« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012.03.30

骨董通り、南イタリア料理店。リストランテ・コルテージアの美食ランチ。

P3292155

青山の骨董通りをちょっと曲がったところにある、リストランテ・コルテージアに連れて行ってもらいました。

青山通りから骨董通りに入り、コンビニのポプラを過ぎて次のカドを左に曲がったところですね。夜遅くに安売りしてる靴屋さんrev k shop のカドです。

間口は小さいものの、フロアに入るとゆったりとした客席が広がっていた。隣席との間隔も大きい。しっとりとして落ち着いた雰囲気。かといって堅苦しくもなく、楽な気持ちで過ごせた。

また、接客が明るく丁寧で、お店の人の笑顔が素晴らしい。何か聞けば丁寧に教えてくれるし、お料理が運ばれるリズムもゆったりとしていて良い。かなりここは気に入りました。

そして当然、お料理が美味しい!

P3292158

ここのお店の料理は、南イタリア・プーリア地方のもの。ランチは「パスタコース」と、メインのつく「おすすめランチコース」の2種類があった。私たちは「おすすめランチコース」の方を。

パンが美味しい。ほんのり酸っぱくて、小麦の甘さが立っている。食事によく合う。

P3292152

前菜とパスタとメインをそれぞれ選ぶことができるスタイル。

私が選んだ前菜は、ホタテ貝のカルパッチョ。バルサミコソースがサラダにもホタテにも軽く絡んでいる。シャッキリした香り。サラダは色んな種類の野菜が少しずつ。これは何だろう?と楽しみながら食べられる。

P3292161_edited1

私の選んだパスタ。生ハムとカーチョカバッロのクリームソース リッチョリ。

リッチョリっていうのはイタリア語で巻き髪の意味だそうで。クルンとした形のショートパスタ。食感の良い薄さで、ピロピロした舌触りが快感。空洞が大きくしなやかなせいか、ソースと一緒にすくいやすい。

生ハムとクリームソースの塩気が、一歩間違えばしょっぱくなる手前で実に見事に止めてある。このクリームのコクと、生ハムの野獣感が非常にマッチしていた。メニュー名で想像するよりも、深い美味しさがある。ちょっと今まで食べたことがないぐらいの味。腕が良いのだな。

P3292159

連れの人が頼んだパスタ。ペコリーノチーズと黒コショウのローマ風スパゲッティーニ。

美味しそう〜〜〜。この黒コショウの味が最高だったんだそうだ。味見させてもらえばよかった!

P3292165

メインは地鶏の炭火焼きにした。

これがっ!美味ずぃ〜〜〜〜〜! 素材の良さ、味付けの良さ、焼き方の上手さ、すべてが完璧。皮がパリっとしていて、中身はジューシー。この肉汁の閉じ込めワザ、かなりの達人とお見受けした。

パスタ同様、塩加減はギリギリで強め。このぐらい塩気のある味が私は好き。飲み物がないと食べられないようなしょっぱさではない。単独で食べて美味しく、肉本来の味を強めている。

量的には軽いほうなれど、かなり満足度が高かった。それに、相当おなかいっぱいになった。

P3292171

イタリアのお米をアルデンテに茹でてチョコレートで味付けをしたデザート。

お米をチョコレート味に!?と最初は思った。食べてみて納得。実に美味しい。言われて気がついたのだけど、麦チョコとかライスチョコレートと共通した発想だ。それよりずっと高級感があるけどね(笑)

P3292174

たっぷり時間をかけて、ランチを楽しませてもらえた。人を見てリズムを測ってくれる、こういう店が好きだ。

非常に満足度の高いランチでした。皆さんにオススメ♪

また行きたいな。感謝☆☆☆

| | コメント (0)

2012.03.27

二度目!「寺門ジモン厳選!夢のウマすぎグルメ祭」

P3272111

さあ行ってまいりました! 渋谷東急東横店で開催中の「寺門ジモン厳選!夢のウマすぎグルメ祭」。twitter界では、ジモン展、ジモンの肉フェス、ジモン祭り、ジモン物産展などと自由に呼ばれております(笑)

本日も会場にご本人登場。しかし写真を撮らせていただくタイミングを逃し、夕方頃別のお仕事に向かわれていました。

P3272087

初日に来たときより更に混雑は激化。もんじゃ大木屋のステーキサンドは100人以上の行列。16:30の時点で、次の販売は17:00開始と書いてあった。販売開始まで30分待ち+行列100人で、並んだ人は一体何分待ったんだろう?

私は去年いただきましたので今年はパス。去年は5分待ちぐらいで食べられたんだけどな。(ちょっと自慢)

今日は他に、もり山の鶏のから揚げが大行列してました。こちらは今年の初日に食べて、美味しく味わいました♪

場内はすごい熱気。どこ行列に並ぶか、何を試食するか、さまよえる肉食人種。肉とホルモンとメンチカツを揚げる匂いが特に強い。

P3272082

こちらもやや混みの行列。ブラッカウズの黒毛和牛バーグドッグ。

P3272080

じゃんじゃん焼いてる。

P3272084

バーベキューソースを選び、たまごサラダをトッピング。かなりボリュームありました。

P3272099

「本日スタミナ苑ご主人 豊島雅信氏来店」と貼り紙がしてあった。この人が豊島さんなのかな。美味しいオーラ出てる人。

P3272094

初日にはなかったはずの「豚のてっぽう焼き」というのがあった。ご主人の来店に合わせた特別メニューだろうか?

P3272101

スタミナ苑「豚のてっぽう焼き」。美味しい! モツ柔らかい。臭みない。弾力があって、かみしめるとうまみがブニブニ出てくる。新鮮なモツって美味しいなあ。

P3272078

加藤牛肉店のメンチカツも買った。肉の味が濃かった。つなぎのパン粉が焼きたてパンの味。

P3272115

こっちのコロッケも美味しそうで。クックハウスのカニコロッケ。

P3272118

ひゃっはー!買いました。

P3272122

かにクリーミーでした。油も衣も良い。

P3272106

これは食べてないけど、煙事の仙台牛くんせい焼き牛。美味しそうだった。

P3272114

これも食べてないけど、北海道カネシメ食品のほたて焼き。いいなあ。ホタテ大きい。

P3272117

これは試食だけ。わらび餅。美味しかった。ふわふわの柔らかさ。買ってくればよかった。

P3272124

ぶためしうすゐのお持ち帰りぶた煮込みを買った。去年ぶためしのお弁当を買って食べて、美味しかったと記憶してる。

P3272125

美味しそう。家で食べるのが楽しみ。冷凍すれば一ヶ月ぐらいは持つとのこと。

P3272130

こっちもお買い上げ! 焼肉ゆうじの牛タンカレーと牛すじカレー。

ゆうじオリジナル炭火ロースターを31500円で売っていた。これほしい〜。しかも4人前のお肉つきだよ。いいなあ。

P3272134

カレー美味しそう〜。いえ、美味しいんです。去年もこの牛すじカレーを3個ほど買いまして、残りが減るのを惜しむように毎日食べました。

P3272131

ゆうじの牛タンカレー。こちらは本日中にお召し上がり予定。今日は朝から何も食べずにこの祭り会場へ出向き、会場で食べられるだけ食べた。夕飯はこの牛タンカレーと、次に書く大学芋を買って帰る。

