« 近江牛のパティが肉肉しい。自由が丘サンバーガー。 | トップページ | 伝説のインド料理シェフ、ナシームさんのお店。西麻布ヴィナーヤ。 »

2012.05.22

再訪するごとにテンションの上がる焼肉。表参道よろにく。

P5174581

表参道のよろにくに、また行って参りました。

ここ一年で何度かおじゃまして、顔も覚えてくださったみたい。行くたびにいい雰囲気の笑顔で歓迎してくださって、とても嬉しい。

最高のお肉を、最高のタイミングで全部焼いてもらえる9000円のコースをいつもお願いする。それが、行くたびごとに内容が絶妙にランクアップしてる。同じ部位でも、より一層面白いところが出てくるような、肉食心をくすぐるサービス。この店はプロ中のプロだねえ。

P5174414

今回は、いつもの肉食メンバー4人で行きました。アヤックルメンバー、ちゃくメンバー、石田メンバーと私です。全員時間通りきっちり集合。そうでなくては! 何しろ生肉っぽいところから出ますから。遅刻するとだめです。

P5174416

ナムル三種盛りと、キムチも三種類。

P5174422

最初の肉! 手前から、ローストビーフのたたき、イチボ、センマイです。

P5174431

「まずは必ずイチボからお願いします。次にローストビーフ、最後にセンマイです」とのこと。確かにこの順番以外ありえないわー。イチボのきめ細やかな繊細さ。脂身がプワーッと溶けて、肉の世界へと女神が手を取り導いてくれる。

ローストビーフはほとんど生で、薬味と合わせて食べると極上の和風料理に変身。この上品さは別格。

P5174427

センマイはきれいな白センマイ。えぐみが全くなく、ポリポリと噛むと生じるうまみと、調味料の適度な味つけの駆け引きが素晴らしい。

P5174433

サラダも出ます。さっぱりと軽い味つけ。これもどちらかというと和風な、うっすらと柑橘系の香り。

P5174409

これは最初に出てきた卵豆腐風の出汁ジュレがけ。完全にちゃんとした和食の味。

P5174439

さあ焼肉が始まりました!!

手前から、ハツ、タン塩、ハラミです。なんかすっごくいいところ出してもらえた感じ。輝いてるねーっ!

P5174445

ハツ焼けました! お店の人が、1秒を競うタイミングで焼き上げてくれます。この9000円のコースだと、全部のお肉を最高の焼き加減で焼いてくれる。コース外で注文したお肉は、自分で焼いていいですよと言われるので、このコースだけ特別なんだと思う。

まあこのハツの美味しさといったら。これだけ厚くても硬いとか歯に当たるとかは全くなく、ひたすらジューシーで透明な肉汁が内部からピュルピュル溢れてくる。

P5174449

タン塩焼いてるとこ。どうですかこのタン塩は! 夢の焼肉アイランドです♥ この厚みもまた小憎いではありませんか。

P5174454

アーーーーッ。美味しいとしか言いようがない! 熟成加減、カット、塩加減、焼き加減、表面から芯にかけての温度、すべてが完璧です。

ここまで美味しいと、思わず口を押さえてしまう。美味しさが外に逃げないようにという意味なんでしょうか? 自分でやっててわかりません(笑) もうとにかく美味しくて、頭のてっぺんから煙が出そう。いや、出てたんじゃないかなって思う!

P5174455

ハラミを焼いてもらってる。焼き手のお兄さんは、肉を置いたらサッと瞬間的に離れて、ひっくり返すタイミングで忍者のようにスッと現れる。この寸分狂いのないタイミングはまさに忍術だ。

P5174458

焼けてきたあ!

P5174460

焼けた。やんわらっか! 肉肉しい肉の味。赤身の濃い味がしっかり。隙間をぬうように、脂が飛び出る。その二つをコーティングする甘辛くコクのあるタレの味。これぞ焼肉だ。

P5174464

本日のハイライト登場。奥側がシャトーブリアン。ヒレ肉の最上位です。手前はランプ肉。

P5174474

ランプ、うんまっ! 薄切りで絹のハンカチーフのように柔らかい。これだけ色々な肉が出て、全部味が違うんだなあと、はっきり認識できる。それだけ個性の立ったお肉たちなのだ。

P5174478

シャトーブリアン♪ 薄切りのお肉はつきっきりで焼いてくれる。

P5174479

なんとなんとなーんと、貴族のような高貴さを感じるお肉ではありませんか。本当に柔らかくて美味しくてグニュングニュンです。歯に吸い付くような食感。あまりの美味しさに、目がバチーンと覚めます。

P5174485

ハチノスのお吸い物。薄味で上品。これもきっちり和の出汁です。

P5174488

「よく来てくださってるから」と言って、生瀬勝久似のお兄さんがおまけをしてくださった。

ミノです。

P5174498

これがよろにくのミノか! 味が澄んでいるのに、しっかりうまみとコクがあって、最後は貝のような爽やかさを残していく。実に味わい深いミノ。塩加減が抜群。

P5174511

息も吐かせぬ展開になってきました。左がミスジ、右がシルクロース。確実に私より育ちがいいでしょうっていうトップランクの牛の連続です。

P5174513

シルクロースが網に乗りました!

