« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010.03.31

明日の木曜日は、5月分の予約受け付け開始日です♪

Dsc_419730


明日、4月1日木曜日の正午12時より、5月分の手相カウンセリングのご予約申し込みを受け付け開始いたします。

今回の枠数はやや多めです。ぜひお申し込みをお待ち申し上げております。

ご予約はカウンセリング窓口のページから、予約フォームを開き、必要事項をお書きの上、送信なさってくださいね。

予約フォームは、時間になったら私が手動で開きます。手動なので多少時間が前後するかもしれませんが、お許しくださいませ。

フォームからお申し込みになった内容に訂正事項がある場合は、フォームから再度送り直さずに、メールで訂正事項をお送りください。

お申し込みが混み合いました際、エラーが出ることがあります。その場合も、フォームから繰り返し送り直さずメールでお送りください。

お申し込み時に予約フォームでお聞きする「おおよその希望日時」は、候補の日程をお送りする際の参考とさせていただいています。お申し込み時にチェックを入れた曜日・時間枠は、その時点で確保はされておりません。特に土曜日の枠は、ご用意できない場合がしばしばあります。

こちらに届く一覧表のまとめの都合上、「Yes」を押してから20分以内にお書きくださいますようお願い申し上げます。

携帯アドレスでお申し込みの方は、パソコンからのメールや、ヤフーメールからのメールが着信拒否になっていないかどうか再度お確かめくださいませ。メールのやりとりができない場合は、残念ながらご予約を承ることができなくなってしまいます。ご注意くださいますようお願い申し上げます。

また、電話やファクスでのやりとりは承っておりません。メールをお使いになれない方は、お手数ですがどなたかメールをお使いになれるお知り合いの方に代行を依頼してください。

勝手ながらキャンセル待ちリストは現在お作りしておりません。ご予約は毎月、月初めの予約フォームのみで承っております。今の私の時間的余裕と事務処理能力では、キャンセル待ちリストを作って回転させる余力がないものと判断した上で、そのようにさせていただいています。何卒ご理解いただけると幸いです。よろしくお願い申し上げます。

そして毎度のお知らせですが、ワジョルームでは、私の手作りのパワーストーンブレスレットを引き続き販売しております。ぜひご覧くださいませ。

それでは、皆さまのご予約を心よりお待ちしております! どうぞよろしくお願いいたしますhappy01

| | コメント (0)

2010.03.30

眺望絶佳。千房 恵比寿ガーデンプレイス支店。

R001560207

お好み焼き・鉄板焼きの 千房 恵比寿ガーデンプレイス支店に行ってきました。

冬のあいだ活動量が低下していた母が、やっと出かける気になってきたようなので、元気を出してもらえるように、いつもは行かないような眺めのいいお店を選んでみた。

千房に行くのは初めて。同じフロアの叙々苑もそうだけど、恵比寿ガーデンプレイスタワーは本当に眺望が素晴らしい。お店の暖簾をくぐって中に一歩入ったとたん、「おおっ!」と思わず言って足を止めてしまった。

窓際の席は予約しないとなかなか取れないようだ。今日はたまたまタイミング良く、予約なしで窓際の席に案内してもらえた。超ラッキー!

上の写真は、席から真下を見下ろした写真。見えているのは中目黒方面かしら。六本木方面とは逆なので、大きな建物に遮られるでもなく、星空のように光が広がっていた。あまりにも美しく、ゾワゾワっとした。

R001560704

お席から見渡す限り、180度の夜景ビュー。昼間もさぞかしきれいでしょう。お天気がいいと、富士山が見えることもあるのだとか。

お高いようなイメージですが、一人2500円のレディースコースからあります。ぐるなびクーポン使用で、3530円と4380円のコースを予約できる。単価で言うと、お好み焼き一枚1300〜1500円ぐらい。この夜景込みなら納得かと。

レディースコースの内容はこちらの方のブログにありました。

本日はアラカルトで母の好物を中心にオーダー。

R001557606

寄せ豆腐(690円)藻塩をつけていただく。

R001559103

まぐろとアボカドのタルタル(820円)シャキシャキのネギと、まぐろとアボカドのコンビネーションがオシャレですた。

R001559808

帆立貝柱の鉄板焼き(1000円)小ぶりながらギューッと味のつまった帆立貝柱。千房は鉄板焼きもお好み焼きも、厨房でシェフが焼いてくれたものを持ってきてくれる。テーブルの鉄板は保温用。

R001561305

当店特製エビマヨ(1200円)熟成した味噌の味がほんのりとした。カリカリパリパリになった海老の頭もマヨネーズをかけていただける。マヨネーズは控えめで、ちょっと大人の味。各テーブルに常備してあるマヨネーズを足してもいいのさ♪

R001561801

特選和牛サーロインステーキ150g(4900円)千円前後のメニューが並ぶ中、突出した高額で目を引く。150gで4900円は奮発しちゃったな。手が震えてピントがぼけたよ〜。(言い訳)

R001562202

手前・ミックスもだん焼(1550円)豚肉、スジコン、いか、小海老、桜海老、そば麺入り。

奥側・もっちり山芋焼(1300円)大和芋、長芋、豚肉、もち、チーズ、大葉入り。

見た目は全然変わらないですが(笑) 味はけっこう違いました。ミックスもだん焼はコテコテのソース味。そばがドドーンとボリューム感を訴えてきました! 急激におなかがいっぱいになる。

もっちり山芋焼きは、最早お好み焼きじゃなくて全く名前の通りの山芋焼き。ふわふわポワポワの生地にチーズが溶けていて新食感!

もうちょっと食べようと思ってたんだけど、パンパンに満腹でギブアップ。本日のお会計は、合計1万2千円でした。そうか、ステーキを食べなかったら7千円だったのか。(しっかり食べたのにそんな計算をしてしまう小市民の私)

今度行ったらぜひ食べたいのが、とんぺい焼きと、グリーンアスパラのほうれん草のチーズ焼き、特製チヂミ、神戸名物そばめし、もちとチーズのまったり焼き。ねぎ焼きも食べたかったな!