P3272136

種子島、夢百笑(ゆめひゃくしょう)の密芋の大学芋。

芋自体が甘く、まわりの水飴は少し控えめ。

P3272142

ポクポクです。

P3272150

シメは花畑牧場の濃厚ソフトクリーム。

も、も、もうおなかいっぱいだ〜〜〜! 満足満足。本当に楽しい祭りだ。この調子だと来年は、入場制限がかかるぐらいに混むかもしれないですね(笑) 

今回のフェスで知ったお店に、実際に足を運んでみたくなりました。いやあ、肉って本当にいいですね。寺門ジモン様、ありがとうございます。

こちらのフェスティバル、会期は明日(2012/3/28 PM5時まで)で終了ですよ。肉好きの皆さん、お急ぎください(^^)

| | コメント (0)

2012.03.25

自由が丘、ガレット&クレープ So。国産そば粉の薄焼きガレット。

P3222016

自由が丘に、ガレットとクレープのお店ができました。2012年3月5日にオープンしたこのお店。前身は「nanaha 草(ナナハ・そう)」という名の和食屋さんでした。

P3221994

同じ経営母体のまま、提供するお料理をガレットとクレープに変更したそうです。その経営母体が和カフェ「ナナズ・グリーンティー」などを手掛ける(株)七葉だということに今気がつきました! そうだったのか。

P3221992

和食屋さんのときは来たことがなかったけれど、その前のピエトロだったときによく来ていた。なんだかスタイリッシュで広々とした空間になっていてびっくり。オシャレですな。自由が丘っぽい♪

P3222006

レモングラスベースのハーブティーを注文。透明な急須にたっぷりの量。

P3222014

新鮮な風味で飲みやすく、美味しかった。

苦みが出すぎないように、茶葉が開いたら移し替える容器まで用意してくれた。

ガレットといえばシードルを組み合わせるのが本場流。北海道増毛町で作られている「増毛シードル」を提供しているのだそうだ。(私は下戸なので飲めないよっと)

P3222003

生ハムサラダをハーフサイズで。

いい生ハム! きちんとしてますね。葉もの野菜も新鮮でみずみずしく、いいところだけ。ドレッシングはあっさり軽めで、前菜として非常にほどよい食べ心地。

フルサイズで1000円、ハーフサイズでいくらになっていたか記憶消失。

P3222027

海老とアボカドとチーズのガレット。確か1300円ぐらいだったかと。

ガレットはプレーンの600円から、魚介やチキンのクリーム煮、ラタトゥユなどを乗せた豪華なお食事用1750円まで30種類ほど。大体1300円前後のものが多い。

見た目、軽いように見えるけれど、意外におなかがいっぱいになる。考えてみたら一人前のピッツァと同じぐらいの質量ですね。

生地には、長野・高山製粉に特注した国産100%粗びきそば粉を使用している。バターはフランス産、チーズはグリュエルチーズを使用。

生地全体にチーズが薄く伸びており、表面はパリパリサクサク、中はチーズのとろとろ感、上の具材は自由にボリュームを変えて食感をアレンジできる。なかなかに遊べる料理であることを発見した。

お行儀が悪いけど、生地のはじっこのほうを手でパリパリ食べるのは至福の味であった。

すべての具材に妥協していない味であることが、五感を通して伝わってくる。面白い。この店をきっかけに、ガレットを好きになるかもしれないと予感するほどだ。

P3222038

どうしても両方味わいたくて、少し時間をあけてクレープも注文した。

注意! 普通はそんなに食べられません(笑) ガレットだけで十分です。

これは、ブラウンシュガー×バター(600円)に、トッピングの生クリームとカスタードクリームを加えてもらったもの。トッピングは確かひとつ150円だったかしら。合計900円。

フランス産のバターが3片も乗っていた。生地自体はあまり甘くなく、すっきりシンプル。トッピングのクリームも甘さ控えめだった。

生地の円周はパリサク、真ん中に行くにつれてモチモチになっている。街場で歩きながら食べるクレープと較べて、明らかに素材がハイクオリティ。なんだか別の食べ物のように思う。これは料理人が本気で作っているクレープだ。

写真だとわかりにくいけど、クレープ生地自体も大きいし、トッピングのクリームもかなりボリュームがある。

今回の組み合わせは素材の味を直球で味わう感じ。今度食べるときは何かジャム類と合わせて甘さと素朴さをかけあわせて食べてみたいな♪

クレープも30種類ぐらいある。値段は600円〜950円。

P3221989

一人でもゆ〜っくり落ち着けて、あたたかい雰囲気のお店。大勢で来て色々な種類を頼んでも楽しそう。奥には個室もあり、予約すると3000〜4000円でお料理を出してもらえる。

夜遅くまで営業しているのも良い。営業時間は11時30分~24時(日曜・祝日は22時まで)。水曜定休。

ちょっとお疲れの日に一人で行って気持ちをほぐしたり、友だちと遅くまでのんびり話したいときに行きたいイメージです。また自由が丘に良いお店ができてよかった♪

| | コメント (0)

2012.03.23

肉料理の祭典、「寺門ジモン厳選!夢のウマすぎグルメ祭」

P3221986

渋谷の東急東横店催事場で今日からスタートした、「寺門ジモン厳選!夢のウマすぎグルメ祭」に立ち寄りました。

30分ぐらいしか時間がなくて、本当にさわりだけ。長い行列のある、もんじゃ大木屋のステーキサンドや、私が見たときは満員だった、もつ処鶴見の和牛ダシつけうどん(帰りに見たら空席があった)などは諦めました。

P3221982

初日だけあって、ジモン様のファンの方が大勢。オリジナルTシャツにサインするジモン様ご本人。会場が大にぎわいのせいか、嬉しそう。終始にこやかでいらっしゃいました。

P3221985

大人気です(≧∇≦)

