« 外苑前、A&Gダイナー。てりやき味のグルメバーガー。 | トップページ | 肉料理の祭典、「寺門ジモン厳選!夢のウマすぎグルメ祭」 »

2012.03.20

神宮前、香咲。究極のカリフワ的ホットケーキ。

P3181688

A&Gダイナーでハンバーガーを頬張ったあと、デザートを食べにお隣へ。まさに右隣の建物のカドに、かの有名な喫茶店「香咲(かさ)」があるのでした。

1984年にオープンし、珈琲専門店ブームの時代から生き残り、今こそなお人気を誇る名店。私は幼なじみの聖子ちゃんに教わり、いつか行ってみたいと思っていた。

聖子ちゃんいわく、「本当に美味しいホットケーキがあるんだよ!わざわざこれを食べるためだけに家から1時間かけて行ってもいいと思うぐらい美味しいの。香咲のホットケーキを一度食べると、他のホットケーキじゃなくて香咲じゃなくちゃだめになってしまうのよ」と。

昨日その話をしたら、聖子ちゃんはすっかり忘れてたというんだけど、私はしっかり覚えていたぞよ(笑)

P3181672

日曜日の夕方5時過ぎ。ドアを開けると、アッと驚くぐらい人がいっぱいだった。私が入店したのを察して、一組のお客さんが席を立ってくれた。ありがたい。お客さんに愛されているお店なんだなあ。

日曜日は5時半ラストオーダーで6時閉店だ。ホットケーキはギリギリで売り切れ寸前だった。他の人気商品のスコーンは、現在バター不足のため作れない状況だとオーナーさんが言っていた。

そう言われると食べてみたくなるな。スコーン目当てで来た常連さんが、心底残念そうにしているのを見た。

P3181671

どっしりした一枚板のカウンター席に座る。お通し的に、小さなクッキーが1枚出された。素朴な味で美味しい。変に香り付けなどしてないところが良い。

P3181675

香咲の名の由来は、「珈琲の香が花の様に咲く」という言葉。 また、スペイン語の「CASA:家」という意味。シンボルマークの「傘」は、雨降りから守り、自然に集うという意味。二文字の名前に、たくさんの思いが込められているのですね。

自分の子どもたちに、手作りの美味しいお菓子を食べさせたいという思いで、お菓子作りの勉強を始めたオーナーさんが作ったお店。一人の主婦だった彼女が、自ら自転車に乗って1年かけて探した今の場所に、お店をオープンした。

その頃は珈琲専門店ブームで、お菓子やナポリタンを置くお店は邪道だという風潮があったのだそうだ。しかし珈琲をより美味しく味わってもらうために添えた小さなクッキーが評判を呼び、他のお菓子も出してほしいというお客さんからのリクエストに応じ、スコーンやチョコレートケーキを出すようになったのだとか。

現在大人気のホットケーキは、もともとまかない用に作ったもので、あまりの美味しさに正式にメニュー化したというお話。

といういきさつがここに詳しく書いてある。

P3181684

要するにそもそも珈琲専門店なんですよね。珈琲が比較的苦手な私は、ロイヤルミルクティーを頼んでしまった。ロイヤルミルクティーもかなりハイレベルでしたよ! 銅鍋に茶葉をパッと放ち、ミルクを加えて煮出すところを目の前で見ることができた。

しかし他のお客さんは一様に、香咲ブレンドを頼んでいた。そんなに美味しいなら今度飲んでみたいなあ。

P3181695

ホットケーキ来ました♪

1枚なんですね。確かに1枚で完結する美味しさ。小麦粉をふくらませて量で満足させるのとは方向性が違う。これぞまさに、温かいケーキ。ホットケーキ。一口目を食べた瞬間、「どうしてこんなに美味しいの??」と思った。

生地がほんのり甘い。外側はごく薄い皮膜だけがカリッと焼き上がっており、皮一枚の下はもうフワフワの世界。そのフワフワ加減も、しっとりとパフパフのちょうど中間でバランスをとっており、チョンチョンと叩く程度にメープルシロップをつけることで完全になる。

バターもほんのり香りづけに。ホイップクリームは、なくてもいいぐらい。ホットケーキとしての完成度があまりに高いため、パンケーキ的なトッピングは不要なのだ。

香咲のホットケーキの美味しさの謎を探るべく、色々検索した結果、「生地に溶かしバターを入れているらしい」「ヨーグルトが隠し味」「銅板で丁寧に時間をかけて焼いている」などの情報が得られた。

「しかしいくら真似をして家で作っても同じものはできない」とも言われている。そうなんだろうなあ・・・。これは材料のわずかなバランスの違いと、毎日繰り返し焼く人の手際と、その日によってのタイミングの違いなど、色々あっての完成度なんだと思う。

感動の味。参りました。

P3181668_2

月曜定休で、平日は20時までやってるみたいです。

今度はコーヒーも飲みたいし、もしかしてスコーンがあったらそれも食べたい。もちろんホットケーキと両方食べるのだ。止めないで!


|

« 外苑前、A&Gダイナー。てりやき味のグルメバーガー。 | トップページ | 肉料理の祭典、「寺門ジモン厳選!夢のウマすぎグルメ祭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外苑前、A&Gダイナー。てりやき味のグルメバーガー。 | トップページ | 肉料理の祭典、「寺門ジモン厳選!夢のウマすぎグルメ祭」 »