次回もパンパンの満腹間違いなしです。

| | コメント (0)

2010.03.29

吉原観音、五分咲きの桜。

気温はまだまだ寒いですが、春の気配がしてきましたねー。

浅草の吉原観音さまで、五分咲きの桜を撮ってきました。曇り空の下できれいに撮るほどの技術がまだなくて、なんとなく暗い写真が多くなってしまいました。勉強不足を痛感します!

今週中にもう一度か二度、どこかで桜を撮れたらなと思っています。

Dsc_413411


Dsc_416718


Dsc_414113


Dsc_413527


Dsc_416203


Dsc_417621


Dsc_411307


Dsc_416919

| | コメント (3)

2010.03.26

Breavo-paraのTwitterハッシュタグができました。

R001471701

私の通っているボイトレスクール、表参道Breavo-paraの皆さんと、昨夜ツイッターで急速につながりはじめました!

ツイッター始めたばかりで私自身は詳しくないんですが、satochandotcomさんが、Breavo-paraのリストを作成してくださいました。

#bparaというハッシュタグも登場しています! ハッシュタグ、私も初めて使うことができました〜〜。けっこう感激です。

Breavo-paraの生徒さん、スタッフの皆さま、元生徒さん、ちょっと興味のある方、これから行ってみたい方など、ぜひリストならびにハッシュタグをご活用ください。

差し障りのない範囲で、フォローしあっていきたいですね♪

私はパラつながりの方たちでしたら、どなたでも歓迎です(^^) 私が気づかないようでしたら、フォローミーとつぶやいてくださいね。どうぞよろしくお願いします!

写真は、Breavo-paraのエントランス。パラのトップページでも音が流れている、amanamana × 楠瀬誠志郎「Tibetan 5 Elements Space(空)」というCDにちなんだディスプレイ。

ゼネラルマネージャー嶋貫郷子さんによるフラワーアレンジが素敵ですね♪

アマナマナは最近大のお気に入りで、カウンセリング中にもよく流しています。ディープに癒されますよぉ〜。

| | コメント (0)

亀田の焼チーズせん 濃厚仕上げ こんがりカマンベール味。

R001516202


R001515401

皆さん薄々お気づきかと思いますが、私は煎餅ファンです。常に煎餅のトレンド(死語)を観察するのが趣味の一つ。そんな私の煎餅魂を射貫いた逸品がこちら。

亀田製菓の焼チーズせん 濃厚仕上げ こんがりカマンベール味。

ぐおぉぉーーー! ウマイーーー!! これは久々のヒット!

白くて軽いソフトせんべいの片面だけに、ゴーダチーズを塗り、こんがりとオーブン焼きに♪ このせんべいの軽さとゴーダチーズの適度な濃さがベストな状態で合わさっています。

色味は焦げていますが、焦げ特有の苦みはほとんどなく、ゴーダチーズのいいとこどり。32gという小袋入りも絶妙で、やや濃いめの味ながらついつい食べきってしまう。

コンビニでしか売ってないみたいですねー。「期間限定」と書いてあるのが気になります。ぜひぜひ継続して販売してもらいたいものです!

私のまわりのコンビニでは、ミニストップで売っていました。セブンイレブンではまだ見たことがないです。

本当に美味しい〜。近所のミニストップに残っていた4袋、全部買い占めてしまいました(笑) ごめんねごめんね〜♪

| | コメント (2)

2010.03.23

下から読んでね。

ボイトレの発表会関連の記事を、4つ連続でアップしました。
下から順番に読んでくださいねー。
よろしくお願いします♪

| | コメント (0)

響舞2010「カピュムとパピュム」打ち上げ。

R001541030

打ち上げは、新百合ヶ丘駅前のイタリアンのお店を貸しきりで。

窯焼きピザの美味しいお店。バイキング形式で、ぶ厚いローストビーフや美味しいクリームソース味のリングイネなど、バカスカ食べた。

R001540629

まずは乾杯! 乾杯の音頭は、私の副担任のゴッツ先生。パリコレにも出たモデルさんで、仲代達也の無名塾所属の俳優さん。スーツが見事にお似合いで、めちゃくちゃかっこいい。スタイリッシュ加減が素人離れしている。やっぱりプロは違うなあ。

R001539740

発表会に出られるのは2年生以上。見学に来ていた1年生の方たちとも合流。他のクラスの方たちともお話できる、こういう機会は貴重。私も隣に座った方と親睦を深め、ツイッターでフォローしてもらう約束をしてしまった(笑)

後半の時間に、3Bクラスを代表してスピーチさせていただいた。だがしかし、だがしか〜し、かみまくってしまったぁぁぁ! あー恥ずかしい。もっとボイトレしなくっちゃ。

R001543131

最後にみんなで、今回の演目「カピュムとパピュム」のテーマ曲を大合唱! 本番の緊張感から解放されて、自由奔放に歌い、心の底から楽しんだ。自然体で歌うことの喜び、みんなと声を響かせあう幸せ、全身に浴びた!

楽しい今年の発表会は、これでおしまい。来年もまた、もっと成長した自分になって、響舞のステージでみんなと再会したい。

| | コメント (0)

響舞2010「カピュムとパピュム」本番。

R001537838

ケルンでおやつ用のパンを買いつつ、川崎市アートセンターに到着。新百合ヶ丘駅から歩いてすぐだった。

劇場前の横断歩道を渡ろうとすると、向こうから響塾生(Breavo-paraの選抜クラス)の先輩たちが歩いてきた。「オーッ、ワジョさんおはよう!」と元気な声で話しかけられる。えへへ、嬉しいな。

塾生の皆さんは、第二部のプログラムの通し稽古のために午前中から来ていたみたい。これからみんなでお昼ご飯を食べに行くと言っていた。

私たちカピュムとパピュムのチームは、午後から通し稽古。簡単なケアとストレッチをしてから、本番さながらに歌い、朗読する。

カピュムとパピュムは、楠瀬先生の作った歌が4曲入った朗読劇。70分ほどのプログラムを、約40人の生徒たちで上演する。

内容は、世界で一つしかない、雲に昇れる島「マピュメミュパマ」が舞台。カピュムとパピュム、そしてその友達のペピャムピピャムの3人が、スーフィーフーフィーおばあちゃんの響きのボールを取り戻すため、マリチュラチュチュラという山にある、ヤムギマムギモムギという森の中の、大きな魔女の大木を目指して出発する。というお話。