P3221950

もんじゃ大木屋のステーキサンド。去年の寺門ジモン展のときは食べることができた。さすがに美味しかった。今年は50人ぐらい並んでて諦めた。

P3221952

お肉系のお弁当が豊富。これは白金酉玉神楽坂店の酉玉弁当。

P3221953

都立大のアメリカンクラブハウス。ヘルシースペアリブ。お店で食べたことがある。美味しいよね♪

P3221956

神宮前トラットリアブーカジュンタ。ポルケッタのパニーノ。肉塊に見とれてしまった。

P3221959

買ってしまった。イタリアンパセリのペーストがお肉によく合って美味しい。

P3221964

鹿浜スタミナ苑の牛もつ煮込み。去年これが一番美味しかった。今年もやっぱり食べた。真空パックのお持ち帰り用も売っていた。

P3221976

大分県中津からあげ もり山。ムネ肉のからあげ。もも肉が売り切れだったので、ムネ肉を買った。お肉が柔らかく、にんにくが効いていて美味しい。学芸大にもお店があるらしい。行ってみたいな♪

P3221966

新宿満月蘆(まんげつろ)。肉汁たっぷり手包み肉まん。

P3221977

フカヒレまんを買った。なるほどー。贅沢なお味じゃ。

30分で走り抜けた! もっと時間があったらなあ。すごく活気があって楽しかった。会期中、もう一度行けることを祈ります!

| | コメント (0)

2012.03.20

神宮前、香咲。究極のカリフワ的ホットケーキ。

P3181688

A&Gダイナーでハンバーガーを頬張ったあと、デザートを食べにお隣へ。まさに右隣の建物のカドに、かの有名な喫茶店「香咲(かさ)」があるのでした。

1984年にオープンし、珈琲専門店ブームの時代から生き残り、今こそなお人気を誇る名店。私は幼なじみの聖子ちゃんに教わり、いつか行ってみたいと思っていた。

聖子ちゃんいわく、「本当に美味しいホットケーキがあるんだよ!わざわざこれを食べるためだけに家から1時間かけて行ってもいいと思うぐらい美味しいの。香咲のホットケーキを一度食べると、他のホットケーキじゃなくて香咲じゃなくちゃだめになってしまうのよ」と。

昨日その話をしたら、聖子ちゃんはすっかり忘れてたというんだけど、私はしっかり覚えていたぞよ(笑)

P3181672

日曜日の夕方5時過ぎ。ドアを開けると、アッと驚くぐらい人がいっぱいだった。私が入店したのを察して、一組のお客さんが席を立ってくれた。ありがたい。お客さんに愛されているお店なんだなあ。

日曜日は5時半ラストオーダーで6時閉店だ。ホットケーキはギリギリで売り切れ寸前だった。他の人気商品のスコーンは、現在バター不足のため作れない状況だとオーナーさんが言っていた。

そう言われると食べてみたくなるな。スコーン目当てで来た常連さんが、心底残念そうにしているのを見た。

P3181671

どっしりした一枚板のカウンター席に座る。お通し的に、小さなクッキーが1枚出された。素朴な味で美味しい。変に香り付けなどしてないところが良い。

P3181675

香咲の名の由来は、「珈琲の香が花の様に咲く」という言葉。 また、スペイン語の「CASA:家」という意味。シンボルマークの「傘」は、雨降りから守り、自然に集うという意味。二文字の名前に、たくさんの思いが込められているのですね。

自分の子どもたちに、手作りの美味しいお菓子を食べさせたいという思いで、お菓子作りの勉強を始めたオーナーさんが作ったお店。一人の主婦だった彼女が、自ら自転車に乗って1年かけて探した今の場所に、お店をオープンした。

その頃は珈琲専門店ブームで、お菓子やナポリタンを置くお店は邪道だという風潮があったのだそうだ。しかし珈琲をより美味しく味わってもらうために添えた小さなクッキーが評判を呼び、他のお菓子も出してほしいというお客さんからのリクエストに応じ、スコーンやチョコレートケーキを出すようになったのだとか。

現在大人気のホットケーキは、もともとまかない用に作ったもので、あまりの美味しさに正式にメニュー化したというお話。

といういきさつがここに詳しく書いてある。

P3181684

要するにそもそも珈琲専門店なんですよね。珈琲が比較的苦手な私は、ロイヤルミルクティーを頼んでしまった。ロイヤルミルクティーもかなりハイレベルでしたよ! 銅鍋に茶葉をパッと放ち、ミルクを加えて煮出すところを目の前で見ることができた。

しかし他のお客さんは一様に、香咲ブレンドを頼んでいた。そんなに美味しいなら今度飲んでみたいなあ。

P3181695

ホットケーキ来ました♪

1枚なんですね。確かに1枚で完結する美味しさ。小麦粉をふくらませて量で満足させるのとは方向性が違う。これぞまさに、温かいケーキ。ホットケーキ。一口目を食べた瞬間、「どうしてこんなに美味しいの??」と思った。

生地がほんのり甘い。外側はごく薄い皮膜だけがカリッと焼き上がっており、皮一枚の下はもうフワフワの世界。そのフワフワ加減も、しっとりとパフパフのちょうど中間でバランスをとっており、チョンチョンと叩く程度にメープルシロップをつけることで完全になる。

バターもほんのり香りづけに。ホイップクリームは、なくてもいいぐらい。ホットケーキとしての完成度があまりに高いため、パンケーキ的なトッピングは不要なのだ。

香咲のホットケーキの美味しさの謎を探るべく、色々検索した結果、「生地に溶かしバターを入れているらしい」「ヨーグルトが隠し味」「銅板で丁寧に時間をかけて焼いている」などの情報が得られた。

「しかしいくら真似をして家で作っても同じものはできない」とも言われている。そうなんだろうなあ・・・。これは材料のわずかなバランスの違いと、毎日繰り返し焼く人の手際と、その日によってのタイミングの違いなど、色々あっての完成度なんだと思う。

感動の味。参りました。

P3181668_2

月曜定休で、平日は20時までやってるみたいです。

今度はコーヒーも飲みたいし、もしかしてスコーンがあったらそれも食べたい。もちろんホットケーキと両方食べるのだ。止めないで!


| | コメント (0)

2012.03.19

外苑前、A&Gダイナー。てりやき味のグルメバーガー。

P3181659

雨の日曜日。思いつきで原宿で電車を降りて、何か食べることにした。

駅周辺のお店はどこも行列の大混雑。流れ流れて外苑前にたどり着いた。そうだ、ここはA&Gダイナーがある道。先週もこのへんを歩いていて、近いうち行きたいなと思っていたのだ。

以前、名前がGORO’S DINERだった頃に、一度行ったことがある。駒沢のASクラシックスダイナーと経営上合併してから、A&Gダイナーになった。合併したけど料理はゴローズさんのまんまで継続しているらしい。ASと共通している点は、ボーリングシャツの制服と、月替わりのマンスリーメニューが登場したところかな?

