« 大森、本気で食べる南インド料理、ケララの風。 | トップページ | おかわり自由。大森、ケララの風のランチミールス。 »

2010.03.15

浅草千束、三島屋の今川焼き。

R001499501

浅草の隣町、台東区千束の三島屋をご存じでしょうか。

戦後間もない時代からあるお店らしく、今川焼き・たこやき・お好み焼き界では名の知れた存在。私も以前テレビで見たことがあり、ブックマークの「これから行きたいお店」の項目に入っていた。

R001499902

偶然にもその三島屋は、父の入院した台東病院のすぐ近くにあった。そして父の一番の好物は今川焼き。

リハビリのために入院している父は、当然ながら食事管理を厳密にされており、持ち込み食は禁止。こんな間近に有名な今川焼き屋さんがあるなんて父に知られてはいけないと、家族は暗黙の了解で面会中に口に出さないよう気をつけていた。

だがしかし、ある日ウチの下の弟がここの今川焼きを父に持っていってしまった! なんということでしょう〜〜〜〜。うっかりにもほどがある。それから父は「今川焼き食べたい」とうわごとのように繰り返すようになってしまった。あああ。

言われるたび食べさせたら大変なことになってしまうので、本当にごくまれに買ってきて、一口だけプレゼントしている。丸ごと一個はあげられないが、元気になってもらうためには仕方ない。

それほどまでに父の渇望する今川焼き。実は私も大好物。もし入院したら毎日持ってきてほしい。

三島屋は、国際通りの千束一丁目の交差点から、東へ一つ奥まった信号のカドにある。反対角はカクヤス。吉原観音さんの並び。

ここを通るたび見ると、人が待っていないことがない。角を挟んで右手側が今川焼き、焼きそば、お好み焼き、もんじゃ焼きのコーナー。左手側がたこ焼きのコーナー。大行列にはならないが、両サイドに2〜3人ぐらいは並んでいる。

今川焼きコーナーの右手には店内入り口の引き戸があり、テーブル席でイートインもできる。なかなか昔ながらの雰囲気があり、子どものときを思い出す。

店内でもんじゃ焼きをオーダーすると、ステーキ用の鉄板にあふれんばかり、というよりもうあふれてしまっているもんじゃ焼きが出てきて驚く。

店内も店の外も絶えず人が待っているが、意外と待たずに出てくることが多い。ときどきタイミングを外すと10分近く待つこともあるけど、大体2〜3分が相場。この状況なので、当然ながら常に焼きたてが出てくる。ものすごい手際だよ。

R001499605

メニューは、
たこ焼き 300円
もんじゃやき 300円
焼きそば 300円
焼きそば大盛り 400円
お好み焼き 300円
今川焼き(黒餡のみ) 一個80円

そうです、全部のメニューが一つ300円。今川焼きは80円。わかりやすい。

ソース系のメニューはソース強めで具はあっさり。昔ながらの下町の駄菓子屋さんの味。現代風の盛って盛って盛りまくる屋台の味とは別世界。シンプルで安くて美味しくて、子どもも大人もおなかいっぱいになれる。幸せだな。

そしてやはり、この店ならではの良さを最も感じるのは今川焼き。非常に独特なのが、一瞬生焼け?と思うほどプニプニの柔らかさ。

R001501503

生焼けじゃないんだよ。きちんと火は通っているんだけど、普通の今川焼きのような強い弾力はないの。シュワシュワっと溶けてしまいそうなぐらいフワフワ。プニプニフワフワシュワシュワ。

あんこは甘さがやや強めで粒あんが半分溶けたような状態。この適度な小豆の崩れ加減がたまらない。やや小ぶりなサイズにも江戸前の粋を感じる。羽つき。

R001502106

この味を知ると、ときどき無性に三島屋指名買いで食べたくなる。他の今川焼きが三島屋に代わることはできない。

味だけじゃなくて、食感だったり、口溶けだったり。樹脂でできた透明なパックじゃなくて、アツアツの皮が白い包装紙に包まれたときの匂いとか。猛烈に熱くて一刻も早く食べたくなる焦燥感だとか。全部含めて、三島屋じゃないとだめなんだーっ!

たぶん父が退院してからも、私はここに今川焼きを買いに来てしまう。浅草からも歩いてこれる距離。皆さんもいかがですか? トリコになりますよ。

|

« 大森、本気で食べる南インド料理、ケララの風。 | トップページ | おかわり自由。大森、ケララの風のランチミールス。 »

コメント

私の実家では
「大判焼き おおばんやき」と呼んでいます。
うちの父も大好きなんですよ。
糖尿を患ってからは
母の料理管理のもとで
好きな物を好きなだけ食べられる状況から離れましたが
好きな物は変わりませんよね。
時々・・・食べているようですよ。

ふわんふわんの今川焼き
浅草に行く機会があったら
食べたいです。

投稿: meguu | 2010.03.15 09:11

meguuさん
やっぱり好きなものは変わりませんよねー。
今川焼きを食べた日の父は上機嫌です。
そういえば、大判焼きという呼び方もありますね。
回転焼きとも言う!?

投稿: ワジョリーナ | 2010.03.19 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大森、本気で食べる南インド料理、ケララの風。 | トップページ | おかわり自由。大森、ケララの風のランチミールス。 »