登場人物の名前は難しいけど、お話はおとぎ話のようにシンプルで明快。ピュアな気持ちが呼び覚まされる。

R001539539

舞台に椅子が並べられた。楠瀬先生の指示でみんなが動く。舞台の上は、マピュメミュパマ。みんな島の住民になった気持ちでここに上がる。

R001539205

客席は195席。満員御礼でした! 見に来てくださった皆様、ありがとうございました。

舞台から見ると、客席のてっぺんまで意外と人の顔がよくわかった。そうかー、普段役者さんたちから客席はこんなふうに見えているんだなあ。

通し稽古が終わると、30分後には本番スタート。みんな本番が一番うまくできた。

私は「パラ・ボール」という短い曲を歌う6人のメンバーの一人に加わっていたのだけど、実はこの曲、リハーサルでは一度も成功しなかった(笑) それが本番では見事成功! 奇跡だわ〜。これぞBreavo-paraマジック!

自分の担当の2個の台詞も、どうやら間違えずに言えた。ただ少し声が遠くまで届いていない気がしたので、より一層遠くまできちんと届く声を作ることを今後の目標としたい。

あっという間の70分だった。楽屋に戻ると、みんなありがとうを言い合って、喜びに満ちた顔で泣いたり笑ったりしていた。

Dsc_114501

引き続き第二部「咲き誇れよ、桜」のステージは、カピュムとパピュムチーム全員で客席に移り、鑑賞させてもらった。木花咲耶姫のお話。

さすがに塾生の先輩たちはうまい。ソロパートも含む本格的な歌と、男女混合でビシッとした振り付けも完璧。かっこいいなあ。本気で感動した。

塾生の方々はこの舞台のために合宿まで行い、綿密に準備を重ねてきたのだという。

お客さんたちも最後までしっかり見ていってくれたようだ。貴重な休日に来てくださり、本当にありがたい。私も思わぬ方が来てくださり、花束までいただいてしまい、躍るようなサプライズが起きた。心から嬉しい。


(つづく)

| | コメント (0)

新百合ヶ丘、ホテルモリノに前泊。

早起きが苦手な私は、発表会の会場近くにあるホテルモリノ新百合ヶ丘に前泊した。

夜9時半まで続いたリハーサルの後に電車で向かうと、夜11時頃に着いた。日も沈み、あたりはもう真っ暗。

R001528013

ホテルモリノ、エントランス。駅を出ると目の前にあり、通り過ぎてしまいそうなほど近い。

R001529734

エレベーターホール。1階からエレベーターで7階のフロントへ。

R001528914


禁煙ルームが取りたくて、ツインルームを希望。禁煙のシングルルームもタイミングによってあるはず。

お部屋は広くてセンスも良く、快適に過ごせた。ベッドの寝心地はやや硬めで、私にしては珍しいぐらい熟睡できた。窓の外は中庭。

R001533420

翌朝、ホテルの中庭に出てみた。こぶしの花が咲いていた。最高にいいお天気。

R001532319

朝食はアメリカンブレックファースト+サラダバイキング。いつもながらドリンクは4種類並べた。更に温かいミルクティーも。全部美味しくいただきました。

中庭からの明るい日差しの中で食べる朝食は、普段の私にはない特別な時間。普段は食べない野菜サラダもかっこつけて食べてみた。でもやっぱりパンとソーセージのほうが好きなのよ。

後で偶然通りかかって知ったのだけど、この美味しいパンは新百合ヶ丘北口のケルンのものを使用しているらしい。

新百合ヶ丘はカンガルーもあるし、パン環境いいですね。

バッチリ体調を整えて、会場のある川崎市アートセンターへ。

(つづく)

| | コメント (0)

響舞2010「カピュムとパピュム」リハーサル。

R001523002

3月22日 火曜祭日は、表参道のボイストレーニングスクール、Breavo-para(ブレイヴォーパラ)の発表会「響舞2010」第一部「カピュムとパピュム」、第二部「咲き誇れよ、桜」でした。

写真は、家族や友人に渡すためのチケット。こんなオシャレな瓶入りで手渡された。

私はこのスクールに3年前から毎週通い続けていて、今度の4月にはfisクラスという上級クラスに進級する予定。こんなに長続きした習い事は初めてだ。

それというのも、「勉強のためにがんばって行かなくてはいけない」という義務感がほとんどないからかもしれない。

行けば癒されるし、元気になれる場所。多少体調が悪くても、行ったほうが良くなる。続けていると風邪もひきにくくなり、気持ち的にも明るさを保てる。

Breavo-paraのparaは、副交感神経を表すParasympatheticのparaだ。自律神経系のうち、交感神経系はアクセルで、副交感神経はブレーキと呼ばれている。副交感神経が正しく機能するようになると、心とからだがゆるんで、ストレスを手放しやすくなる。

ボイストレーニングのレッスンは、自分の声の魅力を引き出すことだけが目的のように思えるかもしれない。しかしパラのレッスンの場合、同時に自律神経系が正常に機能するように手助けをしてくれている点が、大きな特色かと思う。

そのせいか、もともとの校風ゆえか、パラの仲間はみんな心が豊かで優しい。普段は5人〜10人ほどの小さな集まりでレッスンをしている仲間が、何十人も集まると、心のエネルギーが大きな玉になる。

習い事なんかでって言ったら悪いけど、どうしてこの歳になって、こんなにたましいが動くのか。どうしてこんなに心地よい熱を感じるのか。そんな経験を誰しもに与えてくれるBreavo-paraという学校を、私は奇跡なんじゃないかと思っている。

奇跡の源は、主宰・楠瀬誠志郎。

今回の発表会のリハーサルと本番を通して、私は改めて楠瀬先生の才能と魅力にノックアウトされてしまった。才能豊かな人は、人を幸せにする大きなチカラがある。私もそんな人間になることを志したいものだ。

前置きが長くなりましたが、発表会のリハーサルから本番までの様子を写真でレポートします。

R001526704

全体リハーサルは、発表会の一週間ほど前から何度か行われる。

本番前日は、渋谷区の公共施設リフレッシュ氷川で、6時間もの時間をかけたリハーサル。

体のケア、ストレッチを済ませてから、歌と朗読の練習。楠瀬先生から、表現について実にユニークに、なおかつわかりやすく指導していただく。

R001524308

そのあと、今年初めて出演するチームと、上級生チーム、男性チームに分かれて練習。

楠瀬先生は初出演チームを指導。私たち上級生チームは、ひとし先生が担当。男性チームはよしたか先生が担当。

赤いTシャツは楠瀬先生。

各チームとも気合いが入ってます!

