるやかな曲にたましいがふわふわと舞い、スピード感のある曲もゆったりと心地よく感じる。

平井景さんのドラムが素晴らしく、ひとたび曲が始まれば、限りなく信頼性高くブレのない軸をズバッと立たせ、変幻自在の音の彩りを加え、重ねてゆく。そこへ武田桂二さんのベースがズシズシと肉を加え、ガッシリと男前の音の世界を構築する。

P2135961

原田さんのスティールパンは、明るいラテン系の音色だけでなく、今日のような「静かなるスティールパン」と呼ばれる音色を得意としているという。

全く新しい発見だった。スティールパンが、こんなに静かに、穏やかな波のような優しさで心に染み入るとは。思ってもみなかった体験。この世のものとも思えぬぐらいに気持ちいい。たましい持っていかれる。

ちょうど窓の外の景色は、横浜港の穏やかな夜景。ベイブリッジと船の灯。赤煉瓦のいちばんはじっこにあるモーションブルーは、まるでお堂のように音を柔らかく包む空間だ。

P2135978

原田さんの演奏に身も心も預けるうち、だんだんと自分と原田さんの境目がなくなっていった。ありえないほどの融合感。ちょうど、ヨガで瞑想状態に入り、自分と世界の境目がなくなっていくような感覚に近かった。世界はひとつ。わたしはひとつのうちのひとつ。
P2135984

原田さんとは、まるで大昔から、深い深い知り合いだったような感覚がどうしても存在する。在学中面識はなかったが、原田さんは私の中学の先輩である。原田さんのスタッフを務めている、私の友人のりょうこさんが、そのことに気づいて、いつかご紹介したいとずっと言ってくれていた。
P2136013
この前、インド料理をご一緒させていただいたときに初めてお会いして、そのあと近所でバッタリお会いして、原田さんにお会いするのは今日で通算三回目のはず。

こうして原田さんのライブを見るのだって、本当は今日が初めてだったんだけど、もう何度も見て覚えているような感覚がした。この客席に私がいるのは当たり前のような、確かに私はここにいて良いのだという確信。

それは私自身の命を肯定してもらっているような安心感だった。原田さんの奏でる音に包まれて、私は自分の命を抱きしめることができた。

P2136010

最近、色んなことがあった。自分の存在意義や、本当の気持ちについて、深く考えざるを得ない機会がたびたびあり、考えすぎて疲弊していた。つい昨日、私は少し荒れた気持ちで、こんな命、一体なんのために、誰のために存在するというのだろうかと自問自答していた。その答えを今日、音楽で受け取った。
P2136019

横浜のロケーションと、原田さんの音楽と、寒い海の風が、私を優しく癒し、浄化してくれた。

自分自身の命も、自然からの恵みなんだよなと、ふと感じた。こんな大切な恵みを受け取ったのだから、ケチをつけちゃいけないな。神様はすごいものを私にくれたんだ。
P2136018
なかなか、こういう感性で生きるのは、正直つらいことがある。だがしかし喜びも楽しみも幸福も、人一倍受け取っていることも本当だ。ほかのひとにある幸せがわたしにはなくても、私にはわたしの幸せがある。今までもあったし、これからもある。ありがとう。
またヨレヨレになる日だって来るさ。だけど今日はそんな幸せな気持ち。よかったね私。

原田さん、ありがとう。りょうこさん、ありがとう。みんなありがとう。

フォアグラも美味しかったです。

***********

ところで3月分の手相カウンセリングのご予約を、今も承っております。皆様からのお申し込みを、心よりお待ち申し上げております。どうぞよろしくお願いします。

|

« 楠瀬誠志郎ライブ「森の中のバレンタイン」 | トップページ | 3月分のご予約、ありがとうございました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楠瀬誠志郎ライブ「森の中のバレンタイン」 | トップページ | 3月分のご予約、ありがとうございました! »