あ、今気がついたのだけど、ここのところ食べログの東京ハンバーガーランキングで、A&Gダイナーが1位なんですね。スゴイ。ASクラシックスダイナーも3位に上昇だわ。

P3181664

クチコミを読むと、いつも行列しているという話だ。私が行ったとき、ちょうどタイミング良く席が空いた。並ばずに入れてラッキー♪

P3181663

座りやすいようにテーブルをサッと動かしてくれたりして、親切な店員さん。

P3181639

ミニグリーンサラダとペリエなどいただきながら、バーガーが焼けるのを待つ。

P3181652

来ましたよー! ゴローズバーガー(850円) 「生のオニオンを使用している」とメニューに書いてある点が気に入って注文した。ソースはてりやき。マヨネーズもかかってる。

いつも通り、生トマトが苦手なので抜いてもらっている。見栄えが悪くてすみません! でも十分美味しそうでしょう? 美味しいの〜〜〜。

上の写真は、上のバンズを外して撮った。ふわふわのバンズは肉汁を吸っても最後までグズグズにならず、しっかり形を保っていた。

ジューシーなお肉は、かじったとたんにやばいぐらい肉汁があふれだす。厚みのあるパティで、肉をかみしめる喜びを与えてくれる。肉肉しいながら重すぎず、ゆっくり食べて最後に少し肉が冷えても美味しい。てりやきソースとマヨネーズの量も適量。非常にバランスがいい。

P3181640

以前来たとき食べたバーガーはバーベキューソースだったと記憶している。そのときも、パティとソースの味加減と量が絶妙でパーフェクトだなと感じた。しばらく頭から離れないぐらいだった。

今回もしばらくこのバーガーが、私の心を占領し続けることでしょう(笑)

生オニオンは、1ミリほどの薄切りで何枚か重なっており、きちんと水でさらし、アクと苦みがなく、からすぎないオニオンだった。これも完璧。

P3181646

すべてのバーガーにフライドポテトが添えられている。このポテトも適量で良い。カットの大きさが普通に食べやすくなっている点も、当たり前のようでなかなか普通は難しい。油もきれいに切れている。

なんとなく、今この店が東京で1位なのはわかるという気がした。基本に忠実で、真面目でありながら、ここだけのオリジナリティがある。すべてのバランスがマッチしている。

私は普段、てりやきバーガーの類はほとんど食べることがない。なんとなく甘すぎてしつこいイメージがあるからだ。しかしこの味のてりやきだったら、どんどん食べたい。

また他のメニューもチャレンジしたくなった。ASクラシックスダイナー同様、足繁く通いたいお店だ。

デザートは、右隣のビルにある、有名な喫茶店「香咲」でホットケーキを食べた。こちらのお話も次回アップします。




| | コメント (0)

2012.03.16

恵比寿、ゴッサムグリル。熟成肉ステーキで肉セラピー。

P3151185

今週の土曜日(2012/3/17)は、ボイトレの発表会。(来てね!)

そんな大切な日を前に、すっかり風邪をひいてしまった私。全体リハーサルを終えてから、肉セラピーを試みることにした。

肉セラピー:美味しいお肉を食べること、または食べる自分をイメージして心の安息を得ること。主に深夜、肉料理の写真を開いて味をイメージすることにより、脳内のバランスを整える作業を言う。(用例「wajorin:TLに誰もいなくなったから、中勢以のホームページ見て肉セラピー開始するYO!」

要するにイメージだけでいけちゃう。そこへきて実食とまでなると、かなり癒し度が高いわけです。点滴より効くかもしれません。(かも)

P3151211

今宵私が駆け込んだお店は、恵比寿のゴッサムグリル。グルメバーガーのお店としても有名。なんでもあの有名なベーカリーショップVIRONと同じオーナーさんが経営しているのだとか。

そうか。だからパンがあんなに美味しいのね。本当に美味しかった。パンを二度見した。

以前訪れたときには、グルメバーガーをいただいた。それはそれは美味しかった。しかし今回の狙いは肉セラピー。ダイレクトに肉を食べることに決めた。

P3151182

最初は黒板メニューから。サーモンのタルタルとサラダ。

これはっっ、スモークサーモンのタタキが入っているという意味でもタルタルだし、タルタルソースでまぜてあるという意味でもタルタルであった。ダブルミーニング?

タルタルソースが大好きな、元祖マヨラーの私にはたまらない御馳走。適度にまざったピクルスやオニオンと、調味料とハーブ、やや大きめカットのサーモンがぐでんぐでんにマッチしていて最高だった。トーストした薄切りのパンの上に乗せると、ますます美味しい。

P3151214

肉を選ぶのは結構迷った。Tボーンステーキは21oz600gからだから大きすぎる。サーロインは多分あまり好みではない。そうするとリブアイステーキ(リブロース)か、テンダーロイン(フィレ)の二択。リブアイステーキのほうが好みのような気がするけど、11oz.310gからしかない。フィレは7oz.200gからある。

店員さんに「どっちがお薦め?」と聞いたらリブアイステーキだということなので、そちらにした。焼き方はミディアムレアで。そういえば、つけあわせ頼むの忘れた。オンリー肉。ただ肉あるのみ。肉セラピーをするには良い状況だ。

P3151196

サーモンタルタルの最後の一口を口に入れた瞬間、ステーキが来た。

リブアイステーキ11oz.310g。

「国産ジャージー牛をメインにご用意しております」と書いてあった。約1ヶ月ドライエージングをした熟成肉なんだそうだ。

熟成肉・・・好きだ。ここで会えるとは。

次の写真はピンボケですごめんなさい。

P3151202_edited1_2

ピンボケでも見てほしい、この肉の色を。赤い! いいですね〜〜〜。国産牛の中でも赤身がちな肉を用いて、アメリカ的にダイナミックな焼き方でダーーーン!とした量を出す。別添えのステーキソースはオニオンベース。けれどお店のお薦めは岩塩をパラパラっとかけて食べる味わい方。

いい方向性だと思います! 赤身好きの私にはぴったり。ソース別添えで味付けしてないのも好印象。やっぱり塩が美味しかった。ナイス肉。

肉質はけっこうナイフでガシガシやって切る感じ。溶けちゃう系のお肉ではない。赤い肉をしっかり噛みしめたいタイプの人には、わざわざ探し求めて来たい質感なのではないかしら。私もそういうタイプ。

P3151199

美味しかった〜。310gって多いなと思ったんだけど、あっという間になくなった。この肉なら500gはいける。脂身が少なくてサッパリしているし、肉質が良いせいか、おなかが重くならない。ステーキらしいステーキだ。ビフテキとはこのことか。

P3151194

ステーキにはパンが添えられていた。左がハーブ入り、右は黒糖だったかな。両方ともとても美味しく、添えものと言っては悪いぐらい立派な味だった。VIRONにパンを買いに行きたくなる!