R001525609

女性チームは休憩に入り、男性チームの仕上がりを見る。

振り付けつきの曲があるので、男性チームは大変そうだ。うまくキマるとかっこいい!

R001526511

本番と同じように椅子を並べて、自分の座る位置を初めて割り振ってもらう。私は前から三列目の中央。

R001527412

赤い布と白い布が配られた。この布が衣装の一部になり、演出上にも大きな役割を果たした。

R001527702

さっそくみんな、布を身に着けてみる。思い思いの巻き方があって面白い。

着席で通しの稽古を繰り返す。

気がつけばあっという間に夜の9時半だった。もちろん途中、休憩時間もあり、無理なことはしていない。

実を言うと私はこのリハーサルだけでも、かなりの充実感を味わってしまった。本当に楽しく、充実した時間だった。贅沢な時間をありがとう!と言いたい。

私は昨年は、メインキャストのペピャムピピャムをやらせていただいたが、今年は台詞を少なめにしてほしいとお願いして、2個だけにしてもらった。去年より、若干余裕〜。まわりを観察したり、雰囲気を味わったり、休憩時間におしゃべりしたり、なんだかとってもいい感じ。

(つづく)

| | コメント (0)

2010.03.20

ツイッターはじめました。

Twpi01


アカウント取ったきり放置していたツイッター、最近ときどきつぶやいています。内容は本当にどうでもいいことばっかりですが、よかったらフォローしてください♪ 

たとえば今日は、自分で作った夕飯のハンバーグの写真をアップしました。まだ慣れてないし、よくわからな〜いと思いつつ、マイペースで楽しんでおります。

以前からやっているミクシィはお会いしたことのある方限定でマイミクになっていただいています。ツイッターは世界中の人とつながるのが目的という話もありますし、とりあえずどなたでもWelcomeです!

私のツイッターIDはhttp://twitter.com/wajorinです。どうぞよろしくお願いします♪

| | コメント (0)

2010.03.19

おかわり自由。大森、ケララの風のランチミールス。

R001506901

大森のケララの風で、ランチミールスを食べてきました。

先日のディナーにいたく感動し、ランチもぜひ行かねばと思い、さっそくの訪問です。

その気になれば10分で行けるという距離に家があるため、その日の思いつきで行けて幸せ。ランチの営業が15時まで(ラストオーダー14:30)というのも、スロースターターの私には好都合♪

ケララの風のランチメニューはおかわり自由のランチミールスのみ。おかず8品、ライス、パパド、いくら食べても1000円! 食後はコーヒーorマサラティーがつく。

火曜、水曜のランチは営業していないのでお気をつけて。土日はやってます。

お店に入ったらすぐに、「先日はありがとうございました」とマダムに言われた。覚えててくださって嬉しい。

席に着くと間もなくミールス登場。

R001507110

美味しそう~~~♪ 

本日のメニューは、写真左上から時計回りに。
・パイナップルのパチャディ
・高菜のトーレン
・クートゥ・カリー 
・じゃがいものイステュー
・ラッサム
・サンバル  
・ご飯
・ダール(パリップ)←ごはんの上にかかってる
・ケララ・パパダム
・コーヒー(ケララの風スペシャルブレンド)orミルクティー(スパイス&ハーブ入り)

R001507805

左●パイナップルのパチャディ
パイナップルのマスタード風味ヨーグルト和え。フルーツとマスタードの組み合わせが意外に好相性。

右●高菜のトーレン
高菜の削りココナツ炒め和え。今日のおかずの中でこれが一番好き! 高菜の青々した味に、あっさりしたココナツの風味と控えめなスパイスがグッドバランス。ごはんが進む和食っぽい味。


R001508006

左●クートゥ・カリー 
京芋、未熟バナナ、ニンジンのフライドココナツ風味カレー。まろやかなお味〜♪ 辛さはほとんどなく、野菜をスパイスの風味でじっくり煮たシチューのような感じ。美味しい。

右●じゃがいものイステュー
じゃがいものココナツミルクシチュー。さっぱりとした軽いシチュー。適度なスパイスがじゃがいもの味を引き立てている。

R001507612

手前●サンバル  
南インドの代表的なおかず。冬瓜、ニンジン、たまねぎ、オクラ、ナス、トマトのスパイス煮込み。これもあまり辛くはなく、野菜自体の味がそれぞれ出ている。スパイスは辛さというより味つけに大活躍していて、野菜を美味しく食べられる。

奥側●ラッサム
あんまり写ってなくてごめんなさい。見た目はシンプルな茶色いスープですが、コショウの利いた味で、ごはんにかけてまぜると最高。

R001507502

右●ご飯
インディカ米を湯取法(茹でて粘りを取り除く方法)で調理している。粘りを取ってあるため、スプーンでちょっとつつくだけでポロポロッと崩れる。スープ状のカレーがよくまざる感じ。ミールスはおかずを全部ライスにまぜまぜにして食べるのが正解。

ごはんの上にかかってる●ダール(パリップ)
豆のカレー。ごく薄味でサラサラしている。しかしあるのとないのでは大違い。味がふくらむ。

左●ケララ・パパダム
インド料理屋さんではパパドと呼ぶお店が多いかも。豆粉でできたインドのお煎餅。焼いているのじゃなくて揚げている。熱々の揚げたてで出てくる。クリスピーで非常に美味しい。他のお店のパパドと較べて焦げ目がなく、ふんわり揚がっており、塩気がほどよく利いていて食欲が進む。

R001509703

●コーヒー(ケララの風スペシャルブレンド)orミルクティー(スパイス&ハーブ入り)

私はミルクティーを頼んだ。ああやっぱり美味しい。リッチで甘くてコクがある。美味しいお料理のあとに、きちんと締まるお味です。

本当に美味しいですねー。こんなに手間のかかったお料理をお昼から食べられて、しかもおかわり自由だなんて素晴らしい!

