« 自由が丘、仙花。野菜400gのカレータンメン。 | トップページ | 明日の木曜日は、4月分の予約受け付け開始日です♪ »

2012.02.29

昭和そのもの。小田原、守谷のパン。

P2280575

小田原の駅近くにある、守谷のパン。いつからあるのでしょうか。少なくとも私が子どもの頃からはあります。40年以上前?

その頃から、佇まいも変わらず、商品ラインナップもほぼ変わらず。味は多少変化しているのですが、それは時代に合わせているのではなくて、多分にそのときの気分のようなものなのではないかと想像している。時代に迎合する気配は全くなし。そこが良い。

P2280576

接客にしてもそう。とにかくいつも行列のおおにぎわい。道路沿いの正面からではなくて、路地を入ったところが入り口。順番が来たらタタタターッと注文を言わなくてはならない。その流れに乗るのがお約束。

P2280579

今どきのパン屋さんみたいに、セルフでトレイに乗せてゆっくりパンを選べるようになったのは、昭和も終わりに近づいた頃。それまでのパン屋さんといえば、店に行く前に何を買うかある程度シミュレーションして、おばちゃんの前に立ったら少し緊張しつつ、「あれとこれとこれ!」と一気に言うものだった。

しかも、注文は多すぎず、少なすぎず、おばちゃんの負担にならないように配慮。おつりもなるべく出ないように。人気商品を買い占めず、後のお客さんにも残す。なんてことまで考えていた。懐かしい。

P2280577

守谷においては、そこまでは暗黙の要求をされない。大丈夫。好きなものを好きなだけ買ってください。

P2280580

お品書き。大体菓子パンは全部140円。お菓子は100円。食パンは200円。

甘食、アンパン、クリームパン、ジャムパンなど、人気商品は売り切れてしまうことも多い。この日は甘食とジャムパンが売り切れだった。

P2280585

甘食にピーナツバターやマーガリンを塗ってもらうとプラス20円。甘食本体と合わせて120円。甘食を横向きにバッと切って、切り口にベタベタ塗ってくれる。これが美味しい。とても甘くて過剰な味。そこが最高。次回は買えますように。

P2280584

ちょうど焼きたてのクリームパンが出ていた。クリームもまだアツアツ。2個買う。

P2280581

栗まんじゅうも人気商品。

P2280582

ロックケーキ。昔のパン屋さんにはよくあったね。

P2280610

一番の人気商品はこれ。アンパン。

守谷といえばこのアンパン。持っただけでズッシリ重い。

P2290642

中はこんな感じ。ほとんどアンコのかたまりで、張り付く程度に薄いパン生地で包まれている。各地に色々な名物アンパンがあるけれど、この個性はハイレベル。

アンコはこの量でも食べきれるほどよい甘さ。ポクポクした質感。べったりしていないのが良い。パン生地は給食のパンみたいな素朴な味。永遠の定番的な美味しさ。

P2280604

クリームパン。

カスタードがサラッとしている。手作りの味。昔より甘さ控えめになった気がする。

P2280600

ぶどうパン。

これもアツアツだった。非常にオーソドックスなぶどうパン。

P2280613

ワドーナツ。

これむちゃくちゃ美味しい。日本人による日本人のためのドーナツ。粉も油も卵も砂糖も、どこにでもある普通の材料。その安定感。適度にクタクタの油の匂い。ザラッとした砂糖が手につく感触。もーたまらない。

P2280601

上食パン。

手に持った時点で少し硬いなと感じる。今どきの食パンはずいぶん柔らかいのだな。私が子どもの頃の給食の食パンは、これぐらいだった。

P2280619

肌理がミッシリ。パンの耳が、しっかり耳らしい耳。

P2290635

トーストした。

わああ、やっぱり昔ながらの味。甘くなくてバリッとハードな質感。元祖、ザ・食パンの風格。コテコテにバターやジャムを乗せて食べたい。

懐かしき、美しい昭和の佇まいと味を求めて、これからも末永く愛したいお店です。夕方には売り切れてしまうのでお気をつけて。

|

« 自由が丘、仙花。野菜400gのカレータンメン。 | トップページ | 明日の木曜日は、4月分の予約受け付け開始日です♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自由が丘、仙花。野菜400gのカレータンメン。 | トップページ | 明日の木曜日は、4月分の予約受け付け開始日です♪ »