P3151208

色々と美味しく食べることができた。ごきげんな私は、すでに満腹にもかかわらず、デザートの味を知りたくなり、洋梨のタルトを頼んだ。

あー、心ゆくまで堪能。

お肉の力は素晴らしい。これで明日はもう、風邪は治っているし、美貌も何割か増していることだろう。と、思いっきり希望的観測をする。

発表会、うまくいくといいな。

打ち上げでお肉、食べられるかな・・・。

| | コメント (0)

2012.03.14

4月分の日時打診メールをすべて送信しました。

P3111057_edited13

ただいま4月分の定員にお入りいただいた方の全員に、「手相カウンセリングのご案内」という表題の日時打診メールを送信し終わりました。(日時確定メールはまだ送り終わっていません)

「ご予約のお申し込み、ありがとうございました!」という表題のメールを受け取っているのに上記のメールが届かないという方は、お手数ですがメールまたはこのブログのコメント欄にご氏名とメールアドレスを添えてお知らせくださいませ。

ブログへのコメントは手動の承認制になっております。私が内容を確認後、オモテには出さずに削除いたします。ご氏名ならびにメールアドレスがアップされることはありませんのでご安心ください。

お手数ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2012.03.12

自由が丘、気を許せるオシャレカフェ、TOKYO SWEETS FACTORY。

P3111059_edited13

「今まで行ったことのないカフェに行きたいな」と、ふと思い、自由が丘をあてどなく歩いていたら、TOKYO SWEETS FACTORYに出会いました。

ファッション、音楽、デザイン、アート、食に関するプロデュースをしている、TRANSITという会社の直営店みたい。いま話題のbillsもここがプロデュースしているらしい。

南口からトレインチの入り口に向かって左に進み、線路沿い、魚菜学園のほうへ行くガードの手前にある。

P3111097_edited13

天井の高い広々した空間。客席の奥には、ガラス張りのスイーツファクトリーが。

P3111079_edited13

上から見ると階段が長いように見えるけど、そんなに面倒じゃなかった。夜7時までならエレベーターも動いてる。

P3111094_edited13

手前はお持ち帰りコーナー。生菓子、焼き菓子を買える。ここの名物は奥沢ロールというロールケーキと、故ダイアナ妃が愛したというニンジン入りのダイアナケーキなんだそうだ。

P3111090_edited13

これがダイアナケーキ。今度食べたいな♪

P3111091_edited13

Notting Hill Cakes & Gifts のバタークリームを使ったイギリスのマフィン。帰りにブルーベリーを1個買った。明日食べるの楽しみ!

P3111061_edited13

今日は奥沢ロールとカフェオレを頼んだ。

P3111062_edited13

堂島ロールよりはやや小さい。スポンジケーキの外側がサクッとなっていて、中のふわっとした部分とコントラストが感じられた。

クリームは純白の生クリーム。とろとろとしっかりのちょうど中間ぐらいで絶妙。

大量生産でない、手作りのロールケーキの味がした。

P3111083_edited13

一人なのにこんなに贅沢なお席に座ってしまった。この席はちょうど少しへこんだ位置にあり、死角になっている。なんとなく、の〜んびりできた。

ちょっと寝ちゃいそうだった。いや一瞬、寝てたかも(笑)

P3111066_edited13

まるで海外のカフェみたいに素敵。バランスが整ったバラバラの椅子。色んなデザインの白熱灯。個性的な装飾品がセンス良く飾ってある。イギリスのお屋敷みたいなイメージなのかなあ。イギリス行ったことないけど。

P3111088_edited13

化粧室までもがおしゃれ。

P3111100_edited13

スイーツだけでなくて食事もできる。ラストオーダー22時。

店内はスイーツでお茶の人と、ディナーを食べてる人と半々ぐらいだった。客層は若者から熟年世代まで幅広い。

P3111101_edited13

オシャレなんだけど、流れる空気がゆったりとしている。初めて行ったのに気を許せる感じのカフェでした。

またのんびりしに行こうっと♪

| | コメント (0)

2012.03.11

自由が丘、焼き肉ホルモン 8 HACHI。ジューシーホルモン☆

P3101002

自由が丘のメガネドラッグの向かいにある、小樽食堂の二階。焼き肉ホルモン 8 HACHIに行ってきました。

突然のお誘いにもかかわらず、グラスミュゼの秋山店長と雅子さんが一緒に行ってくれた。私のホルモン発作におつきあいくださってありがとう!

P3101017

ここは普通に歩っていてたまたま見つけたお店。嗅覚的にも感覚的にもいい匂いがするので、気になってしょうがなかった。

入店すると中は、こんなにかわいらしい内装。ホンワリかわいいイラストが、あちこちに散りばめられている。camiyama emiさんというイラストレーターの方の作品だそうだ。

店内は黒と黄色を基調としたミツバチカラー。自由が丘らしいおしゃれな雰囲気。煙モクモクでもなく、女子率が高い。ちょっとしたカフェみたいな感じ。ホルモン屋のイメージをひょいと覆している。

ソファ席とテーブル席がある。私たちが案内してもらった窓際のボックス席は広々ソファ。かなりゆったりとして居心地抜群。何時間でもいられそう。

P3100981

お通しのキャベツ。たっぷりな量。最後までお肉のおともとして活躍してくれた。

P3100989

「おすすめセット少しずつ」(上カルビ、上ロース、上ハラミ、ザブトン)(3300円)

一番いいところを少しずつって嬉しい。各2〜3切れ。

P3100983

見たことのないロースター。お店のhot pepperページに「なんと光で焼くふっくらジューシー焼き肉!」と書いてあるのを頼りに探してみた。これだ。ハロゲンノンダクト無煙ロースター 弥久蔵。

光で焼くから遠赤外線効果で、お肉をふっくら焼けるのだそうだ。スゴイ! 確かに焦げ付きにくく、煙もごく少なく、肉の仕上がりはふっくらジューシーであった。焼肉の世界も進化しているのですね。

ああ、だからダクトもないのに店内が煙ってなかったのかー。

P3100991

上ロース。素晴らしいサシの美しさ。とろけるような美味しさだった。

お肉類はすべて味付けが上品で、肉の味を全力で味わえるのが嬉しい。

味付けは、「もみタレ各種 1)HACHIのオリジナル 2)塩 3)ネギ塩 4)ドラゴン激辛」から選べる。私の場合、肉類は基本タレで、ホルモン類は塩でが好きだなあ。

タレや出汁は業務用の製品を用いず、全部1から作っているのだそうだ。

P3100996

ザブトン焼いてる。

絶品! 贅沢品だな〜っていう味がした。脂がノリノリ、かじると肉汁がだくだくっとジューシー。でもしつこくない。

肉もホルモンも鹿児島の和牛を使っていると仰っていた。相当美味しいね、これ。

P3100986

肉にコーフンしすぎた。キムチを食べて落ち着く。

P3101007

タン塩(890円)

こんなに上等なタン塩に出会うの、いつ以来だろう? 適度な厚みがあり、しっとりと柔らかい。

P3101011

レアレアに焼いてレモンをかけて食べれば、さっぱりとした透明な肉汁が口の中を満たす。アヒョー!