「おかわりはいかがですか?」と、マダムが何度も笑顔で聞いてくれた。おかず、ごはん、ともに3周ぐらいラップしてしまいました! 当然おなかはいっぱいですが、全然もたれる感じがしない。野菜料理だけなので、おなかに優しく消化がいいみたい。どんなに食べても夕飯の時間までには、すっきりおなかが空く。なんだか健康的。

客席内に洗面台があり、手を洗ってインド流に右手で食べることもできる。

R001508711

今度、遠方の人たちを含めてまたディナーに行くことにしたので、詳しい道順を書き起こしました。参考までに貼っておきますね。

<ケララの風・道順>
JR大森駅西口を出て、目の前にある池上通りを左へ歩いていって5分ぐらいの場所です。

もう少し詳しく書きます。

西口を出ると正面にタクシー乗り場があり、その左手に二階建てのローソンがあります。そちらの方向に進んでください。

線路沿いに歩き、らーめん壱六家の前を通過、山王二丁目の信号を渡り、更に直進、「名店街」に入ります。

アーケードのある歩道を進み、花好というお花屋さんの前を通過、お茶の丸五園の前も通過、西川の寝具屋さんの手前に「ケララの風」があります。

一軒家ふうなのでお見逃しなく。

ではケララの風でお会いしましょう!

| | コメント (2)

2010.03.15

浅草千束、三島屋の今川焼き。

R001499501

浅草の隣町、台東区千束の三島屋をご存じでしょうか。

戦後間もない時代からあるお店らしく、今川焼き・たこやき・お好み焼き界では名の知れた存在。私も以前テレビで見たことがあり、ブックマークの「これから行きたいお店」の項目に入っていた。

R001499902

偶然にもその三島屋は、父の入院した台東病院のすぐ近くにあった。そして父の一番の好物は今川焼き。

リハビリのために入院している父は、当然ながら食事管理を厳密にされており、持ち込み食は禁止。こんな間近に有名な今川焼き屋さんがあるなんて父に知られてはいけないと、家族は暗黙の了解で面会中に口に出さないよう気をつけていた。

だがしかし、ある日ウチの下の弟がここの今川焼きを父に持っていってしまった! なんということでしょう〜〜〜〜。うっかりにもほどがある。それから父は「今川焼き食べたい」とうわごとのように繰り返すようになってしまった。あああ。

言われるたび食べさせたら大変なことになってしまうので、本当にごくまれに買ってきて、一口だけプレゼントしている。丸ごと一個はあげられないが、元気になってもらうためには仕方ない。

それほどまでに父の渇望する今川焼き。実は私も大好物。もし入院したら毎日持ってきてほしい。

三島屋は、国際通りの千束一丁目の交差点から、東へ一つ奥まった信号のカドにある。反対角はカクヤス。吉原観音さんの並び。

ここを通るたび見ると、人が待っていないことがない。角を挟んで右手側が今川焼き、焼きそば、お好み焼き、もんじゃ焼きのコーナー。左手側がたこ焼きのコーナー。大行列にはならないが、両サイドに2〜3人ぐらいは並んでいる。

今川焼きコーナーの右手には店内入り口の引き戸があり、テーブル席でイートインもできる。なかなか昔ながらの雰囲気があり、子どものときを思い出す。

店内でもんじゃ焼きをオーダーすると、ステーキ用の鉄板にあふれんばかり、というよりもうあふれてしまっているもんじゃ焼きが出てきて驚く。

店内も店の外も絶えず人が待っているが、意外と待たずに出てくることが多い。ときどきタイミングを外すと10分近く待つこともあるけど、大体2〜3分が相場。この状況なので、当然ながら常に焼きたてが出てくる。ものすごい手際だよ。

R001499605

メニューは、
たこ焼き 300円
もんじゃやき 300円
焼きそば 300円
焼きそば大盛り 400円
お好み焼き 300円
今川焼き(黒餡のみ) 一個80円

そうです、全部のメニューが一つ300円。今川焼きは80円。わかりやすい。

ソース系のメニューはソース強めで具はあっさり。昔ながらの下町の駄菓子屋さんの味。現代風の盛って盛って盛りまくる屋台の味とは別世界。シンプルで安くて美味しくて、子どもも大人もおなかいっぱいになれる。幸せだな。

そしてやはり、この店ならではの良さを最も感じるのは今川焼き。非常に独特なのが、一瞬生焼け?と思うほどプニプニの柔らかさ。

R001501503

生焼けじゃないんだよ。きちんと火は通っているんだけど、普通の今川焼きのような強い弾力はないの。シュワシュワっと溶けてしまいそうなぐらいフワフワ。プニプニフワフワシュワシュワ。

あんこは甘さがやや強めで粒あんが半分溶けたような状態。この適度な小豆の崩れ加減がたまらない。やや小ぶりなサイズにも江戸前の粋を感じる。羽つき。

R001502106

この味を知ると、ときどき無性に三島屋指名買いで食べたくなる。他の今川焼きが三島屋に代わることはできない。

味だけじゃなくて、食感だったり、口溶けだったり。樹脂でできた透明なパックじゃなくて、アツアツの皮が白い包装紙に包まれたときの匂いとか。猛烈に熱くて一刻も早く食べたくなる焦燥感だとか。全部含めて、三島屋じゃないとだめなんだーっ!

