« 表参道uzna omom(ウズナオムオム)。バナナのキャラメリゼ。 | トップページ | 恵比寿ガストロノミー ジョエル・ロブション。ランチ後半、肉料理から。 »

2011.06.08

恵比寿ガストロノミー ジョエル・ロブション。お一人様ランチで初見参。

P6070953

ついに行ってきました。このグランメゾンへ。

恵比寿ガストロノミー ジョエル・ロブション。ミシュランで三つ星を連続獲得。堂々たる貫禄。日本の代表的なレストランと言えましょう。

食べ歩きを長年の趣味としてきました私。しかしここは敷居が高かった(笑) なかなか行く決心がつきませんでした。このごろ色々と思うところあって、今こそ行かんと思ったわけです。(色々はくだらない話なので割愛(笑))

P6070862

平日の午後1時半の予約。予約時に電話で、「ドレスコードがございます。カジュアル過ぎない服装でお越しください」と言われてアセアセ。カジュアルしか持ってないじょー。 

一応カモフラージュしやすそうな黒の上下で行った。あんまりカモフラージュできてなかったかもしんない(笑)

1階のドアをくぐり、名前を告げると黒いスーツの従業員さんが案内してくれた。吹き抜けのホールからエレベーターに乗り、二階へ。

P6070866

案内された席は壁際のソファ席。もう遅い時間のせいか、お客さんはまばらだった。少し離れた席で、記念日を祝っているカップルが二組いた。あとは女性客が多い。意外に年齢層は若い。

まわりに人がいないので、写真を撮りたい私には助かった。お店の人も終始撮影に協力的にしてくれた。

P6070939

メニューがきた。とりあえずランチは、皿数の違いで、6000円、8000円、12300円のコースがあった。あとはシェフの特別コースで15000円のがあるみたいだった。

私は「一生一度かもしれん」という覚悟で12300円のコースを選んだ。

メニューを選ぶとき、給仕さんがとても親切に相談にのってくれた。まるで俳優みたいにかっこええ二枚目! 

そんな素敵な男性が、柔和な笑顔で私のささいな質問に応じてくれるのだ。夢のようではないか。もうここで1万円でしょう。(オイオイ!)

P6070864

テーブルのはじっこに貝殻とお花のアートみたいなのが飾ってあった。オシャレだのう。

P6070883

内装が立派でビビる。

P6070921

スンゴイよ。黒と金を基調にした今ふうのモダン+格調感。シックでゴージャスで金ピカで落ち着く。内装を担当した森田恭通氏が、「ロブションとの仕事はこれまでで最も興奮した」と語っているとか。

P6070874

食べるものが来ました。アミューズってんですかね。

うずら卵の燻製と、スモークサーモンの細かく刻んだものをお団子にしたもの。そこにクリームチーズのムースが敷いてある。左横のスティックもサーモンのお味。この器、フタを取る前は卵の形になっていた。アートだのう。

P6070877

オリーブオイルを添えたパン皿もこんな素敵なデザイン。

P6070879

前菜その1。アボカドと赤ピーマンのムースに蟹が乗ってるの。これは自分が選んだ前菜の前に来た。鮮やかな盛りつけにテンションが上がる。

「左下のビーズは飾りだから間違えて召し上がらないでくださいね(^^)」と二枚目のお兄さんに言われた。デヘヘ。食べませんよ。

P6070885

こっちは自分で選んだ前菜。5種類の前菜と2種類のスープの中から選ぶ。

「大山地鶏 柔白ネギと共にバロティーヌ仕立てに、モリーユ茸風味のヴィネグレットとフォアグラのシャンティ」

要するに鶏肉の冷製にネギとモリーユっていうキノコを巻いたもの。キノコ風味のソースと、フォアグラ風味のソースがあるから、好きなようにつけて食べる。

フォアグラ風味のソース、美味しかったですねえ。左上の薄いオレンジ色のがそれです。

P6070892

「お客様、パンのおかわりはいかがでしょうか?」ってワゴンでかすぎ(爆笑)

どこまでパンでどこまで飾りだかわからないほど盛ってある。

P6070894

どれにしますかね。

P6070895

全部食べたいけど15種類ぐらいあるから無理っぽい。

P6070896

がんばって3種類選んだ! アンチョビ入りのクロワッサンと、トマトの丸パンと、バターの層でできたパン。アンチョビ入りのクロワッサン美味しかったなあ。一口で食べてしまいましたでやんす。

P6070900

3種類の中から私が選んだお魚のお皿。

「天然真鯛 ポロ葱のエテュベとシトロネルの香りのクレーム」

出ましたー、泡のソース! 泡のソースはロブション氏のお得意なんだそうだ。テーブルに届いてからもシュワシュワしていた。泡の作用なのか、ターメリックとレモングラスの香りが弾ける。爽やかざんす!

(つづく)

|

« 表参道uzna omom(ウズナオムオム)。バナナのキャラメリゼ。 | トップページ | 恵比寿ガストロノミー ジョエル・ロブション。ランチ後半、肉料理から。 »

コメント

ちょっちょっちょ・・・ロブション・・・。

敷居たけーッス

広尾でフレンチレストランやっている友人も、ロブション仕込みの泡ソースをよく使ってました。

でも・・・なんか・・・思っていたほど高くはないんですね。今度挑戦してみようかな・・・。catface

投稿: 黒 | 2011.06.08 09:51

>黒さん
そうなんですよ、イメージしてたよりは若干お値頃なんですよね。
炭酸水1本とサービス料込みで14000円でした。
夜はやっぱ3万以上かかるみたいですねcat
黒さんのお友だちの広尾のお店、
この前お話聞いてから気になりっぱなしです!

投稿: ワジョリーナ | 2011.06.09 05:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 表参道uzna omom(ウズナオムオム)。バナナのキャラメリゼ。 | トップページ | 恵比寿ガストロノミー ジョエル・ロブション。ランチ後半、肉料理から。 »