« 横須賀さんぽ。どぶ板通り。帰り道。 | トップページ | 自由が丘 鮨 波づき。そろそろ秋の魚。(後編) »

2010.09.28

自由が丘 鮨 波づき。そろそろ秋の魚。(前編)

P9277607

ご近所仲間のkawatonさんをお誘いして、鮨 波づきさんのディナーに行きました。夜9時過ぎから入店して、ゆっくりおまかせで食べられるなんて幸せです。遅くまで私たちのペースにつきあってくださってありがとうございます、波づきさん。

上の写真は、あわびの肝つき。濃厚な肝のうまみがグイグイくる。肝といっしょに食べるとあわびの身の味の輪郭がことさらはっきり伝わる。色んな部位をちょこっとずつ切ってくれて、楽しい一皿。

今日はおまかせで頼んだうち多くの品を、全部じゃないけど順不同でアップします!

P9277573

P9277575
ネタ箱を最初に見せてもらった。美しい! 魚自体が輝いているよ〜!! 特にヒカリモノがまぶしくて、見ただけでクラッとした。私はヒカリモノが大好物なのだ。それぞれが最も美しく、最も美味しい瞬間を食べる喜びったらもう。

P9277581

ほたてのたまねぎソース添え。ふわふわのほたてに洋風の味付けのたまねぎソースが何の違和感もなく合っている。めっちゃ美味しい。正統派でありながら、ちょっと変化球も投げてくるこの絶妙な加減が波づきさんのセンスの良さ。

P9277584

枝豆もうまいのう。野菜も上質なものをスッと何げなく出してくれるのです。

P9277587

ホッキ貝のヒモの串焼き。うまいのううまいのう! 貝の味がギュッとつまってて一番美味しいトコ。お酒が好きな人だったら、ここまでのおつまみで何時間でも飲めそうだ。

P9277590

ブリ。このぐらいの脂加減でこのぐらいの厚さでっていうのが、まるで指定したみたいにストライクど真ん中。

P9277596

かつお。ごく薄味の浅漬けがシュパッと乗っている。野菜の爽やかさと、かつおのコッテリした味の相性が素晴らしかった。

P9277611

さんま。そろそろ不漁も解消して美味しいところが出回り始めたそうです。秋ですねー。しみじみ美味しい。

(つづく)

|

« 横須賀さんぽ。どぶ板通り。帰り道。 | トップページ | 自由が丘 鮨 波づき。そろそろ秋の魚。(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横須賀さんぽ。どぶ板通り。帰り道。 | トップページ | 自由が丘 鮨 波づき。そろそろ秋の魚。(後編) »