たぶん父が退院してからも、私はここに今川焼きを買いに来てしまう。浅草からも歩いてこれる距離。皆さんもいかがですか? トリコになりますよ。

| | コメント (2)

2010.03.14

大森、本気で食べる南インド料理、ケララの風。

R001497802

JR大森駅に近い南インド料理のお店、「ケララの風」でディナーを食べてきました。

近所に住む幼なじみの二人(S子ちゃんと千景さん)を誘い、三人でお食事。大森は私の生まれ育った地元。今もそこに住んでいる。

そんな地元に本格的な南インド料理のお店ができたと、オープン前から香取薫先生新井由己さんに教えてもらっていたのだけど、地元だしいつでも行けると思っていると、かえって行く機会を見つけられずにいた。

ちなみに、香取薫先生は私のインド料理の先生で、新井由己さんは私の写真の先生。お二人はご夫婦です。

ディナーは団体さんや貸し切りの日も多いというので、予約がマスト。今回は当日予約でたまたまOKだった。ラッキー♪

場所はJR大森駅西口を出て、目の前にある池上通りを左手(二階建てのローソンのある方)に5分ほど歩くとある。大森が誇る高級スーパー、カドヤの手前。一軒家風の建物なのでよく見てね。

店内はインド料理屋さんというより、清潔で明るいカフェのよう。インド風の置物がゴッチャリとか、インド歌謡がガンガン流れてるとか、ないです。いえ、そういうお店も大好きなんですけど(笑)

こちらのお店は、日本人の方がやっていらっしゃる。ホールの方も作っている方も日本人。シェフはインドのホテルでみっちり修行なさってきた方なのだそうです。香取先生のブログ、4枚目の写真の人!

インドのケララ地方は、インドの南端・西岸に位置し、インド洋を臨む地域。神の国ケララとの呼び名もあるそうだ。

海産物、肉、野菜、すべての食材に恵まれ、インドの中ではノンベジタリアン比率が高い。ココナツ油を使用したまろやかな味が特色とのこと。以上、ワタクシの大雑把なネット調べ。

R001494807

結論から言うと、ものすごく美味しかった! まだ3月だけど、私の今年見つけたレストランMVP候補の筆頭に挙げられる。

かなり特徴的な料理なので、好みに合わなければ「カレーっぽくない」ような印象に傾く場合もあるかもしれない。けれども私の好みで言うとド真ん中。こういう味つけのインド料理屋さんが東京にできないもんかね?と、長年思っていた。

辛さは本当に控えめながら、スパイスは厳選された品質のものをリッチに使っている。皿まで舐めたいほど旨い。

ココナツ油、削りココナツ、ココナツミルクの入った料理が多く、マイルドで食べやすい。

野菜、肉、魚、すべての素材がフレッシュで生きている。体に良いものを食べているという充足感を得られる。

手抜きが全く感じられないのに、提供されるスピードは決して遅くない。一体どうやってこんな変化に富んだメニューをアッという間に作っているんだろう? 

そして接客がとても丁寧で、出しゃばりすぎず、温かい心配りを感じられる。お店屋さんというより、お家に招かれてもてなしていただいているような気持ちになる。

それでいてこの値段設定は非常に良心的。こんなに素晴らしい料理を、おなかがはちきれそうなほど食べて、一人あたり4千円! 申し訳ないほどのコスパです。

ランチのミールスに至っては、おかず8品+ごはん、おかわり自由で千円ですってよ! ありがたいー。今度絶対食べに行こう♪ 食べログでもランチが特に好評ですね。


さて今夜のオーダーは、以下の通り。

R001495701_2

●ワダ 500円(2P)
豆生地でできたドーナツ状の揚げ物。ドーナツというよりさつま揚げっぽい。細かく刻んだタコが入っていた。左のカレーはサンバル。右の白い物体はココナツチャトニ。3人だから3Pを一人分ずつよそってくれた。シンプルなんだけど、しみじみ美味しい。

R001495912

●パリップ(ダール)400円
豆のスープ。挽き割りムング豆を煮込み、ギーと少量のスパイスで香り付けしてある。ああヤバイ・・・。ウマイ。うますぎるー。たましいに染み入る美味しさだよ。全くもってマイルドでさりげない味ながら、奥深く優しく良いお味。こういう味つけのものは絶妙すぎて、味を決められるシェフが常にいるこういうお店じゃないと出せないのではないかしら。

R001494910

●本日の野菜料理 イディアッパム付き 500円
4種類の中から「京芋のクートゥ」(京芋と豆の煮物)を選んだ。イディアッパムは、米粉で作った蒸し麺。おおおお、これも野菜本来の風味が生きていて美味しいよお。上品にできてる。上に乗っているのは生のカレーリーフですね。他の料理にも、カレーリーフがかなり使われていた。これってとても贅沢なこと。

R001497103

●ポリチャ コリ(マサラ フライドチキン)600円
クリスピーな衣に粗挽きホールスパイスがたっぷり。全然しつこくなくてカリッと軽快に揚がっている。鶏肉自体の品質も良い。タンドリーチキンやフライドチキンはスパイスに頼って素材をおざなりにしてる例、けっこうあるような気が。ここはそんなことがない。付け合わせの紫タマネギのアチャールがこれまた美味しいと、マイフレンズに大好評だった。

R001496313

●マサラ ドーサ 1200円
じゃがいものスパイス炒めを、ドーサ(米と豆でできたクレープ)で包んだもの。好みでサンバルとココナツチャトニをつけて食べる。

R001496708

ドーサは表面をパリッと焼いて筒状に巻いた形状のものをよく見かけるが、こちらはしっとりとした焼き上がりで気泡を多く含み、包み方はマリオンクレープ状に畳んである。発酵した穀物の風味が感じられ、サンバルが染みこみやすい。

R001498104

●ケララ ローストチキン 1280円
なんじゃこりゃ美味しい!! ケララ地方のスタンダードなチキン料理なのだそうだ。肉と野菜のコクたっぷりで深みのあるトマトソースに、スパイスを軽やかに効かせたローストチキンが乗っている。サクサクに揚がったカレーリーフのアクセントが良い香り。高級感ある一皿。