P5174516

あっという間に良いお色に変身☆

P5174524

焼けましたーっ。それはそれはもう、有無を言わせぬシルクタッチの味。この絶妙な半生加減の焼き方、素人にはできません。

P5174527

ミスジちゃん。けっこうサシが入ってる。

P5174528

こんないい眺めったらないですねえ。

P5174542

一口サイズの白米に乗せて食べる。これ以上、何を望むものがあるでしょう? もう倒れそう。脂身がしっかりとあり、最高級ランクの和牛の味。

P5174564

コースのお肉のラストは、サーロイン(手前)と巻きロース(奥)。ステーキハウスで食べたら何万円するんだ?っていうサーロインですね。

P5174570

編み目の向きも計算のうち。よろにくのお肉は、厚みがあるカットのお肉を中心レア気味に焼き上げても、温度がきちんと熱い。表面はしっかり焼き目が香ばしくついていながら、絶対にどこも焦げていない。怖ろしいワザ。

P5174577

焼けたサーロインは、ポン酢をつけて食べる。ごくうまー。焼肉というより最高級の和食屋さんの炙り肉のような印象。

P5174587

巻きロース。焼いてるところの写真はページトップです。

焼き上がったら、タレにジャブづけ。

P5174590

たまごの黄身を絡ませて食べる。うっわーーー。極上のすき焼き。これだけ肉を食べても全部味が違うし、調理法も違う。それぞれに強い感動がある。

P5174592

最後にコース外で追加した、「並じゃないカルビ」。確かに並じゃない。これは自分たちで勝手に焼いて食べた。並じゃないんだけど、こころなしかいつも食べてる焼き肉に近い感じがした。これはやはり、焼き手の違いか。

P5174602

お食事は手延べそうめん。

コシのある、やや太めのそうめん。塩こんぶを入れて食べると箸が加速する。

P5174609

デザートはシロクマにしてもらった。いつもできるわけではないみたい。

みんなでザクザクと取り分けて食べるの楽しい。氷がふんわりしていて、シロップが均等にまざっている。これもまたテクニックなんだろうなあ。

あまりにも美味しく楽しい2時間。やっぱり肉食の友だちと美味しい焼肉屋に行くのは人生の大きな喜びだな。

店を出たあと、「髪の毛も服も焼肉くさくない!」と肉食メンバーが驚いていた。これだけ肉を食べても、胃にもたれなくてサッパリすっきりしてる。心の底から力が湧いて明るい気分。

「次元が違いすぎて余韻がすごい。見事な肉っぷりに店を出たあと打ち上げに行きたくなったほど」と、アヤックルメンバーが言った。それぐらいの境地に達してしまうお肉です。

それにしてもあの生瀬勝久似のお兄さんの、焼肉知識は尋常ではない。地元じゃないのに自由が丘の焼肉屋まで全部知ってた。私がこの前行った焼き肉屋さんの名前を思い出せなくて、「えーと、あそことここに支店のあるお店」と言っただけで即答! なかなかプロでも他店までそんなに研究してる人は少ないのではないか。尊敬した。なぜか、自由が丘のおすすめ鮨屋のグーグルマップまで印刷してくれた。優しい。

また今度行くときには、どんなお肉で待ち構えてくれているのかな。楽しみ。

PS

記事を書いたあと、生瀬勝久似のお兄さんが、実はオーナーさんだったことが判明!いつ行っても必ずいて一番動いてる人がオーナーさんだなんてかっこいい!しかもfai aoyamaっていうクラブを経営している有名なDJなんですって。すごい〜。

|

« 近江牛のパティが肉肉しい。自由が丘サンバーガー。 | トップページ | 伝説のインド料理シェフ、ナシームさんのお店。西麻布ヴィナーヤ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近江牛のパティが肉肉しい。自由が丘サンバーガー。 | トップページ | 伝説のインド料理シェフ、ナシームさんのお店。西麻布ヴィナーヤ。 »