« 幸せの麻婆豆腐ランチ。白金、シェラトン都ホテル東京「四川」。 | トップページ | 自由が丘ロクロナン。東京カレンダーに登場♪ »

2011.08.22

尾山台、田園安斎。鱧と鱧の卵の卵とじ。

P8201042

尾山台の名店、田園安斎で、またお食事会をしました。今夜は掘りごたつ式の個室で♪

先日、テレビ朝日の「Oh!どや顔サミット」で紹介されてしまいました! 俳優の大和田獏さんご夫妻がおしのびで通う店として、スッポン鍋が登場☆ この前私がいただいたスッポン雑炊も美味しかったし、スッポン鍋もチャレンジしてみたくなりましたねー。

P8201007

今日は大将におまかせで。うまいもんガツガツ持ってきてください方式で。

そんなこと言っちゃうと、大変なことになるわけですが(笑) 全身が胃袋になるまでうまいもんばっか出てきちゃうぞ!!

P8201016

もずくとくらげの酢の物。マイルドでところてんちっく。夏ですな。

P8201022

「おしたしです」とスッとさりげなく出された一品。食べてビックリ。松茸様ではありませんか!! しかもこんなに大量に? 「あまりにも松茸が多くてシナチクかと思った」と、おーたにくんが言った。

私は特に松茸がすごく好きというわけでもないんだけれども(嫌いではないけど大枚払ってまでと思わない)、ここで食べる松茸は特別。

ああ、松茸ってこんなに美味しいんだなと教えてもらえる。香り松茸といいますが、味もいいんじゃないの!と感じますね〜。味の引き出し方が非常に上手。大将さすが。しょっぱなからやるね。

P8201029

鱧(はも)の南蛮漬け。

うわーーー。鱧うまい。鱧ってこんなに美味しかったっけ? 脂が乗ってるねー。その鱧の脂のうまみが、衣やつけあわせの野菜にジワジワしみていて最高に良い。

P8201030

鱧をアップで。上に乗ってるのは梅ゼリー。見た目にも美しく、味のアクセントとしても爽やかで合ってる。

P8201038

胡麻豆腐のかぼちゃクリームソースかけ。

最近これ、来るたびに頼んでしまう。「今日はいいでしょう?」と聞かれた。「いや、いります!」と力強く返答(笑) だって美味しいからね〜。

P8201047

刺身盛り合わせ。

どどーん。これで4人前です。どどーん。

アワビまるごと入ってます。目を疑いました。アワビの肝もついてます。しかもこのアワビ、新鮮なのにしまりすぎてなくて、味が深い。鮨職人だった経験もある大将の腕がブンブン鳴ってる。

赤身、中トロ、カツオ、アジ、スズキ、イカ。どれも舌に吸い付くような美味。赤身がモッチリしてて素晴らしい。

P8201049

鹿児島産地鶏の塩焼き。

昼間からずっと鶏肉が食べたくてしょうがなかった私。「鶏肉いっぱいください」と言ったら二人前出してくれた。

この地鶏、柔らかい。脂が適度に乗っていて、鶏らしい鶏の味がする。結局これほとんど全部私が平らげてしまった。スマン、同席の皆さん(笑)

もうここまででかなり、見ただけで満腹だと思いますが、ハイライトはこれから!

P8201055

鱧と鱧の卵の卵とじ。

本日のハイライトです! グツグツっと煮え立った状態で、大将自ら土鍋を運んできてくれた。

P8201064

「おじさんがよそってあげるからまかせろよ!」との大将のお言葉に甘えて、よそっていただいた。

ビュ〜〜〜〜ティフォ〜〜〜〜。

なんと美しい鱧と鱧の卵の卵とじ。要するに、鱧の身と鱧の卵をニワトリの卵でとじている料理。卵とじとはいえ、卵はつなぎ程度にちょこっと使われてるだけ。ほとんど鱧と鱧の卵です。すんごい贅沢。

この澄んだ出汁がまた、絶品なんですよねーーー。田園安斎に来ると、出汁の持つ力をまざまざと見せつけられる。季節や献立によって、出汁の加減を絶妙に変えている。それゆえ、一つ一つの料理によって、味がダイナミックに変化する。

ホロホロっと口の中で崩れる鱧と鱧の卵。それを受け止める出汁。この上ない美味。

P8201067

まだまだ食べます(笑)

牛すじ入り卵焼き。

ツヤツヤのいい色に焼けてる。焼きたてほやほや、あったかい。お皿の底には、赤味噌ベースのつゆが敷かれている。

P8201073

開けてビックリ。なんやねんこりゃ!!牛すじがパンパンに詰まっておるわ!!

どこを切っても牛すじだらけ。牛すじ天国\(^o^)/

この牛すじがまた、柔らかくて肉とコラーゲンの味がバツンバツンしてすごい。コラーゲンて味するんだっけ? いや、しましたよ(笑)

P8201074

煮魚。赤ムツ。豆腐も一緒に煮て。

すごくきっちり味がしみているのに、全くかたくなくてふわふわに柔らかい。丸ごと一尾だから、卵も目のまわりも味わえる。もちろん皮まで美味しい。どうしたらこんなに美味しく煮えるのか? きっと教わってもできません(笑)

しかし大将には「きょうの料理」に、いつか出演していただきたいと願っております。勝手ながら(笑)

P8201088

最後に夏野菜の浅漬けなどサラッと出してくれる。粋だねえ。

ホント普通の料理なのに、生加減と漬け加減の絶妙さだとか、味噌のブレンドだとか粘度だとか、すべてがきっちりしてる。

P8201089

最後はどうしてもこれがないと。塩むすび!

みんなは一個ずつ。私だけ2個(^^)v

P8201095

あ〜ん、最後の1個になっちゃった。

大将のにぎってくれるおにぎりは、本当に美味しい。大将の手から出てる美味しいオーラこそが、この味を作ってるんだよなあ。ちなみに、こだわりの塩とかじゃなくて、普通の塩だそうです(笑) ありえへーん。どんなよりすぐりの米と塩を用意しても、かなわないと思う。

本日も絶品揃いでした。大将、ごちそうさまでした! 来週も行くからね(笑)








|

« 幸せの麻婆豆腐ランチ。白金、シェラトン都ホテル東京「四川」。 | トップページ | 自由が丘ロクロナン。東京カレンダーに登場♪ »

コメント

いやー、大将は相変わらずの料理バカっぷりでしたね。
格式だの、調理法だの、素材だのといったこだわりなんか、鼻で嗤うかのように、「うまけりゃいいじゃん」っといって出してくれる料理。
料理は理屈じゃなくて、結果的にウマイか、マズイかっていう単純なことなんだなと思わされて、素直にウマイですと言える。
ほんと最高のお店だと思います( ^ω^ )

投稿: おーたに | 2011.08.22 13:39

>おーたにくん
ほんとそうだよ〜〜〜。
おーたにくんの言葉は非常に的確だね。
また近いうち行こうね!

投稿: ワジョリーナ | 2011.08.31 04:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幸せの麻婆豆腐ランチ。白金、シェラトン都ホテル東京「四川」。 | トップページ | 自由が丘ロクロナン。東京カレンダーに登場♪ »