R001498405


●マラバール チキンカリー 1180円
北ケララのムスリム風チキンカリー。エシャロットとフェンネルの香りが特色。ほろほろになるまで煮てある骨付きチキンが、スパイスとココナツミルクをまとい、極上のまろやかな味わいを生み出している。このコンビネーションは鉄板だなー。

R001497301

●プロウン モイリー1400円
ココナッツミルクベースのエビのカリー。大きな海老が2尾も真ん中にドーンと入っている。第一に、この海老の火の通し方が最適! 固くなりすぎない半レア状態。でも熱はしっかり通っていて生臭さや冷たさは全くない。第二に、ベースのココナツミルクのカレーが美味! サッと熱を入れた半透明の細切りタマネギと、カレーリーフとトマトの味がすごくいい出汁になってる。あっさりしているんだけど、何も足りないものがない。

R001497509

●ケララ ポロタ 200円
ケララの渦巻き状パン。クロワッサンのようにバターがリッチ。味つけは甘くなく、サクサクした食感がいい。200円て、安すぎない? 南インド料理のお店なので、ナンは置いていなくてポロタかライスを食べる。ライスも美味しいという評判なので気になる!

R001498711

●デザート ヴァダラッパン 500円
黒糖とココナツミルクに、カルダモンでスパイシーな香り付けをしたミルクプリン。甘過ぎずスパイスの風味が大人っぽくて、個性的な良いお味。深い深いコクのあるチャイ(350円)は、「ペットボトルに入れて常に持ち歩きたい」と友人S子ちゃんが言った絶品。私はアクアクララに入れて毎日大量に飲みたいな。

このほか、ビール、ワイン、ラッシー、パパド、マサラピーナツなども頼んで合計1万2千円。一人4千円。心ゆくまで飲んで食べて、幸せな時間を過ごせました。

「全品ハズレなしだったね」「絶対また来よう」「定例会を開こう」「ランチも美味しそう」「なおみちゃんも誘わないと」「インド人の友達を連れて来たらきっと感激するね」「大森にこんなお店があるなんて自慢できる」と全員が絶賛でした。

デートにも、食通さんたちのお食事会にもオススメです。皆さん大森にいらっしゃい♪

| | コメント (4)

2010.03.12

恵比寿ジャイタイパレスのタイ料理ディナー。

R001490501

恵比寿ガーデンプレイスのグラススクエアB1Fにあるジャイタイパレスに行ってきました。

友人たかちゃんと少し落ち着いてお話しながら食事をしたかったので、雰囲気が良いという評判のこちらのお店を選んでみた。

店内がきれいで、内装のグレードが一段高く、たいへん居心地良く過ごせた。客層も落ち着いていて、店員さんの接客も丁寧で良い。

タイ料理としてはやや高めの値段設定。でもそれを納得させてくれるだけの雰囲気と上品な仕上がりの味だった。おもてなし料理路線と言える。

こういう雰囲気好きだな。おつきあいし始めたばかりのカップルのデートなんかにもいいんじゃないだろうか。私がそうしたいよ!

本日はアラカルトでオーダー。女子二名にしては頼みすぎのような(笑) まあいつものことですね〜。

ぐるなびクーポンを持っていけば、月曜〜木曜は10%オフ、金土日祭日は5%オフ。ディナーの客単価がお酒抜きで4〜5千円ぐらいみたいなので、意外とトクするかも。

R001489101

生春巻き(850円) あっさりした組み合わせの具材と味つけ。皮がモチモチしていた。無意識に食べ終わってしまった。

R001489403

海老のすり身揚げパン(900円) これは私の大好物。油を吸いすぎていなくて食べやすかった。まっ黒に揚がってる店が意外と多いのだけど、ここのは黒くない揚げ加減がグッド。

R001489604

鶏ひき肉のサラダ(1400円) 辛いけど美味しい! 今日頼んだメニューの中で一番辛かった。グリーンカレーより辛い。適度にからまったパクチーとナッツと紫タマネギの相性が抜群。このサラダをタイ料理屋さんで食べるとき、辛すぎたら餅米をオーダーしてまぜて食べる。これはなんとか餅米なしでも完食できた。人参の野菜細工が見事ですねえ!

R001490205

ひき肉入りタイ風卵焼き(1200円) この料理が今日オーダーした中で一番特徴的で美味しいと思った。やや強めに利いている塩加減、半熟味なくクリスピーな焼き上がり、ひき肉の質と量、すべてがうまくいっていた。


R001490406

海老入り焼きそば(1300円) 薄く揚げた卵焼きが乗っていて美味しい。いいアクセントになっている。焼きそばの味つけは辛くなく、濃すぎず、食べやすい。けっこう量があるのだけど、飽きずに食べられた。


R001490802

グリーンカレー(1350円) ライスはおひつ入り2~3人前で600円。カレーの具はチキンと海老から選べる。今回はチキンで! 小口切り大のチキンがたくさん入っていた。他には茄子と温泉卵とパプリカとハーブ。タイカレーとしてはややとろみがあるほうで、リッチなコクを感じる。中辛よりは少し辛い程度の、ほどよい辛さ。二人で食べるには量が少なめかな?

ほかにドリンクを少々。以上のオーダーでお会計は一人約4000円。(クーポンで10%オフ後) この雰囲気で、これぐらいのお料理がいただけるなら、また誰かとゆっくり話がしたいときなどに来たいなあと思った。

10年ぐらい前、キャットストリートの渋谷側の入り口にカバラというタイ料理屋さんがあった。ゴルチエ風のデコラティブな内装と食器に、高級感のあるリッチな料理、ホテルライクな洗練された接客で、私は大好きだった。

一部のタイ料理マニアの方たちには邪道と思われていたようだけど、好みの違いで大きく分かれるところだったのでしょう。今回ジャイタイパレスに行って、そのカバラをちょっと思い出した。こういう路線のタイ料理屋さん、もっと見つけたいな。

| | コメント (2)

2010.03.10

4月分の日時打診メールを、すべて送信しました。

Dsc_410601

ただいま4月分の定員にお入りいただいた方の全員に、「手相カウンセリングのご案内」という表題の日時打診メールを送信し終わりました。

3月1日に「ご予約のお申し込み、ありがとうございました!」という表題のメールを受け取っている方の中で、まだ日時打診メールの届いていない方は、お手数ですがご氏名を添えてメールにてご連絡ください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

写真は、恵比寿三越のジョアンで売っていたハチミツ入りのパン。クッキーとアーモンドで作られたミツバチの飾りが超かわいかったです!

| | コメント (0)

2010.03.02

セレブ・デ・トマト自由が丘テラスのディナーコース。

R001484403

セレブ・デ・トマト自由が丘テラスでディナーをいただいてきました。

ランチは何度かいただいたことがあるけど、ディナーは初めて。21:30過ぎの遅い時間だったせいか、空いていた。お店は23時までやっている。

ディナーはアラカルトの他に、Aコース(3500円)、Bコース(4500円)、Cコース(6000円)の3コースがある。

今夜の相棒は友人の梅田さん。彼女はデザイン会社で働いていたときの同僚で、今は占い師をしている。共通の話題が多く、たまに会うと何時間も話し続けてしまう。

最近ちょっと気になってることがあるので、ディナーの前にじっくり占ってもらってしまった。すごく当たっててビックリ。実はこうやって、ときどき彼女に占ってもらっているのだ。

お礼を兼ねてのディナーだったこともあり、一番上のCコースをオーダーした。といっても質的にはコースによる違いはなく、量的に多いか少ないかの差。単純に、いっぱい食べたかったということ♪

しかも欲張ってパスタ一皿追加オーダーまでしてしまった。どんだけ食い意地が張ってんだよ。超おなかいっぱいだよ。

セレブ・デ・トマト初体験の梅田さんに、まずは上の写真のトマトジュース、「芳珠-Houjyu-」をお薦めした。北海道のトマト100%でできている、糖度9.5のトマトジュース。普通のトマトジュースは糖度が3ぐらいなんですって。甘〜い!

R001484704

コースメニュー【オードブル】旬のフルーツトマト2種盛り合わせ。

超濃厚なプチトマトみたいな感じ。酸味が少し利いてさっぱりしつつ甘いトマトと、ひたすら甘いトマトの2種類だった。私は少し酸味のあるほうが好みだった。うまー。生トマトが苦手な私も大喜び♪

R001485608

コースメニュー【スープ】本日のスープ。この日は色々野菜のみじん切りに、焼きチーズがまぶされているスープ。野菜自体の味がベースになっていて温かい味。

R001485005


コースメニュー【メイン1】 手長海老のグリル トマトムース添え。

手長海老が半レアで柔らかくて美味しい。甘みが感じられる。トマトムースが量的にも多めで満足感あり。ふわんふわんで味もソフトで食べやすい。オリーブオイルのソースにもトマトが入り、いいアクセントになっている。

R001485114

コースメニュー【パン】写真は二人分。ドライトマトを練り込んだバケット。もちもちしていて、味つけはシンプル。

R001486013


コースメニュー【メイン2】イベリコ豚のグリル。

ソースは3種類、フレッシュトマトソース or 彩りトマトソース or ハニーマスタードソースの中から選ぶ。私は彩りトマトソースにしてみた。意外と甘いソースで、こってりしていた。豚肉は赤身がちな薄切りが多めに盛られていた。


他にメインは「鮮魚のアクアパッツァ」「和牛のグリルステーキ(フレッシュトマト&アンチョビソース)」も選べる。

R001485801

梅田さんが選んだコースメニュー【メイン2】和牛のグリルステーキ(フレッシュトマト&アンチョビソース)

写真だけ撮らせてもらった。こちらはソースがフレッシュなトマトでさっぱりしてる感じ。

R001486706

コース外の料理、いかすみのパスタ。これもトマトソースが絡んでいて見た目よりボリューミー。

R001486907

コースメニュー【グラニテ】完熟トマトのソルベ

グラニテにしては結構な量。お口の中がさっぱりして冷えます。

R001487209

コースメニュー【リゾット】 ドライトマトと黒トリュフのリゾット生ハム添え。

実はこれが一番美味しかった。お米の固さ、チーズとコショウの量、生ハムの塩気、トリュフのアクセント感、全部バランス良くまとまっていた。

R001487910

コースメニュー【デザート】本日のおすすめスイーツ。トマトジャムと生クリームのロールケーキ。

これもかなり美味しかった。トマトジャムはトマトっぽい酸味はなくて、普通に甘くて美味しいジャムだった。クリームとスポンジ生地も上等。

R001487402

梅田さんが頼んだコースメニュー【デザート】完熟トマトのブリュレ。

中は完熟トマトのソルベみたいなオレンジ色だった。

R001488211



コースメニュー【ドリンク】コーヒー or 紅茶。

私はいつも、食後は温かいミルクティー。ホッとします。

閉店時間まで、ゆっくりおしゃべりしながら楽しくいただけた。オープン当初と比べて雰囲気や接客も落ち着いてきていい雰囲気。イケメンの店員さんに「いつもどうもありがとうございます(ニッコリ)」と言われてしまった! うふふー。嬉しい。また来ちゃうぞ!

| | コメント (0)

4月分のご予約、ありがとうございました!

R001470111

皆さま、今回も手相カウンセリングの予約お申し込みをまことにありがとうございました。

ただいま定員に達しましたので4月分の予約を締め切らせていただきました。

フォームからのお申し込みが正式に受信完了となった方には、24時間以内に「ご予約のお申し込み、ありがとうございました!」という表題のメールをお送りします。

予約を申し込んだのに上記のメールが届かないという方は、お手数ですがメールでご氏名を添えてご連絡くださいませ。

次回の予約申し込み開始日は、2010年4月1日(木) 夜23時です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

それでは、皆さまにお会いできる日を楽しみにしております♪

写真は、Breavo-paraの更衣室に飾ってあったお花。マネージャー嶋貫さんのフラワーアレンジはいつも素敵です♪

| | コメント (4)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »