« 夜の自由が丘バーガー。 | トップページ | 仕事帰りに一人。自由が丘 鮨 波づき。 »

2010.08.24

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルのランチ。

P8245306

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルザ・ダイニングで母とランチをしてきました。品川駅直結の便利な立地のホテルです。

レストランはフロントと同じ26階にあり、天井が最上階32階までの吹き抜け。贅沢感があって気分が持ち上がる。

P8245318

体の不自由なうちの母を気遣ってか、ゆったりとしたソファのあるブース席に案内してくれました。席に着くときも慎重に手を貸してくれて、たいへんありがたく感じた。

気さくだけど失礼のない、ちょうどいい感じの接客をしてくれる外国人ギャルソン氏が担当。ナイスガイ♪

ガラス張りのオープンキッチンで、キビキビと働くシェフたちが見える。

P8245353

まずはサンペレグリノを一杯。半分ぐらいに減るのを見計らって、テーブルに置いたボトルから何度も注ぎ足してくれた。親切。

今日は「パリジアナ」というコースを選んだ(3675円+サ10%)。このほかに、2520円のビジネスランチ、「マントン」(2940円)などもある。すべてサービス料10%別。

オリジナルチキンカレー(2100円)、ザ ダイニング ルーム ハンバーガー(2100円)、リブロースステーキサンドウィッチ(2730円)なども気になるメニュー。

P8245336

前菜は、「シーフードとグレープフルーツのマリネ サラダ仕立て」。

こちらのお料理はフレンチをベースにしたフュージョン料理。どのお皿も見た目に鮮やかで、食べる前からワクワクする。

うちの母でも食べられるような、柔らかくて美味しいホタテ、イカ、エビがたくさん入っていた。生のオクラも美味しかったなあ。酸味のバランスがちょうどいい。夏って感じ!

P8245347

「かぼちゃの冷製スープ バルサミコの香り パンチェッタを添えて」

けっこう甘くてポッテリしてる。かぼちゃの部分とバルサミコの部分は味がはっきり分離していて、甘いかぼちゃの合間にスルッとバルサミコのアクセントが入ってきてメリハリを感じる。オシャレですな。

P8245327

パンは2種類。バケットとライ麦。パリパリしすぎてなくて、ふんわりした優しいパン。

P8245355

母の頼んだ「スズキのポワレ リゾーニのジェノベーゼ風味とアサリのソース」。

お行儀が悪いけど半分いただいた。軽めの味付けで素材の味重視。とても新鮮でふっくらとした美味しいスズキ。

リゾーニっていうのはお米の形のパスタ。ジェノベーゼの味のリゾットのように食べられる。このジェノベーゼの味が魚のシンプルな味をなおいっそう引き立てる。

P8245361

私の頼んだメイン。「仔牛ロース肉のポワレ フォアグラ入りオリエンタル風味のソース 季節の野菜添え」

いやー、めっちゃ美味しかった! きめが細かくあっさりした味の仔牛ロース肉に、こってりとした赤ワインソースがよく合う。しかも、ダイスカットしてソテーされたフォアグラが、お肉の上にどっさりんこ。最高〜〜。

P8245368

デザートはフルーツのムースとシャーベット。氷で冷え冷えの器に入ってきました。ステキ!

この薄いオレンジ色のフルーツソースの下に、白やピンクのムースの層がある。もう何が入ってるんだかわからないぐらいかぐわしく美味。ピーチとオレンジとリンゴとカシスかなあ?

最後にコーヒーを一杯いただいて帰りました。帰り際にギャルソン氏が、「お隣のチャイニーズレストランのほうも景色がいいですよ」と案内して見せてくれた。

確かに素晴らしい景色! 全面ガラス張りの客席から、地上110mの絶景が丸見え。今度はこっちにも来てみようねと母と話した。

品川は家からも近くて行きやすい。いいところ見つけた気分♪ ヨカッタ。

|

« 夜の自由が丘バーガー。 | トップページ | 仕事帰りに一人。自由が丘 鮨 波づき。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜の自由が丘バーガー。 | トップページ | 仕事帰りに一人。自由が丘 鮨 波づき。 »