しかもこれで890円て・・・。普通の焼肉屋さんの半値ぐらい? タン塩は高いからね。

P3100997

チョレギサラダ(580円)を食べて落ち着く。ふー。すごいタン塩だったわ。

P3101018

ここで大胆にも、サムギョプサル(二人前1500円)を。

この完成度の高さ。専門店以上だと思う。特にこの豚肉の美味しさ。肉も脂も甘く澄んでいて、脂身自体の持つ香りが最高の調味料になっている。

P3101027

菜っ葉の上にエゴマを敷いて、焼きたての豚肉をサッと置き、ホックリ焼いたニンニクと、よく炙った青唐辛子も乗せる。さっき頼んだキムチを一緒に巻いて食べると絶品♪ 本当に美味しいサムギョプサルに出会ってしまった。

P3101029

カルビ(790円)

「まだまだここからって感じですよね」と、秋山さんがつぶやいた。おーーー。頼もしい。そうですよ、ここからです! 上カルビでもなく骨付きカルビでもなく、普通のカルビを食べないと始まらないでしょう。

このカルビ、絶妙なカットで一切れ一切れを堪能させてくれる。上カルビより、こういう変化のある食べ方のできる並カルビが私は好きなのだ。変化の楽しさを、存分に与えてくれるカルビだった。

タレは最小限。肉自体の味の濃さとのかけ算で、最上級の味を引き出している。

P3101039

ロース(950円)

優雅なお味。カルビとまた全く違った赤身の肉らしい肉の味わい。一切れの充実感が濃い。

P3101030

サキショウチョウ(小腸)(680円)

脂たっぷりのように見えて、全くしつこくはない。コロコロと転がしながらコンガリ焼くと、シュワッと溶ける脂の味と、噛めば噛むほど味の出るホルモンを長く味わえる。

ページトップの写真は、シマチョウ(大腸)(680円)。どちらのホルモンも、ここ数年出会ったことがないほどハイレベル。焼いたら硬くなったり小さくなったりして脂っぽさだけが舌に残るホルモンが多い中、じっくり焼いてもこれほどまでに柔らかくジューシーなホルモンはなかなかない。

ホルモン自体の質の良さと、光で焼くロースターの効果もあってなのでしょうかね? ありがたや。

しかも680円はすごい。このカジュアルな価格設定。素晴らしい。

今日食べた中で、この2種類のホルモンと、サムギョプサルは特にインパクトが強かった。みんなに食べさせたい!

P3101043

HACHIの冷麺(750円)

正統派の端正な冷麺。麺のビヨビヨ感といい、センスを感じさせるあっさりとしたスープの味付けといい、実に完成度が高い。これだけでも食べに来たいレベル。

P3101045

コムタンクッパ(980円)

スープの味が最高! オックステールを6時間もコトコト煮た出汁と、野菜からにじみ出すふんわりした旨みが合わさっている。すごく手間がかかっているのに、よけいなことを何もしていないという正直さが軸になっている。

すべての料理に関して、一つ一つ本当によく考えて作り、これがベストだと言えるものだけを出していると感じた。

焼肉屋さんやホルモン屋さんに行けば、今日はこの部位は当たりだけど別の部位はハズレということが大部分ある。今日のように全部はずれなく美味しく、一つ一つ丁寧に出しているお店に出会うことは奇跡。大切にしたいお店になった。

P3101038

バニラアイス はちみつソースがけ(380円)

このようなものまで美味しいとは! ぬかりなし! 黄色くて濃厚なバニラアイスだった。

あーん、楽しかったよ美味しかったよ。お店の人たちもみんな親切でいい人だった。ホール担当のお姉さんが美人でびっくり。オーナーさんと思われるおじさまたちも、お肉のことを聞くと心から嬉しそうにニコニコと語ってくれた。

飲み物も適度に頼み、お会計は3人で1万4千円。一人4600円。これだけ高品質なものをこれだけ食べてその値段はありえない。7〜8千円分は食べた気がする。

ここは本当にいい。皆さんにオススメです!

| | コメント (2)

2012.03.08

神谷町、ニルヴァナム。東京タワーと南インド料理。

P3070850_edited1

かねてから憧れのニルヴァナムにやっと行けました。しかもニルヴァナムのお隣のお店の方と。その方とは、自由が丘ソーワアイスの店長さんです!

ソーワアイスさんは、神谷町が本店。自由が丘の店長さんは、本店のお家のお嬢さんで、初の支店として自由が丘の地をご自分で選んだのだそうだ。

いつものように私がソーワアイスさんでアイスを食べながら、店長さんとおしゃべりをしていたときのこと。「本店が神谷町にあるんですね。神谷町といえば、ニルヴァナムっていう南インド料理屋さんに行きたいとずっと思ってるんですよ」とお話したら、「あら、そこはウチのお隣さんですよ。あんまり近すぎて行くのに照れてしまうぐらい(笑)ワジョリーナさんとだったら行きたいわ」と嬉しいお誘い♪

そこで、一緒にお食事をするといつも楽しくて美味しい食べ仲間のIさんも誘い、神谷町へ突撃することに。

上の写真は、キャラメルラッシー。甘くて濃かった。スイーツ的な美味しさ。

P3070910_edited1

店長さんのおかげで、東京タワーのバッチリ見える良いお席をキープしておいていただけた。

P3070847_edited1

内装も家具もゴージャス。座りやすい客席で、つい長居してしまう。

P3070858_edited1

今日は3人だから色々食べられるぞ! 

まずは「ラッサム」(タマリンドと胡椒の利いたスープ、南インドの家庭料理)を。カッコの中の文章はお店のメニューから引用。

美味しい! 出汁が利いてるというかなんというか。深みがあって穏やかなベースがまずあり、その上に辛みと酸味が喧嘩しないで乗ってる。

P3070854_edited1

続いては、「ダルスープ」(マイルドなスパイスとハーブで料理されたレンズ豆のスープ)

うんまい〜〜〜〜!! ダルスープをこんなに美味しく作れる人、すごい。豆の味、スパイスの味、野菜の味が渾然一体となり、ポクポクとシチューのようにあたたかい味わいを生んでいる。ドンブリいっぱい食べたい。

P3070861_edited1

「チキン65」(味付きチキンを焼き、スパイスとともに料理した一品)

飼育期間65日の鶏を使っているから65なんだそうだ。若い鶏のお肉は柔らかくて美味しいのう。ピチピチのお肌にはね返されるような感触。見た目ほど辛くなく、むしろ甘いぐらいの味付け。まわりにくっついてる生姜でさえ美味しくておかずになる。

P3070866_edited1

「マサラ・ドーサ」(薄いインド風ライスクレープでポテトと玉ねぎの混ぜたものを包んだ料理)

美味しいーーー! ドーサの表面パリパリ感が良い。硬くなりすぎず、内側にはしっとり感さえわずかに残る。材料の配合と焼き方が上手なのかな。きちんとした薄焼き。

P3070868_edited1

ドーサの中身を開けたところ。

じゃがいもと玉ねぎの具が大胆にドサッと入ってる。ドーサ自体も大きいし、中身も大胆な量。すりつぶし加減とか、水気を切った感じとか、スパイスの加減だとかが全部素晴らしい。

3人で分けて食べてやっとぐらいの量。でも美味しいからこれでいいのだ。

P3070876_edited1

「パリップ・ワダ」(レンズ豆とハーブのパテ、ミントソース添え)

おおおお、コロッケのようにクリスピーな表面。中身の豆のぎっしり感。ミントソースとの合い具合。全部いい。

しかしこれは結構おなかに溜まる。前半戦で食べるなら、量に気をつけよう。

P3070878_edited1

「ベイビーコーン・フライ」(味付きベイビーコーンをスパイスとカシューナッツと一緒に、強火で炒めた料理)

こっれも美味しかったあ。ちょっとココナツミルクの匂いのする揚げ衣。中身のコーンはいわゆるヤングコーンみたいな感じで香りと食感が良い。

P3070882_edited1

カレーが届きました〜\(^o^)/

右の手前が、ベジタブル・クルマ(ココナッツベースソースの野菜カレー)
左側が、マラバー・フィッシュ・カレー(沿岸のケララ州から、伝統的な魚のカレー)

奥が、マトン・ビリヤニ(長い粒状のバスマティ米使用、マトン入りのスパイス、ハーブで調味されたごはん)
右奥が、ケララ・ポロッタ(ケララ州特有の層状に巻いたパン)

P3070889_edited1

ベジタブル・クルマ。

どっしりとしたクリーミーで辛くないカレーの中に、気の利いた大きさの野菜が数種類入っている。野菜がほろ苦く、甘く、青々しくて美味しい。

P3070892_edited1_2

マラバー・フィッシュ・カレー。

白身の魚がほろっとして美味。魚の旨みはカレーの中にかなり流出している模様。カレー自体に魚の旨みが回っていて美味しい。

P3070895_edited1_2

「マトン・ビリヤニ」(長い粒状のバスマティ米使用、マトン入りのスパイス、ハーブで調味されたごはん)

長細いバスマティライスを使用。ベタッとしない仕上がりが美しい。中のマトンは2cm角ぐらいで大きめ。口の中でほろっと崩れる柔らかさ。

同席のお二人は、「けっこう辛さが後から来る!」と仰っていた。私はそんなに辛くは感じなかった。玉ねぎ入りの美味しいライタをバサバサかけて完食。

P3070897_edited1_2

「ケララ・ポロッタ」(ケララ州特有の層状に巻いたパン)

クロワッサンみたいに層が重なっているパン。クロワッサンほど甘くなく、油も控えめ。表面がサクッとしている。

P3070914_edited1_2

「パヤサム」(ミルク煮、南インドの伝統菓子)

甘くてあったかいデザート。紅いのはニンジン。甘いデザートの中で、ニンジンのほろ苦さが絶妙に合っている。

P3070916_edited1_2

「ケサリ・バース」(ナッツをかけた甘いセモリナケーキ)

もっちりした食感。これも温かいデザート。かるかん饅頭のような感じ。スパイスの香りがアジアのお菓子を感じさせる。

P3070921_edited1_2

食後は温かいチャイで。アツアツだった。

そういえば私たちが18時に入店したときは、誰もいなかったのに、いつの間にか超満員のおおにぎわい。店員さんも大忙し。でも声をかければ心からの良い笑顔で丁寧に接してくれた。

すっかり長居してしまったにもかかわらず、急かされるような感じは一切なかった。

P3070926_edited1_2

帰り道、少し散歩して東京タワーを撮った。

東京タワーはいいね。明るいオーラで東京を照らしてる。

ニルヴァナムは、ランチも大評判だと聞いている。お隣さんからの情報によると、13時を過ぎてから行けばわりと入りやすいらしい。次はいつ行けるかと、帰宅後にスケジュール表を真剣に見てしまった私です。

一回ではとても収まらないぐらい、頼みたいメニューがたくさんあった。これからも繰り返し行きたい。

Mさん、Iさん、ご一緒させてくださいましてありがとうございました(^^)

| | コメント (0)

2012.03.07

4月分のご予約受付完了メールをBCCで一斉送信いたしました。

P3060776

4月分のご予約を多数賜りまして、まことにありがとうございました。

予約フォームから正常に受付が完了した皆さまには、「ご予約のお申し込み、ありがとうございました!」という表題のメールをBCCですべて既に送信いたし

ました。

予約を申し込んだのに上記のメールが届かないという方は、お手数ですがメールまたはこのブログのコメント欄にご氏名とメールアドレスを添えてお知らせくださいませ。

ブログへのコメントは手動の承認制になっております。私が内容を確認後に表には出さずに削除いたします。ご氏名ならびにメールアドレスがアップされることはありませんのでご安心ください。

お手数ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

写真は、自由が丘ソーワアイスさんの試作品。チョコレートソフトクリームにシフォンケーキのトッピングです♪ 上質で深みのあるチョコレートの風味に、ふわふわのシフォンケーキの軽やかさがとてもマッチしていました☆

シフォンケーキはまだ商品化していませんが、チョコレートソフトクリームは今お店で食べられますよ♪ 期間限定品です(^^)

| | コメント (0)

2012.03.06

4月分のご予約、ありがとうございました!

P2230307_edited1

皆さま、今回も手相カウンセリングの予約お申し込みをまことにありがとうございました。ただいま定員に達しましたので4月分の予約を締め切らせていただきました。

フォームからのお申し込みが正式に受信完了となった方には、「ご予約のお申し込み、ありがとうございました!」という表題のメールを24時間以内にお送りしております。既に順次、送信中です。

予約を申し込んだのに上記のメールが届かないという方は、お手数ですがメールでまたはこのブログのコメント欄にご氏名とメールアドレスを添えてお知らせくださいませ。

ブログへのコメントは手動の承認制になっております。私が内容を確認後、オモテには出さずに削除いたします。ご氏名がアップされることはありませんのでご安心ください。

次回のご予約申し込み開始日時は、2012年4月2日(月) 夜23時です。1日ではないのでご注意ください。

予約受付開始のお知らせをリアルタイムでtwitterにてつぶやいております。もしよろしければフォローよろしくお願いします♪ 手相と関係ないこともたくさんつぶやきます(笑)

それでは、皆さまにお会いできる日を楽しみにしておりますhappy01

| | コメント (2)

2012.03.05

自由が丘、中國食彩「楓」。充実のレディースランチセット♪

P3040750

先日のお食事会で大好評だった楓さん

日曜日はランチをゆっくり目の時間(通常14時までのところ、日曜は15時ぐらい)まで営業なさっていることも多いと聞き、スロースターターの私も家族と行くことができた♪ 本当は14時までだと思うので、ゆっくりお出かけの際はお店にお問い合わせくださいね。

P3040721

今日は私、これに決めた。レディースランチセット。(1300円)

前菜4種、おかず、麺類、デザート2種。大サービス品(≧∇≦)

☆2012/3/23追記:レディースランチセットは、平日限定になったそうです。日曜日は予約をすれば、可能な場合、対応してくれるそうです。

P3040725

本日の前菜4種。(チャーシュー、蒸し鶏の葱ソース、胡瓜の甘酢、揚げ大根餅)

美味しい〜〜〜。ひとつひとつが妥協なく美味しい。胡瓜の甘酢など、味付けのさじ加減や、隠し包丁の細やかさがすごい。

普段は野菜が嫌いで食べない母が、この胡瓜を食べたいと進んで言い、一口食べて「このお店美味しい」と言った。

名物のチャーシューも夜と同じハイレベルな味。この前食べたいと思っていた蒸し鶏の葱ソースが食べられてラッキー! 私好みの味。鶏肉ムチムチ、葱は生っぽさを残しつつ辛くなくドッサリ。理想のバランス。揚げてある大根餅は、アツアツでクリスピー。初めての味。

P3040740

野菜たっぷりの炒め。(イカとセロリの雪菜炒め)

わあ! 味付けが良い〜〜〜。雪菜の漬け物をみじん切りにしたものが味付けの要になっている。センスいいですわ。あっさりとした、イカと野菜という素材を上手におかずの味に昇華している。

量的にもたくさん。これだけ野菜が摂れるのは嬉しいですね。あ、そうそう、レディースランチセットは男性もオーダーできるそうです。

炒め物は多分、日によって種類が変わるんだと思う。

P3040741

担々ビーフン。

シメは、ライス&スープまたは担々ビーフンから選べる。

私は迷わず担々ビーフン。その名の通り、担々麺の麺がビーフンになってる。サイズは一回り小さめ。しかし野菜炒めが十分な量あるので、小さめで精一杯な感じ。レディーのみならず、メンズも満足する量だと思う。

中華麺じゃなくてビーフンになっているのが嬉しい。重くないし、スープによく絡む。

スープは酸味がパチッと利いており、とても美味しい。担々麺は、素材をケチるとたちまち安っぽい味になる食べ物だと思う。楓さんの担々スープは、きちんと真面目に作った味がした。

P3040749

デザート2種。(杏仁豆腐・揚げあんこ春巻(蓮の実餡))

デザートが2種類出てくるなんて嬉しい! 右は杏仁豆腐。ちょこんと添えられているのは、干しいちぢくのコンポート。なんてオシャレなんざんしょ。とても良いお味。

左は蓮の実のアンコを春巻きの皮で包んで揚げたもの。蓮の実餡て大好き。上品で甘すぎない。「こちらは手でつまんで召し上がってください」と、マダムがお手ふきを新たに用意してくれた。

サクサク、パリパリ、あんこムチムチ、皮アツアツ。これは手で行くのが正解ですね♪

満たされたー!

ついでに、家族が食べたランチも紹介。

P3040724

P3040733

弟は麻婆豆腐ランチ。

サラダ、ザーサイ、ライス、スープ、麻婆豆腐、杏仁豆腐が出てきた。これで850円。良い!

P3040729

母は、蟹レタス炒飯。

うちの母は、中華料理というとこればかり頼む人。蟹レタス炒飯評論家になったほうがいい。多分それぐらい詳しい。

そんな母が、「ここの蟹レタス炒飯は美味しい。みんなも食べてみなさい」と取り分けてくれた。滅多にない現象。

大体いつも、「ここよりあそこが美味しい」と、どこへ行っても言うのだ(笑)

味見させてもらうと、油控えめでお米がふわふわ。蟹の味がしっかり利いていて、塩味より海鮮の風味がする。レタスは大きめのカットで、かなり軽めにあおってある。これが単調になりがちなチャーハンの皿の中で良いアクセントになっている。

P3040722

週替わりのランチもいつも美味しそう。

先週は皮付き豚5枚肉だったそうな。それもいいな〜〜〜。グラスミュゼのお二方は、ディナーを食べた翌日にさっそくランチを食べに行っていました!(笑)

これからも足繁く通ってしまいそうです(*^^*)

| | コメント (0)

2012.03.03

二子玉川、鼎泰豊。蟹味噌の小籠包。

P3020716

玉川高島屋SCのレストランフロアにある、鼎泰豊(ディンタイフォン)に行きました。

P3020714

予想通りの大人気。平日の夜でも行列していた。ライブキッチンで小籠包を蒸しまくっています!

P3020667

お得そうなコースも一人前から注文できるようになっていた。私は好きなもの頼みたいのでアラカルトで。

前菜は「蒸し鶏のねぎソース」。

実に美味。鶏肉がほんのり温かく、油の絡んだねぎソースとよく合っている。塩気が適度に効いており、食欲が増す。

P3020660

「青菜の炒めにんにく風味」

にんにくが生っぽくシャキシャキしていた。さっぱりとして食べやすい。

P3020680

小籠包三種盛り合わせ。

蟹味噌、ほたて、豚肉の三種が二個ずつ入っていた。透けるように薄く、なおかつモチモチで弾力のある皮。薄さのわりに破けにくいのも特長。

P3020691

私のお気に入りは、蟹味噌の小籠包。蟹味噌のコクと香りが肉にもスープにも染み出しており、大変に美味しい。

P3020693

「ガンバン麺」

温かい汁なし麺。細麺に、薄口の台湾醤油が絡んでいる。チャーシュー、もやしは温かく、キュウリの細切りと長ネギは冷たい。

麺の味をストレートに味わう食べ物。チャーシューとネギは、おかずのようなアクセントになってる。

これ美味しいなあ。非常にあっさりとした油そばと言えるかも。

P3020708

「あいゆいレモン」

レモンゼリーですね。爽やかな美味しさ。真っ赤なクコの実がきれい。

鼎泰豊は、デパートのレストランフロアとはいえ、なかなかの実力派。この美味しさなら、行列するのもわかります。

| | コメント (0)

2012.03.02

まだ空いてまーす☆

P2199855

今日はまだ4月分の予約受付分の枠が空いています♪

皆さまのお申し込みを、心よりお待ち申し上げております(^^)

受付ページはこちらです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »